« 次男幼稚園百九十六日目 | トップページ | 霧の朝、静かな夜 »

2010.05.20

次男幼稚園百九十七日目

割に早起き。6時半には目を覚まし、テレビ体操を見ていました。なんでかしらんけど。

外は霧が出ていて真っ白け。「お外が白いよ~」と教えてあげると「屋根がなくなっちゃった~」と。おそらく屋根=「青空」なんだろうなぁ。別に比喩的な表現でも文学的な意味があるとかそういうのは無いんだろうな。単に言葉の適用を間違えている(笑)。しかしこういう部分で、「自閉症の子には特別な能力がある!」とか勘違いする人が多いんだろうなと思った。全ての子供には特別な能力があるんだと思うが。それもまた人間。それもまた親なんだろう。

« 次男幼稚園百九十六日目 | トップページ | 霧の朝、静かな夜 »

ゆっくりいきましょ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/48406635

この記事へのトラックバック一覧です: 次男幼稚園百九十七日目:

« 次男幼稚園百九十六日目 | トップページ | 霧の朝、静かな夜 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント