« 九十九電機ってば懐かしい | トップページ | 10月の自転車まとめる »

2008.11.01

ROADMAN x TIAGRA x ALIVIO

ふぅー、仕掛から動作確認まで3時間かかりました。後ろはALIVIO、前はTIAGRAです。ケンタウロスのようですね。

クランクさんは2ヶ月箱の中でこの日を待っていたのさ。
Dscn1475

うっひょー、リアの32Tにチェーンがかかったよー。

Dscn1476

BBとクランク、ペダルは簡単でした。工具もそろってるし。フロントディレイラーの位置調整は適当にやったが適当にうまくいった模様。

手間取ったのはリアのディレイラーです。ネジ締めて調整するだけと甘く見てました。ワイヤーを張って、調整しようとWレバーを引いても戻しても全然変速しないのです。ディレイラーを手で動かすと変速するのに。ああ、またワシやってしもたかと落ち込んでいたのですが、どうも見た目にキチンと装着できているように見えないので、あーだこーだとあれこれ試行錯誤しました。

結果的には、ワイヤーのアウターケーシングの長さが問題でした。下の写真に黒いワイヤーのアウターケーシングが写っていますが、元々付いてたのはもっと短い物でした。これが短いと常にワイヤーでディレイラーを引っ張ることになって、うまくディレイラーが動いてくれませんでした。

最初はそんなことは理解していませんので、「?!なんか見た目おかしい。でも何がおかしいのかわからん。」という嫌な状態。あきらめるかどうかで迷ったり。途方に暮れようかどうしようかなどとネガティブな発想しか出てこないもんね。んで、ほぼあきらめかけたときに、単純に見た目にアウターケーシングが一直線になってておかしかったので、「要するにこれが短すぎるのさ」と気がつきました。だめもとで、ガラクタ箱から、昨年ホームセンターで購入したアウターの余り物を引っ張り出して、適当にあれして、これしたら、うまく装着できましたよ。ああ良かった。「だめもと」はやはり強いぜ。

うまく変速できるようになってから細かい調整を始めましたが、最初はフロントは外側へチェーンを落とすわ、リアは内側へ外すわで大騒ぎだった。キチンと調整したつもりですが、それでもチェーン外しそうで怖い。しばらくは微調整モードで慎重にシフトします。

さ、明日(今日か!)はSPDシューズ探しの旅に出るつもりだが、ええのんあってくれ。アディダスのデザインがお気に入りだ!全然無かったらシマノのSH-RT51にするつもり。でもMTB用のがいいかな。。。嗚呼、やっぱ迷ってる。あかんわワシ。

« 九十九電機ってば懐かしい | トップページ | 10月の自転車まとめる »

自転車」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます。
しばらくは続く調整の試行錯誤が(たぶん)手作り感を増してくれ、満足度、愛着度を上げてくれますよ。
こちらは、そろそろ冬眠の季節が近づいてきました。

KAZZさん、
フロントディレイラーがアウター側でちょっと音鳴りしていましたわ。新品のリアディレイラーは軽くて気持ちよかったです。そしてシューズも。。。
こちらもずいぶん寒くなりましたが、どれくらいまでウホウホ乗っていられるかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/42969308

この記事へのトラックバック一覧です: ROADMAN x TIAGRA x ALIVIO:

« 九十九電機ってば懐かしい | トップページ | 10月の自転車まとめる »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ