« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の61件の記事

2009.09.30

次男幼稚園七十八日目

終日雨。傘を差すのが嫌いだったようだけど、昨日から一応きちんと傘を持つようになったらしい。

帰宅時には既に寝ていた。なかなかハードな幼稚園生活で疲れているのか?

9月の自転車

走行距離1290.3km
走行時間51:16'39
平均速度25.16km/h

今年2月以来の1000km超え。通勤の距離を伸ばしたせいだと思っていたけど、通勤以外でも600kmほど走ってるみたい。

月20日出勤として1日あたり34kmなのでだいたい通勤だけで一月680km。で、少なくとも体力維持の運動として、週に一回80kmは走りたいから、通勤680kmに運動4週320kmを加えて、ちょうど1000km。つまり月1000kmは目標というよりノルマ的だ。

とりあえず9月はノルマ達成。ま、別に達成しなくてもいいけれど。一応、指標としての数字として、、、。10月もノリノリだよん。

逃した写真は美しい

今朝は雨。神社の鳥居の横、民家の壁一面に、青々と葉を茂らせ、蔓を張った青むらさきのアサガオみたいな花(アサガオかな?)が、いつも以上に美しかった。

この花、太陽ギラギラの日中は、疲れているように見えるのだけど、今朝はしゃきっとしていたな。やはり雨が好きなのだろう。しとしと降る雨を楽しんでいるようだった。

カメラはレインカバーをかけたバックパックの中。取り出すのが億劫だったから、立ち止まることも無く、写真は撮らず。しかし、同じ状況ってそうそう無いし、あったとしても、同じ感動があるかというとそうでもない。やはり引き返してでも撮るべきかー。

半袖でええねんけどなー

隣の人から唐突に「まだ半袖でがんばりますか?」と聞かれた。既に多くの人が長袖のワイシャツを着ていることに気がついた。半袖は数人いるけど、決まってメタボな腹を抱えているから、どうにもイメージが宜しくない。

いや、がんばるとかじゃなくってさ。。。

考えてみると、真冬でもたいてい袖をまくりあげてるし、通勤時は別の服着てるし、年中半袖でかまわないのだ。。。だいたい、長袖は袖の分だけ荷物がかさばる。着てから袖をまくって、脱ぐとき伸ばして、、、結構邪魔くさいのだ。

まー、一つ一つはさほど気にするほどではないから、ここは一発、例年通り、がんばって古来からの風習に従うことにする。

2009.09.29

次男幼稚園七十七日目

朝は6時過ぎにバシッと目覚めていた。久しぶりに出勤時に「いってらっしゃい」を言って貰えた。

帰宅時、お風呂に入る直前だったが、「パパといっしょに入る!」と少しぐずってた。そういってもらえてうれしいけれど、平日はママでヨロシクだわ。お休みには一緒に入ろう!

お風呂では、「今度、マクドでお昼を食べよう」なんてママと約束をしておった。「うん!」とかうれしそうに返事していたけど、実は、「今度」とかっていうあいまいなことは理解していないから、寝る前に「マクドたべたーい!」なんてぐずりだした。ま、ほかの事で気を紛らわせて何とか就寝。

あー、ややこし。

要は落ち着いて欲しいわけだ

野党自民党の総裁が予想通り谷垣さんに決定。ここ数年の同党の、恥を知らぬがごときバカ騒ぎも終焉を迎えたか。あれは党のみならず、政治や国の評判すら落としてしまったのではないか。

野党の総裁ではあるけれども、今回の結果は、少し落ち着いて地に落ちたイメージを回復するため、しっかりじっくりやり直しましょうかという雰囲気が感じられて好感。別に自民党員ではないけれど、二大政党による少し緊張感を伴ったわかりやすい政治を期待する普通のおっさんとしてある種の期待感を感じたわけだ。

とにかく野党第一党として、きちんとまとまり、その役割、担うべき機能をきちんと果たして欲しいと思っておりまする。

揚げ足取りや、茶番のような政治はもうこりごり。騒ぐだけ騒いで中身が無いのはごめんですよ。最近はマスメディアがその傾向にあるように思え、不快感を感じているが、それはまた別の話か。。。

気軽に一声かけるということ。

満員電車の中で、ふと「どうして電車の中では、みんな黙っているのだろう?」と思った。当たり前ともいえるけど、「果たして本当に当たり前なのか?」と思ったわけ。

あれだけの密度で人がいるのだ、「おはよーさん」とか、「お仕事ですか?」や、「どこまでですか?」「それやったら○○の駅まで座ってたらええで、その後座らしてーな」とか、、、。そんな風に普通に会話がなされていても別に不思議ではないと思うのだ。

私も含めて周囲の人に対して無関心なのかもしれないですね。しかし、それ自体が少し不思議な感覚かも。あれだけ密集してて無関心ってどうなの?と思ったり。わずか数センチのところに人がいて誰だかわかんないのにそのまま知らないままにしておくって。。。という感じ。

といって、自分も無言だったし、文庫本を忘れてきたので暇にかまけて無用な考えを持ったに過ぎないのかも?

しかし、たとえば、ドアが開いて「ちょっとすんません、降りますねん」と声をかける人って少数派。たいていは無言で微妙に人を押しのけながらホームへ降りる。確かに、その駅では降りない人も、気を利かせて一旦ホームに下りればよいのだけれど、だからって何も言わずに人の背中を押すことは無いわなぁ。中には怒りの表情でにらみつけるような人もいますよ。しゃべればいいのに。一声かけたらスムーズなのに。

自然に普通にしゃべらない性質って、こんな殺伐とした行為にも関わりがありそう。

話題が飛ぶけど、一方で、車内アナウンスはしゃべりすぎ。おまけに画一的なマナーを強要するから笑ってしまう。マナーってのは「自然で当たり前で、明文化する必要の無い暗黙のルール」だと思うから、「マナーを守りましょう」という呼びかけには一種独特のおかしさを感じる。張りぼてのご本尊を本気で拝む振りをしてるような、そんなおかしさ。

2009.09.28

社会復帰の朝は雨

久しぶりの自転車通勤、朝は途中で雨が降る。路面がぬれていたのでマッドガードとシューズカバーは装着していたけど、合羽を持っていなかったのでドイターのW/Bとレインカバーでなんとか防御。舞子あたりで雨はやみ、自分は酷く濡れたという気分ではなかったが、結構ずぶぬれのランナーやシティサイクルのお兄さんを見かけた。

出社して社会復帰を試みる。それほど忙しくないと安心していたら、いきなり付け焼刃的白羽の矢が頭蓋骨に突き刺さった。貧質真似地面とドータラコータラといったものを社内に構築せなあかんとか知らんし。アホアホ集団にそない賢そうなシロモン創れんのと違う?鏡見てから言うべきでっせ!と抗うこともなくアイアイサーで最敬礼。ま、地道にやるしかなかんべなー。

元気に午前中を過ごしたが、昼飯食ってから意識レベル低下。コーヒーで何とかしのいだけど、帰宅時点でお腹がぺこり。朝飯をまともに食べていないのが敗因だ。

日曜の117kmが堪えたか、朝も夜も足がすぐに疲れてしまう。「気分はプロサイクリスト!」なジャージを着ているけど、実は低速でお気楽ご機嫌通勤ライド。まだまだ鍛える余地はあるようだけど、それはまたそのうち。うやむやに、ほーほーのていで。

次男幼稚園七十六日目

今日は別の幼稚園へ行く日。介助の先生についてもらうためにも必要なのだが、自転車に乗りたくない次男は朝起きたときに「おうちに帰りたい~(「行きたくない」の意味)」と言ってた。昨夜も「歩いていく!」とか言ってたが、1時間以上かかるからさすがに無理だろう。

結局、自転車で行ったそうだが雨に降られたらしい。ワタシの帰宅時は随分と眠たそうにしていたが、「明日はパパと行くんでしょ(「行きたい」の意味)」とか言ってた。シルバーウィーク中に2日間送り迎えに行ったのがかなり気に入ってくれたみたいだが、普段からはチョット無理なのだすまぬ許せ次男坊。月に一回くらい休みを取って送り迎えをしてやろうかとか思う親ばかでござるよ。

OKB幼稚園ではずっと先生と走っていたそうだ。がんばれもうすぐ運動会。

鳴かないぞ

長い休み中にふとリムをパーツクリーナーできれいに拭いたら、リアブレーキの鳴きが解消。なんだそういうことか。当初、以前よりも大きな音が鳴ってて「あちゃー」。しかし、数回ブレーキをかけるうちに収まった。世の中のちょっとした困ったことって、一見無関係に思えるような事で改善されたりするのだろうな。

それとは、あまり関係ないけど、最近新聞読んでてよく思う非常に単純な疑問。たった一つのこの地球上にたくさんの人が生活してて、それぞれが自らの幸せを願ってるはずなのに、なんで個人レベルや国同士での喧嘩が絶えないのかという不惑の自転車おじさんにとっては、少し身に余る壮大なモノ。

バカだからわかんなくても仕方が無いけど、個々に幸せを願っているのに、なんで全体がそうならないのだろうか。「世の中なんて、そんなもんだよ」という説明は聞くし実際そう思っているけれど、明確に「そうならない理由」は聞いたことがない。実際にはそんなのは誰にもわからないのだろう。わかっていれば修正するはず。わからないから直せない。しかし、これも、そんなに複雑なことではないような気もするのよね。多分ちょっとしたことなんだろうなと。

先週までは、自転車でブラブラしたお山の中ではツクツクホーシやミンミンゼミ、ヒグラシなんかが一生懸命鳴いていたが、昨日は全く聞こえなかった。彼らの最後は幸せだったのか、はたまた、何かを諦めての旅立ちだったのか、少し気にしてみたりした。

2009.09.27

久しぶりに100km超え

午後に加西の三坂を回って117km。夕方6時に帰宅。かなり暗くて今後はライトを持って行かなきゃだめだー。

釜坂を下りて、広原の交差点あたりで、前方に3人の小学生がキッズMTBでガシガシとバトルしながら(笑)走ってた。とりあえずぐいっと追い越したのだが、後方より「すげーはえー」との声が。。。

「いや実はおっさんは遅い方であってだな、驚くには値しないよ。世の中にはもっと速く走る自転車さんはたくさんいるのだよ」と事実をそのままに説明してやろうと思ったのだが、格好だけはレーシーなジャージを着込んでるし、派手なカラーリングの自転車(とタイヤ)なので、子供たちの夢を育てるためにも、ニコヤカに手を振って走り去るだけにしてみた。

ガキどもの驚きの声ってなんだか素晴らしい音色だったよありがとう。

2009.09.25

次男幼稚園七十五日目

先生からのお話。次男は「かけっこ」が大好きなのだそうだ。一生懸命走ってるそうだ。歩く姿がかなり内股だが、どうも足首が弱いように思う。ちゃんと歩くし走れるのだけれど、ちょっと気になる。

昨日、今日と、お迎えのときに教室内をうかがってみたが、一応おとなしくしているようで安心。

ただ、帰り道で、同じ世代のお友達を見つけると、顔見知りでなくても躊躇無く(相手の反応を無視して)輪の中に割って入ろうとしてしまう。相手の許容範囲内ならいいけど、拒否したくても次男には伝わらないので、ちょっと困る。いや相手はかなり困ってる。「人懐っこい」といえば確かにそうだけど、押し付けがましいというか勝手で無作法な子って感じ。障害の特性のひとつなので仕方が無いけど、どうにもできない自分が情けない。

うまく誤解を解いてあげたいがうまくはいかないな。むつかしい。

タイヤローテーション

PRO3RACEの走行距離が1900kmに迫り、後ろの減りが目立ってきたので、前後入れ替え。しかし目の前に見えるタイヤがすり減っている状態は、精神的にびびりんちょ。

次のタイヤは何にするか。LITHIONのほうが長持ちするけど、PRO3RACEの乗り心地って素晴らしい。クリリオンはその中間てことかな。

そういえば、7月のパンク禍で使用中止した、パナのCLOSERだが、実はほとんどがリム側のパンクだったみたいでタイヤ自体は無罪放免。1600kmほどしか走っていないので、まずはそちらを使うべきだな。

2009.09.24

次男幼稚園七十四日目

シルバーウィーク9連休のため、次男といっしょに幼稚園へ。入園式以来です。かなりしっかり歩くようになった。普段よりも楽しそうに歩いていたらしく、よかったよかった。

言葉は遅いが、挨拶は元気よくできる。だれかれとも無くというところが、少し気になるけど。。。

帰りのお迎えも朝のうちにリクエストされたので行ってきた。朝は手をちゃんとつないでくれるのだが、帰りは、お友達を見つけたら、手を離して、追いかけちゃう。相手の子の反応は無視しちゃうので、嫌がられてるかも。アスペルガーの片鱗を垣間見てちょっと戸惑った。

あと一年半ほどで、小学校だけど、一人で通えるだろうか。。。それは、それなりに、ちょっと心配。

あ、9連休です。

実は本日と明日、お休みをいただいておりましてワタシのシルバーウィークは9連休なのだ。わはは、ごめんねごめんねー>全世界の働く人達。

朝、次男を幼稚園へ送っていった。実はこれが休みを取った主要目的。入園式の時に比べてどんな風に成長したのか気になったもので、すんませんな。わはは。9連休ですわ。くどい?

道中しゃべりっぱなし。意味不明の単語も混じるけど、大体言いたいことはわかる。お迎えはママの役目のはずだったが、「パパがお迎えに来るんでしょ?」ってことで、朝から自転車でふらふらする計画は頓挫。ま、ええねんええねん、ええ子して楽しく幼稚園に行ってくれるのならそれでええねん。

お迎えに行ってから夕方、昨日買いそびれたCO2を買いに行った。1700円強がポイントのおかげで300円弱。部活バンザイ!もっとポイント溜めておくんなまし!>長男

喜んでいたら、お店の帰りに後輪がパンク。昨日に続いてまじめな貫通パンクだわ。そろそろタイヤも寿命かな。小石がトレッドにめり込んでた。後輪は明らかに減ってますね。しかし、ローテーションすると前輪のグリップが弱くなりそでコワイ。考え中。

右往左往

昼飯食ってから適当に自転車で出かける。なんとなく七曲りな気分だったので西へ向かうが、相生まで行っちゃうと往復140kmの旅になりそで、時間的にアウトだなー、などと考えてると姫路で前輪がパンク。予備チューブを一本しかもっていなかったので不安になって引き返した。

自宅近くなるとなぜだか安心感が出てきて、消耗品を買いに行こうと、そのまま自宅を通り過ぎる。ポイントたまってるから、ウエパで買うより安く買えるわねと。。。で、お店到着。念のため確認すると、ポイントカードを自宅に置いて来てた。残念。手ぶらで帰る。

適当に幹線道路の平地ばかり走って83km。加古川辺りではキンモクセイの香りが強かった。

これ月曜の夕方の海。そういえば写真撮ってたのでアップする。

2009.09.21

朝から部屋の片付けする。

出るわ出るわの大騒ぎ。16chのミキサーやらパッチベイやら、4トラックの録音装置。レスリースピーカーのシミュレーターなんぞも出てきたぞ。インラインスケートも履いてみたらなかなか楽しそう。自転車に嵌まる5年前くらいは一時期こいつにはまっていたなぁ。

朝から、「使う予定は無いけれど、捨てられないってものがこんなにたくさんあるんだね!」と確認する大会になってしまった。ビーチバレーのセットが出てきたときはさすがにワロタ。一回しか使っていないはずだが、いつ使ったか忘れたし。

困るのが、子供たちが書いてくれた「お父さん、大好き!」とかいう作品群。おまえら、お父さんて呼んだ事無いがなと。そんで、お世辞にも上手とはいえない工作。。。いや、本人たちも認めてるからね。しかし、捨てられん。まいった。狭い我が家をうらむのだ。

で、結局、物の移動で終了。あっちにあったものがこっちにある状態で、雰囲気は新鮮だけど、居住空間は1平方ミリメートルすら広がっていない。それどころか、昨日よりも雑多な雰囲気になってるな。落ち着いて寝られないわ。

夕方に自転車で須磨まで往復。それなりの向かい風で楽しく走行。Mかワシ。しかし、2号線の自動車の渋滞はすごいな。多分、須磨~明石間は自転車の方が速かったはず。

多数決なら左向きの勝ち。

銀色週間、中間報告

いつの間にか、シルバーウィーク3日目。

初日の土曜日は中学校の体育祭。風が強烈に強い一日。

部活のパレードでは、長男が主将なので、プラカード持って行進した。いやしかし、プラカード持つ役が一番つらそうだったな。といって、そう思ったのは、一日ビデオカメラ抱えて立ったり座ったりで、肩と腰と足にキタ、オヤジとオカンだけなので、本人たちはいたって普通。腕の太さに納得。そして全校男子による組み立て体操が非常に「自由」という雰囲気がかもし出されていて好感。一糸乱れぬ動きも良いけれど、生徒たちが自由に考えたポーズでキメルとか、最後「解散!」の声に、歓声と共に自由に自席まで駆ける姿に、今の中学生の持つ、子供らしさと力強さなどを感じた次第。素晴らしい大会であった。

一旦帰ってから、ばーちゃんちに預かってもらってた次男を迎えにいって、その帰り道に公園で滑り台。今まで、まともに滑れなかった。すべる側から登って途中で反転して滑ることしかできなかった。しかし、徐々にその高さが増してきて結局頂上まで登っていたので、「それやったら、はしごの方からも滑れるでしょ?いっしょでしょ?」と指摘すると、しばらく後に気が向いたのかすいすいっと。あっけないもんです。褒めてやると何度も滑っていましたわ。

2日目は、体育祭での体へのダメージを癒そうと朝からゴロゴロしてたけど、昼前に次男が滑り台で遊びたいというので公園へ。やはりちゃんとすべってた。真昼間だったが、赤とんぼが飛んでて、秋を感じる。暑かったが。。。

昼飯食ってから、行き先を決めずに自転車で出かける。坂はなるべく回避して、まったりサイクリング。100kmは時間的に無理だったので、加西のがいな製麺所をぐるっと周って80km。北風強く往路は軽いギヤでクルクルクル。帰りはバビョーンで、なかなか心地よかった。

先日購入のひざ下レーパンのお尻の具合がなんとも快適。サドルとの摩擦係数が小さいのか、サドルの上でお尻がすべる感じ。良いことなのかどうだかわからないけど。。。これ、新品だからでしょうかね。

さて、本日もよく晴れてそうで、どないしといたろかと思ってたら6時半か。

2009.09.18

次男幼稚園七十三日目

書くの忘れてた。思い出してみるが、長い休みを前にして浮き足立ったか、なんにも覚えていない。こういうこともある。

from 食欲 to 物欲

会社到着寸前でついコンビニに立ち寄るようになって2週間。

自転車通勤で消耗したエネルギーを補うだけ、のつもりだけれど、幸せそうにたくさん並ぶ食品群に目が眩み、それこそお店の術中にはまっているわけだが、素直で疑うことを知らないお腹がペコリなオッサンはイチコロなのだ。

気がついたらサンドイッチ2個とか、アミノ酸がどうたらこうたらのゼリー飲料とか買ってる。この2週間、摂取カロリーと消費カロリーのバランスが崩れたようで、体重が漸増。さすがにやばいと思い、今朝はまっすぐ会社へ向かってみたが、習慣とは怖いもので、足が勝手にコンビニに向かうのを、無理やり引っぺがして歩く感じ。会社に着いても、なにか腑に落ちない。空腹感とはちょっと違う、忘れ物が何だかわからないというような気分。禁断症状のようなものかと思うが。。。

とりあえず、コンビニに行かなければどれだけお小遣いを貯めて、念願のフルカーボンフレームがいつ買えるのかと妄想&シミュレーション。食欲を物欲に転換してがんばるのだ。グヘグヘ。

2009.09.17

次男幼稚園七十二日目

ワタシが帰宅時はたいてい、ご飯を食べ終わってゲームの時間。今夜は、突然思い立ったのか「お絵かきする」といいだして「クーピーを探して!」と騒ぐ。場所を教えたけど、よう見つけんかったみたいで、結局そこらにあったマジックを使っていた。ややこしい。

夜は素直に早めに寝るようになってきた。幼稚園でそれなりに疲れているのだろう。運動会の練習とかもあるようで。。。

冬支度を急ぐ

毎日元気に自転車に乗って仕事行ってるちっさいオッサンのため、自転車装束を売るネットショップには是非是非、男性用のSサイズ(海外サイトならXS)を置いてて欲しい。これ、割と切実。心の叫び。

ということで、本日はアームウォーマー投入。昨年に続き、二の腕あたりでズレズレで、腕の細さに気付かされた朝であった。すれ違う自転車さんも長袖が多かった。追い風の日がが多くなったようで、とうとう季節が変わったなと。一瞬だけど、つま先に冷たさを感じましたし。靴の上のメッシュをふさぐような細工をしてみましょかねー。履くたびにシューズカバーするのも邪魔くさい。

昨夜の帰り道、2号線の対向車線をえらいスピードで逆走する自転車のオッサン発見。まともに走るバイクとか自転車にとっては、それなりの高速区間で、ゆるい左カーブ。前方見えにくいし、突然目の前に25km/hとかの自転車がこっち向いて出てきたら、びっくりするだろうなぁ。かなりな危険運転であるから注意しようとしたけれど、対岸からは声も届かず諦めた。直後、対向車線をバイクがそれなりのスピードで車列をすり抜けていった。あーコワッ!

ところで、完っ璧なウィンドブレークジャケットやタイツは必要だろうか。そういや、今年は薄手のジャージを重ね着したり、ウォーマーで対処したけど、時間がかかるし、それでもちょっと寒かったし。極寒期直前に必要性を感じても入手困難。早めに準備しておかなければ。。。

地下街フラッシュバック

帰り道、地下街がひっそり。なるほど全体が定休日だったか。しかし喫茶店の厨房には人影。定休日なのにご苦労様です。20年前にフリーアルバイトとして勤めていた喫茶店と同系列のお店。厨房の中の人の姿が、当時、お世話になった(一緒に遊んでた)年下の社員さんと重なった。

年下の社員さんは、族上がりのやんちゃくれ。警察にも名前を知られているような。でも、すでに更生済みで、仕事しながら通信制の高校へ行ってて、大学入学を目標に日々楽しくがんばっていた。たしか、おかあちゃんと二人暮らしで、「幸せにするのだ」と、照れもせずにいうようなナイスガイ。「大学受かったら何買うてくれる?」とか、なかなか人懐っこい。

店長は同い年。結婚してて子供もいて、調理師免許持っていて、将来店を持ちたいから、社員にならずにフリーアルバイトとして雇われ店長。オールバックでかみそりみたいな風貌のベーシスト。ストレイキャッツが好きでウッドベース持ってたんじゃなかったか。楽しいこともいっぱい教えてもらったけど、フラフラしているワタシの将来を案じていろいろと忠告もしてもらった。一生頭が上がらないと思ってる。

そのままその喫茶店で勤める道もあったけど、ソフトハウスへバイトで入ってそのまま社員になった。喫茶店での彼らのまじめさや、仕事、生活への本気さ加減は、ことごとく不真面目で常に逃げ場を探していた自分には、とてもまぶしくて、その時点で自分が飲食業で食っていくという判断は下せなかった。しかし、彼らのおかげで「ちゃんとしなくちゃ」と思え、「別な世界も見なくちゃ」と思った。そして、照れることなく「がんばる」と思えたのだから、本当にありがたい話。彼らは一生の恩人だな。「またまたぁー、そんなこといっちゃってぇー」とか聞こえてきそうだけど。。。

ひっそりとした喫茶店の奥にチラッと見えた店員さんの姿に、あの20年前の、心が敏感に動いていた、あの活動的な感じ、そして恩人への感謝の心を、最近の自分は忘れかけているのではないかと、すこし自省してみた。

2009.09.16

次男幼稚園七十一日目

朝は起きませんね。ま、起きるとタイヤの空気圧を測りたいだの、パソコンでお絵かきしたいだのややこしいことになるのでいいですけどね。

夜。「あかちゃん、おったねー」。急に話しだした。幼稚園の行き帰りでバギーに乗せられた赤ちゃんに遭遇したんだろう。赤ちゃん大好きなんですよね。「かわいーなー」とか言いながらくっついていったのでしょう。「あかちゃん、おったねー」の後は何にもしゃべってくれないから想像するしかないのだ。

寝る時間になったら、「もう終わり!」といってゲームを終了。えらい!。ま、その後すぐに寝るわけではないのだが、しかし、きちんと褒めてあげたのは言うまでもない。

次男は布団を引いて寝ているのだが、横に寝っころがって「目ぇつぶりやー」って促していたら、私の体が布団の外にあるのが気に入らなかったらしく、一生懸命布団の上へ上げてくれた。ありがとうだ次男。その後しばらくしてスヤスヤ。

思わぬ効能

今朝は、少し肌寒かったので、レーパン+レッグウォーマー。なかなか快適であった。

普段は会社でステテコ&スラックスに履き替えるのだが、本日一日ウォーマーはステテコの代わりに絶賛大活躍中!ステテコよりもいい感じ。

防寒と同時にサポーター的な効果もあるのか、多少膝がラクダ。こりゃぁええ。

2009.09.15

次男幼稚園七十日目

朝は雨だったので5分早めに家を出た。次男は腹出して寝まくってたから「おはよー」の挨拶は交わせず。

夜は、布団に入ったと思えば、自転車の空気圧を測りたいと。。。2回目は「もう寝る時間でしょ?」と諭すと、少しママの顔色を伺って、素直に就寝。親父は怖くないのねそうなのね。

右顧左眄(ウコサベン)

読めない、書けない、ウコサベン。「ウコ」はまだしも「サベン」はきついな。特に「ベン」はツライ。

自転車海苔の谷垣さんが野党自民党の総裁選出馬にあたり語った言葉⇒「右顧左眄せず...」。要するにきょろきょろして他人の意見に左右されたりせず、自分の考えで行きまっせということですけど、こういう難しい言葉は、どこで覚えるんでしょうね。直前とかじゃないですよね(笑)。

老人の日

敬老の日がハッピーマンデーで移動したので、2003年から、9月15日は「老人の日」となったのだとか。なんか、言葉に小さなとげがありそうな、すこしぶっきらぼうなネーミングに思えるな。しかし、当初はこの名前だったのだそうだ。

で、すこしだけ「へぇ」と思ったのは、発祥が兵庫県多可郡てこと。先日自転車でウヘウへと走った翠明湖の近く。「へぇ」ですね。

「80歳で20本の歯を残そう」の「8020運動」が自分の故郷の南光町(現佐用町)から広がったというのを知ったときと同程度の感慨です。いやそれほどでもないかなぁ?

ところで、恥ずかしながら告白しますが、ワタシ、その昔の敬老の日は9月16日と勘違いしておりました。今の今まで、さっきまで。9月16日は実はわたくしめの結婚記念日なのですが、結婚した1995年の敬老の日(9/15)は金曜日で三連休。翌16日の土曜日が結婚式だったので、酒飲んでごちゃごちゃになってたみたいですな。ニッポンのハゲオヤジとして、かなりアホですね。

人間の記憶とは不思議なもので、子供の頃を思い返しても16日と思い込んでいるのよね。これって一生修正できないように思います。ま、今はハッピーマンデーなのでええですけど。

今まで、知らず知らずの内に各方面にて恥をかいていないかヒジョーに心配。気もそぞろ。

あ、8020運動ですけど、Wikipediaでは別の地域が発祥の地になっている。。。あれ?また記憶違いか?

久々レインウェア

フル装備で出発したが、前評判(?)ほどは降っておらず、期待外れ(笑)。途中、暑くなってきて、上着は脱いだ。ドイター付属のウィンドブレーカで十分だった。下も蒸れるというほどではないにせよ、ちょっとベチャベチャしてきたな。雨具は難しい。

レインシューズカバーですが、走り終わりに、気になるほどじゃあないけれど、ソックスがちょっとしっとりしてた。レインウェア着てるから上からはほぼ水が入らないとおもうのだが、靴の底から水が入ったとすれば仕方がない。汗だとすると気色悪いな。

自転車はママチャリ以外に会わず。ま、自分も、高い自転車買うと、雨の日に嬉々として通勤に使用したりしないと思う。多分。どうだかな。

2009.09.14

次男幼稚園六十九日目

朝寝まくり。運動会の練習などでかなり体を動かしているとのことだけど、休日に家でごろごろしてるからやせないのだろうなぁ。ま、ちょこちょこと動いて遊んだりはするので、そういうときを捕まえてしばし体を動かさせる。

昨日は家の中で野球(笑)。ま、それなりに打てていたわ。最初はボーリングの予定だったのだが何で野球になったのかな?「ホームラン」という単語を知っていたようだ。。。いろいろ覚えますね。

で、案の定、今夜も野球。遅かったのでジャストミート一発で終了した。野球好きみたい。目指せイチロー!まずやせなきゃ。

軽いシューズ

本日、イチローが9年連続200本安打達成。すごいっすねー。

で、関連記事で「スパイクの重さ(軽さ?)にこだわってる」というのを読んで、小学校の運動会前に買ってもらった、アシックス(だったと思う)の軽~いシューズのことを思い出した。

ワタシ、極端な鈍足でしたから、かけっこ(徒競走)は常にビリ。それ履いたからって何も変わらなかったけど、あの「うわっ、かるい!」っていう感覚は良かったなぁ。何も履いていないような、あの軽さ。

徒競走では一番最後。集団から離れて一人旅。みんなから見られながら、拍手なんてされながら、「最後までがんばれー」なんていわれながら、「やかましいわい」と思いながら、ゴールするのが毎度の事。とにかく苦痛。短距離では珍しいでしょ。なんだか恥ずかしくってね、「そっとしといて」な気分でしたわ。

「負けて悔しい」というよりも、「恥ずかしい」とか「情けない」という気持が強かったかな。この辺に「速く走れない要因」があったのかも。

ところで、40歳の今、50mや100mを、どれくらいのタイムで走れているのか、ちょっと気になる。こそっと計りたいけど、なにか良い手はないものか。ストップウォッチ持って走るとか?

そういや、そろそろ運動会シーズンですな。

混乱の極み

グーグルさんによると、9月14日は、、、

「コスモスの日」
「プレゼントにコスモスを添えて交換し、お互いの愛を確かめ合う日」なのだとか。初耳。

そして、、、

「メンズバレンタインデー」
こちらは「男性から女性に下着を贈って愛を告白する日」だと。なんか恥ずかしいね。「D.C.ブランド」とか「ワンレン」とか思い出したわ(笑)。

さらに、、、

「セプテンバーバレンタイン」
こちらはなんと「女性から別れ話を切り出してもよい」とか。。。

結局なんでもありということ。

ママチャリ限界

買い物用ママチャリの劣化がひどくてさすがに危険。よって日曜の朝から嫁と電車で自転車屋さんへ。26インチ、内装3段変速、パーキングロック付きをお買い上げ。

店員さん:「乗って帰られます?」
嫁:「はい!ね、パパ」

ということで、自宅までの8kmを新品ママチャリで帰宅。嫁からは「歩道をゆっくり走れ」と命令されたが、歩行者に加えて、子供乗せママチャリとかスポーツバイクが並走など。怖くなって一部区間で車道へ逃げた(笑)。R250は路側帯が広いところですから、よっぽど安全&快適。電車の嫁より早く帰宅。

しかし、ワイドな3段変速は変速タイミングがイマイチつかめずツライです。10kmくらいが限界かと。

2009.09.12

レインシューズカバー履いてみた。

どえらい降りかたしてるんちゃう?と思って起きたら全く。。。ま、「途中で降るかもしれんから。。。」と一応(無理やり)本日インプレ(?)予定のレインシューズカバーを履いて出勤。

これ。「BBB ウォーターフレックス BWS-03

で、朝は結局降らなかったので、防水機能はまだわからんが、かなり、しっかりしている印象。後ろのチャック(ジッパー?ファスナー?)もさすがYKKですわ、スムースですわ。底の開いた長靴履いてる感じやね(?)。意外にも、走行中に「足が暑い」とか、蒸れるとは感じませんでしたが、脱いだ時、「ヒヤァ~」ッとして気持よかった。癖になりそう。本来の使い方とは違うけど、ウォーマーとしても効果ありっぽいってことでオーケー。

果たして、夜はほぼ雨上がり。定時でばすっと帰っていたらそれなりに雨に会っていたのにな。。。って何いってんだろ。ま、道路から跳ね上げる水もかなりなものですが、ソックス、シューズとも全然濡れていませんでした。レインウェアは着ていませんでしたが、上から水が入ることも無く。ただ、ザーザー降ってる中ではどうかわかりませんね。それはまた今度ってことです。


朝、たこフェリー乗り場で、サイクリスト多数。あわいちでしょうけど、一回のフェリーで乗れるのかな。で、午後から雨でしょ?御安全に。「誰か来たよ」と聞こえたけど、ワタシのことでしょうかね。紛らわしくてすんません。自転車通勤でございますワン。

朝霧で、2号線に出る信号待ち。フラットバーロードのお二人の後ろに付いた。後ろの方のシートステーがセクシーに曲がってたかも。しばらく様子見ながら(笑)後ろを走ってたのだが、自分の通勤時走行的にはかなりスローペースだったので追い抜くことに。ただ、車道できちんと追い抜くにはそれなりにスピード差が必要なようで、がんばりすぎて一瞬で足がヘロヘロになってしまった。ケイデンス130超えで声出せず。会釈したつもりだけど伝わってないかも。失礼しました。

帰り道、林崎松江海岸の東端で、BBQな人達?が道をふさぐ形で自動車を止めて、わらわらと、たむろしてて困りに困るわ迷惑千万。道は他者とシェアしようぜ。少なくとも、広がって歩かんといて。

2009.09.11

次男幼稚園六十八日目

運動会の練習なんてのも、ちゃんとこなしているようで、先生から「かなりな運動量ですよ、がんばってますよ」とお声をかけていただいたみたい。それにしちゃ、やせないけど。。。ま、その分食ってるからなんでしょうね。。。

子供の成長

今朝の通勤電車での光景。

普通電車でつり革持って小説読んでるワタシ。途中の駅に着いて目の前の席が空いた。もとより座る気は無いので「誰か座らんかな?」と待ってたら、左斜め後方から「するするっ」と小さい男の子が出てきて「ぽんっ」と座った。「するするっ、ぽんっ!」みたいな感じ。幼稚園の年長さんくらいかな。

その場所は、大人が座ってたから、まだスペースには余裕がある。と、彼が手招きして「○○ちゃん、座りよ」って。2つ下くらいの妹ちゃんを呼び寄せた。妹ちゃんがお兄ちゃんの横に「ちょこりん」と。ちっちゃいのともっとちっちゃいのが、ちょこりん・ちょこりんと。可愛らしいです。お兄ちゃん優しい。えらいわ、お兄ちゃん。

お父さんらしき人も後ろにいてはったので、立ち位置を譲った。親子三人、楽しそうにお話してはって、「そういや、うちの長男と長女も10年近く前は、こんなんやったよなー」、などと文庫本の影で、自然に微笑んでしまったわ。おっさん朝からナニわろてんねんと思われてたかもしれないけど、微笑ましいったらありゃしない。


帰りの電車での光景。

左斜め前方に、2人の女子高生が座ってて、突如一人が立ち上がり、席の方を向いて、スカートのベルト?のあたりををごちゃごちゃしだした。パンツ上げてたのか、ブラウスをきれいに直していたのか知らんけど、座ってるのんが「写真とか撮られんようにしーやー(笑)」とか言うてるし、「ええねん、撮りたい人おったら撮ってええで。どーぞどーぞぉー」とか空中に向かって言うてる始末。。。

即避難。だって意外にすいてて、立ってるのはワタシだけ?な状態やし、「おっさん、写真撮る?」とか言われたら困るし。

15年ほど経っても、あんなんならんといてほしいわ。がんばれ妹ちゃん。優しいお兄ちゃんを大切に。

割と爆弾抱えているカモ

今朝は薄手の長袖ジャージ着用を目論んだ。長袖は膝上レーパンとそぐわない気がするのだが、あいにく、冬用の長くて暖かいタイツしか持っていない。潔く諦めて、いつもと同じ格好で出勤。

快適といえば快適なのだが、膝が冷える感じがした。傍目には、かなり元気な姿に見えると思うが、実は膝とか肩とか股関節とか、いろんなところにガタが来ていて、自転車に乗ってさらに拍車をかけていそうな気もしてる。楽しいから良いのだけれど。騙し騙しでレッツ号。

明日の土曜日は出勤日。久々に雨が降るらしい。先日購入のBBBのレインシューズカバーの威力を確認してみる予定。雨も楽しや自転車通勤。

日曜日は晴れるのならば、先週の翠明湖に続いてダム湖シリーズということで、銀山湖とかありかも。生野に行くの、、、いやその。迷わなければ170kmを超えるコース。今週はじめの体のダメージから考えると、ちょっときついかな。輪行交えるのも手か。うーん。

2009.09.10

次男幼稚園六十七日目

朝は腹丸出しで起きもせず(笑)。起きてからは「さ、幼稚園いこか!」と上機嫌だったらしい。でも幼稚園に着いたら「帰ろうか」って。邪魔くさい子です。でもなんか理由があるんだろうねー。

帰宅すると、おもちゃのキーボードのマイクを探してた。テレビ出演者の真似をして騒いでいる。その後鍵盤でフリージャズソロセッション。君は山下洋輔か?しかしグリッサンドがひどく下手(笑)鍵盤壊れそう。

その後、パパの部屋でパソコンでお絵かき。ちょっとゲージツ的な絵だった。たまたまでしょうけど。で、夢中になりすぎてトイレに行くタイミングを逃したようで、、、。聞けば本日2回目だとか。いかんなー、恥ずかしいなー。がんばれ。

寝る前に嫁が「お月さんがスイカやで」と教えたら喜んで「食べたーい」とな。東の空に、きれいに半月が見えていましたわ。黄色い種無しスイカのようでした。

で、今夜は「ぱぱ!いっしょに寝よう!」は無く、いつの間にか寝ていた。ちょっと寂しい。

原点回帰

この10年で急峻な孤高の岩山は砂粒に崩れ去ったのだ。コーポレートアイデンティティが有馬温泉。ありゃしないったらありゃしない。

ここは一発、受け流してプイッ!とサラリーマンらしい得意技。。。って、それで状況が好転するならええけどなー。零細企業はこういう時につらいかも。大手に属したことが無いから知らんけど。

まー、陳腐だがピンチはチャンスでもあるわけだ。しかし、エントロピーは非可逆性。砂山を岩山には戻せんだろうから、「フリダシにもどる」が現実的かも。

うーん、ハゲそうだけど、はらさんに3000点より、篠沢教授に500点。さらに倍で。

自転車バカは風邪ひかん?

今朝はずいぶん寒かった。長袖ジャージでよかったわー。電車に乗る時も、速乾性Tシャツでは、そろそろ見た目におかしくなってきたかも。

季節の変わり目で風邪ひいたり体調を崩している人が多いようだが、自分は、この2年くらい風邪をひいていない。自転車に乗って体が強くなったのは確かだけれど、アホにもなったからでしょーかねっ。

2009.09.09

魔王

偶然にも今の時期に読んでしまった、政権交代とアメリカへの迎合路線の見直し。。。これは予言書?変な気分だ。

次男幼稚園六十六日目

嫁が中学校の用事があるので、自分は午後半休で早く帰る。夕方に帰ればよかったけれど、たいして重要な仕事も無いから昼いちで帰宅。楽しく次男と過ごしたけれど、相変わらず幼稚園のことは教えてくれないわ。

A4のコピー用紙を大量に持って言ったかと思うと、ハム太郎と判別可能な絵を描いて、数字をいっぱい書いて、紙粘土でデジタル数字を黙々と。趣味、ハム太郎と数字(笑)

夕方、お風呂の時間、なんでも昨日から「一人でお風呂に入る」と言い出したらしく。自分でシャンプーして、体を洗って、湯船に浸かって。。。一応全部できるやん。感動した。そんなことができるようになってたのね。すばらしい。泣きそうやった。

がんばって!と応援するとうれしそうな笑顔。「パパ!笑ってる?」と元気に答える。笑っているとも。「パパ!いっしょに寝よう!」と誘ってくれる。がんばって成長しような、お互いに(笑)。発達障害なんてくそくらえだわ。

テレビを見ていて突然、「パパ、赤い小さいギターを出して!」とな。たぶんウクレレ。ひっさし振りに押入れから出してやると、なんだかテレビを見ながらウクレレをポロリンと琴のように。。。番組とどんな関係があったのかは不明。

茂木健一郎が胡散臭い。

前頭葉の約半分を失っても、生演奏聴きながらトランポリンで跳ねるリハビリで、歩けるようになったし、字を書けるし、絵まで描けて、芸術的にもすばらしくて、個展まで開いた。。。普通に考えて、ありえないのではないかと思った。

まず、映像が疑わしいと感じた。結局全て母親がしゃべっているし、字を書く場合も他人のサポートを受けている。絵を描く映像では手元が映らなかった。コックリさんと同じじゃないかと。。。

彼はたまたまある程度の機能が残ったのだろうし、残った部分をフル活用しているのも確かだと思う。しかし、それを、奇跡だ奇跡だと騒いでいるのはやりすぎではないかと思うのだ。番組での扱いもよくわからない。しっかりと生きている彼が素晴らしいということなのか、このリハビリ法が効果を挙げていてすごいということなのか。自分にとっては、どちらかというと見世物的お涙頂戴話に見受けられ、少々不愉快だった。

感動して目頭押さえて泣いてるタレント達は、何に感動して、何を悲しんでいるのだろう。誰に感情移入しているのか。深く考えたことはあるだろうか。

たとえば腕を失えば、もう片方の腕だけで生きていくしかない。それが普通であって、あまり違わないことだ。失われたのが脳の一部であったという違いはあれど、要は体の一器官。

ワタシは疑っているが、このリハビリが脳の機能回復に有効なのであれば、バラエティ番組で紹介する前に全国どこでも受けられるように整備を急いでほしいし、保険が使えるようにもしてほしい。

テレビで泣く暇があるならば、具体的なサポートを考えてやってほしい。


追記:紹介されていたのは「音楽運動療法」というもので、番組は「ベストハウス123」だった。このリハビリの、音楽と運動による刺激によって、発達障害、自閉症などへの効果を期待するのは、実は的を得ているのかもしれないと思っている。少なくとも不健康ではないし。しかし、番組内で紹介されていたような、母親を介して話をする、字を書ける、絵の才能が開花するというところには、眉に唾を塗っておきたいということ。

ただし、ちょっと感情的に書きすぎたので加筆訂正しました。

がんばれボクの左足

8kmくらいジョギングすると右足の付け根が痛くなる。その状態で自転車に乗っても大して痛くなかったので、使う筋肉が違うのだろうと思っていた。ただ、先日自転車で160kmくらい走ったあとで同じ箇所に同じ痛みがあった。あ、股ズレとは別の要因。峠越えやアップダウンがそれなりにあったから負荷が高かったのかも。

で、じっくり思い起こしてみると、自転車では右足ばかり使っているよう。左は明らかに引いていない。右足が踏んでいるので安心してペダルさんに持ち上げてもらっているようだ。

両足で均等に力を出せば、もう少し楽に乗れるかも。

2009.09.08

次男幼稚園六十五日目

うーん、帰宅したら食卓の横でゲームしてた。寝る前に「一緒に寝ようか」と誘われた。最近これ多いな。

オーデュボンの祈り

オーデュボンの祈り (新潮文庫) ― 伊坂幸太郎

「この島に欠けている物が何か?」が判明する下りでは、なんでか鳥肌が立ったわ。最後の数ページの本流に向かう、多くの支流が並行している印象。冒頭部分が読みにくいんですよね、展開が読めないからかな。途中から加速しますね。で最後のオチ(?)で大きく納得してすっきりってパターン。これが著者の得意技なのかな?

しばらく伊坂幸太郎作品を読み漁るつもり。なんと年下だとはしらなかった。関係ないけど、おっちゃんもがんばりたい。いろんなことに。小説は書かないけど。


2009.09.07

次男幼稚園六十四日目

うーん、語らないなぁ。幼稚園のこと。「幼稚園で何して遊んだの?」「もうええやん」っで終わり。ええことないがな。

「パパ、一緒に寝よう」と布団まで連れて行かれたが、本人がどっか行っちゃうし(笑)。どういうこっちゃ。

たまに思い出すのか「海行ったよねー」って、いっしょに海に行ったのは3月だぞ。

最近、こだわってるのが、自転車の空気圧測定(笑)。ま、測定は私がやるのだが。デジタル式のゲージがありまして、数値がデジタル表記。おそらく、デジタル数字好きなら世界トップクラスなので。測定後「ろくてんきゅうよん」とか読んでくれる。以前は「ろく、きゅうじゅうよん」だったが、教えたらちゃんと覚えた。で、その後、電卓もってきて「はいどーぞ!」と見せてくれるのだが、そこには「6.94」と書いてある。なんだか楽しい寝る前のひと時。

おいらレーパン2年生

先日土曜日、翠明湖へ行ったとき、あろうことか股ズレ。どうやら、レーパンのはき方に問題があったようだ。

おそらく、隙間が開いていたはず。
Cocolog_oekaki_2009_09_07_18_17

あ、赤がレーパンね。

こうでなければならない。包み込むのだ。
Cocolog_oekaki_2009_09_07_18_19

ビシッと!

腹が減る

土日に自転車で走り倒した(当社比)ので、今朝はもう足がヘナヘナ。軽いギヤしかまわせないので、ゆっくり目に出勤。

なのに、必要以上に腹が減る。

会社近くで、ついフラフラとコンビニに寄り道して、2回目の朝食を食ってしまった。このままではお金がなくなってしまう。家で倍ほど食っておきたいところだ。

2009.09.06

You gotta GONGEN

昨日の股ズレが中途半端に回復したので、夕方に権現ダム一周。西の坂の頂上付近でフラットバーのおじさんに見つめられてて、がんばりすぎてヘロヘロ。自分のペースで登らなきゃダメー。

湖面に空が映る。

虫が多くて秋を感じた。湖と山と空と夕陽がきれいだった。

2009.09.05

三坂&翠明湖 ぐるっと周ってセンチュリー。

翠明湖。翡翠(ヒスイ)的ミドリはお山の色か?お空の色か?

5時起床、40分出発。加西三坂周って(反時計回り)から翠明湖へ。名前の通り、とてもきれいな湖でしたわ。帰りは175号線で林崎漁港まで。その後、浜の散歩道をのんびりと。

翠明湖の一番奥に立派な鳥居の神社があって、写真撮ってたら、草刈りしていたお父さんに声をかけられて、しばしお話。どこから来たかと問われて明石からと答えると、目を丸くしてはった。いやしかし楽しかった。良いところです。

帰路の175号線は暑さとアップダウンであまり楽しくなかったわ。水分補給だけで1010円使ってしまった。

ちょこちょこ写真を撮ったので、適当にアップ。

遠坂降りきったところ。モニュメントが舞子のと似てる?

舟坂旧道ピーク手前。緑がすばらしいわ。

三坂は遠坂が一番ツライ。降りたところでコーラ補給。ふと見ると、舞子公園の孫文記念館の横にあるゼロのモニュメントとそっくりなのがあった。大きさが違うかな。無関係?

舟坂は道が細くて山深い雰囲気とか、実は斜度がゆるくて楽だとかで大好き。そして、釜坂の上り口にかけての長ーい下りがヒジョーに快適。これだからヤメラレナイ。

釜坂からの下りで、チェーン外れた。アウタートップからついうっかりフロントをインナーに変速した瞬間、リアのトップギヤとフレームエンドにチェーンが挟まった。チェーンが伸びてる&リアのディレイラーの動きが悪いのが原因かもしれんが、なによりリアを先に変速しなきゃならん。

翠明(すいめい)湖には西から登った。自転車注意!

加西から翠明湖へはアップダウンを繰り返しながらダルダルサイクリング。峠3つを余分に越えてるのでちょっと後悔。途中自販機休憩したけど、コーラ押したのに爽健美茶がでてきたりで「カロリーよこせ!」みたいな憤慨もあり。「翠明湖」と看板が出ていないので、ダムへの上り口を通り過ぎてから引き返した。わかりにくいっちゃーわかりにくいね。

翠明湖奥の「天神社(てんじんしゃ)」

話したおじさんによれば「わかりやすけりゃここが荒れるし(笑顔)」とな。歴史的価値のある狛犬が、資料に載った途端に盗まれたとか。海外に売られてしまったのだろうと。金が支配する残念な世の中である。

イカリ。山の中なのでちょっと違和感。

まだもうちょっと写真あるので続く。でも、たいした写真ではないので、いつの日にか。。。

「次のコンビニで休憩」と思うと延々出てこない。

R175からまっすぐ海へ出たところ。100円嬉し!

船。特に意味なし。海沿いが懐かしかった。

後姿(別の船)

後姿(誰?)無事帰宅。8時間遊びっぱなし。

最後、妙な写真でおわってすんません。

2009.09.04

次男幼稚園六十三日目

朝はしっかり起きていた、と思ったらやはり二度寝。

幼稚園で簡単な身体測定が合ったらしい。夏休み中に体重が0.5kg減って身長が伸びていたとか。なるべくお買い物などで歩かせていて食生活も気をつけてという生活がよかったみたい。本人はめっちゃ嫌がっていたが。嫁が先生にほめられたとな。ま、嫁の自転車を怖がって自転車に乗らなくなったから運動ができたわけだがね。ま、結果オーライですわいな。

寝る前「明日はおやすみー?幼稚園はお休み?おしごとお休み?」。明日はばーちゃんちへ行くのだとか。ばーちゃんちでDVDをかけてもらってプレイヤーのデジタル数字を眺めるのが好き。DVDはなんでもいいかって言うとそうではなくて銘柄は指定される。複雑。

翠明湖に行ってみるとか言ってみる。

権現経由で、一周して175号線で帰ってきたら120kmくらいかな?オプションで、加西三坂も上ったり降りたりするとセンチュリーライド。ふむふむ。となると、お昼は満久のコンビニか。しかし175号線はあまり知らないから迷った挙句に200kmとか、笑える。

ま、予定は未定。朝起きてどうするか決定(=今夜の飲酒量による)。一回エヅク程度なら、レッツ翠明湖!

泣かんといてよ

8月の上旬から、後ろのブレーキが鳴き始めてて、パッドはトーイン調整できるものではなかったので、この際ちゃんとしたのを買っておこうと。

ULTEGRA BR-6700 ROAD BRAKE SHOE SET。長い!

あ○ひのネット店で格安で購入。ゴムに毛が生えたような値段。「ほんとにセット?」とお店に問い合わせたりして(笑)。「確かにセットです!」と判明して、あわてて前後用に2セット購入。しかし届くまでヒジョーに心配でした。

とりあえず、後ろを交換してみた。トーイン完璧。

今朝の通勤。泣きは変わらず。ワタシも泣きたい。安かったからいいけど。。。

2009.09.03

次男幼稚園六十二日目

楽しく通園しているそうだが、何にも教えてくれんな。嫁が「あれ、パパに教えてあげてよ~」と促してもダメ。なんか楽しい事あったらしいのだが。。。なんやろか。嫁に聞くのも忘れてた。

通販で自転車用品購入。たまたまマンションの下で運送会社の人に声をかけられて、受け取ったらしいが、家まで次男が持ってあがってくれたらしい。寝る前、急に思い出して箱を手渡ししてくれた。ありがとう。

混ぜるな危険

夏が始まる前、ミネラルウォーターの消費量が家計を圧迫するので「自転車の水筒には麦茶を入れよ!」と指示をいただいた。ただの水より飲みやすくていい感じだったのですが、ボトル内部が、かなり渋~い色に。。。(写真は自粛)

色素沈着にも程があるから、塩素系漂白剤で漂白してみたら真っ白け。

見た目にきれいなんだけど、匂いがプール。体に悪そう。

2009.09.02

次男幼稚園六十一日目

朝、6時にぱっと起きた。「やるねぇー」と感心してたら、二度寝してた。

幼稚園のことは聞いても教えてくれない。夜は紙粘土で何か作っていた。それが何なのかも教えてくれない。

幼稚園へ通う道の途中に嫁の実家がある。休日は「ばーちゃんち行く!」とよく言いますが、幼稚園の帰り道にはなぜだか立ち寄らないのだそうだ。彼なりの何かの基準があるのかも。

明石海峡大橋の夜なのだ。

長男の膝のサポーターを買うべく会社を定時でダッシュで脱出!

いつもより早めに垂水の駐輪場についたが、とんでもなく美しい空に「惚れてまうやろー!」で我を忘れて写真撮りまくり。垂水では「もうちょっと早かったらでっかい夕陽が見えてたんよー」と見ず知らずのおねいさんに話しかけられたりしてなかなか楽しい夜でしたわー。

垂水の駐輪場裏で道草。

舞子で寄り道。

どういうことであんな色になるのか不思議。

舞子サイコー!最高の最高。

これは江井ヶ島から振り返って撮影。これもあり。アリアリの在り。

サポーターは何とか入手。しっかし足太いのー>長男。普段何食ってんだろう?

2009.09.01

次男幼稚園六十日目

今日から二学期。だらけた生活態度を戻すのが大変かと思いきや、なかなか自然に登園したようで、園長先生のお話もおとなしく聞けましたよと担任の先生がおっしゃられていたそうで、よかった。

「今、何をしておかなければならないのか」はそれなりにわかっているようだと嫁。最近の次男を見て、確かに自分もそう思う。

単語の間違いもあるけれど、それより、人称の違いや文法的な間違いが多い。自分がお茶を飲みたいときに、「お茶を入れてあげて」とか。今から外出しようとするときに「おうちに居たかった」といった具合。おそらく聴いた言葉を覚えてて、似たような状況で言葉として出している。以前は他人事のように話していたけど、それなりにボキャブラリも増えてきたようで、多少、感情が入ってきているように思う。

間違いは、訂正してあげると、その場ではちゃんと言い直している。こうやって少しずつでも覚えていくんだろうなぁ。ただ、習得能力が人より遅いようだ。

9月は乗り乗りで

自転車通勤の距離を伸ばしてから、休日に「自転車に乗ろう!」って気にならなかったのは予想外。

しかし、先日の権現ダムで、木陰とか鳥の声とかツクツクホーシとかの「なんともいえない良い気持ち」を思い出したから、9月はちょっくら乗ってこーかと考え中。

ただ、距離が伸びると比例して時間もかかるわけで、うまく時間を作って行きたいが、なかなかうまくいかないのも世の常だったりしてまいったまいった。とりあえず通勤込みで月間1000kmをコンスタントにってところかな。

向日葵の咲かない夏

平積みにされてたので購入。いわゆるミステリーといわれる分野には疎い。非常に読みやすい印象。電車の友として5日間で読了。

子供の頃は「アニミズム」に近い感覚を持っていたように思う。だから、動物としゃべったり、生まれ変わったりという一種異様な雰囲気も自然に受け入れられた。ミステリーというか、ホラー&ファンタジーというか、そういう雰囲気。ホラーの部分はたいしたことは無いけど。

中盤以降、これでもかというくらい「なるほど!そういうことだったのか」が頻発する。最初から徐々に少しずつ溜まっていた、とりたてて読み進むのに障害の無い「もやもや」が、あれよあれよと解けちゃって、非常に心地よかった。


« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ