« タイヤ | トップページ | 次男幼稚園九十一日目 »

2009.10.22

重力ピエロ

重力ピエロ (新潮文庫) - 伊坂幸太郎

登場人物が多くないからか、すっきりしてる印象。

伊坂幸太郎さんて、複雑に張り巡らされる伏線が特徴だと思うが、この本についてはかなりシンプルだと思う。

放火、グラフィティアートの謎については半分くらい読んだ時点で気がついたかな。「あっと驚く謎解き」を魅せる本ではなく、「罪」とか「罰」とか「生」とか「死」について自然に考えさせられる内容。だから、あえて、かなり易しいヒントを出してくれてるのだろう。

読後感は非常にさわやか。でも、扱われているのはそれなりに深刻なテーマ。

↓こちらDVD。

こちら、映画のphoto bookとやら。いろいろあるんだなぁ。

« タイヤ | トップページ | 次男幼稚園九十一日目 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 重力ピエロ:

« タイヤ | トップページ | 次男幼稚園九十一日目 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント