2017.10.23

それでも地面は周っている(ような気がする)

台風一過。朝には雨がピッタリやんで、7時に警報全解除。しかし、風はけっこう強かった。 道路では、端っこに数メートルの木の枝が落ちていたり、ど真ん中に直径50センチぐらいの穴ぼこが空いていたり。自動車でも物理的なダメージがあるんじゃないかと言うぐらいの穴だった。バイクは転倒必至でしょう。

平衡感覚の危険が危ない。 気圧の変動が原因だろうと思うけど、対処のしようがないので困る。 視線を振ると眼振が出てとてもしんどい。 目を閉じると上下がわからず視覚で補っているのが丸わかり。

夕方帰宅時、目を開けていてもゆっくり斜め前に倒れそうになり、修正できない。なんとか壁に持たれて持ちこたえたが、非常に危険だ。

昨日の衆議院の選挙結果で与党が3分の2の議席獲得したとか? しばらく自民党のやりたい放題が続くの決定?

めまいしそう。

とはいえ民意。自分の感覚がそこから乖離しているというのは、日本にいる資格が無いのかも知れんなあ。

2017.10.19

雨あがる

雨の日限定、自転車押して、次男をバス停まで見届ける。 傘をさしていると歩道通行に関する心配事が増えるので。 とはいえ少し離れてついていく。自立の支援でもあるので。

結構降っていたから10分かけて雨対策装備装着。みじんもすきのない姿で出発。

しかし、残念ながら(?)雨はピタッと止んでいた。

バス停で「雨降ってなかったね」と次男に声をかけると、 「どうしたん?なんで着いてきたん?」と・・・。

出発前にレインウェア姿で話をしているので、当然「オヤジがついてくる」と理解してると思っていたが、そういえば彼はそんな推測できなかったな。

この特性、過去10年で十分理解しているつもりだったが、日常の中に溶け込んでいて、気付けていないことも多々ありそう。

さらに支援できる余地が残されているということで、なにかヒントをもらった気がする。

2017.10.18

残りの時間

マンションの理事を務めてそろそろ9ヶ月。任期は一年だから、あと3ヶ月?意外に早い。

いやしかし、今回は末端の端役だけど前回(15年前)は「長」が付いてて大変だった。 30代前半は、老朽マンション内では相対的に「最近の若いモン」の範疇だったし、実際なーんにも知らなかったし。

だから今年は気楽なものだ。

ただし、毎月第3土曜日に開催される理事会は「絶対出席するべきだ!」とされていて、出られないなら代役立てろとなっている。 今週末は会社の出勤日なんだけど、妻や長女に「代わりに理事会出てください(丁寧語w)」って言えますか?(いや言えない)ってことで、有給取って自分が出るのが全てまとまり大団円。

しかし東播磨は祭りの季節。なんにもなければ「ちょっくら実家へ二日で往復140キロのサイクリングにでも行きますか!」ってな気分だが、

しかし先週のようなイベント(消防訓練)などもちょくちょくあるから、それぞれ一回の拘束時間は短いけれど、まーそれなりに縛られている気分ではある。

とはいえヒマを持て余した週末でも、実際にはダラダラムダに過ごしていてたし、ある種の無いモノねだりではあるのかも。

男女の平均寿命が80越えても、あくまで平均。 50近くなって、あと30年程度は生きてるつもりで過ごしている。 しかし実際のところ本日終了までに、なにがあるかなんて分からんわけで。 すくなくとも今を納得して生きなあかんし、伝えたい人がいるなら電話ぐらいはしとかなアカンし。

とかね。

2017.10.15

避難訓練の火元になった

今年はなんと、うちが火元でありました。

午前10時に非常ベルを鳴らして「火事だ!」と叫んで119番、「訓練通報」と断った上で「台所の油に引火した」とかウソついて、さらに「初期消火に失敗しました」などとウソを重ねる。 避難後(管理組合の理事なので)、同フロアから避難した人数を数えにゃならんが、なんだか慌てて3回ぐらい数え直す。数字が頭の上を飛んで行く感じ。さらに自分を数えていなくて数字が合わないとかもうダメダメよ。


だめだめ、デイジー (世界の絵本コレクション)
ケス グレイ
小峰書店
売り上げランキング: 520,937


消防士さんの話によれば、昨年わが町明石市で、消防車が出動した火災は70件とのこと。思っていたより少ない印象。テクノロジーの進歩がある程度影響しているらしい。

しかし一方、救急車の出動は、昨年実績で、なんと年間1万4千回。これ平均したら38分に一回出動してるということですよ。しかも市内には救急車が6~7台しかないらしく(正確に聞いたが忘れてしまった)で各救急車は4時間半に一回出動する計算になる。実際最寄りの救急車が出払っていて、他の地域から駆けつけるケースが多々あるらしい。一回の出動でどれ位の時間がかかるのかはわからないけど、いろいろ増やしたほうが良いのでは?と思ったなあ。

さらに救急車の出動回数は年々増えているらしく、今年は1万5千件に達する可能性があるらしい。


久しぶりに、全く運動をしない週末。先週から町内勤務に復帰したけど、歩かないせいか体重増える。 ゆっくりなリバウンドとか、これ以上恐ろしいことはないなと。歩くべし。

会社に初めてマシンラーニングな仕事が舞い込んだ。大口叩いて弱気になって自宅で機械学習やってみた。ま、なんとかなるもんだ。

2017.10.12

MZ-700はやっぱりアツい

いやホント、とにかくMZ-700関係は層も厚けりゃ温度もアツい。こんな21世紀になるとは思っていなかった。

エゴサーチ的感覚wで自サイトのアクセスログのリファラー見てたら見慣れないURLがありまして、辿ってみたら、拙作「MZ-700フルJavaScriptエミュレータ」で、ZELBUSが動いているキャプチャ画像が貼ってあり、同エミュレータを紹介してくださっているブログでした。ありがとうございます。

こういうのほんと嬉しいですね。天にも昇る気分です。最近は手が止まっていて、妙な自己プレッシャーを感じていましたが、すこしモチベーションが持ち直した感があるので今後頑張ります(と思います。健康を害さぬ程度にw)

npmとそのプロジェクトページもよろしくね(コアはみんな同じだけどフロントエンドに違いがあります)。


今年の1月、MZ-1500の情報が多彩なAKDさんから相互リンクのお話をいただき、やっぱMZは濃いなと小躍りしました。MZ-1500って基本的なアーキテクチャはほとんど同じなんですよね。 ボクはMZ-700のあとMZ-1500も持っていました。PSG6音が楽しかった。

8月には「Windows用MZ-700エミュレータ MZ-700 Win」 の作者、まるくんさんからも「これ便利ですねー使わせてください」と言われてひとり夜中に密かに小躍りw


そんなまるくんさんは本業が忙しいにも関わらず、先日のMI68(エムアイロクハチ)で、MZVR なるプロジェクトを展示。MZ-1500のエミュをバーチャルリアリティ内部で動かすっていう、もうどんだけバーチャルやねんていうプロジェクト。少額ながらも9月には支援させていただいたので注目していたのですが、MI68当日の朝まで実装されてて恐ろしさすら感じたわけですが、しかし当日のTwitterでは多数の #MZVR なツィートがあってほんともの凄いクリエイターだなって畏れ多い存在です。

HAL研のMZ-80Cもですけど、Oh!石さんのMZ-700をMZ-1500にアップグレードするバージョンアップアダプタとかもうメロメロです。

自分も頑張らにゃならんなー。健康を害さぬ程度にw

«先見の明がマイナス100億キロメートル

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ