« いろいろあった週末 | トップページ | Windows Live Spaces ってなにあれ。 »

2007.07.03

【Respect MZ-700】ハンドアセンブル

ま、MZ-700は直接関係無いんだけどね、、、、ハンドアセンブルについて書きます。って歳がばれるか。いやほぼばらしてるし。

「ハンドアセンブル」っていうのは、紙とかに書いたアセンブリ言語のプログラムをニーモニック表を見ながら機械語に直す作業をいいます。要するにアセンブラがやる事を手作業でやるわけだ。だから「ハンドアセンブル」

ハンドアセンブルしてたよなー。だって、アセンブラなんて無かったしね。ノートにびっしり書いていたのを覚えている。今考えると、単純なアセンブラくらい作ればよかったのにな。どうせたいした物は作らなかったと思うけどね。

当時、基本的にはZ80のマシン語はある程度覚えていたけど、やっぱり、直接コーディングはできなかった。 仕事でもZ80は使わなかったし、ほとんど忘れた。C9ってRETですよね。違う?21は「LD HL,...」だったような気が。違ってるかもです。

システムハウスに入社後の実務初体験は4ビットCPUでの電卓のプログラムはハンドアセンブルさせられた。余談だが、変なCPUだった。ま、他では4bitCPUなんて触ったことが無いから、普通なのかもしれん。

考えながらコーディングしないっていうクセ(大げさに言えば設計とコーディングを分割する感覚)がついたのは、ハンドアセンブルや、ロードモジュール作るのに大きなものでは30分くらいかかっていた時代を知っているからかもしれない。ここで「最近の子は考えながらコーディングする子が多いなぁ」と年寄り的にぼやいておく。

さらに余談ですが、MZ-700のアセンブラは、SHARPから確か「SYSTEM PROGRAM」という名前で出ていたと思う。実は名前に自信がないけど、青いパッケージだった?かなり晩年(って高校生だったと思うが...)に購入したように思うが、もしかするとmz1500用のものだったかもしれないな。QDだったような。。。

エディタ込みのアセンブラみたいな感じで、ラインエディタだった(CP=キャラクタポインタを動かして編集みたいな)。これをかなり使い込んでて自由に使ってたから後々viもスムースに習得できた(だってラインエディタより使いやすいんだもの)。でも、もうすでにこの頃は、別の方面へ興味が行っちゃってたのか、たいした物は作らなかったようだ。何にも残っていない。

うーん、ハンドアセンブルから内容がずれてしまったかも。ま、そんな時代もありましたねということで。。。

« いろいろあった週末 | トップページ | Windows Live Spaces ってなにあれ。 »

MZ-700 / 1500」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【Respect MZ-700】ハンドアセンブル:

« いろいろあった週末 | トップページ | Windows Live Spaces ってなにあれ。 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント