« フレーム色 | トップページ | 惰性じゃない!「勢い」で生きてきたのだ。 »

2009.12.24

フィッシュストーリー

フィッシュストーリー (新潮文庫) -伊坂幸太郎

「ゴールデンスランバー」と「あるキング」の単行本が平積みされてて迷いながら、他の場所をズルズルと廻っていて、この文庫化ほやほやを発見。やはり文庫本は財布に優しい。

現在文庫化されてる伊坂幸太郎さん単独の小説は、これですべて読んだことになるから、次に買う本がなくて困ったので、2回読んだ。1回目は気付かなかったギミックやセリフに込められた裏の意味とかがよくわかったりして、なかなかいい読み方だと思った。財布にも優しいし(こればっかり)

内容ですが、4つの中編小説が全部いいですな。どれが一番いいとかいえない感じ。

毎度のことですが、他の本の出演者もたくさん出てきますね。出演者としては、探偵が副業の黒澤さんや「人生の充実」の老夫婦、天然天才の今村君(今回はピタゴラスの定理を発見!)など、ラッシュライフの出演者が多く出演してたような気がする。ところで今村君は「ラッシュライフ」のときとちょっとキャラが変わったような印象を受けた。

« フレーム色 | トップページ | 惰性じゃない!「勢い」で生きてきたのだ。 »

」カテゴリの記事

コメント

本の文庫化はうれしいんですよね。
私も欲しい本、文庫化しそうなら待って買います。

いがぐり頭さん、
せっかく文学界の情報をシャットアウトしてるから新刊には疎いのですが、本屋に行くと後ろ髪(ありませんけど)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィッシュストーリー:

« フレーム色 | トップページ | 惰性じゃない!「勢い」で生きてきたのだ。 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント