« ようこそ、コチラ側へ | トップページ | 次男幼稚園五日目 »

2009.04.17

普段とは違うけど、普通の日。

昨日、めずらしくも平日の夕方に自宅にて子供らの帰りを迎えた。

まったり、のんびり、次男とともに過ごす午後。そもそも、こんなことは何年ぶりであろうか。平日夕方の空気や光や喧騒は、休日のそれとは種類が違うのだろうか。全てが静かで穏やかに感じられる。自分の感覚の入力装置のパラメータに違いがあるのか。確かに、頭の片隅には「業務時間中」と書かれていて、必要ないのに、少し罪悪感を感じていたり。しかし、それに勝る「してやったり感」があるのは言うまでもない。

夕方4時半ごろに小6の長女が帰ってきた。予測通り、「なんでおるん?」と質問を受ける。事情を説明するが別に回答には興味がないようで「ふうん」とな。で、すぐさま「いってきまーす」と塾へ。正確には塾近くのお友達のところへ遊びに行って、一緒に塾へいくのだそうだ。お忙しいのだ。

6時20分、ドアが開いて光が差しこむ。「ただいま」。長男が帰ってきてボソリ。開いたドアから差し込んだ光のほとんどが遮られている。ほんの数年前は「少し太目だが、気弱そうで無口な少年」だったのに、今や見事に「柔道部のゴツイ奴」に変貌している。キミは普段何を食ってるんだね>長男君。

風呂の準備をし、嫁が作り置いたカレーを温め、次男と風呂に入る。その間に娘が塾から帰ってくる。嫁は居ないがなんとなく飯を食いながら家族団らん。やはり休日の雰囲気とは違う。嫁が居ないことが、かなり影響しているだろう。

長男が朝の読書の時間に読みたいので「行かずに死ねるか!」を貸してくれという。ドーゾドーゾ、本読みの嫌いな小学生も成長すれば本を読むのか。ドーゾドーゾ。いろんな事に興味を持っておくれ。

かなり遅くなるかもしれないと中学校へ出かけた嫁がそれなりに早く帰ってきた。なんとなく、家族全員が「ほっ」としたような。そんな感じ。

あまりうちでは経験できないけれども、他愛のない日常の風景。

« ようこそ、コチラ側へ | トップページ | 次男幼稚園五日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/44696722

この記事へのトラックバック一覧です: 普段とは違うけど、普通の日。:

« ようこそ、コチラ側へ | トップページ | 次男幼稚園五日目 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ