« 次男幼稚園七十九日目 | トップページ | 水滴が素敵 »

2009.10.01

カメトンボ

唐突だけど、長男から、「カメとトンボの遺伝子を混ぜたらどうなるのか」とのご質問を賜る。なにが発端となってカメとトンボなのか理解に苦しむが、そもそも中2にもなって何アホなことを聞いてくるねんと。お父ちゃんは悲しいのだ。

そんなもん、巨大なカメムシみたいなのが生まれてくるんとちがう?多分、足が長くて海上をスーイスイとすべるように進むのね。そう、博士は「カメンボ」と名付けるはずだ。

安易な遺伝子操作は必ず生物を巨大化するし、その特性は、意外にも日本語の呼称にかなりな影響を受ける。

とりあえず、カメンボで納得しとけ。可能性はゼロではない。

« 次男幼稚園七十九日目 | トップページ | 水滴が素敵 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

遺伝子異常が起これば,メカトンボに・・・?

sumiさん、
カメの遺伝子が逆立ちですね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/46357992

この記事へのトラックバック一覧です: カメトンボ:

« 次男幼稚園七十九日目 | トップページ | 水滴が素敵 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント