« ぱしぱし化 | トップページ | マイノリティ »

2009.03.17

風林火山

「彼は幼少の時、芋畑で青虫を石で潰し、地面にこすりつけたことがあったが、そうでもしない限り、気持ちがおさまらぬようなものを、彼は盛名高いかたわの浪人者に感じた。~」

(井上靖「風林火山 (新潮文庫) 」より)

この、「心の底の『どろり』とした不気味で曖昧な記憶を、素手ですくわれて晒されるような濃い表現」に、心乱された今朝の通勤電車。

なんだか「凄み」を感じました。なるほど、これが文学というものなのでしょうか。素晴らしい(いや、おそろしい)。

※ 上記引用文の一部に差別的と捉えられうる表現が含まれていますが、この文章が作成された当時、作者にその意図はなく、さらに文章の雰囲気をそのままお伝えする為、原文のまま引用しています。

« ぱしぱし化 | トップページ | マイノリティ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風林火山:

« ぱしぱし化 | トップページ | マイノリティ »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント