« 2005年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年5月の7件の記事

2006.05.25

ダヴィンチコード 上・中・下

文庫本で上中下巻の3冊ありますよね。映画は見てないからせめて本だけでもって、今日帰りに本屋行ったのですが、、、なんと上巻だけ売り切れ状態。だからそのまま出てきた。

給料日前なのになぜだか財布にお金があるから、意気込んで本屋行って3冊まとめて買ってしまってやろうとおもってたのに。そりゃ少なくとも上巻はないとね。三国志の次はこれに決定されていたのだが…。残念。


給料日前なのになぜだか財布にお金がある
交通費の清算が出来なくって昨日の時点で財布がすっからかんだったから、娘から1万円借りたからさ。。。娘には内緒です。なんて親だろうと日々反省してます。

2006.05.24

一時が万事。

電車に乗ってるといろんな情報が耳に入る。特に通勤時の会社員的な話は千差万別。今朝はビジネスチャンスか!?ってな内容だった。

それなりに若そうなお二人の会話でして、先輩と後輩のようでしたね。先輩は近頃退職されたようでした。たまたま電車が一緒になった見たい。「お!久しぶりやなー」見たいな状況だったのかな。

見た目には、二人ともそんなに真面目そうには見えなかったんだけど、後輩さんは仕事や会社に関する非常に真面目で実直な憂いを語り、先輩は、うまくやる術を、うまく諭してあげているような感じでした。

大抵電車の中でなんて、ばかばかしい後ろ向きな話ばっか聞こえてくるからね。何よりいい感じに見えました。ラフで堅苦しくないんだけど真面目なお二人。って感じで、なんだか少しうらやましいとも感じましたね。

話の内容は、後輩さんの会社は中小企業らしくってイマイチ扱っている商品の在庫の情報がちゃんと管理されいないらしく、期限までに在庫確認して「在庫無いよーっ」て顧客に答えた後で、何時間かたってから上の人が「実はあってん」なんて言って来るような状況らしい。

後輩さんは「客に申し訳ないし、あれじゃーダメですよねー、金儲けを逃してるー。」って感じで、半分は愚痴っぽいんだけど、「どうにかしたいなー」ってな前向きな感じもあった。

先輩は先輩で、「そりゃ、お客さんに対して後からでも『何とか在庫を探してきましたー』って演技して、さらに信頼度アップ出来るチャンスやないかー。間違っても『うちの在庫管理がひどいんですわー』なんていうたらあかんでー。」って感じ。「そうそう、ビジネスは正直すぎても損するぞー」って横でうなづいていたわけですわ。

んで、あれやこれやといろんな話があったんだけど、「○○に土地買うくらいならその何分の1かの○千万円くらいでシステム屋さんに在庫管理システム作ってもらえば良いのになー」ってコトをいうてはった。

先輩は「ま、正直簡単にそうはならへん体質やからなー。真正面からぶつかっても上はうごかへんから、まず上のそれなりの人と酒でも飲みに行って仲良くなるのが先決や。急に動いても玉砕するだけやからじっくりやれ」ってまたこれも頼もしい。

「おぉぉ、それやったらうちにまかしなはれ、わしシステム屋ですねん」っていきたかったんだけど、先週からひいてる風邪で鼻水たれそうでタイミングを逃してしまった。

あぁー、願わくばもう一度チャンス欲しいけど、一事が万事なんよなーこういうのは。

ま、明日からも鼻水たらしてガンバロ。(しかし、今の風邪はぜんぜんなおらんなー。こんなんかいてるからかなー)

制作意欲はあるはずなのだが…。

今年の1月にHONDAのFit(タミヤ)買ったけど、なんか作りだす気になれない。箱眺めて数ヶ月…。完全に放置状態。

そういや去年買ったカウンタックもつくりかけでほったらかしにしてる。

実際一番楽しい状態ともいえるのだが…。

吉川英治さんの三国志読みきったよ。

9ヶ月かかってやっと全8巻読みきった。10年前くらいに第1巻だけ読んだことあったんだけど、なぜだか、2巻以降を読んでなかった。

昨年中国に出張したときに、「この辺は呉の国の勢力下かな?」なんて思ってたから興味が湧いてたのかもしれないんだけど、、、9月頃、なんとなく本屋さんで新しいのが並んでるのを見て、「おぉ!懐かしいなぁ」なんて思って、(このとき実は全部読んだものだと勘違いしてて)「もういっぺん読みなおしてみようかな」って感じ。

で、家に帰って探したんだけど、なぜだか第1巻しか見つからない。買ってないんだから当たり前なんだけど、1巻を読み終わっても「なんで2巻以降を捨てちゃったんだろう」なんてぼけてた。
そういうわけなんで、2巻以降は新しいのを買って読んだわけだけど、途中から「あれ?これ読んだことないかも」ってやっと気がついた。よくよく考えてみると、読んだことがあったのは漫画と「反三国志」という全2巻の小説?だった。

あくまでも小説だから脚色もあるんだろうけど、単純に面白かったし、いろんな面で勉強できたように思う。自分の考え方や判断などの反省もしたし、逆に自信がついような事もあった。

さて、次は何を読もうかと思案中。読みきると充実感があるけど、ちょっと寂しい感じもあるからね。ゲームをやってみるってのも良いかな。

利根山 光人さん

利根山光人さんの「ドンキホーテ」シリーズって奴になんだか惹かれてしまった。

芸術には疎いので、この方の名前もはじめて知ったし、芸術的な価値とか意味とか、そういうのは全く理解していないのですが…。テレビを何気なく見てたら紹介されてて、理由はわからないけど見た瞬間になんかすげぇって感じたんです。一瞬で感動したって感じかな。「もっと見ていたい!」って思った。

欲しいな。というかもう一度見てみたいな。複製でも良いし、ポスターでも、ちっちゃくっても何でも良いから…。そういうのあるのかな。本物なんて買える額じゃないんだろうなー。

2006.05.20

数独は手作業に限る

最近はやりの数独ですが。毎日新聞の水曜日の夕刊に載ってるので、やってみた。なかなか面白いものだが、イマイチはまりそうにない。

最初は「力試しに解いてみよう」とか思っているのだが、その最中って、解くためのロジックを探しているわけですよね。

で、なんとなくロジックがわかりかけてくると、「こんなのコンピュータにやらせりゃ良いのに。。。」ってなってきて、プログラムを書いちゃうんだな。(解く楽しみからロジックを探し当てる楽しみになって、そのあとはプログラムを書く楽しみになっちゃう。)

一旦プログラムが完成して、うまく解けたりするとその時点では非常にうれしいのだが、これはあくまでも「正しいプログラムを作成できた」という喜び。

今回はExcelの数式とマクロでザクッと書いちゃった。全自動じゃないから、問題によっては途中で自分で考えなきゃならないのだけど、、、、ぜんぜん面白くないよ。

だから大抵はまらない。特にこういう数字だけのパズルってはまらないな。

尋常ではないくらいにティッシュを消費した一週間

まるまる一週間風邪ひいてた。熱はほとんど出ない。 先週の土曜日の朝、一番下の子供が鼻水たれてて、自分ものどがおかしいなと思ってたら、日曜から本格的になった。そろそろ直りかけだが、一週間は長いな。年のせいかな。 ここんとこ雨が多かったけど、今日は昼前からいい具合に晴れてるなぁー。お外で遊びたいが、昨日から嫁さんにも風邪がうつったみたいで、一番下の子供と寝てる。

« 2005年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ