« GF福井の登録票届いた | トップページ | 蒼き狼 »

2009.05.22

何でもない写真を印象的にしてみる

今朝は降っていなくて拍子ぬけ。雨上がりは、ズボンが汚れそうなのでレーパンだけで出勤。これは正解だったのだけれど、泥除けの装着を忘れていた。水たまりの水で、お尻が冷たい朝でした。

雨上がりの晴天の朝は、空気が澄んでいてキレイなのだけど、今朝撮影した写真はなんともいまいち。風景がどうとかではなく撮影動機の問題かと。とても悔しいのでPicasaで写真をいじくり倒してみた。

どうだ印象的だろう(笑)。そこのキミ「わぁ印象的な写真」と云ひたまへ。

基本的に暗い部分をさらに暗くしてから、全体を明るくするのだ。あと、暖色系にしたり、原色を強調したり。全体的に粒子が粗くなって高感度のフィルムで撮ったみたいにざらざらした感じになる。ま、流行りのトイカメラ風というやつですな。流行ってないけど。

実は「おっ!」と思えるポイントが何カ所かあったのだが、いきなり慌てて撮ると訳のわからん写真になりがち。だから、頭の中で、じっくり温める。てことで雨上がりの写真はチャンスが少ない。そのうち忘れちゃうし、季節も変わっちゃうし。。。


焦点距離22mm(広角!)のトイカメラ。サンプルの写真がいい感じですわ。


« GF福井の登録票届いた | トップページ | 蒼き狼 »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何でもない写真を印象的にしてみる:

« GF福井の登録票届いた | トップページ | 蒼き狼 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント