トップページ | 2005年4月 »

2005年3月の21件の記事

2005.03.31

ココログめちゃおもっ

なんでー?。サーバが落ちてるわけでなく、単にアクセスが殺到しているだけ?。なんか攻撃されてる感じかなー。

デバッグしたくなるじゃないかー。(職業病)

コメントの書き込みで「サーバーが見つからない」とも言われたー。コメントかけないどー。ねむいしー。わーーー

2005.03.29

使っているフリーソフトを羅列しておく。

リスク管理も兼ねて普段から使わせていただいているフリーソフトの入手元などをここに記述しておく。もっといっぱいあるはずなので、そのうち追記して行こうと思う。今のところURL記述しているけどリンクしていないです。

用途 ソフト名 正式サイトURL(ダウンロード元) 備考
年賀状作成と住所管理 はがき作家 http://www.tecnis.co.jp/ これがフリーとは。。。フリーでは住所録のインポートとエクスポートが出来ないのはつらいですが。。。
MIDIシーケンサー Music Studio Producer http://www.frieve.com/ 機能が本格的です。これでフリーなのはうれしい。でもたまに異常終了することがありますね。通常の使い方には問題ないです。
記譜、清書、MIDIシーケンサーとしても Studio ftn Score Editor http://www.studio-arts.dyndns.org/studio-ftn/ 実はまだあまり使い込んではいません。

ほのぼの地震雲、単純なカオス

スマトラ沖地震の影響でしょうか?かなりな地震雲情報が出てるのですね。しかも、日本で(笑)←でもわらえねー。

地震雲の真偽のほどなんてわからないし、研究者でもないから偉そうなこといえませんけどね。

だけど、、、電磁波ですか。。。ははは、、、未知の現象には、電磁波ですか。まぁ、いいですけどね。。。地震なんて地球的規模の活動だから、電磁波だって地磁気だって、変動するでしょうよ。。。でも、事前に地震雲だって判定できていなくって、後から「あれは地震雲だったんだっ」って騒ぐことに、なんの意味があるのか。。。

なんか、人間って単純でいいですね。ほのぼのしますね(まー同時に何か寂寥感を感じてもいるわけですが)。

何か事が発生した直後の情勢は高確率で予測できるもん。この予測はあんまし実利が伴わないけどね。



でも長期予測はやっぱり無理なんだなー。たらふく酒飲んでもトイレに行く時間を秒単位では予測できねぇーからね。



人類皆カオスだなー。

トラックバックでエキサイティンッ

トラックバックされたーっ。わーーーーー。(⇒カテゴリリンクなるへそ)

トラックバックとやらを先日理解した初心者としては、うれしい限りだー。年甲斐もなくこっこっ興奮状態なのラー。

私の人生の中で始めて私にトラックバックしてくれたすばらしい人は、その人は、ココログ:「てっちんパパひとり言」のてっちんさーん!。記事:「カテゴリ表示がリンクに進歩」で、お役に立ててうれしいぞー。




うれしいぞー。




わーーーーー。今日は朝からばら色だー。ショシンワスルベカラズな一日だーっ。





いや、ほんとにお役に立ててうれしいんだけど、それ以外の「なにかその情念的」なところで正直、こんな精神状態になるとは思っても見なかった。ははっ、こりゃ、ブログって、はまるなー。気を入れて平常心を保たないと、仕事にならないかも。


オブジェクト指向設計初心者は、やみくもにクラスを使いたがる。マルチスレッドを知ったプログラマーは何でもマルチスレッドで解決しようとする。トラックバックに感動したココログ初心者のぱぱろぐは、とにかくトラックバックしまくります。初心者なんで。マナーとしてどうなのかは気になるところなのだけど。

2005.03.28

将来への希望を失わないために

日曜夜8時からは動物奇想天外。子供たちが大好きで、ほぼ毎週見ております。今日はスペシャルで2時間枠でした。今日のコンテンツには「人間の勝手で、動物が迷惑している」というテーマが暗黙に流れていたようにように思います。明示的でしたかね。まぁ、私はそう感じていました。

うちの子供たちはこういう事に関して、過敏で且つ極端な反応を示すことがあります。うちの子達はこういうとき、すぐさま、「人間はなんて悪い動物なんだ!」って言い出すわけです。これには少し「おいおい、熱くなるなよ、お前も人間やし、、、」っていう感覚を抱きます。こういうとき、実は親としてとても「ひやひや」しているのです。

なにも、この内容が嘘だと言っているわけではありませんし、表現方法を変えて欲しいと言っているわけでもありません。実体験ではなく、メディアや活字から情報を得て、比較検討できない状態で短絡的に意見を形成してしまう子供の未熟さに「危なっかしさ」を感じるのです。実はわずか数分の擬似的な体験なのに、メータが振り切れた意見を持ってしまう、、、危険ですよね、、、心配しすぎでしょうか。

子供は未熟であり、いろんなことを考え、経験することによって成熟していくものだと思います。だから、このような状況では、私は対向意見を出し、ある程度クールダウンさせたくなります。

今日は子供たちにこういいました。

「いや、人間が全部悪いわけじゃないよ。悪いときもあるが、良いときもある。鉄砲で動物を無駄に殺しちゃう人は悪い人だが、じゃーそうしない人が良い人ってわけじゃない。動物の怪我を治してあげる人は良い人だけど、そうしない人が悪い人じゃない。世の中には悪い人と良い人の2種類の人がいるわけじゃないよ。」

「人間は地球に優しくない動物。自分勝手。」というイメージよりも深い部分で「動物や自然、宇宙がすばらしいのと同じくらい人間はすばらしい。」というものがあって欲しいと思ってのことなんだが、うまく伝わってはいないだろうな。内容が難しすぎるし、表現が下手くそだし。。。

でも、子供たちだけでテレビを見ることの危険性を感じたから、一緒にテレビを見ていて良かったと思った。

重ね重ね、「動物奇想天外が良くない」と言っているわけではありません。家庭内で普段意識していない部分での教育に関して、気をつけるべきところがあるなぁということです。何より、一緒に楽しくテレビを見ながら、話をすることが大事なんだろうな。

2005.03.27

エレクトーン発表会無事終了

娘は「風の航海」って曲で、グループレッスンのみんなと一緒に演奏した。あろう事かうちの娘は主旋律担当。ほぼ右手だけの演奏ですが、終盤に3オクターブくらいの駆け上がりが3回連続する。練習では途中で指が止まってしまうことがたまにあったので、この部分が非常に不安だったのですが、本番ではうまく弾いてミスしなかったようです。本番には強い方みたいで、「やるときはやるねぇ」と感心しました。まぁ、親ばかですがね。

それと、娘は、「あがる」ってことがないようです。小学1年生(来月から2年生)ってそんなものなのですかね。多少、演奏中に顔の表情が普段よりもこわばっている感じがしましたが、それより気になったのが、一生懸命弾いているからなのか、口が半開きだったこと。後ほど本人に「口開いてたで」と指摘すると「いつもそうやからええねん」とのことだった。。。これは問題が解決したわけじゃないな。そんなとこ俺に似なくていいのにな。

ま、今回も無事終了して何より。ようがんばった。えらい。次からはグループ発表ではなく個人戦になるらしく、さらに大変になるのかもしれないけど、親子ともども音を楽しみたいものだ。

娘が髪切って来た

うっとうしいから切るって昨日言い出して、嫁さんとともに朝から髪切って来た。肩上くらいで切ってる。しかし髪の毛がうっとうしいなんてうらやましい。。。

って、そうじゃない。

しかし、印象が変わるもんですなー。少し幼く見えるかな。幼稚園へ行く前でもこれより長かったからなー。別人みたいだ。帰ってきたときは、わかっちゃいるけど、近所の子が家を間違えて入ってきたのかと思った。

心なしか、表情がさばさばした感じでもある。髪の毛って重いらしく、切るとかなり楽になるそうだ。

僕には実感できないことだな。うらやましい限りだ。

今から、エレクトーンの発表会ですが、突然のことで、同じ教室の子供たちや親御さんの間でかなり話題になるのかも。

IQサプリで数学的破綻

白いしっぽのネタ帳みて書いています。そうですよ。やっぱり昨日のIQサプリの「0/0=0」はおかしいですよ。私は0/0は不定(解なし)だと思います。飯食いながら、子供たちと見てたのですが、答えの説明見て叫んじゃったよ「ありえねー、おかしいっ」って。

嫁はんには「やかましい」って怒られましたがね。

確かに0は何で割っても0ですね。でも同じ値で除算したら1ですわ。でもそもそも0では除算できないという前提がありますよね。(1/0は+∞ なのかもしれませんが)

で、数学的に一つの計算式に3つも答えが存在するわけはないので、この 0/0という式には一定の答えがないと言えると思います。

専門家じゃないので説得力が無いと思いますけどね。

2005.03.26

ガリレオ・ガリレイとレオナルド・ダ・ビンチ

自分の中で常にこの偉大なお二人のイメージがオーバーラップしている。冷静になって考えればちゃんと区別が付いているのであるが、たとえば、テレビでダビンチの番組を見ているとき(今日もやってましたね)に、天体観測したくなったりする。そんな人いませんか?

自分がガリレオから連想することは、「ガリレオ式望遠鏡」、「木星の4つの衛星を見つけた人」、「それでも地球はまわる」といったところですかね。実は屈折式望遠鏡は彼の発明品だと今まで思いこんでいたのですが、そうではないらしいですね。お恥ずかしい。

一方、ダビンチは、画家というよりも、機関銃やヘリコプターの原理をメモとして残した「発明者・設計者」という印象を強く持っています。

勘違いも含めてともに「クリエイティブ」なイメージが共通しています。どちらも自分の中で「すごい人リスト」のトップクラスであることは確かで、子供のころ2人のことをほぼ同時期に知り、感銘を受けた記憶があるので、それが混乱の要因なのかもしれない。しかし、太田裕美と岩崎宏美を一緒くたにするようなことはないわけで、どうもうまく説明できていないような気がする。

ただ、私はロビンフッドとウィリアムテルを同じイメージで捉えちゃってることがある。実際にどうなのかは知らないのですが、自分の中で作り上げている人物像がかなり似通っているようだ。これが要因かもしれない。

ダビンチの自画像

で、この文章を書いていて、嘘を書いちゃいけないと思っていろいろネットで検索してわかったのですが、どうも私は、ダビンチの自画像(左)を説明なしに見せられると、「これガリレオ?ダビンチ?どっち?」って混乱するようです。

ガリレオ肖像画

逆にガリレオの肖像画(右)を見せられても、「だれ?これ?」って感じで、説明をみて「あー、これガリレオか、こんな顔だったのね」って思うはず。

この点から推測してみたのだが、おそらく私はガリレオより先にダビンチについての知識を得ていて、その自画像も見ているはず。もしかするとそれは同時ではないかもしれない。で、その後、ガリレオについて知ったときに、どうもガリレオのイメージをダビンチの自画像に結び付けてしまったような気がする。


まー、これがわかったからって、混乱はなくならないんでしょうね。とにかく、子供に説明するときにうそ教えちゃ困るなー。


カテゴリリンクなるへそ

いやー、これまたわかってなかったんだけど、なぁーんで、わしのブログではカテゴリリンクがカテゴリだけ表示されて、リンクされないのか不思議やったんよー。

デザインのテンプレートがバグってるんだーって思ってた。

バックナンバーの設定で、カテゴリバックナンバーにチェック入れとかんとだめだったとは。。。

思い込みは良くないやねー

闘争本能の疑似体験

今日、帰りの電車で、めっちゃ怒っているお父さんがいた。年のころなら40代半ばといったところかな。少しお酒が入っていたのか、それとも怒ってるから顔が赤くなっていたのかはわからない。ただ、週末の遅い電車で見かけるような、周りのだれかれかまわずぶつぶつと意味不明の言葉を吐き続けるような、いわゆる困った酔っ払いではない。

彼は近くにいたスーツのおっさん(これも40代半ば?)に(おとなしめの表現をするならば)「クレーム」を伝えていた。このクレームの元になる事象が事実であるかどうかは僕にはわからないのだが、彼の言い分は、ある側面から見れば「正義感によるもの」といえる。しかし、別の面からいえば「おせっかい」ともいえる内容。つまり彼はもう一人近くにいた、おとなしそうで、気の弱そうなおっちゃん(またこれも同年代っぽい)が感じているだろう「こまったなー、いやだなー」を代弁しておっさんを追及しているのだった。おっちゃんとおっさんは背中合わせでつり革を持っている状態。お父さんは、おっちゃんの隣にいた。

お父さんはおっさんに対してこう言っていた。

「おまえ、さっきからこの人(おっちゃん)に、なにゴチャゴチャやってんねんっ。おとなしそうなこの人は黙ってるけど、お前がやってることはおかしいぞ。どういうつもりやねんっ。ええ加減にしとけよお前。

どうやら、おっさんは後ろにいる背中合わせのおっちゃんに対して、足でけたぐっていたのか、背中で「あっちいけっ」って押していたのか定かではないが、どうも、そんな行動を取っていたようである。それが事実かどうかはわからない。電車のゆれによってそうなっちゃってたのかも知れんが。

追求されているおっさんは不服そうな態度とともに小さな声で何か言い返しているが、お父さんは絶好調。「わしはさっきから見とったんや!お前が悪いんじゃ!ぼけぇ。文句あるんやったら次の駅で降りろ。」。お父さん優勢。

そしてお父さんは、隣でもじもじしているでおっちゃんに対してこう問いかける。

なぁ、あんたさっきから迷惑してたやろ?

この問いかけに対して、おそらくおっちゃんは「あ、はい、迷惑でした」という意味の返答をしたのだと思う。お父さんの勢いは止まるどころか、さらにパワーアップし、おっさんに対して、こう続ける。

「みてみぃ、お前のやってることはおかしいんや。相手がおとなしいからいうてなめとったら行かんど!ダボ(※)。」

※ (「ダボ」はこの地域の方言で「ばかやろう」の最上級です)

その後収拾したかというとそうでもなく、おっさんの隣にいたもう一人のおっさん(つれ?)がなんだか口を挟んでた模様で、「お前は関係ないわ。だまっとれ。」って延々続く。このもう一人のおっさんはそれでもぼそぼそと何かいっているようで、お父さんが、「あー、わしは正義の味方やっ」とか、「紳士なのはこの人のほうや」とか切り返してたから、推測するに「正義の味方を気取るな」とか、「もっと紳士的に」とか、ある意味喧嘩の最中に言っても意味のない事を言ってたんだろうな。せりふを言い終えたら一発でやられて笑いを誘うキャラみたいな感じ。

まー、ダメキャラはとにかく、この怒りのお父さん。とにかく怒っている。これはある意味「正義感」なのかもしれませんが、とにかく感情のままに糾弾するばかりで、この騒動に収拾つけるポイントを失ってしまっている。そう、文句言ってるだけになってる。なにしろ、お父さんはかなり口が悪い。地域がらこういう口調の人は多いのだが、少し遠くにいる人にとっては、はっきりと内容が聞き取れないから、「ちょっと酒が入って、怒りっぽくなっているチンピラさんが善良なるサラリーマンに喧嘩を売っている」といった風にとられてただろうな。

わしもさっきお前がぶつかってきて、むかついとったんじゃー。

あーあ、「正義感」台無し。残念だ。下手くそだよおとうさん。


まー、なんでこんなことかいてるかって言うと、別にどっちが悪いとかそんなこと言いたいわけでなくって、「なんか近くで喧嘩が発生すると妙な高揚感がありますねー」ってことなんだけどね。

血が騒ぐという感じかなー。格闘技とかあんまし見ないけど、ボクシングを見てるときも同じような感じになる。押さえ込んでいる闘争本能を刺激されているのかな。そんな状態になったときは、なんとなく「動物的」な感じに思える。

本質的には、とばっちり食いたくないし、多少「あー、迷惑」って思ってるから、喧嘩には関わりたくないないんだけど、どうしても目が離せなくなる。単に「野次馬根性」といわれそうですけど。

この騒動は、最終的には自分が降りる次の駅で、怒りのお父さんとおっさん2人もホームへ降りたようで、それ以降はわかりません。さすがに事件に発展する事態になったときにそばにいるのはイヤですからね。「止めりゃ良かった」って自責の念に苛まれるのもヤだしね。今日の電車は考えの足りないやつが目立ったな。40代もうちょっとうまくやれ。まー、俺も俺だけどな。

2005.03.25

これだよこれ。

作りかけのSKYLINEだよっ

XANAVI NISMO SKYLINE 完成間近で半年経過!

右の写真が現在放ったらかしのSKYLINEです。クリアパーツは実はもうつけてあるんだけどね。これは少し前の写真です。あ、でかいサイズだとアラが良く見えるなー。特にあの辺。。。うーん。携帯で取った写真ですから、ちょっと色目がおかしいな。ダイナミックスレンジの問題かな(言い訳でもあります)。まーアラを見たい人はクリックしてね。(サイズは 1280 x 960 でいやにでかいです)

製作経過を振り返ってみる。

まだ未完成なのに…

そういや、これは吸い上げ式シングルトリガーのエアブラシで吹いたんだよね。赤とシルバーの塗り分けに戸惑って何回も吹きなおしたな。それから、本格的な研ぎ出しにチャレンジしたんだけど、加減がわからなくって角出したな。

あ、そうそう、写真じゃわからないけど、後ろの羽根のNISSANっていうでかいデカールは、貼り付けに失敗したの。部品請求するのもなんだしなーって感じで、レタリングして塗装することにしたんですよ。近くで見るとちょっといびつさがよくわかるので、恥ずかしいんだけど、それはそれで満足してるのです。この部分は購入したてのダブルアクションのエアブラシだったな。写真で後ろに写っているやつです。


今日辺り完成させるかなー。2003年の優勝モデルだったのにもう2005年だ。

なるへそTB

はは、3分でわかるトラックバックを見るまで、恥ずかしながら、コメントとなにが違うの?って思ってた。

土方さんありがとう。トラックバックしてみます。

ところで何がしたいのだろう...

年度末だなー。年度が終わると次が始まる。この時期に来期の計画をあーだこーだと考えているわけで...たいした組織じゃないことが身に染みて分かるなー。

売上目標なんて、抱えている人員と前期の損益計算から半ば自動的に出るわけで、考えることなんて大して無いのだけれども、じゃーどうやってその目標を達成するのかって考えると、頭が痛い。

実のところ、会社が出来たころなんてそんなことで頭は痛くならなかった。必死で忙しくやってたから、考える余裕なんて無かったという理由もありなんだけど、そもそも、「やりたいからやる!」というとっても単純な状態だったんだな。

そんな「やりたいからやる!」状態っていうのは、実際バカっぽいし、かなり危なっかしくみえるだろうけれども、なにか達成するためには必要なことなんだろうと思っている。いまでも。

でも、実際、今の立場で、「やりたいからやる」って単純にいえるかって言うと、そんな単純なことは言えない。そのころとは環境や状況が違う。でもむしろ、部下の人たちには「やりたいからやるんだ!」と言って欲しいんだな。ちょうど自分がそうだったころと同年代の人には特にね。

しかし、今の状況では、自分は勝手なこといえないけど、部下にはそうあって欲しい。なぁーんて、情けないし、勝手だし、元気が無いな。

そう。組織もなにも無いとして、いわゆる「えらいさんの論理」を捨てて、僕個人はなにがしたいのか?それが問題。

はじめはそんな状況だった。そして、今の状況を作り出したのも自分だ(ぜんぶじゃないけど)。

仮に一人で放り出されたときに、僕はなにをしようとするだろう。

XPSP2でコンソールアプリが遅くなる?

個人持ち NEC Lavie / Windows Xp SP2という環境。コマンドプロンプトでコンソールアプリ(VC6で開発したもの…試験用のEXE)の動作速度がとても遅いケースが報告された。Oracle9を入れたらコンソールが遅くなったとか言ううわさ。他のマシンでは普通に動いている(Oracle入れていない)。なぜ?!。

MOTEだよ

参考リンク

メモ。噂話。実のところ…

総称がMOTEで、MICAは単三2本の電池ボックスとほぼ同等の大きさ。厚みはもっと薄い。500円玉大の円形のものがDOTです。MICAは電池2本(3V)で駆動(DOTは…しらない)。プログラミングによって電池がどれくらい持つかは変わるとの事。カタログ上では2年以上って書いてありましたっけ。Sleep時の電流は15μA未満との事ですが、DOTはすぐ消耗するらしい(数時間?)。

OSやソフトのみならず、回路図などの設計もOpenらしく、自分で作ろうと思えば作れるらしいです。実際のところ研究用ということで、使ってるとセンサーがぼろッと取れちゃう事もありとか。回路的な知識やハンダ付け能力とか必要らしい。

製品化するには電波法とかも購入者が自分で通しなさいとの態度だったらしいけど、ZigBee版というのも提供されるようになったらしい。

言葉

作りたいもの羅列。

なにぶん、プログラムを組むようなしごとをしているので、プラモデルを作るのとと同じように、なにつくろうかなどと考えることがあるわけで...。癖みたいなものですかね、昔からです。で、ちょっと時間があるときなどに作ってみたりもするのですが、実のところ暇つぶしだったりするので、完璧に作り上げましたよーなんて事が無くって、悲しいな。

下のリストはやってみたいなーと個人的に考えるものですわ。当然、仕事の領域とは別ですよー。もちろん、これらの欲求と実績が仕事に活かせるならこの上なくうれしいのですがね。探せば誰かが作ったものがあるんだろうなー。でもあくまでも「作りたい」という欲求なので「それあるじゃん」っていう突っ込みは無しにしといてね。

  • ニューラルネットワークでちょっとした単純な判断ができるようなサンプルプログラム。
  • 強力な関数電卓。自分で関数定義できること。変数使えなくては意味がないが、プログラミング言語を作りたいわけではない。使いやすくなければ意味がない。
  • 自分で好きなように出来るテキストエディタ。別にほかの人に使ってもらわなくてもいいので。
  • ナンバークロスワード(だったっけか?)を解くプログラム(実は基本部分作ったけどUIが無い)
  • スクリプトorコマンド形式で少なくとも2次元の絵を書くプログラム。マウスは極力使わないで操作できる方が良い。
  • 簡単にクラス図を描けるプログラム。テキストベースでがんがんクラス仕様を書いて、一発でクラス図のプロトタイプを描いてくれるやつ。マウスは極力使いたくない。
  • FFTでなんか解析するやつ(あいまいやな)。

うーんなんかまとまりに欠けるな。


2005.03.24

XANAVIスカイラインはいつ完成

いつになるやら。中途半端な状態でこの半年ほど飾ってあるなー。たまに進捗あるんだけど、最後の進捗は既に1ヶ月ほど前にクリアパーツを貼り付けたんだっけ?

あと、デカール2枚張って、アンテナ立てて、メタルパーツくっつけるだけなんだが…。

平日はどうにも仕事で、この時間になってしまってなんだかやる気が出ないし、休みは休みで昼間は子供と遊んで、夜は酒呑んで寝ちゃうし。実はもう満足しちゃっているのかもしれない。

明日にでもがんばってみるか。いやいやどうだか。

カウンタック塗りなおし決定

去年買ってから、ずーっと置きっ放しだったカウンタック(フジミ模型)。 昨年末にラッカー系塗料の黒を「ぶわぁーーー」っと吹いたのはいいのだが、、、そもそも、エアブラシで美しく拭く練習のためだったもんなので、今見るとどうにも気に入らない。全然組んでないんだけどね。

塗料はがしてやり直し!。

吹いたときは嫁さんに「くさい」と叱られたのだが、はがすのにも気を使うなぁ。近々小さい範囲でチマチマやろう。塗りなおしはアクリル系にするかなぁー。塗装ブース欲しいけど、自作したいという欲求もあって買う気になれない。でも作るひまが無い。むむー。


ガンプラってどう思いますか。

中学生くらいのときに、1/60ガンダムとスケール忘れたけどドムを作ったことがあったけど、それ以外はほぼ車専門だったから、ある意味ガンプラは馬鹿にしてたの。だいたいガンダムはあんまし見てないし。

しかし、どうしても小学3年生の子供にプラモに関わらせたくって、1/144のガンダム買ってやったのよ。この前。1000円ほどやし。色塗らなくてもそれなりらしいし。

息子はまー、「パパがいるときに作るわー」って感じで普通に喜んで作ってるんだけど...、

横で見てる俺はね、、、 横でうなずきながら「うまいこと作れよ」と暖かい目をしながら見つめている僕はね、、、 そう、たまーにニッパーの使い方やら、ちょっとしたテクをアドバイスして良きパパを演じている(?!)、、、 お前の目の前にいるお前の親父はね、本当は、、、、その時、、、、

「わしが作りたいんじゃぼけー(涙、、)」

ってなってたわけだ。

給料でてお小遣いを嫁からもらったら、買いにいこっ。エアブラシで色塗って、息子のプライドを傷つけるほど完璧に仕上げてやるっ。今度の休みがー、あぁぁーたのしみやー。

オブジェクト指向設計って難しい?

あーん?。WEBでみてても公然と「オブジェクト指向設計は難しいものです!」なんて書いてる人がいますけど。

そうすか?

それって、むかしからある手続き型の言語や、設計思想に慣れきってるからじゃないのかなー。
もしくは、ボトムアップで考えちゃうPGさん感覚なのでは?

まー、そもそも、職業的に関わるソフト開発の仕事でうまくクラス設計(抽象設計)されているものなんて、見たこと無いよ。大抵、これいいなーってのはフリーのライブラリだったりミドルウェアだったりがベースになってる。

あー、話がそれた。
僕は、設計段階ではわりと「ぼーっ」と考えている感じの状態が多いんだけどねー。規模がチッチャイからかなー。
んで、「わーっ」て設計書書いてから、実装しちゃう感じかな。だいたい、ウォータフォール形で言う組合せ試験なんて最終段階の微調整に近いと思う。

また、話がそれた。
そうそう、僕はあんまし、OOが難しいと感じたことは無いなー。学習中のころって、わりと「なーるほど、なーーーるほどぉー!」の連続だったよ。

物を見たり、使ったり、日常生活を行ううえでの感覚からすれば、むしろ「普通のこと」なのでは?っておもっている。
だって、本当に設計段階で全く普通のことやし、自然な考え方ができると思うもの。


「難しいものだっ」なんてえらそうに書いちゃって敷居を高くしちゃいかんと思うなー。ただでさえ実装面の仕事が海外流出してるわけで、なるべくなら「OOなんて普通普通、簡単簡単」って気楽に教える方がいいとおもうんだけど...。
(実装面の海外流出は、やっぱ、コミュニケーションとりにくい見たいで、みんな苦労してるみたいだけど、よっぽどのことが無い限りどんどん加速しているようですね。)

そりゃー、既存の大抵の説明で出てくる言葉は難しいッすよね。でも平易な日本語に置き換えられると思うンだけどなー。大抵のものはC++本など見れば書いてあったような気がする。

だいたい、コンストラクタなんていわれても日本人にはピンとこないよー。専門用語ではどういうのかしらんけど、「構築メソッド」っていえばなんとなくわかるでしょ?まずわかるって思わせないと教えられないよ。

インタフェースは「手続宣言クラス」でいいかな。なんかいいものあったら教えて。

トップページ | 2005年4月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ