« 次男幼稚園十五日目 | トップページ | 次男幼稚園十六日目 »

2009.05.08

祭りの終りの寂しさか。

かなり騒々しいと感じていたが、自分的にはなんとなく自動的にGWが終わった。

東で熱が高い人がいれば「新型ちゃうか?」と疑うし、西で酒飲んで騒いでいるのがいれば、パンツ脱ぐなよと忠告したくもなる。極端に安くなってパパママにっこりは結構であるが、そのおかげで困っている人がいることも忘れてはなるまい。と偽善者ぶっておく。

テレビ報道のバカ騒ぎや政府のばらまき政策に対して、いろいろ考えるところがあったが、しかし、見方を変えて、身一つとして眺めてみれば、すべては滑稽であって、腹を立てるようなことはないな。結局これらは、今の自分にとって直接的には関わりのないことなのかも。騒ぎに乗じて、野次馬根性丸出しで、不沈艦に素手で突っ込み入れているようなもの。まさか撃ってはこないだろうと安心してるが、それもどうだか。変な物を変に感じて「変なの」と笑っている方が害がないかもしれない。

毎夜「良くも悪くもなんともバカげた一日を過ごしてしまったなぁ」と感じなくもなかった。まー、そんな、屁のツッパリにもならんことを考えている事自体が、かなりバカバカしいのだが。ならば、少しは賢くなるようがんばってみるべかと思ったり思わなかったり。。。

GWといえば、2年前の理不尽な人事異動と、それに至るまでの意味不明のゴタゴタを思い出す。それ以降、深夜や休日に仕事をしなくてもよくなったから、休日の過ごし方に悩んだなぁ。4月半ばに「せや、自転車にでも乗ろか」と思いついた時のワクワク感は忘れられない。今や、この人事異動に人生を救われた気分であって、恨みつらみは皆無。

一生を終えるときに「良くも悪くもバカバカしい一生であったが楽しかったぞ」と思えるかどうかは重要だと思う。しかし、これも考え方ひとつかと。一瞬一瞬を笑って楽しめるなら、どんな人生の最後の瞬間も笑っていられるのではないかと。。。ん?なんでこんなムツカシイことを考えているのだ???

昨夜はまさに、雨上がりの夜空。澄んだ空気と波の音。静寂をヘボイ歌声で切り裂きペダルを回した。途中から歌詞を忘れてたから後半は適当。静かに楽しかった。

« 次男幼稚園十五日目 | トップページ | 次男幼稚園十六日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぱぱろぐさん、仕事で大変な時期を過ごされたんですね。
私は去年やられました。
アホで仕事をしない上司の守を任され、心身ともにつかれました。
職場は給料を貰うところだと割り切り、仕事が終わればスカッと忘れるようにしています。
休日は好き勝手なことをしておりますがcoldsweats01

自転車操業の忙しい日々にはユックリ考え事できませんが,GWは色々考えられる日々でしたね.

マーサーさん、
大変というかありがたいというか。。。
それまでは「はやく人間になりたーい」って感じでしたので。

sumiさん、
バタバタとする時間と同じ時間くらいユックリと考える事が出来ればよいのですが、なかなか難しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/44938729

この記事へのトラックバック一覧です: 祭りの終りの寂しさか。:

« 次男幼稚園十五日目 | トップページ | 次男幼稚園十六日目 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント