« ジョイマンな朝。 | トップページ | 冬のイナヅマ »

2008.12.04

帰宅時の楽しみ

仕事を終えて自転車で帰宅。ドアを開けて、自転車を玄関に入れていると、息子2号が「おそと、みるぅー」と声を上げながら、玄関先まで掛け出してきます。裸足のままマンションの廊下へ出て、夜空を見るのです。最近は夜9時頃には帰宅していますので、ほぼ日課。今日は遅くなったので寝てましたが。。。

昨夜は、彼がパジャマを着せてもらってる最中に帰宅。着せてもらいながらも玄関先へ行きたくて、もがいておりました(笑)。早く夜空を見たいが、パジャマも着なくちゃってとこ。彼がバタバタしてる間に、ワシ、着替えたりなんだかんだとしてると、こやつ、勝手に玄関のドア開けて外に出てたです。おいおい。

マンションのドアは重くて危ないので、ワシもあわててついて出ました。しかしワシ、実は着替え途中で、上半身は速乾性のロングアンダーシャツでピッチピチ。下はパッチ&靴下2枚履きという、あり得ない姿。息子2号が楽しそうに見てるので無理につれ戻せないし、彼を放っておいて自分ひとりで家にも戻れない。(力で拘束したり強制すると、機嫌が悪くなりますし、放置すると、、、何処か遠くへ行ってしまいます。ふらふらっと。)

赤い色をした三日月が西の空の低い位置にあって、お皿のように見えました。雲が出ていたというより、ガスがかかっていた様な感じで、星は見えませんでした。

夜空を見て、小躍りしながら、「うわー、きれいー」と喜ぶ息子2号。「お月さん出てるやろ」と聞くと「おつきさん!」と繰り返す。「三日月やなぁ。赤い色してるで。きれいやなぁ」と問いかけると、お月さんを指差して「み・か・づ・き!」と。そして直後に、「あれは、なんだぁー?」って。これ、わかってて聞いているんですよ。「おつきさんやがな」と答えてやると、「うん、うん」と。その後、「お星さんは出てるかな?」と聞いたが反応無し。

しばし2人で夜空を見て、すっかり自分の姿を忘れてました。「さぁ寒いから入り」とせかしている途中で、実にタイミング悪く、会社帰りの同じフロアの方が、ワシと息子2号との間を通過。私の姿を見てさぞ驚かれたでしょう。こちらから「すみません」と謝ってしまいました。男性だったのが救いです。女性なら叫ばれていたかも。。。

しかし、息子2号がなぜだか、この人に気付いたときに、そそくさと家に入ろうとしました。人見知りをしない方だったけど、「恥ずかしさ」が出てきたのでしょうか。ちょっとした変化なのですけど、良いことなのか悪いことなのかは分かんない。

玄関から入る時につい「裸足はあかんで」と言ってしまった。この子「あかん」とか「だめ」とという単語に過敏に反応して機嫌が悪くなります。「こんどは靴を履こうね」というべきであった。案の定、部屋の中で怒ってました。すぐに忘れて機嫌は直りますが。すまんすまん。


夜、外に出たがるのは11月からの行動。夜ならいつでもかまわないと思うのですが、彼の中ではワシの帰宅とセットになっているようです。自転車での帰宅時はSPDシューズを脱ぐ為に、玄関先でごちゃごちゃするので、その間に、外に興味を持ったみたい。SPD以前はその日の天気に関係なく「パパ、おかえり!あめ、ふってたぁー?」と言っていました。急な雨に降られて帰宅したときなどに、嫁が「雨降ってたの?」と聞いてたのをまねしていたようですわ。

今日は少しだけ遅く帰宅。既に寝てたので残念でした。明日ははよ帰ります。

« ジョイマンな朝。 | トップページ | 冬のイナヅマ »

ゆっくりいきましょ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰宅時の楽しみ:

« ジョイマンな朝。 | トップページ | 冬のイナヅマ »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント