« 過酷な日々 | トップページ | 長袖アンダー »

2008.11.21

秋の星空

クジラの化け物が南から迫る。生贄の美しき王女アンドロメダは天頂でおびえている。北には神の怒りをかった母カシオペアが傲慢に輝く。そこへ偶然通りかかった勇者ペルセウス。片手にはメドゥーサの首。アンドロメダを救うべく、メドゥーサの目で化け物を石に。。。

昨夜22時頃、江井ヶ島の浜から驚くほど美しい星空が見えました。良く晴れていましたし、風の強い日が続いたのも関係があるのでしょうか。上空の塵を吹き飛ばしてくれたのかも。

東の空には巨人オリオン。プレアデス姉妹に一目ぼれして、ワッセワッセと追いかけている最中だった。逃げろや逃げろや七人娘。

オリオン座はわかりやすい星座ですけど、明石でプレアデス星団(昴 ― すばる)を肉眼で見たのは初めてだと思います。普段でも見えているのかなぁ。全天にわたって、あまりにも綺麗なので、ダメもとで撮影に挑戦。ミニ三脚を持っていましたのでね。コンデジの夜景モードでシャッタースピードは3秒くらいだったかな。撮影したときは真っ暗で、全然写っていないと思っていたのですけど、自宅で補正してみたら、それなりにハッキリと写っていました。ま、補正といっても、生易しいものではありませんけど。LCDでは星が見えにくいので、方向はかなりあてずっぽう。よく映っていたものです。やっぱりデジイチ欲しくなりました。

椰子の木を登るオリオン座(笑)。小三つ星(こみつぼし)も写ってる。
Dscn1614

こちら親ばかカシオペアさん。クリックするとよく見えます。
Dscn1611

江井ヶ島の浜は22時頃までオレンジ色の街灯(?)が点いていますので、星空見るには22時がいいです。寒いけど。冬は星がきれいな季節。

« 過酷な日々 | トップページ | 長袖アンダー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

兄さん、かなり手がこんでますね。頭さがります。
オイラ、全然お星様のこと知らんので、勉強になります。
全然分かってないですけど、なんとなくロマン感じます。

さかじいさん、頭上げてください。
星・星座・天体。東から上ったのが西に沈むには12時間かかりますので、さすがにずっとは見れませんけど、頭の中で絵物語を描くだけでロマンティックなオヤヂになれます。
お星様は。。。もしかすると自転車よりも好きかも!
嗚呼!ドブソニアン作りたい。。。

小三つ星の中にM78星雲があるんでしたでしょうか?

sumiさん、
M78の位置は小三つ星では無く、オリオンの右わき腹あたりにある反射星雲です。実は光の国は自分では輝いていないのですね。
写真では真ん中の3つ星の一番下から左斜め下の辺りですが、椰子の木に隠れているかもかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/43179159

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の星空:

« 過酷な日々 | トップページ | 長袖アンダー »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ