« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の53件の記事

2009.04.30

GF福井の予行演習:今庄365スキー場へ登ってみた。

輪行で敦賀まで。そこから国道476号線と365号線を登って、GF福井のスタート/ゴール地点である今庄365スキー場までの道のりを確認。ほとんど登りで、想像以上にきつかった。何度休んだことか。木ノ芽峠トンネルも長くて怖かった。トンネル抜けてからの下り(国道365号線)は気持ちよかったけど、程なくして現れるスキー場への上り口で唖然。「今から、これ登るん?」。引き返すのは元から計画に無いけど「どないしよー」と、かなり躊躇。しかし引き返しても登りなので、レッツゴー。スキー場に他の自転車の姿は無かったです。というか、敦賀から延々自転車に会わなかった。

敦賀駅前。自転車組み立てに20分かかってしまった。

木の芽トンネル入り口。内部は暗くて寒くて怖かった。

今庄365スキー場の上り口。

身の毛もよだつアノ角度!

駐車場からの眺め。登ってきた道をバスが下りてく。

スキー場から、さらに登って、「言奈(いうな)地蔵」というお地蔵さんの前を通り、木ノ芽峠、栃ノ木峠と峠続きで365号線へ。スキー場から登り始めてしばらくして、見るだけで「無理」と思う坂。500mくらいは自転車を下りて押しました。その後は、満開の桜に感動したり、落石や小規模ながけ崩れででかい石がごろごろしていてびびったり。道自体はよい道なんですけど、ガードレールもないし、、、かなり怖かった。

言奈(いうな)地蔵の下。登る気は出なかった。

カメラはケータイ。いまいちな写真が多い。ピントがイマイチ。

やっと、国道365号線へ

365号線を滋賀県側へ走り、琵琶湖湖畔を延々走って米原まで。琵琶湖が近くなるとさすがに自転車に出会うようになりました。知らなかったのですが琵琶湖にも自転車道のようなのがあるんですね。急いでいたのもあってワタシは結局ずっと車道を走りましたが。琵琶湖、きれいですね。海とは違う雰囲気。

急な下り。ここ、端っこは砂がたまってて危なかった。

タンポポ。木ノ本まで8kmくらいの場所だったかと。

トンネルを抜けて琵琶湖へ!美しいなぁ。

長浜に大仏があるのは初めて知りました。正面へまわる気力なし。

15時20分ごろ米原駅到着。自転車バラすのは15分。

おまけ①:
敦賀のコンビニで、お絞りが付いているのにちょっと感激。おばさんから「今日は暑くなりそうね」と声かけられた。472号線の工事現場で交通整理をしているおじさんから「きついけどがんばってねー」と声かけられた。敦賀好きになりました。滋賀県では自動車の運転が怖かったけど(特にヤン車の幅寄せ)、自転車さんはみんな美しく挨拶してくれてうれしかった。

おまけ②:
夕方、明石駅で自転車組み立ててると、じいさんが、じーっと自転車を見つめていらした。「こんちわ」と挨拶してから、しばしお話。昔自転車(ピストかな?)に乗っていたらしい。なにより、フレンドリーなのが良いですよね。終日、気持ちの良い旅でした。眠かったけど。

おまけ③:
敦賀からスキー場まで18kmくらい。それなりに登るので1時間以上かかると思っておかなければ。今回下見に行っててよかった。いきなりだとびっくりしすぎると思う。事実、敦賀で迷ったし。しかし、150km走の最後にあのスキー場へののぼり坂はちょっと怖いなぁ。リアの最大歯車は27T必要かと思う。フロントをコンパクトにすれば完璧だが、、、資金が無い。。。

次男幼稚園十三日目

幼稚園からの帰り道、もよおしたらしく(小さい方)、通遠路脇で、、、関係各所には申し訳無いです。。。最中にアゲハチョウが飛んできたらしく「ちょうちょさん、ごめんね」と謝っていたらしいので、お許しを。

寝る前の歯磨きで、オヤジ呼ばれず。嫁が付いていると、アホなマネはせず。。。うーん。嫁の方が叱り方が上手いからなー。9時半に就寝。

2009.04.29

権現ダム三周(えっ!三周?)そう三周。

マジで昨夜飲みすぎた感じで、朝からグダグダ。お散歩がてらのお買い物にお付き合いして、13時半ごろ帰宅。三坂走破を目論んでいたがもう時間が無いってことで、ぶいぶいっと権現ダムまで行って時計回りに三周。

一周目はぐいっと走り、ホントは二周目は写真タイムのつもりだったのですが、なんだか気持ちいいので二周目もグイグイ走った。三周目に写真タイムでボツボツ走る。さすがに三周走ると、同じ人達に何度もお会いして、ちょっと恥ずかしかったな(笑)。サイクリングな方たち多数。

西の坂を三回登るとさすがに足がちょっとつらい。最初は39x25Tでケイデンス80くらいで登れていたが、最後はケイデンス70まで落ちた。ゼェゼェ。どんどん遅くなるのが判るのは非常に悔しいが、、、楽しい。

新緑!青空、権現ダム

明日は、輪行で敦賀~米原。調子がよければ堅田まで(無理かな?)。そろそろ寝なきゃ。いやマップ作んなきゃ迷うぞ。起きれなければ明後日。

2009.04.28

次男幼稚園十ニ日目

あれ?忘れた(笑)。昨夜飲みすぎた(実は29日に書いてます)。。。えーっと、いい感じのことを聞きまして、ご本人を褒めてあげたのですが、内容を忘れちゃいましたねー。うん、しかし、よかったよかった(?)。

さむらいます。

うーむ、BUSHIDOを読んでいる最中なので、考え方にかなりな影響を受けている模様でござる。ニンニン(←これ違う)。おそらく、読み終えれば、急速に21世紀の普通のハゲオヤジに戻れると思うのだが、、、

想像していたほど無骨な内容ではない。ある程度予測はしていたけど、思いのほか冷静。侍や武士を盲目的に賛美するものではなく、開国から数十年、明治維新から約30年後、「我が国の文化と伝統は素晴らしいものなのだよ」的な内容。また、日本が潜在的に持つ欠点についてもBUSHIDOに結び付けられて論じられる。全体的には冷静な文化論。ところどころに熱いところもありますが。。。

たくさんの書物を引用してあって新渡戸稲造さんの博学ぶりがブリブリわかりますけど、その内容を知らない私にとっては、表現が冗長に思える部分もある。が、なかなか、論理展開として胸のすく思いがあったり、やはり私は日本人なのであるなと再認識したり。

いや、とにかく「しっかり正しく生きなければ!」と興奮していたりして、ふと我に返るとケツかゆい。

2009.04.27

次男幼稚園十一日目

♫てーをーたーたーきーまーしょ♪を覚えてきたらしい。帰宅後、聞かせてくれた。なかなかまともに歌っていた。

「さぁ、歯を磨いて寝ましょうね」という時、水道で遊び始めた次男を、きつく叱ってしまった。当然、それ相応のことを次男はしているが、親として上手く誘導することを考えず、「もう、いい加減にやめなさい」といった怒りの心境で怒ってしまった。反省している。

次男は「びっくりした、パパ嫌い」と泣きながら怒っていた。嫁が何とか納めてくれた。嫁が言うには朝、洗面所で、ワタシの歯ブラシだけが家族と別の場所に置いてあったのを、次男が見つけて、「みんな一緒」とつぶやきながら、みんなと一緒のところへ置いてくれたのだとか。嫁は「パパを嫌いになったらあかんよ」と言い聞かせてくれていた。

まったくオヤジとして面目ない。こういうことならオヤジは必要ではない。とにかく心底から「びっくりさせてごめんね」と謝り倒し、なんとか許してもらえた。これほど、まともに謝ったのは人生初めて。かな?

叱るのは難しい。すぐに怒ってしまう。人間の幅が狭い証拠。

この寒さいつまで?

土日は妙な天気で、自転車には、全く乗らず。2月に続いて月間1,000km達成のポイントであったが、さすがに土曜日の豪雨では乗る気はしなかった。日曜は降っていなかったけど、どう見ても楽しくなさそな空だった。

だいたい、1,000km超えるかどうかが、お天気に左右されてるって時点で、たいしてやる気のない証拠だ。超えてもよろしいが超えなくてもよろしいわけ。要するにどっちでもいいのだ。おかげ様で足全体の軽い疲労感(筋肉痛?)がなくなったようだ。

今朝は良く晴れていて、気持ちよくスイスイと走れた。「やはり休養って大切だなー」と思ってたら、どうやらそれなりの追い風だったみたい。

しかし、四月の終りにこの寒さはなんだ?ジャージは夏用の長袖でちょうどよかったが、指先が冷たかった。会社に着いてからも足の爪先がジンジンと冷えていた。

2009.04.24

次男幼稚園十日目

嫁によると木・金となんだか機嫌が悪かったそうだ。しかし、幼稚園からは特に具体的な「悪さ」について連絡はなかった。気になるなぁ。

他のクラスの介助の先生についてもらっている人たちから声をかけてもらったそうだ。それから、多分同じクラスの子だと思うけど、帰宅した娘さんが「○○君(次男の名前)と遊んだ」としきりに言うらしく、ある程度は仲良く遊べているようだ。少し安心。

しかし、言葉は悪い。他の子が持っている物を貸してほしい時に「返して!」って言っちゃう。指摘をすると、そのときはちゃんと言いなおすけど。。。聞く方が弱いのだろうか?リンパ腺炎や中耳炎が影響?

???わからん。

物欲連鎖再び

平地の最高速度が40kmそこそこで、平均時速は25km/h前後ですから、フロントアウター(52T)をほとんど使わない。

どうにもモッタイナイ気分なので、たまに無理やり使うが、速く走るわけでなし、信号ストップ時に忙しいくらいで、大した意味がなさそうだ。

てことで、最近、コンパクトクランクに興味津々。TIAGRAの50-34T。フロントの34Tは登りが楽そう。上りのことだけ考えるならば、スプロケットを12-27Tにする手もあるけど、なぜかDURA-ACEだけなのよね。高い。

ちなみに、前を50-34Tで後ろ12-27Tでも変速機はそのまま使えるようで、シマノさんニクイ。

今後の方向性が見えてきたわけだけど、フレーム購入は遠のいたかも。。。

2009.04.23

次男幼稚園九日目

幼稚園からは特に何も報告なし。介助の先生についてもらっているから余計に良い子だったのかな。なんか気になるけど。ちょっと風邪気味のようで機嫌が悪かったそうな。幼稚園からの帰り道では「おなかがすいた」とご機嫌が悪かったらしい。朝もしっかり食ってるらしいし、エネルギーは有り余ってる体なのだが。。。空腹で機嫌が悪くなるのは長男も同じだった。

午後は、長男の中学校の家庭訪問。玄関先で嫁が先生とお話している最中にも、次男が「トイレ!トイレ!おしっこ!うんち!」と、いそいそ、ばたばた(笑)×数回。おそらくパンツぱんくろうの歌も披露したことでしょう。中学校の先生からも「おもろいなー、かわいらしいなー」との感想をもらったようです。数日貸し出しましょか>先生

寝る前に幼稚園で覚えた「チューリップ」の歌を割合きちんと歌っていた。先週はあり得ない歌詞で歌っていたが、覚えるもんだなぁ。これも進歩か。

夜、歯を磨くときにどうしても水で遊びたくて仕方がない。少々のことは大目に見るのだが、衛生的に不味そうなことはやめさせたいが、どないしたものか思案中。最終的に嫁が雷落としてしまいになるのだが。。。それで良いのかもしれないと思ったり思わなかったり。。。

パンツ脱いで警察に抵抗したらアウトです。

ま、それほど呑んでたのがそもそもの失敗。しかし、本人に記憶が無い場合、意外にけろっとしているもので。。。

ワタシ、先輩とタク乗って、見事にスプラッシュを披露したことがある(らしい)が、全く記憶にない。申し訳ないとは思ってますよ。思ってますけど、現実感が無いから反省のしようがないのだ。

酒の上での失敗は、強いストレス下に置かれている時が多かったな。必要以上に責任感を感じていたり、「やらなければ!」とか「なんとかせな!」とかそんな頃。深夜、呑みに連れていかれて、「たが」が外れて、オッパッピーみたいな。でもそんなのかんけーねーみたいな。結局、精神的に未熟なわけで、そこは反省。

クサナギ君のお仕事の大変さなんて想像すらできないけれど、そういうのが遠因ならば、ストレスと上手く付き合う術も身につけておかなければね。

だいたい、勝手な判断だけど、ワタシが先輩とタクの運ちゃんにかけた迷惑よりはマシだと思う。「これを機にキャラ転換してひと儲け」とか考えても良いのでは?

つか、武勇伝をいっぱい持っていそうな人が「たいしたことねーよ」ってクサナギ君を励ます図式が出来ていますね。ちょっとおもろいです。

追記: ― 日常的な酔っ払いとして目が離せない(笑)
家宅捜索の上薬物反応は出なかったとか。そういう疑いが掛けられてたってことなのかな?
パンツ脱ぐのはやり過ぎだけど、芝生の上であぐらかいてて公然わいせつはちょっとつらいな。紙一重、いや衣一重(笑)
いやいや、しかも深夜でしょ。騒いでいたという第一報はどうなのか。
こりゃ、陰謀説が出そうですね。。。

怪力乱神を語らず

井上靖「孔子 (新潮文庫) 」読了

事前情報なしだったので、最初の方では「なんだこれは?」と。「最後まで読み切れるかなぁ」みたいな感じ。ただ、形式が理解できてからは、長かったが、すんなり読めた。特に最後の情景が素晴らしいと感じました。子供のころの夕立ちを思い出しました。たくさんのメッセージが込められているような。しかし非常にシンプルで正しいメッセージ。

孔子の架空の弟子である篶薑(エンキョウ)老人が、孔子自身や、孔子が遺した言葉などについて語るという形式です。小説というより、為になる講義を聞いている感じか。昔話を聞いている風でもある。孔子の放浪・遊説の旅に同行して、数々の素晴らしい経験を、疑似体験させてもらったような気分です。少しは賢くなったかな。

次はBUSHIDO。稲造にピントが合っちゃった(笑)。

2009.04.22

次男幼稚園八日目

朝は6時20分くらいに目を覚ましていたようだが、布団でごにょごにょしてて、「いってらっしゃーい」は目をつむったまま。。。

ワタシ、帰宅時に、まず嫁に「今日は幼稚園どうやった?」と聞く。しかし、今日は先生からは特別何も聞かなかったとのこと。何か問題があれば伝えてくれると思うので、「可もなく不可もなく」だったと思うことに。。。が、しかし、ちょっと不安ですね。。。といって、園児はうちの子だけではないですから、うちだけ特別扱いというわけには行かないでしょうね。あまりセンシティブになりすぎるのもいけないかと。

代わりに嫁が、先日からの様子を細かに伝えてくれた。良い情報は、上履きを簡単に履くようになった事、帰りの準備もちゃんとできる事、整然と列に並んでじっと待てるということ等。それから、先生に「○○君(自分の名前)と呼んで!」とかわいらしい要求をすることがあるらしい。とにかく幼稚園の先生のことが大好きなようで、よかった。

あまりよろしくない点:言葉・表現能力の遅れによるのでしょうが、お友達に対して誤解を受けるような言い回しをしすることがあるらしい。「そこ、のいてください」が「邪魔!」だったり。。。家族で適当にしゃべっていることをそのまま真似しているようなので、ヒジョーにお恥ずかしい限り。家庭内でもきちんとしましょう。子は親の鏡。彼のためである。

ふと、「参観日っていつ?」と思った。絶対に行かねばならんと思っている。こういう点で、たまに「父親なのにおじいちゃんみたいになってる?」と思うが、それはそれで良いことなのだろう。。。わからんけど。

藤棚

昨夜、駐輪場で職員のおじさんに話しかけられた件。11kmほどを走って帰宅することに非常に驚いていらっしゃった。自転車と距離に対する感覚が違っているためか、いまいち会話がかみ合わない(笑)。

それから、しきりに「危ないなー」ともおっしゃられていた。わからんでもないが、ロードバイクに対する先入観もあるような気がした。一般的に「これはスピードを出すための自転車」みたいな認識が多いと思われる。とくにドロップハンドルが印象的なのだろう。発展して「信号は守らないんでしょ?」とかもありそうだな。「ブレーキついてないんでしょ?」も現実に過去2回程言われたことがある。「(時速)何キロ出るの?」も嫌になるほど尋ねられる。実際そんなの、どうでもいいことなんだけどな。「○○キロくらいかな」って答えると「そら危ない」と。。。orz

それとなく「安全第一でっせ」のアピールを会話の中にちりばめてみたが、これだけでは先入観は無くならないでしょうね。「先入観=思いこみ」だしかなりのパワーが必要かと。妙な自転車が街にあふれていなければ、世間的に妙な先入観も一気になくなるでしょうが。。。

気を取り直して、自転車通勤!。今朝は昨日と一変、めっちゃ晴れてるし、6~7m/sほどの追い風でスイスイ出勤です。明石川沿いの藤がきれいでしたわ。

藤棚は地元では魚住の住吉神社が有名ですが、光の加減でしょうか、いつも暗い中で見ているように思います。時間帯?

2009.04.21

次男幼稚園七日目

朝、6時半ごろに歌を歌いながら目覚めた(笑)。機嫌の良い時は歌いながら起きる。そして、ほぼ毎日機嫌が良い。「幼稚園にがんばっていきや」と声をかけると「つかれるよ~」等と答える。本当は幼稚園が大好きだが確かに通園している日は疲れるようで、早く寝る。そして早く起きる。よいことですね。6時半にはワタシが家を出るので、「今日も歌を覚えてきてね」というと「わかった」と。まー、わかってるんだかどうだかわかりませんけどね。

本日は身体測定があったらしい。案の定逃げる次男(笑)。病院の雰囲気を感じて怖かったのでしょう。しかし、先生に「ちょっとまっててね」と言われ、ちゃんと待てて、その後「実は怖くない」と分かってきたのだろう、ちゃんと測定してもらったらしい。パンツを脱ぐのはできるのに「できなーい」と先生に甘えたそうだ。でも、着替えさせてもらって先生に「ありがとう」といえた。この件については特別に先生から「挨拶やありがとうがいえるのがとってもえらい」と褒められたそうな。お迎えの帰りにも「○○先生、サヨーナラ!」といえたらしい。もう、先生の名前を覚えている時点で、ワタシは涙が。。。

帰りの準備では少しできなくてきれてたようだけど、結局すべて自分で出来たらしい。幼稚園の上履きもスイスイ履くのだそうで、とにかく、うれしい。明日もがんばってくれ!

自分的に重要な出来事の書き忘れ

先日、土曜日の午前中のサイクリングのあと、シーブリーズを使ったのだが、かなり強烈な香りがあるので、彼はワタシの方へ寄ってきて、腕に鼻をつけてニコニコしながら「くしゃい~」と。まー、それは良いのですが、その後、彼は「これはこっち!」とか言いながら、そのボトルをどこやらへ片付けてしまいました。その日はもう使わないからそのままにしておいたのですが、翌日、必要になった(日焼けがひどくて)時に困った。彼がどこに片づけてしまったのかわからない。適当に探しても見つからない。仕方なく本人に訊いてみた。彼に「目の前にない物」のありかを訪ねるのは至難の業です。名前を言っても名前を知らないから全く理解してくれない。しかし、この時は、腕の匂いを嗅ぐ真似をしながら「くしゃいはどこ?」と尋ねると、表情をパッと明るくして「わかった!」と言って走りだし、自分しか知らない場所からこれを出して持ってきてくれたのだ。

この一件で、彼は、耳で聞いていることの何割かが理解できていないのかもしれないなと思った。耳で聞いた文章の全体の意味を理解するのが下手なのかな。発語は不明瞭というかいい加減ですが(「テベディ⇒テレビ」、「とうもろこし⇒とうもころし」等)、でも教えるとちゃんと言えるから聞こえていないわけではない。とにかくまだ自分の中でモヤモヤしていますけれども、彼の特性を理解する何らかのヒントのような気がした。

確実にわかったのは、理解したときの表情から、「この子はこの子なりに一生懸命全てを理解しようとしている」ということ。何か伝えられているのはわかるがそれがはっきりと理解できないでモヤモヤしているということ。理解力を上げてあげるような教育、訓練も必要だが、上手く伝えられない側にも改善の余地があるということ。「ガンダラムジムジ」と同じ。

レインカバーが肩透かし

朝6時台が雨の予報で自転車的にも準備万端であったが、どうも降っていなさそう。バックパックのレインカバーだけで出発。

淡路島の一部の地域(室津かな?一宮?)が、いつも以上にくっきりはっきり見えていた。喜んで撮影したのだけど、なんとなく三脚使って失敗作。ブレをなくす為に三脚+セルフタイマーで撮るのだが、そうするとAFロックできなくて、ピントがうまく合ってくれない。こういう風景の場合は、マニュアルフォーカスで無限遠にするべきかな?露出は露出補正で何とかするのかな。うーん。三脚使わなければ良いという話?そのほうがお手軽だわね。

結局、心配していた雨はほとんど降らず、代わりに強い向かい風(アメダスによると11m/s!)に悩まされた。林崎過ぎて急に風がおさまり、明石では青空もでてきた。変な天気だ。

これもうまくピントが。。。

2009.04.20

次男幼稚園六日目

4月の木曜・金曜は介助の先生が付いてくれるが、月曜なのでキーキー言っていないか心配だった。でも良い子で過ごせたようだ。チューリップの歌(♩咲いた、咲いた)をみんなと一緒に「おーきなこえで」歌えたようで、自宅でも披露してくれました。といっても歌詞はいい加減(笑)&テンポは速過ぎ(笑)。彼なりの照れ隠しも入っているようにも思いますが。。。お遊戯も上手にできたらしいのですが、それは「ダ~メ!ム~リ!シラナァ~イ」ということで、教えてくれませんでした。

土日は着替え、ボタンの掛け外しの練習など、遊びながら、でも大げさではなく彼の人生を左右することだから真剣に。おかげ様で朝は多少キレながらもすべての準備を自分でやったようだ。多少の助けは必要だが、「代わりにやってあげる」ではいけない。

指先はかなり不器用。しかし、ゆっくり時間をかけてやると全部できるみたい。口では「できない~無理~」とすぐに言うのだが、実は手は止めていない。以前はここで、代わりにやってあげていたのだが、「ゆっくりやればいいのだ、できるよ」と励まし、待つことにしている。多少のアドバイスも必要だが、そのうち、ちゃんと出来る。単に人より遅いだけ。とてもうれしいので親子一緒になって喜ぶ。こんなに嬉しいことはない。家の中が嬉しい事であふれているっていうのは素晴らしいことだ。本当はあふれていたのに気が付いていないだけだったんだなぁ。

三人目なので特にそうなのかもしれない。「できないことができるようになった瞬間」の記憶があいまいだ。長男が初めて立った時、歩いたとき、言葉を発した時、などなど、本当に全てをはっきりと覚えている。そして、当時、とてつもなく深い感動を覚えたのだが、しかし、わずか1年半後に生まれた娘について、喜びはあれど、その「感動」は半分以下だったような。要するに「それが当たり前」であって感動の対象ではなかったのだ。しかし、いつも新鮮に驚き、一緒に喜んでやらなければならなかったのだと、いまさらながら反省。すまん>娘。

スリムな黄レンジャーを目指します。

ここ最近、嫁さんが忙しくて、週末からカレーが続いた。身も心も黄レンジャーなのでかまわないのだが、さすがに日曜の朝、鍋に残っているカレーの量に愕然。ナンボほど作ったのだ>嫁。

責任感(?)から、日曜朝からカレー2皿。あとは後進に任せたが、おかげで体重が瞬間最大60kg。土曜日のサイクリング直後は56kgだったから、それ以来、少なくともカレーを4kg喰ったことになる(ならない?)。

標準的黄レンジャーとしては普通かもしれないが、なにより自転車的には山登りに影響必至。ヤセネバナラヌ。

2009.04.18

釜坂峠を余分に登ってみた

朝6時半に行き先を明確に決めず、なんとなく加古川経由で加西方面へ走り、時間が早すぎてうどんは食えず、三坂をチラ見するつもりが釜坂峠を登る羽目になって、さらに道を間違えて12%ののぼりやら砂利道やら。我に返って正しい釜坂峠を越えたけど、残り2つは走る気力なし。三叉路で心折れて左折して姫路へまわって120km。午後1時帰宅。楽しかったがチカレタビー。。。


より大きな地図で 釜坂峠(2009/4/18) を表示

権現湖ではお花もお山も非常にきれいで、写真撮影モードに火が付いたが、直後に、先週日曜日の山火事の傷跡を見てびびる。火の用心。

加西で、がいな製麺所近くから西へ進み、広原の交差点へ。このあたりで、本当は帰ろうかと思っていたのだが、嫁さんから電話が入り、出かけるので鍵を締めると言う。早く帰ってもレーパンで玄関先に締め出される形になってご近所迷惑なので、とりあえず時間つぶして帰って来いと。。。ちょうど、釜坂峠の近くである。峠のふもとには、工事の警備員さんがいてる。多分違うと思うけど「登ってよし」の許可を受けたような気がした。同時に「こりゃ、音を上げて戻ってきてはお恥ずかしいぞ」なんて思ったり。とりあえず登ってみる。

インナーローからシッティングで可能なところまでシフトアップして登る。時速13km/hくらいかな。かなりきついけど、コケとか木々の陰とか青空とかひんやりとかが気持ちよかった。しかし、途中で道が分かれていて、どないしたもんか迷って休憩。冷静に考えれば直進なのだが、明らかに右方面の道が真新しい。

既に脳味噌がブドウ糖欠乏症になってるので、なにも理解しないまま、きれいなアスファルトの道を選んで登ってしまった。斜度12%とか書いてある。アホみたいにしんどい。もう一度念を押すかのように「12%」。もおええわいと踏ん張って、なんとか頂上と思われるところまで登りきる。

しかし、それ以降が未舗装。引き返そうかと思いながらもしばらく下る。「なんか違うかも」と思いながらも、後悔するのも嫌だから、「絶対に違う」と思うまで。。。しばらくして、タイヤがずりずりしだして、「絶対に違う」で引き返した。12%は登らんでも良い坂だったのだ。良い経験でしたけどね。ビンディングペダルでなければ登れていない気がします。

分かれ道まで引き返してしばし休憩。さっきの笠形林道の看板のところ。さてどうするか。元来た道を引き返すのも、癪だし、はよ家に帰っても玄関先でレーパンの刑。時間的にも余裕があるので、本来の峠を登ってみた。わりとあっけなく登った。12%より楽。しかし、下りきった後の分かれ道では、もう坂は登りたくなかったので、自分に正直に姫路方面へ。

走ったことの無い道を選んで走り、香寺のコンビニでアイス食って、そしてそのまま姫路まで。姫路からの2号線で、信号無視を繰り返すMTBルック車のおじさんに出会う。とりあえず、時速20kmくらいのおじさんを風除けに使って足を休める。ワタシは信号を守ります。十分に休憩して最後に「信号守りなさい」と注意してさようなら。

加古川から南下して、なんとなく高砂海浜公園で休憩。潮干狩りできるんですかね、あそこ。とても潮が引いていました。その後、R250でハンガーノック手前になり、コーラとMAXコーヒーで糖分補給し、反省して帰宅。姫路でアイスだけってのが良くなかったかなぁ。

高砂海浜公園。アサリで補給すべきだった。

2009.04.17

次男幼稚園五日目

今日も良い子であったらしい。教室内で座っていられる時間が長かったのだとか。先生のピアノの合図に従って、動けたとか。そして、上履きを自分でキチンとはけたのだとか。あわてなくていいから着実に成長してくれればそれで良い。昨日よりも+1でOK。

自宅では、少し疲れていたのか、微妙に機嫌が悪かったかな。ハム太郎の絵本などを読みながら、気が付いたらコテンと就寝していた。明日はお休みだからゆっくりするといい。

普段とは違うけど、普通の日。

昨日、めずらしくも平日の夕方に自宅にて子供らの帰りを迎えた。

まったり、のんびり、次男とともに過ごす午後。そもそも、こんなことは何年ぶりであろうか。平日夕方の空気や光や喧騒は、休日のそれとは種類が違うのだろうか。全てが静かで穏やかに感じられる。自分の感覚の入力装置のパラメータに違いがあるのか。確かに、頭の片隅には「業務時間中」と書かれていて、必要ないのに、少し罪悪感を感じていたり。しかし、それに勝る「してやったり感」があるのは言うまでもない。

夕方4時半ごろに小6の長女が帰ってきた。予測通り、「なんでおるん?」と質問を受ける。事情を説明するが別に回答には興味がないようで「ふうん」とな。で、すぐさま「いってきまーす」と塾へ。正確には塾近くのお友達のところへ遊びに行って、一緒に塾へいくのだそうだ。お忙しいのだ。

6時20分、ドアが開いて光が差しこむ。「ただいま」。長男が帰ってきてボソリ。開いたドアから差し込んだ光のほとんどが遮られている。ほんの数年前は「少し太目だが、気弱そうで無口な少年」だったのに、今や見事に「柔道部のゴツイ奴」に変貌している。キミは普段何を食ってるんだね>長男君。

風呂の準備をし、嫁が作り置いたカレーを温め、次男と風呂に入る。その間に娘が塾から帰ってくる。嫁は居ないがなんとなく飯を食いながら家族団らん。やはり休日の雰囲気とは違う。嫁が居ないことが、かなり影響しているだろう。

長男が朝の読書の時間に読みたいので「行かずに死ねるか!」を貸してくれという。ドーゾドーゾ、本読みの嫌いな小学生も成長すれば本を読むのか。ドーゾドーゾ。いろんな事に興味を持っておくれ。

かなり遅くなるかもしれないと中学校へ出かけた嫁がそれなりに早く帰ってきた。なんとなく、家族全員が「ほっ」としたような。そんな感じ。

あまりうちでは経験できないけれども、他愛のない日常の風景。

ようこそ、コチラ側へ

会社の若い子が出社するなり「もうそろそろなんですよ~」と興奮の面持ち。なんや、そろそろ、頭でもパカッと開いてお花でも咲くころなのかい?と思ったが、どうやら、自転車屋さんにクロスバイクを発注して、納車がGW直前だとか。怖いくらいに興奮してるから、「あまり舞い上がらずに、安全第一で」とクギを刺した。が、しかし待ち遠しい気持ちはよくわかる。「まずは自宅で眺めます」ってか、ええ季節やねんから乗り乗りでゴーゴーで。。。

昨年末に「自転車買いたいんですよ~」と聞いた頃は、学生さん向けシティーサイクルとクロスバイクの見分けがついていなかったようでおもろいやっちゃなーと思ってた。とりあえず「どんな風に楽しみたいのかを明確にして、自分で情報を集めて、店舗へ行きたまえ」とアドヴァイスした。それから数か月、周辺装備含めて当初予算の倍以上の値段になったとおもうが、納得しているみたい。ワタシもうれしい。

これから、どんどん金銭感覚が崩れていく様を、つぶさに観察する予定だ(笑)

2009.04.16

次男幼稚園四日目

午後半休で14時前には帰宅。次男は幼稚園からの帰り道、途中にある嫁の実家に寄ってじいちゃんと遊んでいるらしい。自転車では横を通るが、気付かなかった。嫁から聞くに、介助の先生が付いてくれていたそうで、ご機嫌だった模様。靴のマジックテープを自分で外して脱げたらしく、嫁が喜んでいた。幼稚園でいろいろ教わっているみたいですね。家族では甘えがあってできないのかも。他のお母さんからも「介助の方についてもらうとどんどん成長しますよ~」と聞いたらしく、「介助」の件には少し抵抗があったようだが、気持ちよくお任せする気になったかもしれない。

しばらくしてじいちゃんに連れられて帰ってきた。じいちゃん、ニコニコしながら「こいつ、言うこと聞きよらんねん」と音を上げてた。やはり家族にはわがままを通すつもりらしい。ま、そんなもんか。

本人に「幼稚園はどう?」とかといった、曖昧な質問攻めは変にプレッシャーを与えてしまいそうだから控えてる。嫁から情報仕入れて簡潔に明確に。

「幼稚園では何して遊んだの?」
「えーとね、クッキング。パン作った。」

嫁も幼稚園の先生も特に気にしていないことが本人の口から出てくるので喜ばしい。教室の後ろにおもちゃの電子レンジがあるので、おもちゃのパンをそれで焼いたりしたのだろう。楽しく遊べたみたいです。先生からは「とってもパンが好きですねー」とのお言葉もあったらしい。当たり前のことかもしれないが、次男のことをどんどん理解していってもらえているようでうれしいものだ。本人も成長していると思う。

夕方、アンパンマンのビデオ(放映を録画したもの)を延々2時間見て過ごす。そして久しぶりに一緒にお風呂。要求が通らなくて泣きわめく事もなく、なかなかの「よい子」でした。

レーパン履いて御出勤

今日は午後半休予定。中学校のPTAのなんやらかんやらで嫁が夕方から忙しいらしいから。

それとはあまり関連ないけど、ジーパンの下にレーパンを履いてみた。帰りは真っ昼間にレーパン&ジャージで快適に走る魂胆。しかし暑い。朝からジーンズ不要だったかも。

電車では、なんだか少し悪いことをしている気分でドキドキ。隣のおじさんにこっそり打ち明けたい衝動に駆られる。ああ、向かいのおばさんでもよい。

「あの、ボク、実は、いま、ジーパンの下、レーパンです…」。

王様の耳はロバの耳万歳!

2009.04.15

次男幼稚園三日目

園内で奇声を発したらしい。詳細な状況は不明だが、なんか気に入らんことがあったのかなぁ。予測済みなのでさして驚かないが、お友達とかはびっくりしただろうな。あとは、そとで好き勝手に遊んでいたらしい。通園時「幼稚園いかなーい」と言っているようだが、実際には幼稚園に行くのをとても楽しみにしているらしく、よいことですね。逆に週末、「幼稚園へ行く」とゴネられるかもしれんなぁ。

今まであまり気にとめていなかったのだが、「手先が不器用」と指摘されたらしい。そう云われれば確かに少し不器用かも。靴を履いたり、服を着たりがうまくできないのは、気ばかり焦って諦めているものだとおもい、手伝ってしまっていたが、これがいけなかったのかな。練習とともに徐々に器用になっていってくれればよいのだが。何事もせかさず本人のペースでじっくりやらせてあげることが大切だとか。そう思ってはいたけれど、実践できていなかったかもね。

週2回、介助の先生が付いてくれることになっているらしい。特に今まで連絡はなかったが、元から決まっていたのだとか。これは、とても安心出来ることなのだが「介助が必要」というのは、何か「特別である」と宣告を受けたような気分でもあって複雑。まー、こんなの気の持ちようですから、いろいろ大変だけど負けずに何でも楽しんでいくつもり。

青空通勤

昨夜の帰り、それなりに降っていたのでレインウェア着こんで駐輪場を出ると止んでた。パターンですね。ま、その後、少し降りだしたから、損はしなかった(?)。

今朝は曇りがちかと思っていたら、いい青空が見れました。

久々にこういう空を見た気分。晴れやか~。

原色の季節ですな。

駐輪場にて。ティッシュ配ってはりました。

駐輪場が30周年ではなく、「財団法人自転車駐輪場整備センター」が30周年だそうです。ホームページ見ると、この4月に西明石駅にも二千台以上駐輪できる駐輪場がオープンしたのだとか(複数の場所ですかね)。西明石駅はあまり行かないけれど、なんとなく、新しい駐輪場を見てみたくなった。線路下の自転車が一掃されたとすれば走りやすくなっているかもしれない。輪行の起点駅としても便利な駅だ。あ、でも輪行だと自転車持って行くわけだから駐輪場不要か(笑)。

2009.04.14

次男幼稚園二日目

次男坊の幼稚園2日目。教室ではずっと粘土で遊んでたのだとか。

嫁が迎えに行くと教室から脱走(笑)してお外で園長先生と一緒に遊んでいたみたい。話しかけてくれる子もいたみたいだけど、いまいち会話は成り立っていないらしい。最近はかなり自分のしたいことをうまく伝えるようになってきているけれど、あくまでも理解者限定。

みんなと一緒に何かするのは、うまくできないようだ。行動を制限されるのをとても嫌がるし、自分の思った通りにならないのもかなり許せないようだ。今のところは他のお子様に迷惑をかけなければそれで十分かもしれない。たまに、投げてはいけない物を投げることとかあって、それだけが心配。本人は悪気が無くて笑ってるからちょっと不気味(笑)。徐々に「かしこく」なってくれたらよいのですが。。。

そういえば、長男が幼稚園の頃、多少、単独行動というか、自分のしたいことに没頭する傾向があった。次男ほど厄介ではなかったが。。。

とにかく、今のところは先生方に全面的にお任せするしかないのかな。

久々の雨

土曜日が出勤日で月曜日に休暇を取ると、完全に曜日の感覚を失っています。週末までこんな調子かな。今日の標語は「今日は火曜日」

さて久しぶりに雨の中を出勤です。前回、雨の自転車通勤が3月14日(土)ですから、ちょうど一か月ぶりですね。

気温は高くて、風は向かい風。シトシト降る感じでしたね。しかし、こう気温が高いと大枚はたいて買ったレインウェア(自分比)でも蒸れますわ。風景は草や葉の緑が印象的。晴れてるときには気付かない風景ですから、雨もなかなかよろしいね。ただし写真なし。惜しい事をした。雨の印象的な風景ってそうそう出会わないんですよね。それ自体を忘れていましたわ。

申し訳ないので、先週金曜日の夜桜載せとく。

もういらない?

そうそう、この場所、今朝の雨で地面が桜のじゅうたんのようでした。もう散ってしまいますねぇ。

会社に着いたとき、バックパックの内部が少し濡れててショック。ずぶぬれじゃありませんが、レインカバーも完全ではないですね。たいした被害はありませんでしたが(=たいしたものが入っているわけではないので)。

2009.04.13

とうとう幼稚園。

ワタシじゃないです。次男の入園式でした。久しぶりに行った幼稚園と小学校ではサクラが満開。きれいでした。ちょっと葉っぱが出てましたね。

普通の4歳児とはちょっと違うと思いながらの入園式。親の予想以上には、ちゃんとしてたかもね。席には座っていられなくてうろうろするし、人の話は聞いちゃいない。でも、もっとひどい状況を予測してたので。。。歌は好きだし、一緒に「むすんでひらいて」もできたし。。。他の親御さんたちには「どないしてそこまでワガママに育てたのか」と思われたかもしれないけど。。。

入園式が終わってから園内の遊具でずっと遊びたかったみたい。大人の用事で早く帰らなくてはならなかったので、かわいそうだった。

もうすぐ5歳だけど、2歳か3歳くらいの子とは合いそうな気がする。「体はでかいが、極度に幼い」。これがうちの次男をあらわす一番の特徴かな。明日からもがんばってくれ。

2009.04.12

熱さ伝染。誘爆みたいなものです。

朝はお使いでママチャリ乗った。チェーンが伸びきっているのかペダルを回すと「じゃーらじゃーら」音がする。帰宅後後輪を後ろに引っ張ろうとがんばってみたが、上手く引けなかったのか効果なし。どないしたら良いでしょうね。

昼前に次男と電車でお買い物に出かけたが、途中でこばこばアニキから「ぶっちぎりで一等賞!」との熱いメッセージが届き、勝手に興奮状態に。それまで今日はママチャリ乗ってお終いと思っていたけど、なんだか乗りたい気持ちに火が付いてしまい、帰宅後、行方不明だった短いレーパンを探し当て、50kmほど、ぐいっと走ってきた。やはり短レーパンは心地いいっす。

加古川右岸をいけるところまで北上。最近コースがマンネリ気味なので、今日のテーマを「初心忘るべからず」として、知らん道でもかまへんかまへんで突き進む。少しだけ新鮮な気持ちに戻れた気がする。

菜の花が咲くところで行き止まり。

16時に江井ヶ島の浜でマーサーさんと待ち合わせていたので、時間みて引き返した。しかし帰りはかなりな向かい風。待ち合わせに遅れそう。というか絶対遅れるはず。15分遅れる旨メール打ったが、結局30分以上遅刻。大変申し訳御座いませんでした。

浜で1.5時間程楽しくお話して帰宅。加古川からの帰り、かなり焦ってぶっ飛ばしたので、少しのどと足首が痛いです。のどは排気ガスにやられたような感じ。。。急に無理するとあきません。

2009.04.11

お花見行きたい。酒飲みたい。

土曜日ということで、少し遅くなったけど、元気に自転車で出勤。今朝はウォーマーなしで半袖ジャージ。「なま腕」でございます。

自宅近くの酒蔵(?)。ここのウィスキーは未経験。

ここ、春の朝の光がとてもよいのです。

土曜日ということもあってか、浜の散歩道は人が多かった。子供の姿もちらほら。リカンベントのようなそうでないような自転車とすれ違った。ウォーキングおばさん2人組ともごあいさつ。御年配のサイクリストとも御挨拶。

明石川沿いのサクラ。ちょっと葉っぱが出ています。

これ対岸(左岸)。

よー晴れたえー朝ですが、ワタシ出勤日なんですよ。自分で決めたカレンダーだが、腹が立つ。今週はサイクリング日和が連続してる。でも、無計画なもんで、心が浮き立つというより、ちょっと焦ってます。明日は遠出するかなぁ。山登るかなぁ。月曜日は幼稚園の入学式でお休み取っています。とうとう幼稚園児になってしまう!(私ではないです)大丈夫かなぁ。

2009.04.10

ペンは剣より。。。

毎月、預かっている部署の報告をまとめる書き物があります。フリーフォーマットなので何でもありです。といって普段は邪魔くさいのでたいした事は書きません。

でも今月はちょっと書いた。というのも、最近入社した人が踏ん張って仕事しているときに、まったく気の効かない既存社員の集団(しかも全員役職者)から嫌な思いを受けたって話を聞き、少なくとも彼への謝罪と、ワタシは味方であるというメッセージを伝えたくて、、、。それなりにオブラートに包んだつもりではあるが、ある意味波風立つかもしれない。しかし、本人たちは鈍感だし全く気付かないかもしれないね。何があっても自分は間違っちゃいないとおもうので、堂々としているが。

だってね、連休に結婚記念日を祝して嫁に旅行をプレゼントしようとしている男気のある中途採用の新入社員が、納期を守るため、旅行出発前夜に事務所で深夜もくもくと仕事しているところへ、役職付いた人間が4、5人ぞろぞろやってきて何を言うでもなく、気を使うでもなく、みんなでゲームしてグヘグヘと騒いでいるわけ。誰だってキレるがな。そんなのあってはならないことだ。新入社員君は内心キレていたかもしれないが、無言でその日の作業をあきらめて帰宅。旅行の予定を一日繰り下げ、次の日、休日出勤して仕事をやり遂げ、予定は狂ったが嫁に心のこもったプレゼントができたらしい。最悪の事態は免れた。。。が、しかし、、、

こんなの黙ってられへんです。他者に気を使えなくなったら人間終わり。生きてる意味が無いともおもう。そんな奴が役職持ってて、グヘグヘと、、、わけわからん。

黄レンジャーもだえる。

昼飯にカレーうどんを食ったが、途中で吐き気。一緒に食べた人は何ともない。カレーの香りのスプラッシュにビビリながら、会社へ戻る。結局全部下水道に流れてった。胃がびっくりしたのだろうか。こんなことははじめてです。

牡蠣にあたってから牡蠣が食えない人が居る。ワタシカレーうどんが食えない人になるのは、いやだよう。

ちょっと邪魔くさい帰り道。

帰り道、ゆっくり走るロードバイクを抜いたら、ついてきよる。ちょっと邪魔くさい。それなら最初からそのスピードでどうぞってところだ。サイクリングロードには歩行者だっていますから、適当にチンタラ前を走っていたら、一生懸命前に出はった。おかげさまで、その後は楽させてもらいましたが。。。ちょっとスピード速すぎましたね。歩行者に対して危険です。反省。妙なお人は無視するに限るな。

しかし、相手がいないと燃え上がれない人は、一等賞は取れないと思うよ。そんなつもりは無いのだろうが。だいたい、レースしてるわけじゃないのだから勘違いしないでほしい。自転車には楽しく乗りたいものだ。安全に。

そのうち四人乗りですね。少子化対策ばっちりですね。

7月には自転車の三人乗りが許可されるのだとか。いろんな守るべき条件があるのだと思うけど、黙認されてきたことを、敢えて「許可」するのは危険というかなんというか。。。いまさらだが、ルールとしては「ダメ」と言い続けるべきではないだろうか?

警察庁の検討委員会は「安全基準を満たしているなら認めるべき」という妙な言い方。各自治体に認めさせて、さらに購入補助も出るらしい。日本の自転車メーカーが飛びついたってところでしょうが、そもそも、裏でいろいろあるんじゃないのって思ってしまいます。親方日の丸、官民一体で、販売促進がんばるのでしょうけど、果たして売れるでしょうか。安全基準が満たされてるかどうかなんて、見た目にわからないし、今まで黙認されてたし。そんなに需要がなさそうにも思いますよ。時間と資源の無駄遣いに思える。

子供はトレーラーに乗せるのが、世界的にはスタンダード。まず転倒しないし、乗車時の子供の頭の高さが低いから、もしもの時にも安全性が高いのだ。なにも莫大な資金をつぎ込んで、他に使えない異様な自転車をつくらなくても、そのものずばりがあるのだよ。なぜそれを無視するのか。知らないはずはないだろうに。

「日本の道路でトレーラーは走りにくい」という意見がある。しかし、それは道路整備の状況と自動車等(自転車含む)の走行マナーによる問題。三人乗りの問題ではない。今回の「許可」は何らかの免罪符になるとでもいいたげ。昨年来、主にお母さん方から出たと言われている「3人乗りを認めてほしい」という純真無垢なご意見が、事実だとしても、まんまと警察庁に利用された形かも。

まだまだ思う所・言いたいことは尽きないのですが、続きはWEBで!。。。いやいや、こちらにたくさん書いてありますのでぜひ⇒「おこちゃまといつもいっしょ:自転車3人乗り 7月にも容認」(無断リンク申し訳ございません)

なんでもありです

昨日は長袖ジャージで今日はアームウォーマーと半袖ジャージ。両日ともに下はジーンズ(笑)。他人に迷惑かけず、楽しく健康モリモリの安全運転なら、どんな格好で自転車乗ってもええねん。

桜と松と椰子。妙な取り合わせだがこれもアリ。

これは梅かな?

最近、長男の朝食はなんとラーメン。家長に無断で朝から袋めんを喰っているのはどういう考えか。聞いてみると単純明快。

「うまいから、、、」。

なるほど、そりゃぁそうだろう。朝からラーメン喰ってるのだからあたりまえ。アホなこと聞いてすまんかった。朝からカレーもありやし、ご飯に牛乳も認めよう。

なんでもそやけど、「結局ジブンはどないしておきたいのか?」なのだ。そして自分に素直であること、それがシアワセの素。

2009.04.09

満月と明石海峡大橋

今日も所用により定時上がり。19時前の明石は明るかった。満月がきれいで、思わず写真撮影大会を始めてしまった。4月の19時の夕闇は12月の朝6時半と同じ色。トワイライトっちゅう奴ですね。

カメラのホワイトバランスが「蛍光灯」になってて激凹み。妙な白っぽさはこのせいだったのだ。

これも首長鳥ですな。

自転車で出勤中、カモメが頭上からゆっくり静かに「つー」っと降りてきてスローモーションのように小さな橋の手すりに着艦。

止まっているところに近づいていくと飛んで行ってしまうのですが、今回はカモメの方から近付いてきたので、あまり警戒していないみたい。ならば、写真を撮らせてもらえるだろうと。。。

物思いにふけっているのか、カモメさん。

しかし近くで見るとでかいですな。そして目が笑っていない。確かに写真を一枚撮らせていただいた。が、二枚目の撮影途中に「るー」っと飛び去ってしまいました。でっかい羽をはばたかせてるのに無音です。不気味と言えばそんな気もする。。。

「るー」っと飛んで行くところ。ブレてます(悔)

ちゃうちゃう「かー」っと飛んできて「も」と停まって「めー」っと飛んで行ったのじゃ>八五郎

2009.04.08

電話が非常に迷惑な東証1部上場の中古車取扱業者⇒(株)ガリバーインターナショナル

久しぶりにワン切り。というか、フリーダイヤルなんて怪しいなと思っていたら、3回くらいのコールで切れた。で、すぐにかかってきて、こちらは長めのコール。取らずに放置してたら無言の留守電が入ってた。

発信番号は0120221616番号を検索してみると「(株)ガリバーインターナショナル」と。この番号からしつこい電話で全国的に迷惑をかけてるようですね。

Googleでの番号検索結果は「ワン切り」「迷惑」「しつこい」とかいっぱいでてきた。宣伝としてはマイナスだろうな。


高ケイデンスが良いざんす

ひょんなことから、この春、ケイデンスを計測できるメーターを装着したもんだから、ここ数日、寝ても覚めてもケイデンス(脚色あり)。


CATEYE CC-RD200。随分古いモデルです。速度は後輪で計測するタイプ。ケイデンスは、その時の値を表示するだけで平均とか最高とかは記録なし。だからケイデンスも速度のように常時表示していてほしいと思いますが、まー、楽しいからいいですわ。

だいたい100~110rpmあたりが気持ちよろしい。足が自然にクルクルと「回っている」状態。120rpmを超えるとカクカクし始めて、135rpm辺りがワタシの限界のようです。通勤路上で25km/hくらいでやってますから、かなーりバカバカしい姿に見えると思う。朝はなるべく110rpm以上をキープしようとしています。これ、楽しい。そんで、いい運動になりますわ。平均速度も速くなるようです。汗ドベドベで見苦しいかもしれませんが、本人はヒジョーにさわやか。楽しいからいーのだ!

ケイデンスは時計さえあれば、一定時間ペダルを踏む回数を数えればだいたいわかります。5秒間なら12倍、20秒なら3倍にすれば良いわけです。また、ギヤと速度からも計算できますから、ケイデンスが表示されるってのは、それほど目を見張るような機能じゃないですね。例によって買ってから気が付きました。ま、勉強代ですわ。

2009.04.07

ウッカカ・ウッカカ

パンツぱんくろうのうんちの歌。次男はこの歌が大好きなのだ。自宅で繰り返し歌っていますが最近、イントロや合いの手が入ります。

ウッカカ・ウッカカ、きょーおもあーさからりっぱなうんちー、ヒュッ!、でーたからいーちにち。。。」

「ウッカカ」は前奏?楽器の音まねだと思うが。。。
「ハッカカ・ハッカカ」バージョンもある(笑)
「ヒュッ!」は全く不明だ(笑)。

音鳴り解消・見映えはそれなり

ブレーキシューはもともとロードマンについていたのを使っていました。四角くて柔らかいゴムのやつです。なんだかママチャリっぽいやつ。これ、ステンレスリム用なのかもしれない。

ブレーキを買った時に、ロードバイクっぽいちょっと硬めのシューが付いていたのですが、700cのアルミリムでは大音量の音鳴り。仕方なく、かっこ悪いけど柔らかいのを使っていました。

超ロングアーチブレーキなので、シューの硬さによって、アーチが共振してると思ってた。しかし、どうやら、音の原因は、ブレーキの取り付けボルトの締め付けが弱かったようです。先日これを増し締めした時、「もしや」と思い、シューを硬いのに換えてみたら、ぜんぜん音が鳴らなくなってましたから。

タッチも少し硬くなっていい感じです。ただし、肝心の効きの違いは実感できない。まー、見た目で満足というのもありますからいいですけど。。。

フレームの錆びは廃品並み

今日は廃品回収の日だったが、すっかり忘れて、マンションの一階まで自転車おろして気がついた。

一瞬「気付かぬふりして出かけようか」と思ったけど、今回出すものが多いし、何より嫁さんの不機嫌な顔が脳裏に浮かび、思いとどまった。次月の廃品回収の日まで悩まされることになるのは御免。そもそも、廃品を集める場所はマンションのエントランス。気付かないはずがないわけで。。。あー怖っ!

自転車をエントランスに置いたまま、朝から階段3往復。自転車を廃品と間違われたら大変なのでいつもよりハイスピード(笑)。疲れました。

2009.04.06

青臭いがほほえましい。

珍しく所用により定時で退社。明るいうちに電車に乗ったら研修上がりの新入社員君たちと居合わせる。

フレッシュでケツの青いメロメロな会話にワタシの質実剛健な読書タイムが翻弄される。ぜんぜん頭に入らん。22歳の男女の行く末が気になって仕方無い。

男子はなんぼ格好つけても、スケベ心が垣間見れて青臭い。やっぱ、女子の勝ち。

2009.04.05

サクラ

どうにも金曜日から首、両肩が痛くて早朝サイクリングは取りやめていました。嫁曰く「神経性の肩こりと違う?」と。確かに仕事上で少しだけ思い当たる節もある。だとすると体を動かした方が良い(ホントかな?)と判断して9時過ぎにレーパン&ジャージでとりあえず権現ダムへ。

ホントに正式衣装では久しぶり。肩こりは体内のいろんな液体やらどろどろしたものの循環が悪くなっているのだろうと勝手に判断したので、今日は足をやたらと速く回して汗をかく大会とした。持ち物も最低限の工具のみ。カメラも写真なんてとらねーから携帯で十分。。。

とおもってたら、サクラ満開。参りました(笑)。

他にも写真あり - 但し失敗作多数(笑)だめだこりゃ。

天気は途中から晴れてきて、暑かった。権現ダムを時計回りに2周。2回目に西の短い坂を登ってるとき、自転車を押してる釣人がいて、変にがんばりすぎてペース乱れた。ものすごく疲れた(笑)。

帰り道、自宅近くで後輪がヘナヘナになってきた。スローパンクって奴ですね。とりあえず空気入れようとしたら、にわか軽量化のためにCO2のボンベ置いてきてる(悲)。ちいさいポンプでスコスコ空気入れて何とか帰還。アホみたいに疲れた。あんなので6気圧なんて到底無理。日が暮れる。

自宅で楽しいチューブ交換とパッチあて。ところがパンク穴が見つからないのだ。どこから空気が抜けたのか謎。。。

肩こりは。。。微妙。うーん。なんだろこれ。

2009.04.04

うーん、ドラマチック

おおお!9が並んだ。もうすぐ1万キロ!

やっほー1万キロ。小数点なくなりました。10万キロまでいける!

見るも無残。心臓に悪い。

お使いで出かけて1万キロ。しかし帰りの走行中、つけてたはずのが見当たらない。探しに戻ると交差点の車道に「あった!」。喜んだのはつかの間。車に踏まれて壊れてました。ブラケットがかなりゆるくなってて、何回かコロコロしてました。あ、淡路でも落としましたよね。今まで偶然にも壊れることは無かったのですが、いつかこうなるとは思っていました。しかし、ちょうど1万キロまで刻んだ直後とは、タイミングの妙というか、なんていうか。。。

走行中に時間が分からないのも困るのですが、なにより走行ペースがつかみにくいですね。この際、ケイデンスも計れるモデルにしようと、即購入しました。

2009.04.03

お久しぶりのポンピング


前輪の前の堤防のシミは犬のおしっこでございます。お気づきにならないかと思い、念のため。しゅっとした女性が連れられていた可愛らしいワンちゃんでしたよ。

いやー、そんな情報サービスは不要ですわな。ワンちゃんとは全然関係ないことですが、ワタシってなんてずぼらなんでしょう。今朝、久しぶりに空気を入れましたよ。あわいち以来かもしれないから、何とびっくり4週間?ポジションがどうとか乗りやすいとかなんとか、、、ワタシの場合、関係ないかもしれません。

空気圧はどうしても上限まで入れたい方です。なんかお得な気がします。空気は徐々に抜けてそのうち快適になりますが、最初はカツンカツンを楽しみたい。

この状態は、よく転がるので気持ちよいですが、今朝は後ろが跳ねてズリズリする感じがありました。初めての妙な感覚。サドルを前に出して、重心が前に寄ったせいでしょうか。現在はかなり楽に乗れている気がするのですが、徐々にサドルを後ろに下げていく予定。乗り心地に関して、こんな感覚を覚えておかなければならないですね。

しかし、今日はえらい肩と首の周りの筋肉が突っ張ってる感じで首が回らん。昨夜の変速機の調整と朝のポンピングによるものか。どんだけ体弱いの>ワタシ。

酒とギターとディレイラー

昨夜は少々酒が過ぎた。そのうえで後ろの変速機を調整した。
酒パワー炸裂。「おっしゃ!いい感じやわぁ。」と喜んで寝た。

しかし、朝チェックするとおかしい。トップ側でワイヤーがゆるゆるです。2回レバーを操作してもトップのまま。8回レバーを操作しても、ローギヤにはカスリもしないってナニコレ。

まず、アウターストッパーのテンションアジャスターでワイヤーを引っ張った。しかし、なんと、それだけでちょうど良い状態に。

昨夜の喜びは夢ではなかったようですが、なんで寝る前に、ワイヤーを緩めたのか謎。

ギターと間違えたかな?

増えてきた。

残念ながら髪の毛ではないです。朝、すれ違う自転車のお話。

ま、増えたと言っても、冬の間にいったん減っていますから元に戻った感じかな。割合メンバーが入れ替わっているので面白いものだ。

しかし、声に出して挨拶するのは明石川沿いで白いロードのお方とだけ。他のお方には会釈だけになっちゃってる。逆に、歩いてる人との挨拶が多くなった。追い越し時に危険防止の意味もあってよく声をかけますけど、歩いてる人はかなり元気な笑顔が返ってくるのでくるのでうれしいです。今日は、おばちゃんが手を振ってくれた。なんだか楽しい。

2009.04.02

一日二回

朝と夜。偶然だがマーサーさんに会う。一日に話をしている単語数は嫁より多い。もっと話しようぜ>嫁(笑)

いやぁしかし楽しみですよね。マーサーさんの興奮が伝わってきて、こっちまで楽しくなります。

ワタシもそろそろフレーム買うかな。。。まだかな。。。

はなししようぜ。しゃべろうぜ。

通勤電車から降りるとき、後ろからグイグイと押してくる人がいる。三日に一度くらいはある。帰りの電車が多いかな。

肘から先の外側でグイグイしよる。まるで「僕が押してるんじゃないよ、僕も押されているんだ」とでも言いたげ。とても卑怯だと思う。仮にテメーが押されて迷惑しているのなら、テメーの後ろに向かって「押さないでくれ」と表現しろよな。何ゆえに前の人を押すのだ。

とにかく「押す人」には「あんた、どないしたいねん」と思う。「前にめちゃめちゃ人いてるやん。見えへんのか。」と。早く降りたいのならば素直に「すみません、前に行かせてもらえませんか?急いでいるので。。。」と言えばいいじゃないか。押してどうにかなるものではあるまい。

「コミュニケーションが大切」なんてむやみに言われて久しいが、まともに意思表示ができない人が増えた気がする。そもそも優しさが無いわね。人のふり見てわがふり直せだ。優しく、そして、素直に意思を表していきたいと思う。

2009.04.01

事前遠征・時期未定

GF福井の前日は現場近くでテント張って一泊のつもりだったが、嫁から「アホな真似はよせ、このハゲ」とストップがかかる。

野宿という行為については、経験は元より、知識も皆無。どないなことに気をつけてよいやら、まったくもって不明です。クマに襲われたらどうすればよいのだろうか。。。嫁の「ハゲ」発言以外の部分にも、一理あるかと再考中。。。

敦賀のビジネスホテルが現実的か?

しかし、しかし、しかし。そうすると、イベント当日朝、敦賀から会場までの約15km程を走るわけです。方向音痴が服を着ているようなワタシ。迷わないわけがない。気楽なサイクリングならいざ知らず、今回はイベントなので時間に遅れるわけにはいかんです。

予行演習として、敦賀まで輪行し、とりあえず今庄365スキー場まで上ってみよーかな。来た道を引き返すのはなんだか面白くないから。琵琶湖の東岸を南下してみるか。敦賀から米原まで75kmくらい。

そんなこと考えながら地図を眺めているとなんだか楽しくなってきた。輪行で六千円くらい使うのはちょっと悲しいが、方向音痴もいいもんだ(意味不明)。。。

しかし、問題はいつ行けるかなのだ。4月には行っておきたい。

軒並み遅れとるがなあかんがな。

7時過ぎの明石駅が祭りのような賑わい。JR須磨駅で人身事故があったらしく、でーんでん電車が動いていない。おいこら、ハートイン、丸儲けやろ。

こんな日ですから、フレッシュな新入社員さんも多いと見受けられ、神妙な面持ちで携帯電話をパカッと広げて「もしもし、いま明石駅なんです。電車が動いていないんです。遅れるかもしれないのです。どーしましょ」てな不慣れな連絡が可愛らしい。

こちとら、「うーん、これやったら自転車で会社まで行くかなぁ。どうすんべかな。」と迷っていたのだが、その後、意外に早く新快速が動いて、結局10分またされた程度。早まらなくてよかった。

あ、うちにも新人さんが出社してきた。ベテランは軒並み遅れております。なんだかなぁ。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ