« 自転車乗りとして、ある意味ひとつの本物だ。 | トップページ | この期に及んで躊躇する »

2009.12.15

次男幼稚園百二十六日目

磁石の入った四角いパネルで数字を作って遊んでいた。寝る前に、アイスクリームを食べたいと訴えていたが、どうやら昼間に2つも食べてたようで認められず、えらい怒っていた。その後、米袋に乗って遊んでいたのでお米の大切さを教えて、乗らないようにしてねと教えたら、わりに理解していたような気がします。おにぎり大好きですからね。

<p>けろっと就寝。今夜も「パパはあっちで寝なさい」と。ハイハイ。

« 自転車乗りとして、ある意味ひとつの本物だ。 | トップページ | この期に及んで躊躇する »

ゆっくりいきましょ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次男幼稚園百二十六日目:

« 自転車乗りとして、ある意味ひとつの本物だ。 | トップページ | この期に及んで躊躇する »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント