« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月の27件の記事

2007.07.29

UNIQLOCK

やられた。これは飽きない。⇒UNIQLOCK

早速ブログパーツ導入。うるさかったらごめんね。しかし、FireFoxで複数のタブにUNIQLOCK表示すると、音が微妙にずれてファンキーだ。

自然、カミナリ、サザエさん。

昨日(7/28土曜日)はほぼ満月を見ながらベランダで呑んでた訳で、今日も月見酒かぁなんてのんきに一人で過ごしていたら、夕方5時ごろ家内から電話があって、「もう外出たらあかんで、警報出てるからね!」と。。。。何の警報やらわからんのだが、まー、もう外には出るつもりは無いから。。。

で、適当にベランダで、2本目飲んでたら、いきなり雷鳴り出した。あ、そうそう、雷が見えたら、音が聞こえるまで何秒か数えない?俺数える。何キロ先に雷がいようと知ったことではないのだが。周囲に「○○キロほど向こうや」とか、いいたくなる。どっちでもいいことだな本当に。

すまん、横道それた。いやぁ迫力あるねー、雷は。普段でも明石原人やら明石象発掘地なんかで、無意識の片隅に「歴史」が住み着いているのに、今日みたいに遺跡とか行ったりして、少しでも古(いにしえ)の生活なんかに思いをはせたりしていると、雷が鳴ってる最中に「こりゃ昔の人は恐れただろうなー」とか考えてしまう。光と音の違いやら、音速やら知らないだろうから、どこに雷様がいるのか想像も付かないだろうから。あの音はほぼ全天から鳴り響いているように聞こえるからね。

生カミナリ音久しぶりな気がした。

ベランダで呑んでいる間に、雷が鳴って、雨が降り出して、雨がやんで、もうカミナリも鳴らなくなった。理由無く「あぁ、一巡りやね」とつぶやく優しい目。。。。

とか適当なことやってたら、ワンセグで見てたサザエさんで「さっきの雷怖かったわー」ってせりふが。。。おいサザエ、お前見てたんかと。。。君は東京でしょと。。。突っ込みたくなったが、許してあげた。

自転車日記(大中遺跡)

大中遺跡ですよ。ダイチュウではないです。オオナカです。

愛宕塚古墳に肩透かし食らったのですが、広くて落ち着くところが近くにあるぞと思いついて、大中遺跡まで行ってきました。

8年ぶりくらいでしょうか。長男が3歳くらいのときには良く甥とか姪とか引き連れて遊ばせたものでした。そのときは自動車ですが。↓こういうのがあるんですよ。

Ohnaka_house1

デカイ木も印象的です。

Ohnaka_tree6

ちょっと、下の写真って、恋人同士などが似合うベンチに思えませんか?写真自体は、相変わらず携帯のカメラでピンアマのバカチョン写真ですが。。。実際には、子供連れと、老夫婦、それから携帯片手に汗だくで写真撮ってる変なオヤヂしかいませんでしたがね(わしやけどね)。

Ohnaka_bench1_2

地面に穴ぼこがあいていますが、住居跡です。両側がベッドのように盛り上げてあるのが特徴のようです。この穴ぼこ、中に入ってもいいのかもしれませんが、一人ではちょっと恥ずかしくて入れないよー。他にも6角形のがあって、それは珍しいものらしいですよ。

Ohnakahouse4

遠くからでも目立つ塔のような建物(中に入らなかったので何かわからぬが、以前は無かったと思う。お金は要らないのでしょうか?)や、別府鉄道を走っていた機関車ですかね。そんなものもありました。

コレなんでしょか。

別府鉄道の機関車

まぶしい葉っぱ

いい感じのベンチその2

お寺ですかね


そのほか、周囲にもいろんなものがあって、なかなか面白いですねここ。また、子供つれてこようと思いました。

が、。。。。。家に帰ると一人。。。。。あぁぁーーー長男と腕相撲したいぃー。娘と口げんかしたいぃー。次男と意味不明の会話したいぃー。しかし、しかし、ビールはうまいー!

今日は一本です。

もうすぐ反省することになると思うけど。。。

自転車日記(愛宕塚古墳)

午後、自転車磨いてたら、むらむら来たので、播磨町土山駅あたりを、うろうろしてきました。以前より、明姫幹線を走っていると「愛宕塚(アタゴヅカ)古墳」という看板が目に入るのです。どんなとこかな?と思ってたわけです。遺跡、古墳好きとしては悶々とするわけですね。で、方向音痴の私にも、土山駅の近くでわかりやすい位置にあることがわかったので、ぶらぶらゆっくり行くにはいいだろうと。(日曜日のこの時間に自分ひとりでいるなんて考えられないので有効利用しなくちゃね)

で、最初は勢いが付いてしまって土山駅まで行っちゃいましたが、ちょうど駅に詳細な地図があったので冷静に確認して、見事ほぼ一発で到着です。

Atagozuka1

ですが、期待に胸膨らませた割には、こんなもんかと。。。ま、古墳ですし、円墳ですからこういうことになるんでしょうね。なにより、住宅街の中ですし、静かでいいのですが、割と狭くって落ち着く感じではなかった。日陰も無かったしね。ゆっくりぶらぶら走ったのに汗だくです。15時くらいですかね。

一応能書きも写真とっておこうとがんばったのですが、読めそうにも無いかな?

Atagozuka4

林崎松江海岸

今日は参議院議員普通選挙の投票日です。我が家では、なるべく朝のうちに投票を済ませるのが慣わし。で、家内はじいちゃん家にいるので、一人で投票に愛車でGO!そのまま帰宅するのもなんなので、ちょっと早めの松江海岸はどうなっているだろうかと。足を伸ばしてきた。

普段なら明石までNON-STOPですが、林崎松江海岸の東の端で水分補給と休憩。この辺は人も多くって、泳ぎに来たことが無いなー。9時過ぎではもうかなり人が来ているんです。割と皆さんバーベキューのコンロなど持ちながら。松林のあたりなんてシートが敷き詰められている感じです。皆さん早めに来て場所取りしてるんでしょうね。大変だなー。道沿いにゴミがいっぱい袋に入っておいてあったけど、昨日のゴミでしょうか。一応地元民としては持ち帰って欲しいけど、そうも行かないのかな。

Matsueeastentrance

しばし休憩した後、あんまり人がいっぱいにならないうちに帰ろうと、この地を出発。同じ松江の浜ですが、一旦海岸から離れてちょっとした坂を上ったところがあります。走ったことのあるひとにはよく分かると思いますが、ここから見ると水がきれいなのがよく分かりますよね。人が多いとすぐに濁りますが、朝早くに、この辺から八木にかけての海はきれいだと思いますよ。シュノーリングで気持ちいいかも。海の家の無いところは、サーファーやジェットスキーの人たちでにぎわったりするので気をつけないといけませんが。

Matsuenaturepool

下の写真は、同じ場所から西向きに撮影。

Matsuewest

2007.07.28

自転車日記(明石川河川敷)

毎度、お休みの日には日が昇ると同時くらいに起きだして、泣き喚く家族を置いて一人で自転車乗ってぶらぶらしているわけですが。。。今日は朝起きると、泣き喚く家族がいなかった。。。。いや、先日来、近くに住む家内の実家に遊びに行っているわけでして、ご心配は無用です。

で、自転車日記(加古川編)に書いているようにまー、本日も性懲りも無く朝からうろうろしたわけですが9時半頃に自宅に戻ってきても、やっぱり俺一人。

「おぉー、体重2キロへってるやんっ」て騒いでても白い目すらない。。。。ひとり。

電話する。じいちゃんちの家内に電話する。「えぇーっとぉー、子供達は海に行きたいとか、泳ぎたいとかいってないかな?」「いやもう、みんなでDSのゲームやって盛り上がってるから、もうそれどころじゃなくってぇー」。。。。「あ、そう」。。。。娘に代る「海行きたい?」「いや。別に」。。。。「宿題やったか?」「やった」。。。。突っ込みどころが無い。。。。そんなこんなで、とりあえず、昼までテレビ見てすごしたんだが。そういや、最近、明石へ自転車で行っていなくって、ちょっと加古川に浮気気味?見たいな気がしてきたので、午後1時から再度自転車にまたがり、明石へ。サイクリングロードを東へ。

いや、さすがにめちゃくちゃ暑かったわけで、海には人がいっぱいでした。江井ヶ島から松江海岸まで、浜という浜には絶対人がいてる。林崎松江海岸なんて、えらい人ですやん。この状況ってすごいなー。ちょっと引くなー。うちら、6月くらいから泳いでるけど、人っ子一人いないのに。7月の終わりとなるとみんな来るのね。すごいなー。この日の松江海岸の風景は、ともりーさんのブログはりま自転車道にきれいな写真がいっぱいあります。

で、明石へついて、さてなにすんべと思案して、「明石側の河川敷へ行ってみよー」でいってみた。最初左岸を北上したが。。。しばらく行くとほぼ行き止まりの感じ。あ、道はあるけどちょっと期待できない道。下の写真のもうちょっと先です。

Akashigawa

加古川とは比べ物にならないくらい川幅が狭いわけですが、それはそれでなかなかいい感じなのですよ。なにか風情を感じるんですね。浅瀬に鳥がやってきておりました。水辺を眺めると小さな魚がちょろちょろと。いい感じです。

北上の案はここでボツですので、なら河口まで行ってみようかと。。。さすがに河口はひろいですね。カモメさんがいっぱい群れていましたよ。緑が少ない感じはあるけど、それなりにいい感じですね。明石川も。

Akashigawakakoh


このあと、明石公園へ行って、しばし休憩。その後、Wiiの「実況パワフルプロ野球」を買おうかとトイザラスへ行くため、明石の自転車一次預かりへ。100円なんですね。お得。初めて利用しました。自転車の乗せ方がわかんなくて、あせりましたが。。。あ、パワプロは結局かわなかったです。いつもそうなんですが、実物を目の前に見ると、「別に買わなくていいかー」となってしまうのよね。

自宅には3時半ごろついたけど、それから一人をいいことにベランダで飲んでましたよ。本日トータルで79.5km走ってたからねー、あと500mで80キロなんだけど、それより発泡酒でしょ。↓は2本飲んでるの図です(内緒)。

Drinkingat15oclock

自転車日記(加古川編)

先週、加古川の川沿いのマラソンコースを走りましたが、初めて行くとこってちょっと不安で、「ま、コレくらいで勘弁しといたろ」と太子岩のあたりで引き返したわけなのでした。

なので、今日は落ち着いて再チャレンジということで。Zengさんと、ともりーさんには右岸自転車道のことをお聞きしていましたが、それはまた今度です。

先週は太子岩のあたりで、たまたま上の道に上がったのですが、今日はそのまままっすぐに。そのままいくと、お魚が描かれた水門がありました。

Fishgate2

ここで、しばらく休憩です。この水門から流れでる水は、数十メートルで加古川と合流するようなのですが、大河加古川もすばらしいですが、小さな水の流れも落ち着く心地よい風景でした。

Ogawakakogawa

まだまだ、道は続くようで、そのまま進みまして、何とかスタート地点から10キロの場所へ到着。ちょうどそこには、国包渡し跡という史跡ですかね、「その昔この地では」というものだと思いますが。ちょうど向こう岸では、船が浮んでいました、カヌーのようなものでしたか。カヤックという奴なのかな。よく知りませんが。

Kokuhouwatashi

さぁ、再出発とさらに北を目指そうとすると、「折り返し地点」とかかれたマイルストーンが。。。10キロ地点のすぐ向こうです。私と違って本気モードの人もここで折り返している。。。頭の中が「???」となりながらも、そのまま上流へ。。。。でも、あれ?、しばらくしたら川沿いに道が無い。上にあがらざるを得ない。。。。もっと続いているものと思っていましたが。。。

なんにせよ、ここで戻るしかなさそうなので、最果ての地記念(?)で写真だけ取って帰りました。。。

Kakogawaendofcourse

↑は南方向を撮っていますが、広くて入りきらないので、斜めに。。。奇をてらってみた。。。いや、失礼


本日は迷わずに戻りましたよ。6時17分自宅を出て、9時27分着です。トータル52キロ強。先週よりも日差しも強く暑かったのですが、体は楽でした。北上するとき、向かい風が強く、がんばっても22km/h位しか出なかったのが負荷高かったですね。逆に帰りはすいすいと。

あ、結局太子岩の写真とってない。。。これもまた今度。

2007.07.26

ICカード読み込み中?

今、電車の中なんですが、さっき携帯みると「ICカード読み込み中。しばらくお待ち下さい」てなメッセージが表示されててなんにも操作できない。。。 初めて見たよ。こんなの。なんで?電源が落ちてただけ?ならなんで電源が入った?見てないときに小人さんが何かしてた?

2007.07.25

自転車日記:自宅~太子岩(加古川)60キロコース。

意外とでっかい看板

先週の日曜日は、朝6時前に家を出て、一直線に明姫幹線で加古川へ。この前は、加古川まで行ってそのまま引き返したようなものだったから、今度は加古川の河川敷を北上してみようと。。。

明姫幹線走って6時半ごろ加古川に到着。今回は橋を渡らず、最初は南へ行ってみる。近づいてみると意外とでかい看板に遭遇。看板が入りきっていない。


この道を北へ。。。

途中で進入禁止になってしまうので、ここからこの道を北上することにした。


河川敷へ降りる道

しかし、すぐに車道に出てしまう。朝早いけどそれなりに自動車が通るし、左端にあんまり余裕が無いからちょっと怖い。しばらくがんばったけど、やっぱ、河川敷に降りることにした。

河川敷に降りてみると、なんと、舗装されていて、非常に走りやすい。なんとマラソンコースになっているのでした。往復でフルマラソンということで、1km毎にマイルストーンがあります。非常にいい感じですいすいと。平均時速25km/h~30km/h程で快適。広くて気持ちいいですねー。加古川。海沿い走るのと同じくらいいい感じですよ。道も広いし。

まー、しかし、初めて走るところですから数キロ北上して少し(なにかしら)不安になってきたので一旦河川敷から出ることに。のども渇いたし。。。。しかぁし!、、、、何も無い。7時ごろやし、お店は開いていなくって、コンビニも無い。自動販売機も見当たらない。太子岩というものがある辺りらしいが、どこだかわからん。ちょっと奥に入ったら自動販売機くらいはあるかもしれないが。。。基本的に方向音痴にできているので、不安だ。よーく考えてから、河川敷を南へ戻って家に帰ることにした。あとからGoogleEarthで調べたら大体の場所わかった。

かなり戻ってマラソンのスタート/ゴール地点を過ぎ、東へ帰ろうとしたが、場所を間違えて2号線に出ちゃった感じ。うーん、やっぱり方向音痴。

おぉー、加古川駅だ。しかし、Zengさんから教えていただいたたいやき屋さんはまだあいていないはず。いや、おれ迷ってるから、鯛焼きは今度。2号線を走って明石まで行く気はないのだよよよょょょ。。。





鶴林寺公園の機関車です

・・・・・あ、鶴林寺や。SLみっけ。ほとんど知らない土地なのに、たまたま知ってるところに出るとは運がいい。SLの写真撮ってから帰宅しよ。下の写真は家に帰って見るまでこんな妙な写真を一生懸命撮っていたとは思わなかったよ。おれ写真に関して、センスないなぁ。

KC390012

結果、3時間で56キロくらい走ってた。えらい疲れましたが、その後10時ごろから曇り空なのに海水浴へ。曇り空なめてかかったら、日焼けしてた。しかも背中はまだらになってる。。。最終的に1日で60キロ。これは初めてだよ。ちょっと太ももがパンパンですわ。体重はそれなりに減って、一次目標まであと2kg。かぁー!ビールがうまい!。

さて今度の休みはどこ行こうか。。。

2007.07.23

偶然の産物:報道ステーション予告で悲惨なニュースと政治家の笑顔

TVタックル終わった後、報道ステーションの予告で女の子が川で遺体で発見されるという痛ましいニュースが流れた。しかし、予告が終わった後流れた映像(CM)が主な政党党首がヘラヘラ笑っているもの(アニメーション)。まじでビックリして、正直眉をひそめました。小さな女の子が不幸にも亡くなったことを日本を代表する人達が笑っている。。。本当に偶然だと思うけどあまりに恐ろしい映像で恐怖感を感じました。

2007.07.21

どっちが間違い?「リハビリテーション」?「リハリビテーション」?

さぁ、どっちが正しい?「リハビリテーション」と「リハリビテーション」。さぁさぁ。右か左か。左が正しい?本当にそれで合ってる?もう一度、両方を読み直してみてみ?そう、声に出して。さぁさぁ。どっちが間違ってるの?

って意地の悪い事をしていますが、お許しを。声に出して読めば読むほど、どっちか分からなくなるでしょ。略語としては「リハビリ」ですので、「リハビリテーション」すなわちタイトルの左が正しいです。そもそも rehabilitation ですからね。

でね、この間違いって、かなり医療機関や病院のサイトやなんやらですら、混乱して使用されています。中には「国立リハリビテーションセンター」なんて堂々と出てくるしね。とにかくGoogleで検索してみて。いっぱい出てくるから。かなり面白い。

いまはどうなっているか分からないけど、神戸の西神南の近くにある病院では看板に「リハリビテーション」って書いてあった。それはどうかと思うけどなー。素人は間違うケースが多いと思うけど、プロは間違っちゃいかんな。

御教授!御教示くださいませませ。

先日来、仕事上のメールで頻繁に「ご教授(ごきょうじゅ)ください」というのに出会う。以前からもこの誤用は目にすることがあったが、最近特に増えたように思う。

「ご教示(ごきょうじ)ください」が正しいはずだが、あまりに多いので調べてみた。やはりインターネットやメールで誤用が目立つとのこと。

本来は「教え示してください」という意味で、「ご教示」なのですが、字面的に「教え授けてください」と読めるから間違いに気付きにくいのかもしれないですね。

たとえ間違いに気付いても、何が言いたいのかは既に伝わっているし、へりくだっている態度が前面に出ているから、指摘するのはかなり心理的抵抗があるように思う。既に頭を下げている人に、「間違ってるよ」とは言いにくいよね。自分も今までこの件に関して他人の間違いを指摘したことが無い。

そういえば学校でこの言葉を教わった記憶が無いです。かなり古めかしい言葉にも思えるのですが、社会人になってから、ちゃんとした文章を書こうとして間違っちゃうのでしょうか。ほとんどのケースで「教えてもらえませんか?」で十分通用するのにね。

同じ読みの「享受(きょうじゅ)」という少し似た意味の言葉も絡んで、正確な読みを知らずに書いてしまうのでしょう。あまり音読することが無い言葉だと思うし、耳で聞いてもはっきり差異が感じにくい。正しい読み方を知らない人は多いかもしれないですね。

まー、そんなこんなで、この「ご教授ください」は誤用してしまう条件がそろいすぎているんだろうな。

皆さん「御教示(ごきょうじ)」ですよ。でも、「教えてください」で十分だから。。。。

2007.07.18

赤信号、無視しておいて、反省してる。(字余りが過ぎる)

昨日、帰り道で横断歩道を信号無視していつに無く反省した。自転車じゃないよ徒歩です。車道は幅4m~5mの一方通行で、且つ、見通しが良いところなのですが、こういうところって、基本的にみんな良く無視すると思うんだけど、どうかな。自分も、通勤時なんかは、それこそ「赤信号みんなで渡れば…」という感じで、、、、でもみんなが待っている状態では先頭に立って渡るわけではないという、、、、まぁ、そんな感じです。

たとえ徒歩で歩行者信号であれども、ルールに違反しているわけですから、反省して当たり前なんだけど、だからって普段から無視しているわけで、毎日反省しながら無視しているわけではない。昨日は、ちょっと、深く反省すべきだと考えさせられることがあったのでごわす。だから、本質的に反省しているわけではないのではないかと自己突っ込みするパラドックスがあるわけですが。。。

普段なら、子供の目がある場合には、ちゃんと赤信号を待ちます。これは、「教育上、正しい姿を子供に見せる」とかいうようなことではなく、子供は赤裸々に語る事を知っているので、その場で直接的に突っ込まれると恥ずかしいからなんですね。自分で思うには。

昨日、夜8時ごろですが、普通に信号を無視して渡り切る寸前に、向こう側から小学校高学年くらいの子供とお母さんが歩いていて、子供が先行していた。子供は、ぶらぶらっと、左右を確認せずに、赤信号を渡ろうとしている。お母さんはその後を歩いていて、自分とその子供は0.5秒後にはすれ違うのだが、あろうことか車道では既に自動車が近づいてきている。自動車は間近に迫っているわけではないが、数秒後には横断歩道を通り過ぎる。自分は渡りきる寸前だから安全だが、子供は自動車に気付いていないようで、自動車の側も、自分には気付いているが、スピードの緩め具合から、子供には気付いていなさそうな雰囲気、、、、、という状況。

上の状況って、文章ではこれくらいの分量になりますが、これを一瞬のうちに把握していて、とっさに、「車がきてるよ、危ないよ」と声が出てしまった。同時に子供の後ろのお母さんも同じような意味の事を言っていた。体で制するほどの状況ではないとも判断していた。子供は、おそらくですがお母さんの声によって立ち止まって、歩道へ引き返し、何事も起こりませんでした。

しかし、子供にとっても、お母さんにとっても、「おい、おっさん、危ないときに危ないって注意するのは良いけど、おまえ信号守れよ。」という気になったでしょうね。「危ないよ」と口走った瞬間にそのことに気が付いて、「あ、おれ、恥ずかしい」って思ったわけです。でも、もし、あの時、誰も気付かずに、最悪、あの子供がはねられていたりしたらそれこそ大変なことになっていたわけで、現実にはそうならなくって結果的に良かったのですが。

ま、そんなこんなで、反省しなきゃいかんなと思っているわけです。でも、「今後絶対に信号無視しない」と誓えるかというと、現実的には守れないような気がしてるので、今現在、反省のしかたを考えているところでごわす。

2007.07.11

梅雨の七夕と星空(と計算)

微妙に世間の七夕に遅れていますが。。。。気にしない。

私が子供の頃、地元では、古くからの季節の行事などは1ヶ月ずらして行われていたような記憶が有ります。うちの親族だけかもしれません。かなり記憶が薄れてはいるのですが、七夕は今のカレンダでの8月7日に何かしていたような気がするのですよ。桃の節句も4月。こいのぼりも6月に立っていたような気がします。

しかし、お正月とお盆はカレンダどおりでした。ん?破綻しているね。でも、これは学校や会社のお休みの関係なのかな。七夕は休みではなかったし。

現在のカレンダで言うところの7月7日って、梅雨真っ只中ですよね。天の川で織姫と彦星は雲に隠れて見えないことのほうが多いのではないでしょうか。今年もそうでしたよ。でも8月7日ならば、梅雨が明けてて星空もよい感じ。天の川がよーく見えるわけですよ。明石ではちゃんと見えないけど、私の実家ではね。

私は、この事を、「子供の頃、七夕は旧暦でやってた」と思っていたのですが、よく考えると、新暦と旧暦でちょうど一ヶ月ずれているわけではないですから、旧暦でということではなさそうです。

調べてみると、今年の新暦での七夕、即ち2007年7月7日は、旧暦では5月23日に相当するようです。ならば、旧暦で言う7月7日は新暦ではいつかというと、8月19日だそうでして、お盆過ぎていましてクラゲの季節ですね。でも、梅雨空よりは天の川が良く見える季節ですよ。

七夕を8月7日にやっていたのは、本来の季節になるべく合わせるのと、完全に日付が変わってしまうのを避ける折衷案ということでしょうか。中途半端は良くないから、七夕を実質にあわせて8月にずらすべき、なんて言いませんが、今年の8月19日あたりには、夜空を見上げて天の川の織姫と彦星のお話を子供達にしてみようかななどと思っている次第。


余談ですが、「アルタイルとベガは実際には近づかないが、それらの位置関係と、地球の公転直径の視差によって、七夕の時期に地球からは、少し近寄って見える」などと子供の頃に教わった覚えがあるんだけど、よくよく考えれば、地球からアルタイルは約16光年、ベガは約25光年の距離だそうですので、地球の公転楕円の直径から考えて、そんな視差は生じないということのほうが自然ではなかろうか。インターネットで調べてもそんな情報どこにもないんだけど、だれに教わったのだろう。おれの妄想かな。子供達に間違ったことを教えないようにしなくては。

うーん、しかし、気になるので計算してみた。地球が半年たった時点でのアルタイルの視差は約10万分の11度でベガは、10万分の7度。ベガとの距離の3分の2程度の位置にアルタイルがある。ってこれだけでは分からんな。ベガとアルタイルと太陽系の絶対的な位置が分からないと解決しないか。。。。うーん、眠くなった。

おっさんのケータイばなし

朝、出勤時にケータイいじくってて、ふと思い立って、カメラの設定を見てみると、思っていた設定値と全然違ってて愕然。

画像の品質が標準設定だったのはまぁいいとして、、、、

オートフォーカスOFFってどーゆーこと?

3月に携帯機種変更して、カメラの画質がいまいちで、このブログに掲載している写真でも、「まー携帯やからしゃーないなー」と思っていたけど、オートフォーカスOFFのわりにはなかなかよく撮れてるってぇ事じゃぁないか?

まさか、工場出荷時のデフォルトでOFFじゃないだろうから、やっぱ俺かなぁ。でも覚えが無いなー。年取るとこうなるのかなー。

2007.07.10

明姫幹線かきまつがい

がはは、今までの記事の中で、明姫幹線と記述すべきところを名姫幹線と書いていた。よく考えれば分かるのに、なんとも恥ずかしい。全部直したが、こそっと直すのもなんなので、ここに情報公開しておきます。ハズカシながら。

スノーケルで発見

江井ヶ島の海でスノーケルで遊んでいたら、何回もお魚さんを見ましたよ。今まで泳いでいて見かけることは無かったけれど、それなりにいるんですね。私は3種類の魚をみました。息子は小さな海老と魚2種類見たようです。波打ち際に群れている米粒ほどの魚がかわいかったです。名前は図鑑で調べたけれども分かりませんでした。

もうちょっと透明度の高いところで、スノーケリングしたくなりました。これははまっているということでしょうね。

息子の買ったフィンを一回借りましたが、いまいちうまく使えない。息子は上手に使っていまして、適応能力の差を見せ付けられました。

2007.07.09

自転車日記(加古川)

加古川に架かる明姫幹線(=国道250号)の橋の西行き車線歩道より南東方面へ向けて撮影。

朝から、かねてから計画(というほど大げさじゃないけど)していた「加古川まで行ってみよう」計画を実行。

自宅から15km程度ですが、明姫幹線の歩道を走るので、信号や、段差などがあって疲れた。

加古川って広いですねー。写真の撮り方によってはジャングルのように見える。


明姫幹線沿い、加古川から少し東側へ離れたところの東行きの側道で発見した「酔ったっ亭」の看板の写真です。

帰りに「酔ったっ亭」という多少ふざけた看板を見かけたのでこれも撮影しておいた。焼き鳥がおいしいらしいですよ。(神戸駅近くにはたすけ亭~があるが、無関係でしょうね。どちらも微妙に行きにくい感があるぞ。インパクトでは「たすけ亭~」に軍配が上がるかも)


Pap_00021024

休憩しようとしたらちょうど鶴林寺のちかくでしたので、門のところへ行ってみた。なんか荘厳な門構えに感動。

他にも見ごたえのあるところが有りそうなので、また足を伸ばしてみようと思う。


2007.07.07

自転車日記(新島)

新島の道路。中心の公園付近で撮影した写真

新島まで自転車で行ってみた。ここは、もう明石ではないのだな。新島には初めて行ったが、きれいに整備されています。右の写真は新島の真ん中の公園周辺で撮影したものですが、最南端までこんな感じで緑がいっぱいです。歩道が広く(橋の歩道はちょっと狭い)段差も少ないので走りやすい。車道も広いのですが、工業地帯ですから、大型の自動車などが多く、自転車には危険と思われます。

タコやイカ、カニなどの絵が描かれた歩道横の柵の写真です。

左の写真は、新島へ渡る橋の手前の柵の写真です。垂直のポールそれぞれに色がつけてありまして、斜めに見ると、カニやイカなど海のものが描かれています。これもはじめて知りました。なかなかかわいらしい。



ケータイのカメラで撮影しているけど、ぼやけててちょっと限界ですね。

不可解・そのブログの目的はなんなの?

トラックバックとコメントは、申し訳ないけど、確認してから公開しています。というのも、宣伝目的?で本文とはまったく関連のないものが多いので、申し訳ないです。なるべく毎日チェックして、知ってる人のは、ちゃんと公開していますので。

しかし、宣伝目的として考えると理解できる範疇のが多いのだけれども、今朝トラックバックされていたのは「CADに関して説明する」ブログ。当然公開しないけど。大真面目なのかもしれないが、こっちのブログに全く関係ないし、いまさらCADについて説明してどーしたいの?って気がする。てか、名を名乗ろうよ。いや、俺も匿名か。しかし、プロフィールとかさ、目的とかを示そうよ。でないと信憑性が薄くなるよ。

「CADはComputer Aided Design です。」ってそういう説明って、本質的に興味が無くって、知る必要のない人を釣る目的に思えるが、考えすぎかな。いまさら説明されなくっても、この30年ばかし現場で活躍しているよ。CADなんて。

たいていこういうブログ見てみるとね、SEO対策なのかどうかわかんないけど、同じ言葉を使いまくっていてそもそも読みにくい。って俺がつられてるのか。

そうそう。SEOってブログに書いたりすると、訳のわかんねぇトラックバックとかコメントが多くなるよ。書いたら直公開の設定の人は気を付けてね。

ってなんでこんな時間にこんなこと書いているのか。。。あ、おはよう。子供が起きてきました。しばし晴れそうですね。いまから、チャリ乗ってメタボと戦ってきます。昨日はちょっと呑みすぎた。

2007.07.06

古いマンガ・古いゲーム

自分は、もう、あまりマンガを読まなくなったのですが、子供達はマンガ好きです。コロコロやチャオなんか読みまくっているようです。また、学校ではやっているのか、昔のマンガ、アニメもよく知っているようです。ドラゴンボールや北斗の拳なんか大好きで、フィギュアや新しいマンガ本などが家に散乱しております。オバQ、パーマン、あさりちゃんなども。。。以前、実家に戻ったときに、私が小学生か、中学生頃に買った、Dr.スランプアラレちゃんの単行本とかを見つけて面白がって読んでたりします。作者がドラゴンボールの鳥山明さんだから、興味を持ったのかもしれませんが。

で、最近のコロコロの付録のようですが、「ゲームセンターあらし」なんていう懐かしいもの(すっかり忘れていました)が自宅にありまして、うかつにも少し読んでしまいました。

不覚にも古いゲームに興味が出てきてしまいまして、今月は本業が忙しいから困っています。どうしよ。どっちを忘れておこうか。。。。

2007.07.05

Windows Live Spaces ってなにあれ。

自分は使ってないし、文句を言う筋合いでもないんだけど、Windows Live Spaces って、なんであんなに変なのかな。

他のブログでは、見た目は執筆者のセンスに依存しているけど、動作的には戸惑うことはまず無いのですが、かの大帝国の提供するブログ(これはブログではないのか?)はなんとも変な動きをすることが多い。Firefox使っているからかな。

それに、基本的なデザインがみんな一緒で、それも変。没個性というほど大げさなものではないけど、全員Microsoft経信者みたいに見える。

重ね重ね、文句を言う筋合いではないのだが、どうしたいのか分からない。

2007.07.03

【Respect MZ-700】ハンドアセンブル

ま、MZ-700は直接関係無いんだけどね、、、、ハンドアセンブルについて書きます。って歳がばれるか。いやほぼばらしてるし。

「ハンドアセンブル」っていうのは、紙とかに書いたアセンブリ言語のプログラムをニーモニック表を見ながら機械語に直す作業をいいます。要するにアセンブラがやる事を手作業でやるわけだ。だから「ハンドアセンブル」

ハンドアセンブルしてたよなー。だって、アセンブラなんて無かったしね。ノートにびっしり書いていたのを覚えている。今考えると、単純なアセンブラくらい作ればよかったのにな。どうせたいした物は作らなかったと思うけどね。

当時、基本的にはZ80のマシン語はある程度覚えていたけど、やっぱり、直接コーディングはできなかった。 仕事でもZ80は使わなかったし、ほとんど忘れた。C9ってRETですよね。違う?21は「LD HL,...」だったような気が。違ってるかもです。

システムハウスに入社後の実務初体験は4ビットCPUでの電卓のプログラムはハンドアセンブルさせられた。余談だが、変なCPUだった。ま、他では4bitCPUなんて触ったことが無いから、普通なのかもしれん。

考えながらコーディングしないっていうクセ(大げさに言えば設計とコーディングを分割する感覚)がついたのは、ハンドアセンブルや、ロードモジュール作るのに大きなものでは30分くらいかかっていた時代を知っているからかもしれない。ここで「最近の子は考えながらコーディングする子が多いなぁ」と年寄り的にぼやいておく。

さらに余談ですが、MZ-700のアセンブラは、SHARPから確か「SYSTEM PROGRAM」という名前で出ていたと思う。実は名前に自信がないけど、青いパッケージだった?かなり晩年(って高校生だったと思うが...)に購入したように思うが、もしかするとmz1500用のものだったかもしれないな。QDだったような。。。

エディタ込みのアセンブラみたいな感じで、ラインエディタだった(CP=キャラクタポインタを動かして編集みたいな)。これをかなり使い込んでて自由に使ってたから後々viもスムースに習得できた(だってラインエディタより使いやすいんだもの)。でも、もうすでにこの頃は、別の方面へ興味が行っちゃってたのか、たいした物は作らなかったようだ。何にも残っていない。

うーん、ハンドアセンブルから内容がずれてしまったかも。ま、そんな時代もありましたねということで。。。

2007.07.01

いろいろあった週末

基本的に梅雨の空なので、久々にこの土日は家で過ごす時間が多かった。ニュースや新聞を相対的に良く見るからかもしれないが、いろいろありますねー。世の中。

羽賀健二捕まりましたか。大ばか者といわれてもしかたが無いよね。まずは商習慣として、やっちゃいかん事よなぁ。それに渡辺二郎とつるんでいたというかつながっていたのね。

関西ローカル(または関西色豊かな)の番組にたまに出てるようなイメージ(全国的に出てるんでしょうけど)を持っているのですが、「や○き○か○ん」なんかもおんなじくくりに思える。昔は良く見てたし歌も好きやったけど、最近はなんか、いやみな感じが前面に出てる気がして見ない。あぁ、他にも「い○か」とかもやばそうな匂いがプンプン。現役時代はすきやったんですが。。。。みんな下品に見えるんだな。そういう演出なのかもですが、嫌悪感を感じてしまう。

それから防衛相の発言問題ですか。

私としては、報道の騒ぎ方が奇異に見える。野党は当然ああいった反応だろうし、いわゆる平和主義の市民団体や各自治体の長などの反応も予測の範疇。そして、抗議で語られることはたいてい正しい(「原爆は死の兵器」「平和を守らなくちゃ」「戦争反対」これらはあたりまえ)。

でも、報道を見ている人のほとんどは現場にいたわけではないから直接知らないんだ。なのに、報道では、断片的に、アナウンサーが「○○などど発言」という紹介をして、そのあとは、記者や群集が詰め寄る絵で、識者や政治家が「あれはいけない。責任問題だ」となる。

私はこういった騒動が起こったときの報道のやりかたに何か気持ち悪さを感じる。視聴者に対してフェアじゃないと感じる。私も直接久間防衛相の話を聞いたわけではないから断定的には書けないけど、報道は「視聴者がどう思うかということを勝手に想像してそれに合致する絵を流している」のではないかと思える。

私だって、「原爆は戦争を終わらせた良い道具だった。」なんて誰かが発言したら、「それは違うだろう」とおもう。でもそうは言っていないんだろう?

極論かもしれないが、遠く離れた場所でこの瞬間になにが起っているのかを、瞬時に知る必要など無いのではないかと思うことがある。現実を目にした人たちの情報処理結果を、間接的に後々伝えられて総合的に自分の直面する問題に関して判断できれば良いのではないかと思う。これは口コミ的な情報処理かもしれない。噂話に似ているかもしれない。途中で何の情報か分からなくなってしまうケースもあるはず。でも、大昔から人間はそのようにして風習をつくり、伝説を作り、ことわざや、昔話を作ってきたんだ。

興奮していろいろ長文を書いた。でも結論はないんです。あぁ、もう寝なくては。

道路完成も果たせず。

人口島(東新島)への道路工事が昨日終了予定で今日から開通だったはず。前から別に一番乗り目指すわけじゃなくって、「いってみよー」と思っていたんだが、昨日走り過ぎて疲れていたのか寝過ごして早朝走行は断念。午前中は自宅待機の用事があったので外には出られず(ドアがつぶれている件だが)。午後はいつ降ってもおかしくない天気で躊躇して、結局いけずじまい。。。ついでに、近所のスーパーまではママチャリで行ったけど、雨に降られた orz。

新しい道は気持ちいいからなー。来週までお預けかー。

Vブレーキ調整したが。。。

後輪のブレーキの効きがマッタリしてるので、昨日調整した。購入してから一度も触っていなかったと思うが、ガツンと聞かせるためには、かなりワイヤーを引っ張ることに。今のところは応急措置的な調整(ハンドル側でのねじで調整)だけど、本来は、ワイヤーの止め位置を調整したほうがいいんだろうな。

力の入れ具合によっては、後輪ロックできる事を確認した。

ワイヤーなんてそんなに伸びるものではないでしょうから、初期の調整がおかしかったのだろうか。ま、ルック車だし、サティで買ったししかたが無い。

後輪はOKで、前輪も元よりちゃんと効いているからいいんだけど、昨日から前輪のブレーキかけると「キー」と音が鳴ることがある。何が悪いのか。。。パッド変えるべきかな。少し恥ずかしいので、早く直したい。。。

新幹線 N700系

本日から登場のN700ですが、本日CMで正面から見ると、しかめっ面な印象を受けた。以前は正面から見るとウーパールーパーみたいに思っていたのだが、、、、実物はまた違った印象なんだろうね。

ところで、少し前、自転車でぶらぶらしてて「おっ」と気が付いたんだけど、西二見の明姫幹線沿いに、新幹線を見れる絶好ポイントがある。明姫幹線が新幹線と交差しているところの東側のスロープになっている歩道橋。びっくりするほど新幹線の高架に近くて、シャッタースピードをちゃんとすれば写真も取れると思う。携帯では無理だったです。

子供が電車好きなので、晴れてればN700の撮影に挑戦しようと思っていたのだが、雨降りそうだし、実際降っていたからあきらめた。

別件ですけど、なんと、あのしかめっ面(いやいや)は700系のフォルムから遺伝的アルゴリズムで作られたものだとか。実物を何個も作ったわけではないだろうから、コンピュータ上での空力的なシミュレーションなんでしょうね。設計の分野ではもうそういうことになっているのですね。実用的に利用されているケースというのをあまり聞いたことが無かったから、そのことに少しびっくりしましたです。実際にはかなり使われているんだろうか。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ