« 次男幼稚園五日目 | トップページ | スリムな黄レンジャーを目指します。 »

2009.04.18

釜坂峠を余分に登ってみた

朝6時半に行き先を明確に決めず、なんとなく加古川経由で加西方面へ走り、時間が早すぎてうどんは食えず、三坂をチラ見するつもりが釜坂峠を登る羽目になって、さらに道を間違えて12%ののぼりやら砂利道やら。我に返って正しい釜坂峠を越えたけど、残り2つは走る気力なし。三叉路で心折れて左折して姫路へまわって120km。午後1時帰宅。楽しかったがチカレタビー。。。


より大きな地図で 釜坂峠(2009/4/18) を表示

権現湖ではお花もお山も非常にきれいで、写真撮影モードに火が付いたが、直後に、先週日曜日の山火事の傷跡を見てびびる。火の用心。

加西で、がいな製麺所近くから西へ進み、広原の交差点へ。このあたりで、本当は帰ろうかと思っていたのだが、嫁さんから電話が入り、出かけるので鍵を締めると言う。早く帰ってもレーパンで玄関先に締め出される形になってご近所迷惑なので、とりあえず時間つぶして帰って来いと。。。ちょうど、釜坂峠の近くである。峠のふもとには、工事の警備員さんがいてる。多分違うと思うけど「登ってよし」の許可を受けたような気がした。同時に「こりゃ、音を上げて戻ってきてはお恥ずかしいぞ」なんて思ったり。とりあえず登ってみる。

インナーローからシッティングで可能なところまでシフトアップして登る。時速13km/hくらいかな。かなりきついけど、コケとか木々の陰とか青空とかひんやりとかが気持ちよかった。しかし、途中で道が分かれていて、どないしたもんか迷って休憩。冷静に考えれば直進なのだが、明らかに右方面の道が真新しい。

既に脳味噌がブドウ糖欠乏症になってるので、なにも理解しないまま、きれいなアスファルトの道を選んで登ってしまった。斜度12%とか書いてある。アホみたいにしんどい。もう一度念を押すかのように「12%」。もおええわいと踏ん張って、なんとか頂上と思われるところまで登りきる。

しかし、それ以降が未舗装。引き返そうかと思いながらもしばらく下る。「なんか違うかも」と思いながらも、後悔するのも嫌だから、「絶対に違う」と思うまで。。。しばらくして、タイヤがずりずりしだして、「絶対に違う」で引き返した。12%は登らんでも良い坂だったのだ。良い経験でしたけどね。ビンディングペダルでなければ登れていない気がします。

分かれ道まで引き返してしばし休憩。さっきの笠形林道の看板のところ。さてどうするか。元来た道を引き返すのも、癪だし、はよ家に帰っても玄関先でレーパンの刑。時間的にも余裕があるので、本来の峠を登ってみた。わりとあっけなく登った。12%より楽。しかし、下りきった後の分かれ道では、もう坂は登りたくなかったので、自分に正直に姫路方面へ。

走ったことの無い道を選んで走り、香寺のコンビニでアイス食って、そしてそのまま姫路まで。姫路からの2号線で、信号無視を繰り返すMTBルック車のおじさんに出会う。とりあえず、時速20kmくらいのおじさんを風除けに使って足を休める。ワタシは信号を守ります。十分に休憩して最後に「信号守りなさい」と注意してさようなら。

加古川から南下して、なんとなく高砂海浜公園で休憩。潮干狩りできるんですかね、あそこ。とても潮が引いていました。その後、R250でハンガーノック手前になり、コーラとMAXコーヒーで糖分補給し、反省して帰宅。姫路でアイスだけってのが良くなかったかなぁ。

高砂海浜公園。アサリで補給すべきだった。

« 次男幼稚園五日目 | トップページ | スリムな黄レンジャーを目指します。 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

ぱぱろぐさん、権現湖あたりが火事だったのですね。
最近は雨が少ないので、よく燃えるんでしょうね。

しかし加西方面って走るのは楽しそうじゃないですかhappy01
早く簡易ポンプを買って遠乗りしたいですわbicycle

ぱぱろぐアニキと冒険の旅に出ればよかったとチョッと後悔。
前夜で急だったので連絡しようか迷ってしまい、結局一人で岡山に行きました。
また冒険に誘ってくださ~い。

こんばんは。
12%の坂含んで120kmとはすごいですね!
しかも写真を撮る余裕もあるし。
こちらもだんだんいい気候になってきました。
ぱぱろぐさんを見習わねば。

マーサーさん、
火事は平荘湖だと思ってたら権現でした。
加西は走りやすい道も多そうですよ。また今度。
複数人なら誰かポンプ持ってれば何とかなるし。

こばこばさん、
行き先決めないとこうなりますね。
無事に帰れてよかったです。近いうちに遠坂も行ってみたいですが、今のところびびっています。

KAZZさん、
おそらく12%は初体験だったと思います。立ちゴケしそうな勢いでした。山登りは感情の振幅が激しくなって面白いですね。こうやってはまっていくのでしょうね。怖い怖い。

兄さんすごいなぁ。
おいらも無理せずぼちぼち追いかけていきますんで、よろしくです。

さかじいさん、御退院おめでとうございます!
無理せず、ゆっくり楽しみましょうね。
すぐ追いつかれそうですわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/44710426

この記事へのトラックバック一覧です: 釜坂峠を余分に登ってみた:

« 次男幼稚園五日目 | トップページ | スリムな黄レンジャーを目指します。 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント