« じいちゃんから聞いた話:佐用辺りで不自然に曲がってる姫新線のルート | トップページ | 話が前後しますが、今回の盆休みにやり残したこと。 »

2008.08.14

2008年8月14日 「ちくさ高原」へあとちょっと。標高600mで気持ちが果てる。

「そうだそうだ、ちくさ高原まで行ってみよう。」

そう思ったのは前日の夜。はやく高原でヤッホーしたいぜ。やっほっほー。

「ちくさ高原」は宍粟市。8月11日に訪れた佐用町船越の「るり寺」からさらに北へ進みます。船越からしばらく進むと、ちょうど佐用町と宍粟市の境に、でかくて妙なユルキャラモニュメント(?)が建っている「道の駅ちくさ」があります。建物の裏側は千種川。水遊びやキャンプな方たちがたくさんいました。この道の駅は佐用町と宍粟市にまたがっているようです。

まだ佐用町です。
Dscn0863

道の駅のキャラクター?。正しい「ミ」に直したい。。。
Dscn0870

少し道の駅で休憩して北上します。目的地はまだまだ先です。しばらくして、道路脇に掘っ立て小屋みたいな野菜の無人販売所みたいな建物がありました。よく見ると一里堂と書いてあって、昔の旅人等の休憩所みたいなものだったのですね。お賽銭いれる箱とかがありました。さぁ、どんどん北へ上ります。まだまだ先は長いのだ。千種の中心地が近付くにつれ空は晴れてたけど路面がぬれてた。前方の山にかかる雲も黒い雨雲のよう。ずぶぬれになるのはいやだなぁと思っていましたが、たまにパラパラと雨粒が落ちてくる程度。もうちょっと降ってくれても良かった。

一里堂。宍粟市指定文化財だとか。
Dscn0874

あまり派手なものではありません。
Dscn0875

この後、久しぶりの信号で止まった。左折すると日名倉山へ登れる。岡山の東粟倉(ひがしあわくら)までつながっている道でもある。ちょっと寄り道してみたが「エーガイヤちくさ」っていう施設?があった。後で調べると温泉だってさ。ちくさ高原へはこの交差点を右折するように書いてある。このあたりではまだ標高は300m位。実家はだいたい標高100mなので、200mも登ってる。でもかなり緩やかなので、そんなに登った気はしない。

久しぶりの信号。良く見ると縦型。なんで縦なの?
Dscn0876

シーガイヤじゃなくてエーガイヤ。温泉だそうです。
Dscn0879

さぁ、ちくさ高原目指して、まだまだ先へ。千種川は谷底を流れてまして、道路脇にはでっかい菩薩像や、機械をモニュメントにしたようなもの(?)が現れる。なんだこりゃ。そんで、もうちょっと進むと、行者霊水と掲げられて、地下26mからの湧水?100円で約40リットル。興味はあったけど、そんなに要らないのであきらめた。もしかして途中で止められたのかもしれないけど、止められなかったらもったいないから。

「三室高原」ってのもあるのね。
Dscn0882

千種川です。
Dscn0885

徐々に「山の中です」的な雰囲気になってきた。
Dscn0886

いきなりこんなの出てくる。。。
Dscn0887

こんなのも。で、これは何?
Dscn0888

サイクリストのために1円で400ml売って欲しい。
Dscn0889

行者霊水のところからしばらく進むと、道が分かれていて、ちくさ高原の案内板がある。左がちくさ高原への道。このあたりで、標高が約420mってとこ。「上には何もない」とか書いてあるから、そばの自動販売機で水を買ってボトルを満たした上で、コーラを買った。コーラはジャージのポケットに格納。いざ登らん。

目的地近い?(実はまだまだ)
Dscn0891

ここから登るのです。
Dscn0893

ずんずん登る。がんがん登る。登る登る。最初はいいのよ。すいすいですよ。でも途中から腹立つくらいきつくなってくる。上からは親子のMTBがピューっと降りてくる。3歳くらいの子供がおばあちゃんに手を引かれてすいすい歩いてる。わしは一番軽いギヤでよたよた登る。はうううううう。もうあかんかも。あかんかもぉーーー。。。。

この辺は余裕。写真なんか撮っちゃったりしてさ。
Dscn0894

かなりつらい状態で、橋があって、道が分かれているところに来た。左側の道に「千種高原スキー場まであと4.5km」と書いてある。あ、そう、よかった45kmじゃなくって。。。しかし、自動販売機のところからだいたい4kmくらい登って来たけど、まだ登るのか。とりあえず、ここで休憩。ペットボトルのコーラを飲んで、路肩にへたり込む。下からここまでだいたい13km/hくらいで登ってる(遅っ!)のだが、あと4.5kmなら、20分から30分かな?。十分に休んで、「よっしゃこーい」と登り始めて先のほう見たら、明らかに斜度がきつい。道が垂直に見える。斜度∞や。見た瞬間に「無理!。さ、帰ろ!」と引き返しちゃった。気持ちが負けた瞬間ですね。

休憩のつもりだったけど、断腸の思いで断念!残念!
Dscn0895

ここで、標高600mなので自動販売機のところからは180m程登ってる。でも目的地は標高900m!。4.5kmで300m登るってことは平均6.7%の登りかぁ。いけそうな気もするけど、気持ちが負けては無理だね。自転車と体を軽量化してエンジンをオーバーホールして再チャレンジだなぁ。

泣きながら下る。(←嘘)
Dscn0898

登り口の橋は「であいばし」。泣きながら撮影。(←嘘)
Dscn0899

もうすぐ道の駅。くどいようだが下りは気持ちいい。
Dscn0903

おまけ:やっぱこの光景好きだぁ。川も写せた。
Dscn0909

走行距離: 74.01km
走行時間: 2:56'39
平均速度: 25.14km/h

« じいちゃんから聞いた話:佐用辺りで不自然に曲がってる姫新線のルート | トップページ | 話が前後しますが、今回の盆休みにやり残したこと。 »

2008夏・自転車で帰省」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

しっかり走ってますねぇ。うらやましい。

そういえば、9/28にメディオフオンドシリーズ.後山ステージっていう千種スキー場付近を走るイベントがありますよ。http://t-masaru-web.hp.infoseek.co.jp/

ちなみに、縦型信号は、積雪の多い地方にあって・・・もう、お察ししたと思います。そう、信号に雪が積もりにくいためだそうです。

つるさん、
縦型信号はそうでしたね!。子供の時に聞いた気がしますが、すっかり忘れてました。

「メディオフォンド」、開催要項を拝見しました。ちくさ高原スキー場からさらに登って山越えですね。自転車で走るのですか。ちょっとビビってます。挫折ポイントからまだ400m登るなんて。。。ワシ、無理じゃなかろうかな。

ぱぱろぐさん、はじめまして。いつも楽しく拝見させてもろてます。
ちくさスキー場に何度か行ったことがありますが、結構厳しい坂やったように記憶してます。それも後半が特に厳しかったような。。。半分でも登らはっただけでも立派ですやん。オイラなら下の橋を渡ってちょっといったらメゲてるやろと思います(笑)
今後ともよろしくお願いします。

さかじいさん、はじめまして、どうもです。
あの坂は、あの辺りで一番つらいように思いました。
でも、たくさんの人が自転車で上っていらっしゃるんですよねー。ワシもいつか上りましょう。
さかじいさんも、いつか!。
ワシ、徒歩でもいいから登りたいです(笑)。
こちらこそよろしくよろしく!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/42221442

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年8月14日 「ちくさ高原」へあとちょっと。標高600mで気持ちが果てる。:

» ちくさ高原! [ぱぱろぐのこころぐ]
朝、8時に実家を出て、行ってまいりました。ちくさ高原。へろへろになりながらも何と [続きを読む]

« じいちゃんから聞いた話:佐用辺りで不自然に曲がってる姫新線のルート | トップページ | 話が前後しますが、今回の盆休みにやり残したこと。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ