« 再会 | トップページ | 巨大建造物と自転車とサクラ »

2008.04.04

「自転車に右から乗る」の妄想

朝、通勤時、林崎の漁港で、ふと対向車線で、おばさんが、ママチャリに右から乗ろうとしていた。。。自転車の右側に立って、右足をペダルにかけて、、、、当たり前だがおばさんは転びもせず、ちゃんと乗ってスイスイと。。。

最初はなんとも思わんかったけど、よく考えると、わし、右から自転車にはよう乗らんよ。多分ね。自慢じゃないが、左側からしかようのりませんわ。以前、信号待ちで、どうしても右足付いて、漕ぎ出しが左足だったときも、危うく立ちごけしそうになった。

左から乗って左へ降りるのは、日本ではジテンシャが左側通行だからだと思いますから、べつに右から乗れんでもええねんけど、海外で自転車が右側走行のとこなんかでは、みんな右から乗るのかな。

そーゆーとこへ旅行に行ったりしてサイクリング楽しんじゃったりするケースも無きにしもあらず。でも、左からしか自転車に乗れないワシは、地元民から「オーノー、ジテンシャハ、ライトサイドカラネー」なんて突っ込まれるのだろうな。

ホンマ、どうでもええ話になってしもうた。すみません。

« 再会 | トップページ | 巨大建造物と自転車とサクラ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

右から乗ろうとしたら、慣れんもんで、いつまで
たっても乗り切れなかったことがあります。
スッと乗れたら、珍しいからカッコええんですけどね。

そう言えばそうですね。
私も、左からしか乗ったこと無いです。

ロラ男さま、わし、イメージトレーニングでも、転倒しまくりです。確かに「いつまでたっても乗り切れない」気がします。

BLUEPIXYさま、わし、昨日、安全確認のうえ「右へ降りて」みました。初チャレンジでした。なんと右足を地面に着く動作すらギクシャクします。
カラダは脳が動かしていることを再認識しましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/40758248

この記事へのトラックバック一覧です: 「自転車に右から乗る」の妄想:

« 再会 | トップページ | 巨大建造物と自転車とサクラ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント