« rendez-vous | トップページ | 「逆走イモト」と危険な接近 »

2009.07.09

次男幼稚園五十二日目

次男はおにいちゃんが大好き。兄ちゃんのしていることをまねするし、ゲームの画面も覗き込む。いつのころからか「おにーちゃんさまぁー」なんていいながら、後をくっついていく。今夜もどたばたやっていた。

お兄ちゃんにとっては、たまにうっとうしいこともあるようですが、次男にはその「うっとうしさ」が理解できない。兄ちゃんは気を使いながらも「もう、ついてこんといて!」なんて言ってるし。これってそれなりに微妙な問題。

この子らが大人になったとき、既に親がいない場合、お互いにうまく支え合いながらやっていってくれればうれしいと思う。反面、それぞれに、自分自身の人生を楽しんで欲しいとも思う。ところで、お兄ちゃんにとっての、「自分自身の人生」とは、発達障害の弟が「いない人生」なのか「居る」人生なのか。ここんところはやはり難しい。

« rendez-vous | トップページ | 「逆走イモト」と危険な接近 »

ゆっくりいきましょ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/45594708

この記事へのトラックバック一覧です: 次男幼稚園五十二日目:

« rendez-vous | トップページ | 「逆走イモト」と危険な接近 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント