« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月の22件の記事

2007.10.30

雨宿り

雨宿り 今明石駅です。雨降ってます。雨宿りというものを人生で初めて経験中。雨が止む瞬間を見られるかも。はよ自転車乗りたい。おうちに帰りたい。ロードマンが待ってる。

自転車日記(ロードマン=ニヤニヤ)

以前紹介したロードマン、先日もらってしまった!!!。

タイヤは新品に換えてあるのだが、後ろのシフトレバーを「ギュッ」と動かすと、ワイヤーが切れた。サビサビですわ。

ワイヤーが切れたので「ぶ、ぶれーきはだいじょぶ?」と調子を見るがちょっと利きが甘いので調整。でも、最終段階で、ボルトとナットのねじ山をなめてしまった。後のキャリパーブレーキのワイヤーを止めているとこです。「えっ!?こんな力で?」。唖然。金属がこんなにモロモロになってるなんて。。。

後ろブレーキは重要だろうから、前ブレーキから部品を移植して、前はナットとボルトで何とか応急措置。汗。。。

ワイヤー類を交換したり、細部のグリスアップで、何とか走れる状態になってきた。でも、サドルが固まってて微動だにしない。ハンドルもうちょっと下げたいが、これも固まってそう。ていうかスパナのサイズが合ってない。。。。こいつ、金食いそうやなぁ。。。

余分なもの外すと、マイMTBルック車より6キロ軽くて14キロほど。幅も狭くってかわいらしい。ギヤの歯の数数えてみると、ルック車よりはスピードでる計算。27インチなので26インチのルック車よりは10センチくらいタイヤの周長が長そうだけど、実質は5センチくらい長い程度ですね(ルック車はタイヤが太いからかな)。

さーて、いつごろから、これで通勤しようか。しかし、乗りこなすには練習がいりそう。慣れてないから、止まる方が不安。

今のところ、ロードマンに夜な夜なニヤニヤ浮気中。

マイルック車はBB開けて何とかベアリングボールを無理やり抱かせて、異音はかなり解消。たまに「ぐりっ」て鳴ってるけど、「そーかそーか、力掛け過ぎてしんどかったか?すまんすまん」と謝ってたら元気に走ってくれるかわいい奴。。。。「はっ!」機械を擬人化しだすとおたくっぽくなるような気がしますな。まだ名前は付けてませんので、こっち側の人です。以後気をつけよう。ま、そのうちちゃんと直そうとは思ってるので。

2007.10.28

魚住 住吉神社 秋祭り

秋祭り本番、西島の太鼓の追っかけをしてきました。相変わらず携帯の写真です。

太鼓は朝早くから準備して神社へ行きますが、正午頃までは魚住神社の南側の参道で待機してます。その後ようやく境内の中へ入ります。ドンドン盛り上がってきますが、でもまだ門を入ったところで待ちます。西島は3番目だったようです。

Pap_0039

Pap_0036

Pap_0032

さぁ、神社の正面まで中にはいって、西島はここからが本番です。

Pap_0024

掛け声と共に全員の動きがぴたっと合い、太鼓を押し上げて、一瞬静止します。「ビシッ」と決まったこの時がとても好きです。「決まったぁっ!」て感じです。当然バランスが崩れて傾いたりすると激しい怒号が飛び交います。

Pap_0014

つい数年前、担ぎ手が少なかったのか、うまく太鼓が上がらず、見ていられなかった記憶があります。そのときは、祭りが終わった後、担ぎ手の方達が悔しくて涙を流していたということも聞きました。

でも最近はちゃんとあがっています。上の写真のように、今年も綺麗にあがっていましたよ。でもやっぱりヒヤヒヤするんです。

Pap_0015

Pap_0012

Pap_0011_2

下の写真の4人は中で太鼓をたたいていた小学生達です。練り回しが終わって、神社の横に太鼓が並べられたら、中から出てきます。神社の外からずっと太鼓をたたきっぱなしです。ふらふらになっているのかと思いきや、少し緊張、少し興奮状態、とってもいい表情をしていました。手は豆だらけだそうですよ。この後、青年団に肩車されて、神社の中の4・5箇所へ参拝に行きます。何で肩車かって言うと、祭りが終わるまで絶対に足を地面につけてはいけないとのこと。大きな子もいるので大変そうに見えました。

Pap_0006

今年も祭りが終わりました。毎年、祭りが終わると深まる秋を実感します。また、なんとなく「ほっ」とした気分になります。なぜでしょうね。昼間から酒飲んで、午後は寝てるだけだったりするのですが、一仕事終わった感じなのです。

今日はとても暖かい日でしたが、これからドンドン冷え込んで、冬はもうすぐそこに。。。

Pap_0005

祭りの前日 西島の布団太鼓

Kc390283

魚住の住吉神社の秋祭り。写真は西島の太鼓(布団太鼓)です。祭りの本番は今日(10/28日曜日)ですが、前日は昼ごろから夕方まで西島地域内を練り歩きます。ドラさんのブログで指令をいただきましたので(『江井ヶ島「住吉神社」秋祭りでした』-明石海岸通信「建築設計の雑記帳」)、がんばって写真とって来ました。携帯ですが。。。

Kc390286

太鼓の後ろには、地域内の老若男女の列が連なります。子供たちは要所要所で配られるお菓子が目当て?。大人は、酒も配られますので、一杯やってる人もいますね。担ぎ手の家族や友人、それと単純に太鼓に付いて回るのが好きな人も多いでしょうね。私もその一人です。ここで生まれ育ったわけではないのですが、この10年余りで染まってしまいました。

Kc390289

普段は遠方に住んでいても祭りのために帰省する人が多くいるようです。この土日は、いろんなところで「あ!久しぶりー」とかいった会話が聞こえます。各家庭ではいろんな来訪者をおもてなしするために、祭りの時は特別体制ですよ。

Kc390304

勇壮で且つきらびやかに装飾された太鼓、威勢のいい掛け声、おなかの底に響く太鼓の音とゆったりしたリズム「どん・どん・どどん・どん・どどん・どん・どん」。小学生の男の子4人が中で太鼓をたたいています。

青年団の若い担ぎ手は、なかなか「やんちゃくれ」にも見えますが、実は礼儀正しくて元気で楽しい若者達。楽しそうに冗談を交えながらはしゃぎまわってる姿をみると、少しうらやましく思ったりします。

Kc390309

2007.10.24

異音の原因:嗚呼、BB内がぐっちゃぐちゃ

ボトムブラケットの中が。。。。。壊れていました。

昨日、開けてみたのです。カップアンドコーン型という少し古いタイプのものらしいのですが、要するにシャフトが入っていて、左右のベアリングで支えているような状態です。

何が壊れていたかというと、ベアリングボールを保持するリテーナという部品。左右にありますが、左側がぐちゃっとつぶれてて、ボールが落ちてる。ついでに、ボールもつぶれているようなものが数個。

異音の原因はこれだっ!

って原因がわかったのはいいけど、こんな部品どこに売ってるのかよーわからん。ネットで調べると自作してる人もいるが、俺できるかな。とにかく、原因は突き止めたから、後はプロに任せるしかないか。

まー、とにかくBB内は壊れたベアリングやリテーナの破片、砂、鉄粉で真っ黒になったグリスでぐちゃぐちゃの状態。クリーナーできれいにして、グリスアップして、何とか元に戻しました。左側のリテーナは完全復旧が無理だけど、可能な限りまっすぐにして、可能な限りベアリングを抱かせて。。。嗚呼、涙涙のモンキーレンチ。。。

しかし、廉価版の自転車ってやっぱ、いかんなー。そもそも、なんでボトムブラケットに砂が入っているのかわからんし、ベアリングのボールが妙な削れかたしてるってどういうことなんだか。うちの家内はもう何年もリサイクルショップ3,000円のママチャリに乗ってるけど、こんなトラブル無いもんねー。ルック車って、こういう見えないところでも手が抜いてあるんだなー。

ある意味、ルック車を見切ったぞ。。。が、しかしまだ見限っていない。工具フェチ・メカ好きとしては最高の題材。。。

2007.10.23

Ajaxから出た愚痴。

最近、自転車ねたが多いのだが、なんぼ自転車で通勤してても、仕事してる時間の方が長いわけで、たまにゃ、仕事ねたとか。面白くは無いのだが、愚痴っぽくない内容というか、ノート代わりだな、こりゃ。

Ajaxなのですよ、最近は。ってまぁ、業界では、遅ればせながらですね。

で、仕事上の悩みがあるわけです。それは、、、、「サーバー側は一般に何とあわせるのがBestか?」ってこと。うちの会社、PHPを要望する向きが多いのだけれども、自分としてはASPとどこが違うのかわかんねー。「Syntax」とか言わないでくれよな。実現可能性の話ですよ~。対応可能なプログラマーの絶対数だって重要なファクター。ならASPでいいじゃない?。どう?

ただ、可能性という面では、サーバー側で一本のプロセスが走っているほうが便利なケースがある。Ajaxでサーバーにタスク登録して、途中でキャンセルするような処理って、PHPやASPだけでは難しいだろうね。ASP.NET ならできるらしいが。。。Javaのサーブレットでいいんじゃない?。。。

ところで、さすがにAjaxは当初読み方がまちまちだったねー。状況が初期のLinuxと似てるな。あたしは、「アジャックス」と「エィジャクス」の中間みたいな発音。@ITかなんかでそう書いてあったから。ってあんまりこういう発音すると外人かぶれっぽく見られるから気をつけろ!ビ・ケァフォルみたいな。。。

あーあぁー。開発言語の選定なんてじゃまくせぇなー。ある言語専門のプログラマーなんて何の特にもならねー。プロなら何でも対応しろってー。もうー。って、このブログのエントリーで何が言いたいのか。てか、愚痴っぽくなってしまったのでもうやめとこ。

2007.10.19

自転車"通勤"日記(「ドイターに対抗」の巻)

ローラー男さまに教えてもらったドイターのリュック ― 背中とリュックの間に風を通す構造 ― ですが。。。右のAmazonのショップで売られておりました。アウトドアの自転車のバッグあたり。。。

とか、とかです。

ウレタンで空気の通り道を作るってことなので、なんだか自分が考えてた方法とほぼ同じ。まねしたわけじゃないから、ちょっとうれしい。

でも、現実面では、今持ってるリュック(ノーブランド)が使えるのに、あらたにドイター買う余裕は無い。値段も値段やし、稟議通らんわなぁこりゃ。

しかし、どんなもんか調子を見てみたいので、ありあわせのものを使って試してみた。バッグの中の一番下(ちょうど腰の下に当たる部分)になにか入れて背中から浮かそうと。。。。ドイターは縦に2本のウレタンパッドが入るようだが。

素材は当然ウレタンがベストだが手元に無い。狩人のような目で部屋の中を探すと・・・あるじゃなーい。燈台下暗し、いつも持ってる折りたたみ傘。こいつをバッグの一番下に横に渡して入れてみた。この上にノートPCやら何やらが乗るようにして背負ってみる。。。。心なしか背中にはある程度の空間が開く状態。。。ほほう、なかなか良いではないか。期待感でワクワクして押しつぶされそう。おれは天才かも。えへらえへら。

で、この2日間これで通勤してみた。効果は。。。。。不明。いや、多少は「あり」のような気がする。可能性はあるとおもう。週末にもうちょっと本格的な工作をしてみるかな。脳内エミュレートだけになるかもしれんが。

2007.10.18

あぁぁー、いかん、リバウンド開始してもたか?

危険だ。つい、脂質抜きの晩御飯で、このところ食ってた量よりちょっと大目に食ってしまった。

うかつやった。安定していた体重が増えてる。完全に肉になっとるがなこれ。美しいV字回復曲線。。。いかん、いかん、ここらで、歯止めかけとかんと、前よりデブる。

いま、俺の体は、鉄でも消化せんとするくらい、飢えているのだ。忘れてはいかん。安定するまで我慢じゃー。

2007.10.17

自転車"通勤"日記(「星を見ながら走るのも良いもんだぁねー」の巻「夏の大三角」編)

ほぼ、タイトルで言い尽くしていますが。。。

昨日は夜9時過ぎから30分くらい帰宅のためサイクリングロードを走りましたが。。。藤江を過ぎたあたりで、ふと気が付くと、西の空に「夏の大三角」(ベガ、アルタイル、デネブでしたか?こと座、わし座、はくちょう座だなぁー)が丸見えですよ奥さん。

暗闇なので、もっと星が見えたらなーなんて思っていたのですが、なかなか、いい感じでした。天の川が見えるともっといいのにね。

春にはこの時間帯・この方向にオリオン座が見えるかもしれないですな。楽しみです。

2007.10.16

自転車"通勤"日記(空冷式背中冷却機兼汗蒸発促進装置。。。ただいま考え中~♪)

昨日から、自転車通勤です。今日で2日目。といっても、会社までは遠くって、途中の駅まで。軟弱者です。

涼しくなったので汗かかないかと思っていましたが、リュックと背中の間はそれなりに、グダグダな様子。密着してますからねー。

ノートPCを持ち歩かなくてもいいなら、小さめのヒップバッグでOKなのですが、そうも行かない。

そこで、なんでも前向きに考える。

汗をかくのは仕方が無い。てか、夏に外回りしているときなんて、この3倍くらい汗かいてるわけです。いまのこの汗なんてかわいいものですな。でも夏だって一生懸命仕事しているわけです。

要するに何が言いたいかって言うと、、、、、汗かくのは仕方ない。汗はかいても、ガンガン蒸発させれば良いではないかと。。。。思っておるわけです。

リュックと背中の間に一定の空間を確保すれば、走っている最中に空気が通ってくれて汗の蒸発を促してはくれまいかと。汗はかいても「さらっとすっきり」となるのではないかと。。。また、風を通すことで、背中もヒエヒエできもちいー。と、こういった機構を実現できないものかと、考え中で御座います。低反発性のウレタンなどで、背中からリュック本体を浮かせつつ、固定しつつ。。。できるかな~。

完成したら大金持ち。うひひのひ。でも試作品で散財しそうだな。こういうの専門にしている人いないものか。。。

2007.10.15

いかん!歯が痛くなってきた!。最近痩せた理由は歯が悪いからとか?。。。あるあるぅー。

右下の奥歯。微妙な痛み。鈍痛というのかなこれは。肩がこっているから痛んでいるのか、それとも、歯が痛んでいるから肩がこっているのか。。。。ややこしいな動物って。

実は、以前、詰め物してたものが外れていた場所。なんら生活に問題が無かったので放置していたの。大きな穴が開いているのだが、神経抜いてるからか、なんとも支障が無い。当時忙しかったし。。。てか、その前に歯医者キライやし。

でも、さすがに歯医者いかなあかんやろなー。多分、先生に怒られるんだ。「すぐこなあかん!」もしくは「なんでこんなんなるまで放置やねん、おっさんあほか。」

後者は落ち込むかもな。聞かれても、正直に「いや歯医者キライですねん」とかいうと、めっちゃ怒られるやろし。

あー、行きたくない。しかし行かんわけにはいかん。ひどいことになっているのだろうか。。。むむむ。

歯が治ったら、太りだしたりして。。。それは悲しい。

2007.10.14

自転車日記(「BB異音をものともせず、ガチャガチャと須磨浦公園まで行く」の巻)

体力増強!、体重制御!、近くのキリン堂ではケープが安い!ってなことで、今日は早起きして、先日行った舞子公園からさらに「2号線の歩道をドンドン東へ行ってみよー」とがんばって、踏ん張って漕いできました。異音は相変わらず。状態は安定してるんだけどね。

あ、キリン堂はドラッグストアで、ケープはヘアスプレーですな。あ、知らなかったのは俺だけ?俺は禿げてるからヘアスプレーは使わんが、家内のおかあちゃんがスーパーハードでびしっと決めるために必要なの。親孝行な家内から「行って来なぁ」と昨日のうちに指示が出ていたのだ。べらぼうに安かったらしいが、わしゃようわからん。

あー、話がそれました。。。。

今日は少し明るくなりかけた6時過ぎに自宅を出ました。自宅を出たところで、雲と青空がきれいに見えたので思わず撮影。なんだか、秋を実感する空でした。

Kc390210

途中晴れ間もあったのですが、明石海峡大橋で、ちょっと休憩してるときは、下の写真のようにどんよりどんより。

Kc390214

舞子公園を過ぎても、2号線の歩道はずっと続いているのですね。狭くなったりしながらですが。あれよあれよというまに、垂水、塩屋を過ぎて8時前に須磨浦公園に到着。約一時間半で、自宅から23キロほどの地点。須磨の海釣り公園のド真ん前。海方面の写真撮るにしても電線やら線路やらいっぱいで、なんか、納得できん。さくらの頃に来ればよい景色が見えるかな。

Kc390215

Kc390217

Kc390220

結果的にはもうちょっと行っても大丈夫だったけど、今日はこれくらいで許しといたろかと、8時過ぎまで公園で休憩して引き返した。ケープの件で、10時の開店に間に合わないかんからね。

塩屋駅ちょっと東のところに橋がありますが、そこからの海が、きれいでした。

Kc390225

Kc390226

2号線沿いでは、交通量の調査でしょうか、朝霧~塩屋駅前まで、たくさんのカウンタを手にした人たちがいましたよ。えらい早い時間からやるんですねあれ。大変やな。俺は往復で無駄にルック車としてカウントされてるんやろか。あ、自転車は関係ないかな。

走行距離は帰って来てからうろうろした分含めて55キロほど。単純に往復するなら45km程かな。車道走ればもうちょっと早いでしょうけど、やっぱ2号線の東行きはちょっと怖い。西行きは車道走るほうが快適。

自転車日記(そろそろいけるかな自転車通勤の巻)

昨日の土曜日は例によってカジュアルな出勤日でした。月に一度、自転車通勤気分を味わう良い機会。明石駅まで自転車で、その後JRに乗って出勤。

これに間に合うように先日あっかるいライトを購入したわけ。朝は「この時期どれくらい汗かくだろうかなぁ?」。帰りは当然真っ暗な時間帯ですので「このライトで十分かなぁ?」とか、いろいろ確認したかったので、晴れててよかった。あ、「異音はどーだーぁ?」も確認したかったし。

ひとつずつレポート。まず汗について朝出勤時に確認。昨日は、それほど汗をかきませんでした。仕事用のPCを担いでいますので、背中に少しかいたかな?てな感じ。半そででは、少し肌寒いくらいでした。平均速度は20km/h強。もうちょっとゆっくり目でもOKぽい。

先日追加購入の、ライト(CATEYE HL-EL510)の明るさ確認。これは帰宅時に確認。。。。こりゃ明るいですなぁ。すばらしい。従来使っていた奴も併用してるけど、あんまり意味が無かったな。今思うと、一ヶ月前、よくあの明るさのライトで走っていたもんだと怖くなりましたよ。といってもやはり、帰りの平均速度はゆっくり目で、15km/h程度。歩行者、自転車とも少なかったと思いますが、いくら明るくっても「照射していない位置に誰かいるかも知れない」と思うとゆっくり目になりますね。もう一発同じのがあればさらに快適かもしれません。しかし、あんまり明るくすると歩行者に迷惑かもしれませんね。

最後、異音ですが。。。。。昨日みたいに速度控えめで平地を走っているときは、そんなに鳴りません。上りで力を入れると、大きな音がなる場合があります。後ろのサスかと思って対処したつもりだったけど、関係なかったみたい。クランクが少し「ずれる」感覚があるので、やっぱり、ボトムブラケットのグリスが流れているか、ベアリングがどうにかなっちゃってるのかも。クランクの回転方向とは別の特定方向に遊びが大きくなっていて(いわゆるがた付いているという感じ)、ペダルに乗せた両足で、意識的にクランクをこの「遊び」方向へギュギュッと力をかけると、大きな音が鳴りやすいという事を発見した。発見してどうにかなるものではないが。。。なので、クランクをあけて確認しようとしたんだけど、専用工具(シマノのTL-FC10 コッタレス抜き )が必要らしく、今度買ってこよう。今はお預け。

異音の件は突発事象なのであれですが、この気候とライトの明るさなら、自転車で通勤しても大丈夫っぽいですな。来週から、天気の良い日はちょっと(無理はしないで)行ってみるかな。ゆっくり走っても一日が気持ちいいし。気候はむしろ寒いくらいだがスーツ着てれば暑いかも。まー、クランクは少し心配だが、今のところ音が鳴り出してからの状態は安定してて悪化していないようなので。。。大丈夫かな。。。

あ、そうそう、結果オーライで何よりだったのだが、昨日は明石の駐輪場でロックかけ忘れてて、一日中気になりました。まだまだ、所作が身についていない証拠。指差し確認必要だな。安全第一。

2007.10.10

自転車日記(ヘッドライト追加購入)

ヘッドライト追加で買っちゃった。浪費癖が付いた中年。なりたくなかったもののひとつだ。でも最近は浴びるほど酒飲んでないし、ま、いいか。食う量も減らしているわけなので、出る量も少なくって、地球に優しい中年だ。エコ中年万歳。

で、自転車のヘッドライトですが、今までホームセンターで買ったCATEYEのバルブ式 HL-350という奴をホームセンターで買って使ってましたが、夜道では光が足りなくって怖い。街灯とかあるとこなら大丈夫っぽいのだが。。。。真っ暗な道では、ちょっと泣きそうになる。。。。

息子も同じの使ってるし、彼は夜どころか平日はほぼ自転車に乗らんから、これをかっぱらって2発にする手もあったんだけどね。。。。でも、ちょっとでかいんだな、このバルブ式の奴は。んで、このシリーズは安い代わりに不評のようで。おそらく真っ暗なところは適用外なんだろうな。

まーまー、おれは、スリムなLEDタイプに憧れる中年ということで、同社のLEDライトHL-EL510 を Amazonで購入~。ゲリラ的。やっちゃった。本日支払い完了。明後日くらいには到着~♪。(一人アフィリエイトになってるのだが、いいの。ポイントシステムと思えばそれでいいの。)

同メーカー同グレード同タイプのHL-EL520の方が明るいようなので、検討したんだけど、値段(売値)の差ほどは明るさに変わりが無いのではないかとHL-EL510に決定。Amazonは価格.COMで2位だったけど、送料かからないのでほぼ最安値のようだった。

しかし、良く考えるとハンドルにはもう、装着スペースが無いかもなー。サイクルコンピュータを斜めな部分に付け直せばOKかなー。ってブラケットはHL-EL520に付属の奴が楽そうでいいなー。別売品買うしかないかなー。

いや、しかし、ほんまどうつけよかな~。

実は、こういうのが、また楽しいのだが。。。異音も調べつつ、直しつつ、ニヤニヤ。

2007.10.08

自転車日記(そろそろ寿命?)

いや、俺じゃないすよ。自転車です。マイルック車ですが。。。

本日、午後、晴れてきたので、ちょっとそこまでウロウロしてこようと漕いでるとですね。異様な音がクランクから。。。「バキッ」、、、「ベキッ」、、、「ガチャッ」。。。。なんか、うるさいのです。あそうそう、「メキィッ」という少し湿った音も混じっているよ。

んで、壊れちゃうわけでなく、でも、断続的に音と多少の衝撃は続く。。。

さすがに、自宅に引き返して、クランクのあたりを確認してみたけど、たいしたことは何にも無い。強いて言えば、クランクの遊びが大きいのかなーってくらい。でも他の自転車をあんまり知らないからよく分からない。こんなものなのかも。とりあえず、ネジというネジを全部増し締めしてみたが、そもそも緩んでいたものなんて無いから、大して変わりが無い。

音は、ペダルに力を入れているときに発生する。右で踏んで「バキッ」の後は、2・3回転後に左で「ベキッ」という具合。でも規則性は無いのです。

ルック車だってママチャリとほぼつくりは同じ。ママチャリでこんな事にはなったことが無いが、そのママチャリライクな自転車に、かなりトルクかけて、この半年で約1,300km程走っている。平均速度は町乗りもあるからだいたい15.4km/h。

寿命なのだろうか。この音、直るだろうか。やっぱルイガノ買わんといかんかなー。ってニヤニヤしてる場合じゃない。乗ってて異音で憂鬱になるんだから。。。むぅー。

にわか健康バカが嗜好品の断ち方をお教えしよう。

この3週間程、かつて無いくらいに、まじめに体重をコントロール中です。ちゃんと計算しているわけではないけど、一日のエネルギー摂取量は8月以前の6割程度。結果、現在 -4kg程の減量に成功している。ちょっとやりすぎかもしれないが、今後はリバウンドに気をつけなくてはならず、少しこの体重で停滞すると思うが、徐々に標準体重まで持っていくつもり。なにより、自転車のおかげで、基礎代謝が高まっていることを実感している。以前は多少食わなくても体重が減らなかったからね。

ところで、なんで急に減量し始めたかっていうと、9月の健康診断の結果を見てショックを受けたから。受診前は「気にしない」とか言ってたのだが、結果をみて「さすがにまずい」と感じた。タバコをやめて、少し体重が重くなったが、定期的に体を動かしているから、まさか去年より悪くなるなんて思っても見なかった。血液検査の結果は本当にショックだった。

何がショックかというと、一年前は正常だった尿酸値が上限を超え「高尿酸血症の疑い」と書かれているのだ。

もともと高脂血症、高コレステロール血症で「治療せよ」と書かれているのだが、これといった対処はしなかった。血液どろどろとか、動脈硬化になりやすいとか、いまいちピンと来ていなかったようにおもう。なんとなく「痛くなさそう」だったからかな。

しかし、そこに「高尿酸血症」が加わってしまった。つまり、約10%の確率で痛風になるのだ。痛風って「体内の尿酸がガラスのような結晶になり関節などの軟骨に刺さり、炎症を起こす。」らしい。。。なったことないから痛みは知らんけど、発症・発作のメカニズムを聞くと、その痛みに俺は泣かない自信がない。風が吹いても痛いから痛風。そ、それはいやだぁー。

これと同時に理屈では「痛かろうが痛くなかろうが『病気は病気』。むしろ自覚症状が無い方が怖い」と理解しているから、この痛風への恐怖が他の病気への恐怖感にも火をつけた。

なら、尿酸値下げるついでに、体重も、脂質も下げちゃえという気になった。ま、単純といえば単純ですが。

自分の場合、過去一年間を振り返ってみて、尿酸値が高くなったのは完全にビールのせい。ビールにはプリン体が多く含まれ、体内で尿酸に変わる。だから、健康診断の結果を見たその次の日からビールは飲まないことにしたの。当日は既に呑んでベロベロで帰宅したから仕方ないけど。胃の中にあったビールは吐いておいた。

実際、ビールを飲まないと決めたときはちょっと残念だったけど、タバコやめたときの止め方と似ていて、全く未練は無い。

タバコのときは「禁煙セラピー」という本に助けてもらったが、やることは同じ。頭の中で客観的且つ論理的に「ビールの必要性」を様々なリスクと共に検討して、「必ずしもビールは必要では無い」という結論をだす。

大げさかもしれないが、これをちゃんとやらなければ、嗜好品を絶つのは本当に難しく、たとえやめられたとしても、実際には我慢しているわけで、苦しみが一生続く。「嗜好品だから不要なんだ」という短絡的な思考ではない。必ず「不要である」という結果を得るのだが、これを多方面から徹底的に検証し、反論できないことを確認する。また、止めた後に発生する事を予測し、客観的、論理的に進むべき方向を決めておくことも大切なこと。

深読みすれば「禁煙セラピー」には暗に上記のようなことが書いてある。今回タバコ以外でも同じことであると確認できた。

食べる量についても然り。「どう考えたって、いま、こんなに食わなくたっていい」と感じられるようになっている。多少増えても減っても毎日体重計に乗るのが楽しみになっている。

半年後には標準体重!。来年の夏は痩せ型で泳ぐのだぁー。腹筋割ってやるぅー。そんで、来年の健康診断は、「いたって健康」と言わせてやるさー。ははははは。

2007.10.07

自転車日記(季節感)

この時期、自転車で走っていると、金木犀(キンモクセイ)の香りにはっとさせられることがある。金木犀のあの香りは本当に衝撃的ですね。大好きです。

昨日も今日も加古川左岸のマラソンコースを走りに行きましたが、行き帰りの明姫幹線沿いで、頻繁に金木犀の強い香りを感じました。もしかして明姫幹線の植え込みは金木犀でしょうか?違うかな。

下は道端でたまたま見つけたキンモクセイの木

Dscn0139

加古川は本日秋祭り真っ只中のようです。もしかして姫路方面でも祭り中かな?自宅近くは10月の最終週になりますね。

自転車日記(ルイガノおじさん)

バーエンドバーとミラーの感じを得るために加古川左岸のマラソンコースを走ってきましたが。。。

今日は昨日に比べて、時間が少し遅かったからか、自転車の方が多かったように思います。

バーエンドバーが目立ってるからというわけではないのでしょうが、自転車乗りの方たちから声をかけていただくケースが増えました。なんだかうれしいですね。

上りの3kmか4km地点で、青いシャツのロード車の方と目が合った瞬間に挨拶されました。俺まだ、すれ違いざまに、すっと声が出ないのです。頭下げるのがやっと。相手はロードなので速いから失礼なやっちゃと思われたかも知れん。すんまそん。

実際のところ、目が合ったといっても皆さんサングラスなので、わかんないですがね。

ロードって速くってかっこいいですね。絶対かっこいい人が乗ってるんですよあれは。俺みたいなチビデハゲデブーは乗ってはいけないように思う。。。

Dscn0136

それから10kmの折り返し地点(写真上)で、少し休憩しつつ写真など取っていると、これまた青いシャツ着たこんどは白いルイガノのMTBのおじさん?おにーさん?と目が合って御挨拶。少し筋肉もりもりの感じで、ひげがお似合いな感じでしたので、暫定でここではルイガノおじさんとしておきます。

多分「あ、ルイガノだー、いいなー」って目で見てたんでしょうね、俺。しかし、これまた、ぜったい俺はあのちょっとおしゃれな感じのルイガノには似合わないんですけどね。多分ルイガノがペダルをロックするはず。「お前乗るなー」って

下りは、ルイガノおじさんについて行こうと必死だったけど、やっぱ、まだおれむりだぁ。引き離されはしなかったけど追いつけなかった。。。車重もギヤ数も違うんだろうけど、多分一番違うのは基礎体力だろうなぁ。Goal地点では既に上の道へあがってゆったり漕いでるルイガノおじさん。おれはGoal地点でへろへろで、休憩。

人と会ったらいきなり挨拶の言葉が出るようにしておこうと心に誓った今日でした。そっちの方が普通なんだよなー。

自転車日記(ミラー取り付け)

なんだか久しぶりにガシガシ走りたかったので、加古川左岸のマラソンコース。4時間20分で69.6km。気持ちよかった。気温などの面からも一番いい季節なんでしょうね。なにかスタート地点ではイベントでもあったのでしょうか。朝の7時ごろでも、人がいっぱいでした。

Dscn0131

ガシガシ走った後、まだ早い時間でしたので、一旦自宅に戻ってからサイクルベースあさひの東加古川店まで行って、ミラーを購入してきた。ついでにバーエンドも衝動買い。小さめの奴がかっこええかなーとか思ったけど、どうやったって、ルック車やし、「デカイのごてごて付けたろ」と長くて先っちょが曲がっている奴を購入。

ミラーもバーエンドもどっちもうまく装着完了。ミラーはバーエンドにつける奴で、ZefalのCYCLOPとかいう奴です。バーエンドはBBBのなんたらいうやつですが、つけるとちょっとグリップの握るとこが狭くなるけど、実用上は問題なかった。下の写真は装着前のミラーです。

Dscn0133

まーそんなわけで、今日は、試走です。同じく加古川へ。今日は3時間20分で、50.2km走行。

ミラーもバーエンドバーもどっちもいい感じです。ミラーはまったくズレないし、必要十分な視野を確保できてる。良く見ると、少々歪んでいるけど、気になる程ではない。

バーエンドバーも想像以上に良いもんですね。ある意味カッコだけでの衝動買いでしたが、のぼりで力を入れやすい。でも力を入れやすいから、今日は足に負担をかけすぎたかも。

ブッシュ&ミューラー(BUSCH+MULLER) CYCLESTAR サイクルスター 901/2 サイクルミラー
ドロップハンドルならこれお勧め!。バーエンドに取り付けます。全然ずれないし、小さいけど視認性も上々。でも死角はあるので目視忘れずに!


ブッシュ&ミューラー(BUSCH+MULLER) CYCLESTAR サイクルスター 901/3 サイクルミラー
こちらはフラットバー用かな?


2007.10.05

グッド チャリズム

少なくとも自転車が大好きで乗っている者として、グッドチャリズムに賛同。だからリンク張った。右を見てください。まー勝手に画像を拝借しているので著作権とかいろいろ問題あれば指摘もらいたく。

本当に自転車には、安全に楽しく乗りたいなとおもってるのです。でも、乗れば乗るほど「?!」なことに気が付いたりする。乗り始める前は意識してなかったのにね。ま、勝手なものなんだけどね。

まず、びっくりするのが、車道の右側を走る自転車。たまにいるんですよ。理解できんですよ。恐怖感というものが欠如しているのではないかとおもってしまう。ものすごく恐ろしいことだから、大切な人がそうしていたら、止めてあげましょう。ひっぱたいてもいいから。死んでもいけないし死なせてもいけないです。

それから、気になるのは、路上への駐輪ですね。JR神戸駅の北側のポスト周辺なんてひどいですよ。郵便物を投函するようなとき、ポストまでたどり着けないんだから。たまに全部蹴り倒してやろうかと思うことがある。しないけどね。明石のアスピアの近くのドラッグストアの前もひどい。広いからって2重3重に自転車が止めてある。たいてい、駅前なんて一時預かりで100円で安全に駐輪できるのに。

もうひとつ、歩道を猛スピードで走る奴らも困るね。さすがに今の日本で、全ての自転車に車道を走れとまでは言わないけど、せめて、歩道ではスピードを限りなく歩行者にあわせなさいよね。んで、急いでいるときは車道を走りなさいよねー。

ところで、おれは自転車の保険に入っていないのよね。近いうちに入っとかないといかんですねぇ。皆さんもね。自転車通勤の場合は会社で保険加入を条件にしないといかんなぁと思う今日この頃。

神戸湊川神社前 よしや

良くお昼にうどんでお世話になっているお店をご紹介します。JR神戸駅の北側、湊川神社の真正面の道路にある、「よしや」さん。うどん、そば、どんぶり物のお店です。夜は居酒屋になっているはずですが、夜は行ったこと無いな。

この「よしや」さん、うどんがうまいから、ほとんど毎日お昼はうどん。というより、俺は多分ここのダシが好きなのよ。だから、何頼んでもうまい。最近はコシの強い讃岐うどんが流行りなのかも知れませんが、こちらのは、そんなにコシが強いわけじゃなく、少し懐かしい食感かな。ま、普通のおうどんです。

厨房では御夫婦とおもわれるおばちゃんとおじさんが。ホール(?)にはオネーサンとオニーサン。もしや、みんな家族かな?連係プレーがすごいのねここの4人は。

席数は4人がけのテーブルが6つか7つほど。そんなに広いお店ではありませんから、12時~13時は近所のサラリーマンのオジサンだらけ(自分もその一人)。デフォルトで相席なのでよろしくという感じです。入店時空いていても、オネーサンに「ごめんねこっちおねがい」って相席になります。数分後に全席満員になったりするわけで。で、この時間帯は異様なくらいに回転率が高い。お店も常連もみんなよく分かっているんです。

で、長年行くと良くわかるのだけれども、この異様な回転率に一番貢献しているのは、オネーサンだとおもう。この人すごいっすよ。何がすごいって、情報処理能力が極端に高い。記憶容量が大きいのに加えて、注文聞くのと、テーブル片付けるのと、客の席への誘導と、常連との会話などが並列処理されている。

俺、このお店で、最近注文したことが無い。店に入るなり「いつもの?」と聞かれて「うん」と答えるだけ。でね、これ当然だけど俺だけじゃなくって、この時間帯に訪れるほとんどの常連さんがそうなっている。だから、客はほぼしゃべらずに、オネーサンが一人で厨房に向かって「うどんおにぎり2つそばいなり、あ、おにーさんいらっしゃいこっちあいせきごめんねー今日なにしよ?天丼大ひとつねー」ってしゃべってる(句読点がないから読みにくいがこんな感じなんだもの)。で、じゃぁ、この時なにが起こったかというと、、、、、

まず先に入ってきた3人の常連さんが天ナン定食のうどんとおにぎりのセット×2つと、天ナン定食のそばといなりずしのセットひとつを注文。で、あとから入ってきた一人は、今日は天丼定食の大盛り。この一人は毎日メニューが変わる人だからオネーサンは「いつもの?」と聞かないわけです。全員常連だからデフォルトで相席と判っているひとばかり。だから同じ席に誘導した。

この時間帯は、こんな状況が1時間近く継続している魔の時間帯です。たまに神戸観光中と思われるオバサマグループたちが、この魔の時間帯に店に入ってしまって、異星人のようにきょろきょろしていることがあります。見てると面白いですよ。事実彼女らがうどん食べてる間に他の客は2回転ほどしているはずです。客はほぼ無言で、オネーサンがしゃべってる状態。周りで発生していることが理解できないと思います。

お店に入ったら、あとはお任せーって感じで、オネーサンのすばらしい段取りと的確な判断力を楽しませてもらって、非常に心地良いです。うどんもうまいし。おれは土曜日はカレーうどんを頼むのだが、土曜日も「いつもの?」と聞かれてちゃんとカレーうどんが出てくるような気がする。

2007.10.02

SONY 有機EL テレビ

今朝の新聞に出てたけど、厚さ3mmの画面ですって。薄くなるものだなぁ。俺の髪と比例しているかも。

寿命が約3万時間とのことですが、3年と4,5ヶ月というところ。当然使用している時間ですから、一日中テレビが付きっぱなしの家庭でも、夜は消すとすればこの1.5倍は持つという計算。とすると5年程は大丈夫って事か。SONYの液晶テレビに比べると寿命は約半分てことから、なるほどな数字ではある。

うちはテレビを消していることが多いから、もうちょっと長持ちしてくれるかもしれないが、20万円でもったいないと見るかどうかは家庭によるでしょう。まずは、新しいもの好きな人が購入するのかな。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ