« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の66件の記事

2009.10.31

10月の自転車

Dst 1033.72km、Tm 41:25'49、Av 24.95km/h

走行距離が993kmで迎えた最終日。午後に舞子までぶらぶら。ジーパン&カットソーで観光モード。暑かったけど、写真を落ち着いて撮れたので、○。

楽しそうなお二人。景色とか関係ないですな。

ライトは不要だった。

海上保安庁の船かな?

孫文記念館

すすきを撮りたかったが、もっと「ぐいっ」と迫るべき。

二見の人口島(東新島)

11月はすすきをやっつけてから紅葉GETを考えるか。当然ながらノリノリで。

ドレスミーアップアズアサラリーマン

お安いからってワイシャツ5着セットを買ったのだが、おせっかいなことにそれぞれ襟の形が違ってた。

マスクは無関係だよ御免なさいね。

その中の一着。この「タブカラー(というのだそうな)」には普通のおっさんサラリーマンとして、抵抗ありあり。しかし、お洗濯サイクルの関係上、着ざるを得ない時が来る。

仕方がない。着るしかない。気が進まんけど着るしかねぇ。オラこんなムラぁいやだぁ~。
ホンマ普通でええんですよ。普通のおっさんには普通の襟。。。とか言ってても埒があかんので、着た。一日過ごした。。。結果、、、

「だれもワタシの襟元なんて気にしてない」ってことがよくわかった。

少し自由になった気分。開放された感じ。

2009.10.30

次男幼稚園九十七日目

かき忘れ。。。早めに帰ったはずなのだが。。。なんもおぼえとらん。。。

オーラ

今朝は、なんとなくお花の写真を撮りたいなと、あっちをうろうろ、こっちで立ち止まり、、、結果、面白味に欠ける写真を大量生産する破目に。

なんとか1枚可愛らしいのが撮れた。

傷心を癒すため、ちょっとルートを変えてみた。

ま、そんなことしてるから遅くなるわけです。時間が気になる。。。

2号線をフル回転で巡航中にびっくり。自分的には必死に走ってるのだが、左後方から「すーっ」とサイクリストが現れて、真横で「こんちわー」と笑顔。そして、信じられない加速度で、「ずいっ!」と前へ。。。わぁびっくり。

思わず、「うわ!すっげぇー」って声をあげてしまったよ。

いやはや、この歳で、目を丸くして口をぽっかり開けて、「すっげぇー」とは、そうそう言えるものでは無い。バカ丸出し。かなりお恥ずかしい。

しばらくお話しながら後ろにつかせてもらったが、スピードが上がると付いてくのがやっと。レースも走られているそうで、朝練の帰りだとか。いやホント別世界に紛れ込んだ気がしましたよ。

おそらくワタシより少し御年配だと思う。さわやかな笑顔とスパルタンな動き。スポーツマンシップとアスリートのオーラが満載。

わずか数分だったけどとっても楽しかったです。何か心に残るものがあったなー。オーラが感染したのかも。。。

2009.10.29

次男幼稚園九十六日目

須磨の水族園にいってきたらしいのだが、何も話してくれない。

嫁によると、年長さんの先生が「「楽しかったねー」と話しかけてくれたんですよー」と教えてくれたらしい。そうか、楽しかったのか。なら、親にもそういえばいいのにな。。。

帰宅時、妙な替え歌歌ってた。歌詞を勝手に作って歌うのは、かなり上手。うちの家には、音源は無いのだが、数々の伝説がある。かなり笑える替え歌。この子、言葉を音楽のように、いいリズムで歌うのだ。しゃべっている内容は意味不明だったりするが、リズムがいい。

一応、言語障害だと思うが、言葉に関する感覚は秀でているような気がしたり。

視点

少し意識的に視点をずらしたり、別の場所から眺めてみれば、いつもの風景が別のものに見えたり、新たな発見があったりして、、、

穴が開いてるとは。目的はなんだろーか?

意外によい場所なのかも?

モーレツにヤヤコシクて邪魔くさい問題に対処していて、押してもだめ、引いてもダメ、にっちもさっちも行かない状況であっても、そんな風に視点をうまく変えてみれば、たとえ降りかかる火の粉を払いのけられなくとも、少しは気楽に過ごせるのかもしれないなー
― などと今朝、思った。

が、えてして、すぐに忘れがち。

2009.10.28

次男幼稚園九十五日目

帰宅時に「ギョーザ作ってね」としゃべっている。嫁に聞くと、本日珍しく昼寝をして時間の感覚がなくなっているらしい。

一生懸命ゲームをしている状態で話しかけても、まったく答えてくれないが、それでもテレビなどを気にしているときがあるので、そんなときを見計らって、彼が見ているであろう事に関しての話題を振ると、なかなか、しっかりと答えを返してくれるものだ。

明日は須磨の水族園へバスで行くらしい。とてつもなく楽しみにしているので、明日はお魚の絵を描いてねとお願いしておいた。

なんせ、家族全員水族園好きなので、興味津々である。次男君は責任重大である。

チルドレン

チルドレン (講談社文庫) ― 伊坂幸太郎

全体的に深い謎ではなくて、日常的な軽い「ん?もしかして?」であって軽妙。で、解かれた謎が、実際にどうだったかまでは検証されていないが、「そんなのどうでもいいじゃないか」と思えるんだな。陣内、永瀬、鴨居の3人を中心にした短編が、時系列を、あえて(?)前後させてまとめられてるが、特に混乱はない。やはり、陣内のキャラが立っているけど、永瀬もなかなかいいぞ。

伊坂幸太郎さんの作品には、たいていの場合、障害者の姿がまともに描かれているように思う。変に美化することもなく卑屈に描くわけでなく、まともに描かれている。ワタシはこれに好感を覚える。今回の永瀬は、準主役級だったように思う。

今朝の満員電車。少々大きな声でなにやらつぶやいていた、おそらく知的障害者がいた。しかし、乗車時に無言で背中を小突いてくるハゲオヤジのほうがよほど迷惑だったぞ。正面きって文句を言うと、なにやらぶつぶつとつぶやいていた。あんな卑怯なハゲオヤジにはなりたくない。

↓こちらDVD

マスク

昨日から少し喉の奥が痛かった。咳は出ないが乾燥した空気が良くないようで、呼吸のたびに粘膜ハゲハゲ。今朝から保湿の為、マスク装着。

ジャバ・ザ・ハット?遮光器土偶?、、、いや、左門豊作だ!

ヒゲと鼻毛がよく育つような気がする。毛穴も開く感じでがんばる。

2009.10.27

次男幼稚園九十四日目

お菓子を食べ過ぎて、晩御飯のオムライスを食べていなかったが、寝る前になって「おなかすいたー」と完食。だから太るんだよ。

古いゲームボーイのゲームでアンパンマンの「五つの塔の王様」というゲームがあるのだが、次男はそれをしたかったらしく、探してくれと来た。ただ、「あんぱんまんのごつ、さがしてぇー」と言うので、「ごつ」って何や?と困った。途中で気づいて「いつつ」と教えたけど、何回も教えないといかんのだろうな。

飯の時間が遅くなったからか、寝るのも遅い。11時前に気がついたら寝ていた。

カーボンコピー

先週末、飲み会があったらしい。ワタシは幹事殿からのお誘いメールを見落としていて、さっさと帰って無断欠席。失礼つかまつった。今朝「なんで来なかった?」と聞かれて判明。メールを開封した形跡はあったが、CCだったので読み飛ばしたみたいだ。

ワタシは招待選手扱いだったようだが、しかし、それでもCCでのお誘いはおかしくない?それに直前まで面と向かって話をしているのに、全く話題にのぼらなかったのもなんだか変だ。

これも、現代社会のコミュニケーションに関する問題が浮き彫りになる事件ともいえるわけで、メール依存やネットの匿名性など、激動の21世紀を生きる現代人はこの後どの方向へ歩いていくのだろうか!とか、そういうややこしい話ではなくて、メールはちゃんと読みましょうということだ。

昨日の雨の割には淡路島がかすんでた。

波が高めだったけどサーファーの姿は無かった。そういう日もあるんだな。風が弱かったからだろうか?

2009.10.26

次男幼稚園九十三日目

ちょっと風邪気味なので朝のうちに病院へ行ってから幼稚園へ。

10月のお誕生日会があったそうで、いつも楽しみにしている。歌を歌ったそうだが、しかし、全然お話してくれない。

それと、トイレの前のスリッパが乱れていたので「ちゃんとしなきゃ」なんてつぶやいてきれいにそろえたのだとかで、先生に褒められたらしい。自閉症特有の順序などにこだわる特性が良い方向へ出たケースなのだろう。自宅でも十分に褒めてあげたが、現場でなければ意味は無いのでしょうね。でも褒められずにはいられないわ。

病院の待合室では、しくしく泣いて「ちゃんとおうちに帰れる?」と聞くのだそうだ。以前はパニック状態だったが、それは、先生の前だけ。少し「恥ずかしい」という感情が出てきたのかな。それとも、病院に慣れてきたのか。診察の後の吸入は大好きなのでニコニコ。事情を知らないと、ややこしいわなー。

通行と走行

朝霧~舞子間の2号線でシティサイクルにぶっちぎられそうになったローディは、何を隠そうこのワタシだ!

明石方面は久しぶりの雨。そして、すこし向かい風だったから、ゆっくり目に走ってた。いつもの通り、朝霧駅の南で2号線に出たのだが、対向車線側の歩道をスーツ姿のお兄さんがシティサイクルで「ズバババーン!」と走ってた。いや「飛んでた」に近い印象。

速度も漕ぐ姿もインパクトありすぎ。少し滑稽でもある。

車線が違う(ワタシは車道)ので交錯することないし、気楽に半笑いで後を追ってみるが、なかなか追いつかんがな。おいおい、何のために派手なホイールに横幅23mmのタイヤを履かせて、曲がったハンドルの自転車に乗っているのだ?と太ももあたりに嫌味を言ってみたが、まるで効果なし。

ちょっと本気モードになって、なんとか追いついて、しばらく並走してみたが、速度は35km/h超えてる。どういう自転車なのか気になったが詳細不明。ケイデンスから考えて多段化されているのは確かでしょうな。しかし、あれだけ早いなら、車道側を走ったほうがより快適だと思うのだが。。。

ここで、豆知識(そうでもないけど)。日本では自転車は歩道を「通行して良い」が「走行してはいけない」のよ。わかるかな?つまり徐行が必要なのだよお兄さん。

2009.10.24

生野銀山湖

朝早く出るつもりだったが、なんだかんだで9時前の出発。加古川から2号線で姫路へでて、312号線を北上。その後、生野峠までほとんど登り?上り坂のピークはわかるんだけど、その後下っていないような気がする。これ、ストレスがたまりますね。久しぶりの距離だったのもあいまって、銀山湖到着時点で「もお勘弁して~」な状態。「あわよくば青垣峠を越えて」と思っていたけど、それはまたの機会に。

帰りは追い風で調子良かった。福崎から県道23号線で加西を回って加古川へ。夕方5時前に帰宅。ウィンドブレーカーを持つべきだったかな。

2009.10.23

次男幼稚園九十二日目

明日、明後日のお祭りで「わたあめ」を買うんだと興奮。炊きつけたのはおじいちゃんかな?出店が出るのは本宮の日曜日なので一日落ち着いていてもらおう。

ノルマで乗らない

「月1000kmは最低限のノルマみたいなもん」などと軽口を叩いたが、10月は通勤以外でほとんど乗っていなくて、月末近くで、あわてているのはどこのドイツだワタシだよ。

いつもの通勤路。朝はまぶしい。

ま、ノルマとかそういうのは無しで。週末は秋の空気を楽しみ隊。

2009.10.22

次男幼稚園九十一日目

今日は別の幼稚園へ行く日。昨夜から、とても楽しみにしていて、起きたら「さぁ行こか」と(笑)

絵描き歌でバス、犬、りんご等の絵を上手に書いて持って帰ってきた。

この子、言語による指示などが理解しにくいらしく、かなり視覚に頼っているらしい。ビジュアル系だな(笑)。この特性を理解したうえでの関わりが大切なようだ。

前から約束していたマクドナルドへ寄ってゴキゲン。アンパンマンを見ながら、紙粘土でアンパンマンを作っていた。

ビジュアル系(笑)

重力ピエロ

重力ピエロ (新潮文庫) - 伊坂幸太郎

登場人物が多くないからか、すっきりしてる印象。

伊坂幸太郎さんて、複雑に張り巡らされる伏線が特徴だと思うが、この本についてはかなりシンプルだと思う。

放火、グラフィティアートの謎については半分くらい読んだ時点で気がついたかな。「あっと驚く謎解き」を魅せる本ではなく、「罪」とか「罰」とか「生」とか「死」について自然に考えさせられる内容。だから、あえて、かなり易しいヒントを出してくれてるのだろう。

読後感は非常にさわやか。でも、扱われているのはそれなりに深刻なテーマ。

↓こちらDVD。

こちら、映画のphoto bookとやら。いろいろあるんだなぁ。

タイヤ

今朝は、なかなかタイヤだらけであった。

2009.10.21

威風堂々、半袖Tシャツ

そろそろ通勤時間帯の風景が輝きはじめる。娘の修学旅行の件もあったから、少し早めに家を出て、久しぶりにビシバシと写真を撮る。

今朝は急に冷え込んで、10℃くらい。冬装備でも少し寒い。どうにもレーパン姿での写真撮影は落ち着かない。カメラが一眼レフなら、さまになるだろうか?関係ないか。関係ないね。多分おそらく絶対に、関係ない。

さぁて、ここから、自転車で15kmくらい走って、いつもより早く駐輪場に到着。いつものことだが、自転車衣装から電車衣装に着替える。長袖ジャージを脱いて、バックパックから長袖のカットソーを出し。。。長袖を。。。ん?

なんで半袖Tシャツ?なんで、グレーの長袖カットソー(by ユニクロ 2008)が入ってないの?

仕方なく、インナーの半袖速乾Tの上に、当たり前のように、半袖綿Tを重ね着。悪いか?全然悪くない。良くもないけど。。。

電車の中で、一人だけ半袖だからって、恥ずかしがっては負けである。周囲の人に「あれ?」と思わせてはならないのだよ。「暑くて仕方がない」とばかりに汗を拭く。

次男幼稚園九十日目

幼稚園で掃除機の吸い込み口を作って持って帰ってきた。材料は牛乳パックとトイレットペーパーの芯。帰ってくるなり、「ママ!ボクがお掃除するからね!」と高らかに宣言したらしい。

お掃除する前に、まずは、おもちゃをお片付け。。。ね。

まだ、幼稚園の年少だけど、障害者向けの特別な小学校の下見に嫁が行ってきたらしい。兄ちゃん姉ちゃんが通った地元の小学校にいけるのが一番良いとは思うが、いろんなケースを想定して、可能性は広げておいた方が良い。親の勉強にもなるから。なにより、この子がストレス無く生活できることが大切。

なにかが上手に出来た場合に、褒めてあげるのは大切だが、さらに高い目標を示して「さぁ、やってみなさい」というのは避けるべきだとアドバイスを受けてきたらしい。あくまで、次の目標は本人の自発的な興味によって、自分で設定されるべきだということ。親も勉強しなくてはならない。

時間はいろんなものを巻き込みながら流れているのよ

朝5時半に自宅から「あさっての方角」を眺める。

右上のは土星かな?金星もほぼ同じ位置にあるはずなのだが。

今日から娘が修学旅行。えらい朝早く学校に集結せねばならず、安全のため、親が送っていくことに。5時起きで小学校まで適当な会話とともに送っていくも、途中でお友達二人に出くわすと、「もう、ここでええし、、、」と中途半端な言葉を残し、三人でキャッキャ言いながら行ってしまった。「オヤジ早朝取り残される」の巻、終了~。

23日の朝まで、オリオン座流星群が見頃とやらで、昨夜も今朝も、お空を眺めてみたけれど、ぜーんぜん見えへんし。

しかし、どれほど流れ星を見ていないだろうかと考えた。実家では、流星群なんて知らなくても、適当に空を見上げれば日常的に見えていた気がするが、どうだったかな。

昨夜テレビで、昭和と平成の歌のランキング番組が放映されていて、自宅はさながらワンフレーズメドレー専門カラオケボックスと化したのだが、「え?この歌も平成なの?」と不思議な感覚に埋没する。そして、「既に昭和よりも平成を長く生きている」ことに気づいてしまった(現在40歳ですからね)。

うすうす感づいてはいたが、どこかで漠然と「平成なんてつい最近生まれた赤ん坊」と思っていたから、意味なくショック。そっかー、あの頃生まれた赤ん坊は、そろそろ酒もタバコもやっていいわけか。なんだかわからんが、そりゃ大変だな、おい。

よく考えれば何の疑いもないことで、取り立てて意味のあることでもなさそうだから、まーええか。

時の流れに身をまかせるつもりで、遠い目をしてみたが、やはり流れ星は見えなかった。街が明るいのか、それとも視力の衰えか。

2009.10.20

次男幼稚園八十九日目

お風呂にはママと入りたかったようだが、明日からお姉ちゃんが修学旅行なので、ママは忙しいから無理なのだ。

お兄ちゃんが塾から帰ってきて、無理に一緒に入らされた。そして、お風呂上りはパパに拭いてもらう。どうも納得できない様子。

まー、我慢しろ。男にはそんな日もあるさ。

お風呂までは、延々紙粘土で遊んでいたが、風呂上りは、オリオン座流星群を見ようと努力。ニコニコしながら空を眺めるだけだが。なかなかいいもんだ。

一線を越えるな

朝の気温が20℃とちょっと高め。気温のことしか考えていなくて半袖半パンで自宅を出た。その瞬間、「びょぉーぉーおおー」と風が強いことに気づいた。が、そのまま出勤。だって時間が。最初は少し肌寒いと感じたが、追い風だったのでとても快適。

風が強いと、、、

波もそれなり。

交差点の停止線からかなり前に出て信号待ちするバイクや自転車が多いな。今朝もかなり目にしたぞ。

確かに二輪車用の停止線が四輪用より前にある交差点もあるが、通常はそうじゃない。

中には、横断歩道を越えて、二段階右折用のボックスで信号待ちしてるバイクとか。これなんて、信号無視とほとんど一緒。

ちゃんと停止線で止まっていなければ、右側からトレーラーやバスなどの、ホイールベースの長い車両が左折する場合(つまりこちら側に曲がってくる場合)に邪魔になる。

ホイールベースの長い車両は、ある程度対向車線側にはみ出さなくては曲がれないのだ。だから停止線の位置が手前へ下げられているのだよ。

ルールには意味があるので、それを理解せなあかんよ。勝手な拡大解釈はダメだわよ。

2009.10.19

理屈・屁理屈

先日チェーンを交換してから、チェーンホイールから発するチリチリ音が気になるキニナル。

右クランクが1時の方向で「チリチリ」っと鳴る。

3%近くのび太伸びたチェーンでチェーンホイールを磨耗させてしまったのかな。。。

てことは、、、そのうちチェーンが伸びれば、異音がなくなるってことですな。

次男幼稚園八十八日目

朝、鼻血を出して鳴きながら起きて機嫌が悪い。珍しく、幼稚園に行くのに自転車に乗りたいと言い出す始末。帰りも自転車に乗って帰ってきたようだ。

鼻血はたいしたことなく、先日からの風邪も完治した。

年相応かそれよか弱い

昨日、実に300日ぶりに、Wii Fitやったら、体年齢が32才と出た。-8歳でんな。あんまり若いのも気色悪いし「これくらいがちょうどええとこ」とニヤリ。

その後、Wii Fitのジョギング(島一周)をやったら、今朝、右股関節外側に痛み。筋肉痛ではないが、筋力不足のようでござる。

32才でそれはないだろう。

2009.10.18

ウィー、やっとつながる

先日、「ニンテンドーWi-FiUSBコネクタ」を使って、PC経由でなんとかWiiをインターネットに接続できて、やっとのことで、本体を更新できたのだが、依然として直接無線LANルーターでは接続できていなかった。

接続するときいちいちPCの電源を入れなければならず億劫。今朝、意を決して、無線LANルーターを初期状態に戻し、ファームを最新に更新。すると、なんとAOSSで簡単につながった。期待した通りの快挙でもあったが、あまりにもあっけなくて、逆に愕然。

ルーターが妙な設定になっていたのか、ファームが古かったせいか、それとも、Wii本体の更新による影響なのか。。。結局、なにが原因だったのかは不明のまま。

まー、安定してつながっているので、仕事じゃないし、理由なんてどうだっていい。とにかく、これで世界が広がった感がある。

2009.10.17

ドキドキ健康診断

健康診断当日である。いつもと同じ時間に起きたが、通常、大きいのも、小さいのも、出して流すだけのところ、今朝はサンプリングの手間がかかるのだ。だから、流す手間をオミットしようとするが、出勤後の自宅トイレで繰り広げられる阿鼻叫喚・地獄絵図を想像して、ちゃんと流しました。あ、それから、拭く手間も惜しんでいませんのでご心配なく。

そんなこんなで、いつもより15分遅れて自転車にまたがる。「浜の散歩道」は、さながら中高年のウォーキングパラダイス。彼らはニコニコと歩いているが、ワタシはなかなかの強い向かい風に、しぼり出されるように汗をかく。

健康診断前に激しい運動はご法度だが、その定義は「息が切れるほどの運動」だそうで、ならば普段どおりの自転車通勤でOKじゃないかっ!と勝手な判断をしたわけだ。しかし、朝一の水分補給ができない上に、出すもん出して、汗までかいてというのは、非常につらいぞ、かなりなダメージ。

一夜干しの生渇き状態で受診。結果、血圧が148と異様に高くてびっくり。これは汗をかいたせいだろうか。抜かれる血の勢いなんて、そらぁもうすごいのだ。飛んでけーみたいな。

2009.10.16

健康診断前夜祭

明日は健康診断。飲み食いリミットの21時直前、どーしても淡麗グリーンラベルが飲みたくなった。ナニが何でも飲まなくてはならない。自販機へ急げ!あー、これでγ-GPTGTPは元の木阿弥水の泡。

ところで、柿の種には、ウソでもいいから、ピーナッツが必要だ。気休めでいいから。

次男幼稚園八十七日目

「明日お休み?」と聞いてきたけど、明日、(自分の)健康診断なので、お父ちゃんは休みではないのだ。はよ飯食ってはよビール飲んで寝る。

疑心暗鬼

表面はパサパサに乾いてるが、中はかなり粘着質ってなぁーんだ。答えは「うちの会社」。知ってるつもりだったが、想像以上にねばっちょい。ネバネバだわねーネバダ州(←意味なし&回文でもない)

会社の中でのワタシは話しかけにくいのだそうだ。いつも怖い顔しているらしい。かなり前によくいわれた。だから、ワタシが伝えた内容に疑問があっても、直接質問できないのだそうだ。それは困るがワタシが悪いの?。業務上聞かなくてはならないことは聞かなくちゃ。だいたい、怒ってるわけじゃないし。

一番ダメージを受けたのは、普通に何かを伝えたつもりでいると、数日後に上司から呼び出されて、「あの件だが、(誰とは特定せず)みんな○○だと言っていますよ。」と半ば説教されるってこと。なんだそりゃ?だ。まいったね。そんなのありかよ。

そんな風に、名前を伏せられて、あいまいに伝えられるものだから、最近は、「もしや全員が裏であれこれ言ってるの?」と疑心暗鬼に苛(さいな)まれてる。実際には、特定の数名だろうと思うのだが。アタマではそう思ってるが、それすら信用できない。

ギシンアンキの「のび太」。千葉県知事じゃないぞ。
Cocolog_oekaki_2009_10_16_12_44
てんとう虫コミックス「ドラえもん」第9巻より

どうにも、気分が優れず、常にブレーキを握ってペダルを回しているような気分。こりゃまたハゲるな。いやしかし、ホント、今回はなかなか深刻だ。

自転車横断帯

毎日自転車に乗るようになって、歩いてるときも、敢えて自転車横断帯を通行してしまう。自転車ではあまり通らないのに。

2009.10.15

次男幼稚園八十六日目(明石公園へ遠足)

どんぐりを拾ってきたらしい。特に先生は何も言わなかったので、おそらく妙な迷惑をかけるような事態にはならず、ちゃんと行けたのだろう。年長さんに手をつないでもらって歩いたのだとか。

楽しい遠足だったようだけど、帰り道はかなりぐずったのだとか。疲れていたんだろう。

どうも、このところ介助の先生が不在らしく、こちらに何の連絡もないってのが気になる。

入園以来、先生方のおかげで、何でも上手にできるようになってきたが、介助の先生が不在となってから、状態が少し元に戻っているような様子が見受けられるらしい。家のトイレと同じ形式の女子トイレに行くとか、そんな他愛もないことともいえるけど、せめて連絡は欲しいな。以前も先生が変わったことがあったが連絡はなかったらしい。突発事象に弱いのでお願いしたい。

明日、幼稚園の集まりがあるのでお願いしてくるようだ。

絶望からの脱出

今朝の日経の春秋を読んで、心揺さぶられる。昨夜、家族で話したことと、ある程度関連する話だったから。

概要は「5年前、難病に苦しむ40歳の息子の人工呼吸器を母親が外し殺害。息子はその直前、視線で文字盤をなぞり「ありがとう」と母に伝えたらしい。母も後を追おうとするも父親に助けられる。母は嘱託殺人罪の罪に問われ、執行猶予中の5年後、命を救った父親が、日ごろから「死にたい」と漏らしていた母親の命を奪い自首した。生きたいと思えるのが正常な世の中でなければならない。」とそんな感じ

母親と息子さんは既に亡くなられているが、3人それぞれの気持が、理解できないわけではない。自分の勝手な思い込みかもしれないが深く同情しているというか。

うちの5歳になる次男は、アスペルガー症候群、もしくはもうひとつ大きな括りで言うところの、広汎性発達障害の疑いがある。「疑い」といっても、コミュニケーション上の何らかの障害を持っていることは明らかだ。程度はおそらく軽度。生命に直接危険が迫っているわけではないから、当然、上記の事件とは深刻さの度合いが違う。

昨夜の我が家での話の内容は、まー酒飲みながらのグダグダ話の類であるが、「将来この子が大きくなって、ある程度の制限はあれど、できる限り自立して生活できるように可能な限り支援しよう」という認識の確認。「自分たち(親)が死んだ後、この子はどうなるのだろうか」という絶望感からの、脱出である。上記の事件とは対極にある話だが、だからこそ似ているのだと思った。

2009.10.14

次男幼稚園八十五日目

嫁が中学校のPTAの用事で夕方からいないので、ワタシは午後半休。自宅ではいろんな色の紙粘土で遊んでいた。ハム太郎の指人形たちにベッドを作ってあげるのだそうだ。あと、ピンク色のケーキも作っていたな。あまりケーキには見えないけど。

明日は幼稚園から遠足。明石公園まで行くらしい。日常と違う状況に戸惑わないかちょっと心配。

しまったしまった午後半休

昨日、指が冷たかったので、今日は冬用グローブを使ってみた。しかし、当たり前だが、まだ早い。暑すぎて困ることはないが、少し内側が汗でしっとりしている。普段意識してないけど、手って汗かくのね。ちゃんと乾くか心配だ。

ここで重要なことを思い出したのだ。「今日は、おうちの用事で午後半休」。嗚呼、すっかり忘れてた。

真昼間に自転車に乗って帰るわけだ。冬用グローブして。なんか間抜けですよ。

笑顔でガン見

垂水に到着して、歩行者信号待ちで、若いカップルの男性に自転車をグイグイと見つめられて、ちょっとうろたえてしまった。

視線の先は後輪かクランク付近。至近距離から、中性的で柔らかな表情。そして無言の笑顔。アルカイック・スマイルってこんな感じか。しかし眼には力が込められている。その視線と微笑みが、嘲笑なのか羨望なのか、全く判断がつかない。

場が持たないので思わず「こんちわ」なんて挨拶した。しかし、敵は手ごわい。無言の笑顔で会釈を返され、さらに見つめるお兄さん。まいったなー会話が続かん。

こんなときに、気の利いた一言を発せない自分が残念だ。さわやかな朝に自己嫌悪。こましな小話が必要。明日はがんばる!

2009.10.13

ラッシュライフ

ラッシュライフ (新潮文庫) 伊坂幸太郎

複数の互いに関連の無い人の姿が並行して描かれる。それぞれがそれなりに厄介な問題を抱えていて、且つかなり病んでる。どうにかしようと、非日常の世界に入っていくが、ほとんどがどうにもならなくて、さらに病んでいく。登場人物はほとんどが犯罪を犯している。それもかなり凶悪。

まー、どんな人でも、ある程度厄介な問題は抱えているし、精神的に弱い部分やちょっと変わった面を持っているものだから、それをかなり大げさに描けばこの小説のようになるのかも。

当初、登場人物はバラバラに動いている。しかし、読者には、徐々にお互いが、どこかで、何らかの形で、関連していたことがわかりはじめる。しかし、すれ違ったり、直交したりという程度で、「実はつながっていたんだね」という以上の深い意味は無さそう。つながりに気づいた時点で、「なるほどー」な喜びはあるが、話の内容が少し重く暗く陰気な感じですから、読み終わって「あー楽しかった」とは思わない。「からっと明るい物語」の対極だなこれは。

全体的な印象は、著者の独特の雰囲気ともいえるけど、話が突飛で深みが足りないような気もします。。。回り舞台を区切って、それぞれの区画で、セットも灰色の人形劇が淡々と進んでいるような感じだ。観客に見えていない部分はセットが作られてもいないって感じ。終始、非現実感、うそ臭さが漂っている。悪い意味ではなく。。。

あと、かの老犬が「ソフトバンクのお父さん」の老後っぽいなと思った。まー、ただそう思っただけだから「怖れるな」

こちらDVD

充実の三連休

今朝は寒かった。薄手の長袖ジャージでは走り始めが少し肌寒い。指きりグローブでは指先が冷たかったが、冬用のグローブをするほどでもなさそう。難しいところ。今朝6時の明石の気温が12.6℃だったそうな。急に寒くなった?

三連休はほとんど自転車に乗っていないが、メンテの面では、なかなか充実。おかげで今朝はゆったりまったり楽しみながらの自転車通勤。

新品のチェーンはスムースだし、変速レバーはグリス大量投入によりスチャスチャと軽い。変速調整も完璧だ。チューブも新品だし、フレームはさびてるけどゴミ落としたし。

ペダルがいつもより軽い気がしたが、実際に軽かったのかも。嫁の髪型が変わっても気がつかないが、こと自転車に関しては違いのわかる男であるかも。。。

2009.10.12

シフトワイヤー張替え。

昨日、チェーン張りなおして、変速調整もちゃんとしたはずなのに、ちょっと出かけてパシパシっと変速したら、全然駄目。そのうちリアがトップ側に入らなくなった。

走行時の振動でなんとかトップに入ったが、シフトワイヤーがSTIの内部でキレかけているようで、完全に切れると邪魔くさいから、そのままそーっと走って帰宅。

リアの場合、ワイヤーが切れると、トップ側へ変速するはずだと思っていたが、そう単純でもないようだ。

レバー付近でぶちぶちと切れたワイヤーがばらけて、アウターケーシングに引っかかり、変速機のばねの力だけではワイヤーが動かなくなっていた。

TIAGRAのSTIってワイヤーが切れやすいのだろうか?それとも使い方が悪いのか。前回は2000km弱走って、6月6日にキレた。今回は、それ以来2600kmくらい走ってまたキレた。

とりあえず、STI内部にはスプレー式のグリスを大量投入。結果、レバー操作がスチャスチャっと心地よい。

2009.10.11

チェーンとチューブを交換

チェーンは今年の5月以来、4200km以上走って交換。あきらかに変速性能が落ちてから2ヶ月くらいそのままにしてたから、怖いもの見たさに計ってみたら、3%近く伸びてた。3000kmで交換すべきかな。

チューブもかなり年季が入っていたので前後とも新品に交換(パナR'AIR700x18C~23C)。心なしか分厚い気がして、こちらは重さを量ってみたら、公証66gのところ自宅のハカリで70g。4gは感知できないと思うが、かなり大きな誤差だと思う。

ついでにフレームも掃除。この数週間なかなか雨が多かったので、かなり汚れていた。もともと錆びてて塗装も剥げてたが、ずぼらな飼い主のせいで、新たな傷や汚れも多いようだ。自転車には申し訳ないが、毎日通勤で乗っていると、ちょっとやそっとの汚れで掃除する気にはならない。実用性重視なのである。ちゃんと走れたら、まずそれで、よいのであるよ。

2009.10.10

次男幼稚園八十四日目(運動会)

本人がとっても楽しみにしていた運動会でした。キチンと席に座っていて、周りの人達に(ほとんど)迷惑をかけること無く、素晴らしく良い子で過ごせました。普通ならば当たり前のことでしょうけどね。うちは、こんなことでも涙を流すほど感動できるので、お得です。お友達といっしょに体操したり、かけっこできるだなんて素晴らしい。

新築祝いBBQ

同僚?先輩?の新築祝い。なんと屋上でBBQ。とりあえずキリンのフリー持参で、リクエストもあったのでネタ的に自転車正式衣装で登場してみた。

現場騒然(笑)。写真撮られたり(笑)。初めてお会いする奥様をびびらせてしまったかも。子供たちも「変なおじさんが来た」みたいに、遠巻き。こんなところにも、自転車をとりまく社会環境が垣間見えるとかそんな話ではないか。。。

数年ぶりに会う人や、遥か彼方ロッサンジェルスから一時帰国中の人もいて、久しぶりの「めっちゃ痩せたねー」な話題が新鮮。帽子を脱ぐともっと進化を遂げているが、刺激が強すぎるだろうから自粛。各所で「5年でつるっぱげ」のうわさが立ってるかも。いやーそれほどでは。。。どうだろ。

まー、懐かしいというか、数年前にタイムスリップした感。なかなか楽しいひと時であった。

さて、帰ろうと自転車に乗ると、後輪がパンク。とてもありがちなパターン。大人から子供まで大勢の人に取り囲まれてチューブ交換開始。「お、(タイヤが)簡単に外れた」、「あ、チューブを交換するのね」、「これなに?(タイヤレバーです)」。。。実は地味な作業なので、交換完了時点では人だかりが無くなってた。この辺に、昨今の自転車ブームの問題点が。。。

いわゆる貫通パンクではなく、パッチ跡からのエア漏れでした。さすがにパッチあてまくりのチューブも交換時期ですな。

2009.10.09

風邪ひいて幼稚園をお休み

熱は高くないけど、念のため病院へ。明日は楽しみにしていた運動会。

そのうち馴染む

かなり長い年月を海とともに過ごしてきた手前の消波ブロックがやっと第一線を退いた。

向こうに見えるテトラポッドが、今年の夏、新たに設置されたから。

数ヶ月で下が緑色になっているけど、まだまだ取ってつけたような違和感がある。

感謝の心でプチ禁酒

ここ数年、ほとんど毎日酒を飲んでいる。酒量は徐々に増え、おそらく2年前の倍ほどになってる。

しかし「毎日飲めることへの感謝の心」は一定レベルを保っている。これは酒飲みとしてよろしくない。米やら麦やら葡萄やらが実り、ワタシが自宅でグビっといくまで、そらもう想像を絶する程の人や資源が投入されておるわけで「感謝が酒量に比例せずしてどーするのだ!」とジブンでジブンを叱責したい。

と、まー、こんな自戒の念も込め、ラマダン気分でプチ禁酒。今週は毎日帰宅直前「さ!今日も呑まないぞーっ!」とわけのわからん気合を入れる。

迫りくる健康診断に、「今年こそγ-GPTを正常範囲に下げてやろう」という目論見とか、意気込みとか、悪あがきもあるにはある。

ま、永遠にアルコホルとサヨナラするつもりは無いからご安心を(?)。適量を心がけて、しばらく当社比低アルカホル生活を続けてみるつもり。

週末はBBQのお誘いがあって、お酒に対する態度をどうするべきか考え中。ノンアルコホルビールってのも一度呑んでみたい気もするな。若い頃バービカンを飲んだことがあるが、あれと比べてキリンのフリーとかどうでしょうかね。

2009.10.08

台風18号の影響で幼稚園はお休み。

台風18号の影響で幼稚園はお休み。

ワタシの帰宅時、次男はソファのある部屋で寝ころがっているけど、今日は食卓のそばでニコニコしてた。飯食ってるとゴロゴロして、挙句、「眠たいよー」と早めに寝た。

ちょっと鼻声で、風邪をひいたようだ。

膝にサポーター

最近、ペダルを踏むときに右の膝がちょっと痛む。重いギヤを踏みすぎているのか?気温も関係あるのだろうか?

そんなこんなで昨日から、重いギヤは封印し、左足メインでペダルを回す。しかし、上り坂などトルクが必要な場面では、知らず知らずに右足で踏んでる。

負担をちょっとでも減らしたいので、膝にサポーターを装着してみる。長男が部活で膝を痛めて、あわてて買ってきたら小さすぎて使えなかったものである。私が装着するにはちょうど良い大きさなのに。

サポーターは一日中つけっぱなし。関節が無駄にグラグラしないのでかなりラクダ。しかし、なんだか年取ったなぁという気分。長男のお下がりってのもなんだかなー。

首がもっと長いと、さらにラクダ
Cocolog_oekaki_2009_10_08_12_40

18号の去り際のキワキワ

今朝の明石のドッパーン。

今朝は意外にも昨夜帰宅時の風雨よりマシ。つぶさに状況を確認の上、安全の確証を得たので、いつもより15分遅れて自転車で出発。まー、自己責任は当たり前。判断に自信が無い人は真似しないでね。

途中、赤根川と明石川河口では、でっかい車両が数台エンジンをかけたまま停まっていて、氾濫警戒中だったようですな。波はかなり高くて、林崎松江海岸では、いつものようにウィンドサーフィンの人が楽しそうに声を上げていた。写真撮ってあげればよかった。

終始、雨は弱く、追い風強し。追い風に乗って快適に垂水まで。しかし、台風の後は、道端にいろんな物体が転がってているから注意が必要ですな。

一方、垂水からの電車は、人があふれるホームで20分ほど電車を待って、やっと乗れた普通電車は、隣のオッサンと融合しそうなくらいのババゴミ状態。。。残念だわ。

2009.10.07

次男幼稚園八十三日目

朝、幼稚園に行くとき、ものすごくぶつぶつ言ってたらしい。行ってしまえば楽しく過ごしているらしいが。

雨の中、帰宅すると、非常にご機嫌。歌を歌いながら、オセロ盤とオセロのコマで数字を作っていたみたい。

敷布団をちゃんと広げず、2つ折の状態で寝ると言い張る(笑)。そんなんしてたら、ゴロンと転がるやろうがーっ。ややこしい奴だわ。

佐渡酒造(さどさけぞう)は斉藤 暁(さいとう さとる)さんだろう?

なんで高島礼子さんなのだ?いや、高島さんが悪いわけじゃなくてね。重要なキャラクターだもの。ある意味、古代進より重要かも。斉藤暁さん以外に考えられないのだが、、、どうしたものか。

風よ吹けぇー

台風が近づき、予報では終日雨。なのに、昨日から今朝までほとんど降らない。昨日も今日も自転車通勤だが、雨装備を出したり引っ込めたり忙しいぢゃないか!

とかぼやいていたら、今日の午後から、時折ゴォゴォと鳴る風が吹き始めて、帰りはかなりな雨の中。風で自動的に進むかと期待したが、ゼロスタートからの加速は無理。帆を立てる必要があるようだ。

こんなのあった↓変な人達だが楽しそう。

陽気なギャングが地球を回す/陽気なギャングの日常と襲撃

伊坂幸太郎さん、まとめ読み中。

実は「~日常と襲撃」の方から読んでしまった。特に問題は無かったけど、気持の問題。ワタシはもう順番どおりに読めないので、読んだことのない人は是非、まともな順番でドーゾ。

それぞれに魅力的で少し変わった能力を当然のように持った4人がひょんなことから銀行強盗団を結成して、どちらかというとドタバタ劇を繰り返すといった内容。著者の特色でもあるウィットの効いた(ある意味テキトーな)会話がテンポを作っている。展開が楽しい。

自閉症のタダシ君が出てくる理由がいまいちわからない。成瀬の状況説明に過ぎないのか。子供が自閉症であることを受け入れるところの描写などから、なにか深い意味があるのだろうと思って最後まで読んだが、いまいちわからんかった。

ギャングの銀行強盗の話を中心に、その時々の世間的に問題とされている事が絡んでくる。ただ、どれも、大して深入りすることなく、あえて、問題の紹介程度に済ませている感じがある。あとは読者が自分で意見を形成せよみたいな。これはこれで好感が持てる。

まー、そーゆー深読みはおいといて、とにかく、軽妙で巧妙で絶妙。気楽に楽しく読めるシリーズ。勝手な要望を言えば、たまには続編が出て欲しいと思うな。キャラが立ってるから。

「~日常と襲撃」の文庫化に合わせて、本屋さんでは、まとめて平積みされてますね。

こちら、地球を回すDVD

2009.10.06

次男幼稚園八十二日目

寝る前に、昨夜も見たヨーヨーやミニカーを見たいと言い出した。自転車の空気圧も計らなきゃならないしもう大変。

一通り、家族の世話を焼いてから、ニコニコと就寝。ややこしい奴だ。

その名はメーロー

関西圏では台風18号の影響が8日(木曜日)に極大のよう。朝の時点で、降水量30mm/hで風速20m/sだとか。しれっと書いてあるようだが、えらいこってすな。さすがはエースナンバーを背負っているだけのことはある。

風の方向も予報されてて、朝も夜も向かい風になるようですわ。秒速20mって時速72kmですからね。自転車が前に進めるかどうかも定かではない。

てか自転車通勤は自粛(当たり前)です。傘は役に立たんでしょうな。つか、普通に歩ける?電車は動くのだろうか?

実家の裏山が心配。早めの避難をお願いしたい。

小トトロ?

自転車で帰宅途中。前方に、全身真っ白で、2本の耳を、「ひょこひょこ」と出したり入れたりしながら、ゆっくりと移動するずんぐりむっくりな物体。。。いや生き物に見える。。。

「な・な・なんじゃこいつ!」

映画「隣のトトロ」で、小さいトトロが、蛇行しながら歩いているシーンみたい。大きさも同じくらい。しかし、ちょっと不気味だわ。音も無く地面をすべるように移動する。ひょこひょこ。

半透明で白く輝いていた。絵がちょっとあれだが。。。
Cocolog_oekaki_2009_10_06_11_57

気持悪かったが、徐々に近づいてよく見ると、小さめの薄いスーパーの袋が、弱い風を受けて膨らんで、回転しながら移動してた。出たり入ったりする耳は持ち手部分だったようだ。

本気で「化けもん」かと思って、久しぶりに鳥肌立った。

似てなくも無い。
Shototoro_2

自転車通勤注意事項

うちの会社、ロッカールームなどありませんから、朝一番は、誰もいないのをいいことに、薄暗い自分のデスク脇で着替えてる。

そんなに広い場所ではないので、今朝、レーパンをグイッとおろした瞬間、机の端っこに、しこたまアタマをぶつけてしまった。

気を失って、ぶっ倒れてたりしたら、丸出しのもろだし。大変なことになるところ。気をつけるべし。

2009.10.05

次男幼稚園八十一日目

帰宅時、「パパ!オムライスがあるよ!」とのたまう。今夜はオムライスでした。なんだか他にもたくさんしゃべる。「お茶犬2のゲームを探してちょーだい!」とか、で、嫁が探して見つけると「ありがとーございましたー」とか。普段は寝転んでゲームしながら歌うたってたり音楽の真似してたりする程度だけど。

22時になっても、私の部屋のベッドへ上って、コカコーラのヨーヨーとか、ミニカーなどを見つけて、「これはヨーヨー!」「トミカのクルマ?」とか。

あんまり遅いと「お化けがくるよー」というと、しばらくして寝ましたわ。

あ、そうそう、幼稚園から帰ってきてから嫁に散髪してもらったみたい。ずいぶん短くしてもらって、「かっこいーなー」とほめると「かっこよくない!」だと。(あんまり注目されたりするのは得意ではない)

でも、「お兄ちゃん(柔道部で丸刈り)にそっくりやねー」というと、嬉しそうにしていたらしい。とにかくお兄ちゃんがが大好きなのだ。

髪を切るときはとにかく大騒ぎだったそうだ。耳掃除とかもかなり騒がしいが、散髪はきついやろなー。

自転車逆走対策:標識の裏をかく。

今朝は出遅れ感が大きく浜国(はまこく)で明石まで出た。このルートでは2kmほど走行距離が短くなるが、普段使っている浜の散歩道の、どこがそんなに長いのかちっともわからない。

それはそうと、2号線で久々に逆走自転車に遭った。正面衝突は回避したが、怖いもんは怖い。

そこで提言。速度標識などの裏側に「自転車は左!」とかの看板掲げてくれんか>国交省

それと、横断歩道の自転車横断帯の自転車のマークに、順走方向への矢印を描いてくれ。あと「徐行」と「歩行者優先」の文字も。ワタシはあそこを自転車で通らないがとりあえず頼むわ。昼飯食いに行くとき、クロスバイクなバカ自転車に轢かれそうになるのが日課になっているのだ助けてくれ。

今のところ歩道は自転車がどっち向きに通ってもいいらしいが、それが、そもそも混乱のもとでしょ。車道の左端に自転車マークと矢印書いてくれてもええで。これも頼むわ、政権交代したんやし。

スポーツの秋だが、あんまり自転車には乗らずな週末。

土曜日、小学校の運動会。ウソみたいに晴れました。幼稚園の次男がテルテルボーズを3つも作ってて功を奏した模様。つい数年前までは、うちの子2人とその従兄弟3人を誰がいつ撮影するやらしないやでプログラムの用紙が縦横無尽に飛び交う騒ぎでしたけど、昨年からはうちの小6の娘一人でして親も落ち着いたものです。ただ、前日に降った雨が気になって早朝に実家に電話したら、いきなり運動会終了間際に田舎のじいちゃんが来ちゃった。行動派の75歳。元気なもんだ。娘には会えず残念そうだったけど。

日曜日、長男の柔道新人戦二日目(一日目は試合なし)。勝つか負けるかの前に計量で引っかからないかと気もそぞろ。66kg級で前日就寝前に69kgっておいおい。主将が計量で失格なんて明石海峡に沈められるんじゃないかとびびったけど、当日朝に出すもん出して67kg。計量前に汗かいたりなんだかんだでクリアしたそうな。おうちのトイレの耐久性が証明された。試合の結果は、まー、そういうことで。

実は現場へ見に行っていたのは嫁のみ。娘がDSの「トモダチコレクション」を買いたいってことで、次男とともに付き添い。安かったので嬉々としてレジに並んだが、娘が小銭の支払いにもたついていたので、思わず後ろから金出してしもた。2回あるとは思うなよ>娘。

夕方、本屋さんへ自転車で。レジに並んでいた男の子が持ってる財布が、なんと自分のと同じ物。そういや、2年前に100均で購入したものだった。「あ、ボクのと一緒!」なんて大声で言われたら恥ずかしいので、気づかれないように両手で隠した。ごめん>100円のお財布製作者の方々。

自転車は、パッドなしで久しぶりに32kmの本屋さん徘徊の旅。中秋の名月は見損ねたが、十六夜はたこ焼きでお月見。食いすぎたが自転車通勤に計量はないので安心。

2009.10.02

次男幼稚園八十日目

帰宅直後、色紙を使ってチューリップを作ってママにプレゼントしてた。いっしょに歩くとき道端にお花が咲いていると「ほら、きれいなお花が咲いてるよ」とよく教えてあげてたのだけど、そのおかげかどうか走らないけれど、どうやらお花が大好きのようで、、、いい感じだ。ピンクの紙のチューリップを親ばか二人でニコニコしながら見つめていた。

ただ、本人、かなり眠たかったようで、「ボク眠いからお布団敷いて」などといってる。ま、これも成長。今まではいきなり眠くなって無言で寝るだけだったのだもの。

水滴が素敵

葉っぱの形から「マルバアサガオ」かと思われる。
花の色から「ノアサガオ」のようで。。。難しいな。

今朝は雨。昨夜からの計画通り、先日撮り損ねた写真を、鼻息荒く、多大なる期待感とともに撮影。

結果、「期待と感動は反比例する」との定理を発見するに至るが、目で見た景色は美しかったから、それでヨシ。

まー、雨の中、嬉々として自転車通勤してる時点で変わった人だが、そのうえ、ニタニタしながら道端で立ち止まって写真を撮るとは、まともな大人の所業とは思えんな。しかし、、、

楽しいのだから仕方ないのだ。

とにかく、花に限らず、雨の風景って、なかなかええ感じである。

2009.10.01

カメトンボ

唐突だけど、長男から、「カメとトンボの遺伝子を混ぜたらどうなるのか」とのご質問を賜る。なにが発端となってカメとトンボなのか理解に苦しむが、そもそも中2にもなって何アホなことを聞いてくるねんと。お父ちゃんは悲しいのだ。

そんなもん、巨大なカメムシみたいなのが生まれてくるんとちがう?多分、足が長くて海上をスーイスイとすべるように進むのね。そう、博士は「カメンボ」と名付けるはずだ。

安易な遺伝子操作は必ず生物を巨大化するし、その特性は、意外にも日本語の呼称にかなりな影響を受ける。

とりあえず、カメンボで納得しとけ。可能性はゼロではない。

次男幼稚園七十九日目

朝起きない。夜早く寝ても無理なものは無理なのだな。

帰宅時、パジャマを切る最中だったが、なんとドラゴンボールの悟空の衣装(オレンジ色の天下一武道会のやつ)「カメカメハァーッ!」(正しくはカメハメ波)と長男をやっつけようと何度もやってた。長男も乗りまくり。はよ寝れっお前ら!

幼稚園では、運動会の親参加競技の練習があったそうな。お父さんのなかからワニ歩きする人募集中だそうだが、ワタシはビデオ係なので参加でけん。運動会は来週の土曜日。正真正銘の体育の日。

ガオー

長田の鉄人28号が完成したらしい。土台はまだらしい。電車の窓から見えるかもと努力してみたが、全然見えんかった。というか、あれは、駅のどっちがわにあるのだ?

実は、この鉄人よりも先に、倉田光吾郎氏の鉄人28号にわくわくしていた。氏の28号がどうして中止になっちゃったのかとか、長田のと関係があるのかどうかとかは、何も知らないのだけれど、なんだか勝手にうしろめたい気分でもある。

長田のはライトアップとかされるのかな。長田で降りなきゃだめかな?

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ