« 半月板が割れていた | トップページ | 乗れるのでヨロシク »

2010.04.20

次男幼稚園百七十九日目

会社で、ボスに、次男の発達障害の件を伝えた。どうこうして欲しいわけではなく、自分の家族のことを理解してくれている人を増やすため。伝えることが目的だ。家族のうつ病の罹病リスクが高く、危険性は自分も含めて高まっている件。会社の質を高めていく活動よりも、家族をケアする活動のほうが、自分の中では優先度を高く設定している件。など。

クリエイティブな仕事がしたいが、それは、飽くまでも個人的な望み。11年前の会社設立時、嫁に「わがままさせてくれ」とお願いしたことを思い出した。

会社からの要求、期待値は変化しないが、健康が第一であって、耐えられなくなったら適切な対処をすべきだとの言葉を貰った。

帰宅すると、次男君はお風呂に入るところだった。風呂上りにパンツ一丁で楽しくお絵かきしていた。いろんな意味でほっとする一日だったな。

« 半月板が割れていた | トップページ | 乗れるのでヨロシク »

ゆっくりいきましょ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/48150343

この記事へのトラックバック一覧です: 次男幼稚園百七十九日目:

« 半月板が割れていた | トップページ | 乗れるのでヨロシク »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント