« 次男幼稚園六十四日目 | トップページ | 次男幼稚園六十五日目 »

2009.09.08

オーデュボンの祈り

オーデュボンの祈り (新潮文庫) ― 伊坂幸太郎

「この島に欠けている物が何か?」が判明する下りでは、なんでか鳥肌が立ったわ。最後の数ページの本流に向かう、多くの支流が並行している印象。冒頭部分が読みにくいんですよね、展開が読めないからかな。途中から加速しますね。で最後のオチ(?)で大きく納得してすっきりってパターン。これが著者の得意技なのかな?

しばらく伊坂幸太郎作品を読み漁るつもり。なんと年下だとはしらなかった。関係ないけど、おっちゃんもがんばりたい。いろんなことに。小説は書かないけど。


« 次男幼稚園六十四日目 | トップページ | 次男幼稚園六十五日目 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーデュボンの祈り:

« 次男幼稚園六十四日目 | トップページ | 次男幼稚園六十五日目 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント