« 次男幼稚園八日目 | トップページ | パンツ脱いで警察に抵抗したらアウトです。 »

2009.04.23

怪力乱神を語らず

井上靖「孔子 (新潮文庫) 」読了

事前情報なしだったので、最初の方では「なんだこれは?」と。「最後まで読み切れるかなぁ」みたいな感じ。ただ、形式が理解できてからは、長かったが、すんなり読めた。特に最後の情景が素晴らしいと感じました。子供のころの夕立ちを思い出しました。たくさんのメッセージが込められているような。しかし非常にシンプルで正しいメッセージ。

孔子の架空の弟子である篶薑(エンキョウ)老人が、孔子自身や、孔子が遺した言葉などについて語るという形式です。小説というより、為になる講義を聞いている感じか。昔話を聞いている風でもある。孔子の放浪・遊説の旅に同行して、数々の素晴らしい経験を、疑似体験させてもらったような気分です。少しは賢くなったかな。

次はBUSHIDO。稲造にピントが合っちゃった(笑)。

« 次男幼稚園八日目 | トップページ | パンツ脱いで警察に抵抗したらアウトです。 »

」カテゴリの記事

コメント

あまり傾倒するのもアレだから気をつけようっと
思いながら、武士道物、葉隠れ物がスキです。
読んだあとだけ「男」になれた錯覚が楽しいです(笑。

ロラおとこさん、
先人が連綿と培ってきた「道」についての書物は、近づきすぎるのは怖いけど、離れていては読む意味がないってとこで、距離感が難しいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怪力乱神を語らず:

« 次男幼稚園八日目 | トップページ | パンツ脱いで警察に抵抗したらアウトです。 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント