« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の36件の記事

2010.07.31

コンタクトレンズ

眼科へ行って久しぶりにコンタクトレンズを目に挿入。以前は度がきついことや乱視の関係から酸素透過性ハードを薦められていたが、今回は乱視矯正を行わない普通のソフトレンズに。機械計測の数値的にはかなりな乱視らしいが、実際には(ワタシの眼とか脳が)あまり気にしていないようで、しばらくお試しというところ。検査結果で気になったのは、眼圧が高く、正常範囲ギリギリだそうで、緑内障のリスクがあるから注意せよと。そういう意味でも検査に行ってよかったですわ。装用感はよろしいし、肥やしになってた自転車のアイウェアも復活。ちょっとした景色の変化で生活の質が少し上向いた気もするといえば大げさか・・・

2010.07.29

久しぶりの雨

神戸・明石方面、久しぶりの雨。自宅周辺では、たいして降っておらず少し迷ったが、土砂降りの予報を信じて電車通勤とした。結局神戸では土砂降り。良い判断だったと自画自賛。

通勤自転車の距離を延ばして1年が経った。一年前は雨でも乗りたくて仕方なかったが、最近は、そうでもない。どっちが良いとかえらいとかすごいとか、そういうのではなくて、乗りたければ乗るってことでよいのだろうな。

神戸では夕方まで雨が残っていたが、少し西の舞子明石方面は晴れていた。帰りは駅から20分のウォーキング。自宅に着くころにはかなり汗。歩くのはやはり気持が良い。

最近まじめにひざ周りのリハビリ(軽い筋トレ&ストレッチ)をしているからか、調子が良い。土曜日は朝一リハビリで病院へ行くので早朝サイクリングは時間的に中途半端。ならば替わりに海沿いを小一時間歩いてみようかしらん♪などと妄想するのも楽しいものだ。

ところでBS夜9時からの「死亡遊戯」は気持が入らなかった。裏話を知らない子供の頃は集中できたのだろうな。今や「あ、これ本人、これは違うwww」とかそっちに意識が・・・。ま、そういう楽しみ方もあるとは思うけど。しかし、空中を歩いているような軽いステップとか、強さと悲しさが同居する表情とかには、「やっぱ本物やなー」と思った。満足ではある。

2010.07.28

愛と勇気と正義の空箱

昨夜に続いて今夜もドラゴン!どこがどう「危機一髪」なのかは判然としないが、雰囲気でしょうね。終盤で壁が人型にくりぬかれるところは、かなり笑えた。あれ、まじめにやってたんですよね。うーん、なかなか(笑)。

ビール(発泡酒)片手に、鼻息荒く目を見開いていたわけですが、ボクらはおそらく子供の頃にブルース・リーの映画から、その後の人生に必要な「愛」や「勇気」や「正義」のカタチを教えてもらったんやないやろか?とかそんな感慨。中身はまったく空っぽやけど、とりあえず箱のカタチと大きさだけを悩める正義の味方から教えてもらったのではないかいなと。出来ることならこの「いやーな悪役」のようにはなりたないわーブルース・リーになりたいわーとかそういうこと。

ところで、話は飛ぶけど、自転車通勤の帰り道、海水浴場近くの浜の散歩道にゴミが散乱していてまいった話。毎年ブツブツいうてるかもしれんけど。発泡スチロールの箱やら、ダンボールの類、レジャーシートみたいなのとか、新品のゴミ袋とかが道に散乱していたよ。だいたい、この時期生ゴミが堤防の上に延々と積み上げられてて景観台無し、見た目にも臭い。臭い上に道がふさがって通られへんし、おっちゃん思わず自転車降りてぶつぶつ言いながら片付けたわ。

そら、まとめて置いてたゴミが、風で飛ばされた結果やろうけど、人に片付けてもらっている意識があるなら、ちょっとやそっとの風で飛ばされへんようにするのが心遣いとちゃいますか?そもそもなんでゴミを置いて帰るのかわからん。「ごめんねお願いありがとう」と張り紙しといてもええくらいやと思ったな。

大人も子供も、ブルース・リーに教えてもろた「正義」の箱の中身を充実させたいもんですなぁ(←うまいこと言うたつもりw)

明日はなんと「死亡遊戯」!。見逃してはなるまいぞ!

2010.07.27

ブルース・リーの夜

夕刊のテレビ欄を見たら、「燃えよ!ドラゴン」と書いてあって、興奮。ビール片手にかぶりつき。いやーよろしいなー。燃えますなー。ゥアターッ!

意外なことに前半部分の記憶はあいまいだった。でも、そんなことはどうでもええです。ボクの心の底に寝そべっていた、ブルース・リーが目を覚ましたから、それでええねん。ゥアトーーーゥゥ!

長男からお願いされていたダンベルを買おう。ヌンチャクもあれば同時に(笑)。ホホーゥ!

明日は「ドラゴン危機一髪」だって。もうメロメロ。

2010.07.26

毎日サンデーアンパンマン

朝5時50分「ぱーさん、おはよー、ぼく5時に起きたんだよ!」と次男君が元気に部屋に入ってきた。

「6時からアンパンマンをミルンダヨ!」

どうやら日曜日と勘違いしているみたい。しかし、6時になってテレビをつけてもやっていない。「あ、アンパンマンは6時15分だったねー」と楽天的だ。

月曜日ですからぱーさんは仕事にいかなあかんのだが、本人はもう完全に日曜日。その後もなんだかんだとしゃべりまくり。夏休みで曜日の感覚がなくなってるみたい。

6時15分になってから再びテレビをつけても当たり前だがアンパンマンは始まらず、そこでやっと気がついた。以前ならここで一騒ぎ勃発していたが、あっさりあきらめたからちょっと感心。そういう面でも成長しているみたい。

2010.07.25

ウナギもいいけどアナゴもね

朝刊のチラシに暑苦しいほど「うなぎ」が載っててちょっと引いた。自宅周辺半径5km以内のスーパー全店、身も心も占領されてしまったようだ。ユニクロのチラシをめくる時に、少し身構えたが、さすがに大丈夫でありました。

「土用の丑かぁ、そんな時期か」と思ったけれど、年のせいかチラシを見ただけで満腹感。結局、朝は食パン、昼はソーメン、夜はたこ焼きというわけのわからん食生活。長男はガツガツ食っていたがなぁ。穴子のほうがよろしいなー。

あと、調べてみると今年の土用の丑は「7月26日(月曜日)」という事実発覚。さらに来年は2回もあるらしい。それこそユニクロでウナギ安売りしよるかもしれんな。

2010.07.24

木陰を楽しむサイクリング

相変わらず、めちゃめちゃええ天気。朝一、ヒザのリハビリから帰宅すると、家族がいない。どうやら海へ行ったようだ。あわてて駆けつけたが、間に合わず。次男といっしょに泳げなかった。残念である。

満足げだからうらやましい。

昼飯食ってから、自転車で出発。目的地は決めていなかったが、なんとなく権現ダム、ずるずると加西へ(笑)。

たいやきみたい♪

順調に行けばいつものように三坂を周って午後6時半頃に帰宅の予定か・・・。しかし、強烈な暑さに消耗が激しくて、とりあえず満久のローソンで休憩したら、この後、峠を三つも登る気が失せた。

止まってると汗が滝のようで・・・

権現ダムまで戻って、木陰を楽しみながら、まったり一周。

権現ダムは西側が涼しい。

まむし?!レーパン野郎は気をつけろ!

体重が54kg台になってた・・・。

2010.07.22

美しさに文句はない。

夕焼けも程々にしてくれんと、写真撮影に時間がかかって、帰宅が遅くなって困るわい。

さて何が美しいのだろう?反射?輝き?

夕焼けなんていつでも見えているはずなんだよな。たまたま自分の自転車通勤時間帯がシンクロしているだけの事。しかし、それは自分だけの素晴らしい体験なのだ。

2010.07.21

キレイな夕焼け

自転車通勤帰り道、夕焼けがいつもと違う感じで自転車止めて撮影大会。通りがかりの見知らぬ人たちも「きれいやなー」とつぶやいていた。

青色が輝いてる感じ。

とりあえず自転車も入れてみる。

南国風。

夏になると、この海岸線は朝も夜も人がうじゃうじゃいるので自転車乗りは気をつけよう。

2010.07.20

次男幼稚園二百三十五日目

終業式。本人は特に心待ちにしていたわけではないが、夏休みに突入。

お友達と遊んでから帰宅して、突然思い立って、薬箱と輪ゴムを組み合わせて楽器を作ったそうだ。いろんなもので試したが最終的に風邪薬の箱に落ち着いたようだ。弦楽器のように思えるが実は打楽器的な音がする。なんでこんなにクリエイティブなんだろう。よくわからん自閉症である。

日曜日からゲームの時間制限を設けて三日目。最初はかなり抵抗して騒いでいたが、本日は素直に従うようになったらしい。

お風呂に一人で入ったし、そもそも自分で服を全部脱げた。そして体を自分で拭いてパンツとシャツを着た。全部自分で出来た。

なんとなくゲームの時間制限がよかったように思うが、嫁がやっと「声を荒げて叱ってもまったく効果がない(むしろ疲れる)」ということに気付いたようで、タイムアウトや不完全かもしれないがABA的な関わりを自然に行っているのが大きい。つい先日、日曜日からだが、効果絶大。

楽しい夏休みが始まるが、明日は市の発達障害センターへ行く。いきなり診断がつくかどうかわからないけど、今後さらに自閉症児とその家族の生活の質を高められるように親子ともどもがんばりたい。

オレの城

自分の部屋を持っている。自転車と共に住んでいる。長男が小学校に上がるとき、明け渡す予定だったのだが、とある理由でそのまま使うことになった。「とある理由」は、、、ワタシのいびきがうるさいってこと。寝るときに、家族から一番離れているのがこの部屋なのだ。

この部屋で長年(つっても5,6年)「下は机で上はベッド」という、通販で買った二段ベッド風の組立て式家具を使っていたが、これが異様に巨大で生活空間が部屋の容積の2割ほど(笑)。部屋は大きくならないのにモノはどんどん増えるってんで、最近は満員電車に乗ってる気分で、寝るときは網棚(笑)。

ついに耐えられなくなって、先日、半日かけて解体決行。鉄製の枠とか合板がアホみたいにでかくて重くて大変だったが、なんとかスッキリ。なんだか、学生の下宿(風呂・トイレ別)のような雰囲気だ。

しかし、長男が一目見て「お!ええな」と狙ってるようだ。かつての権利を主張されたら、こちらの行き場はベランダだとか(嫁談)。「自転車を好きなようにさわれるで」やて。

冬場はつらいやろ。

2010.07.18

久しぶりの加西三坂120km

4時起床、バナナ2本食って久しぶりに加西のお山へ。5時出発。自宅近くで朝焼けがキレイだったが、加古川を北上する時は、太陽が真正面に入ってまぶしかった。

権現ダムの西の坂も久しぶり。ひざの事もあるので様子を見ながらシッティングで上ったが、まーなんとか大丈夫だった。途中、湖面に映る太陽や木漏れ日が美しくしばし写真休憩。

中山交差点から再び県道79号線に戻り、ひたすら北上。がいな製麺所を過ぎて左折して、満久のローソンで大休憩しようかと思ったけど、ここまで快調だし、早めに帰りたいから大休憩なしでそのまま西へ。

広原の交差点を7時に通過。反時計回りに遠坂、船坂、釜坂と越えて、広原の交差点に戻ってきたのは8時40分。三つの峠のピークでゆっくりしすぎた。

釜坂峠。ローアングルも久しぶりぶり。

縦横比較。

ところで、遠坂と船坂のピークは携帯(au)が圏外でした。釜坂のピークでは3本立っていました。

春に土砂崩れがあったらしい釜坂の南側は迂回ルートが作られていて、きれいなアスファルトになっていた。下りで急にラインが変わり、ちょっと慌てました。

権現ダムへ戻って少し疲労感があったので、ゼリーを補給し、その後自販機でポカリを追加補給。太陽ぎらぎらの下界を走って、10時40分に自宅着。

久しぶりに心地のよい疲労感を得て、よい運動になったと思う。通勤だけではちょっと足りないんだろうな。来週も出来ればこのルートを走りたい。

2010.07.17

夏!

6時前に起きたらえらい青空。ついったーではサイクリストがうじゃうじゃで「なうなう」言うててうらやましい。ヒザのリハビリが10時からなので早めに出かけようと画策してたが、お使い指令にまず撃沈。そしてリハビリ後に次男君が明石の本屋さんに連れて行けと言うてるから、今日のところは自転車乗って「なうなう」言うのはあきらめた2010年夏初日

仕方が無いので、リハビリにはロードレーサーで往復だん。夏を感じた走行時間15分(笑)。

明日は久しぶりに加西の三つのお山へ行くつもり。峠道がふさがっていなければ良いのだが・・・。いやしかし楽しみ~

2010.07.16

次男幼稚園二百三十四日目

帰宅時、無理やり近くまで寄って「ただいま」というとやっと答えてくれる始末。ゲームに夢中。困ったもんだなー。悪気はないのだろうけど。

2010.07.15

次男幼稚園二百三十三日目

筋トレしているお兄ちゃん(長男)ときゃっきゃいうて遊んでたな。一人でお風呂に入ってちゃんと体を洗えていたし、上がってきてから自分でパンツもシャツも着れたからえらい。

次男の要望で、昼も夜もカレーだったみたい。この調子だと明日もカレーかなw

PHPはBOM無しで

phpスクリプトをutf-8で書いて、BOM(Byte Order Mark)をつけていると、session_start でちゃんとセッションが開始されない($_SESSIONがちゃんと取れない)から気をつけよう!

2010.07.14

次男幼稚園二百三十ニ日目

なかなかフレンドリーに話をしてくれるが、生意気なことも言うようになったな。これも成長とほほえましいが。

ゲームや本に夢中になっているときを避けて、幼稚園のこととか、いろいろ質問してみると、言葉は少ないけれどそれなりに返事をしてくれるし、指示にも従ってくれる。長男と少し騒ぎすぎていたが、わりと平穏に就寝したな。

艱難を共にすべきも、安楽を共にすべからず

この10年余、会社の設立準備から始まって50人規模の会社になるまでいろんな経験をした。あれもこれもやらなきゃならなくて、大変だったが、貴重な体験でもある。

しかし、会社が落ち着いてくるにつれ、「攻める気持ち」や、良い意味での無神経さとかを失ってしまったように思う。「とんがった所」が無くなったという感じ。

悪意はないにせよ、壊されたものや奪われたものがたくさんあって、簡単に取り戻せるものではない。たとえば顧客とか自分が作った組織とか。

しかし、自分の気持ちはすぐにでも取り戻せる。特に今の状況では、すぐにでもそうした方が良い。気がついたのだから即実行。ゼロから出発する気分は爽快。自分を追い込んでいくのも久しぶりで、なかなか心地よいものだ。

2010.07.13

次男幼稚園二百三十一日目

このところ意識してベタベタと次男と関わっていたのだけれど、「いやー」とか「あっちいってー」とかが多くなってきた気がして、必要最小限の関わりにしてみた。因果関係は不明だけど。

本やゲームに夢中になっているときはそっとしてあげるのがよいのかも。その分じっくり様子を見るとか考えるとかが大事かな。そういえば数字へのこだわりが少し薄らいできているように思うな。

2010.07.12

次男幼稚園二百三十日目

幼稚園から持ち帰り、ベランダで育てているプチトマトを収穫。今回は5個。本人はとるのが楽しいだけのようですな。前回と比べてプチトマトらしい味。いやしかし取り立てのトマトのニオイっていいわー。

A bad little kid moved into my neighborhood

ご心配をおかけしているかもですが、大丈夫。テンションは劇的に低いですが、なんとか地を這うような形ででも就業しておりますのでご心配なく・・・ってその姿がかなり心配させてるかもしれませんが、まー気にしないでおきましょう。

自分は元来無責任で楽天家。他人には厳しいが自分には甘い人ですから、聞こえよがしな陰口(?)などで、一時的には気持が急降下することはあっても、それが抜け出せないうつ病へのトリガーを引くことにはならないと思われる。いろんな面でリスクは増大しているので気をつけてはいるのだけれど、多分こういうのでは大丈夫。

ただ、蓄積しているストレスの厚みが増したのは確かなことで、今まで通りの自分でいられるかどうかは別問題。遮断するインタフェースや捨て置くもの、逆に新設する情報網なんてのも出てくるだろな。ま、そもそもこんなの常に変化しているものですからね。当然といえば当然。

しかし、特に将来ピンポイントで反撃に転じるとか復讐とか、そんな気はないからご安心を。大の大人が狭いところでガキ大将みたいに振舞っている様を影から笑って見ている程度です・・・ってちょっとイヤラシイなw。

♪Now, junior, behave yourself...

2010.07.10

NO FOLLOW, NO INDEX, but ARCHIVE

月に一度の土曜出勤日。朝から「夏!」な感じの良い天気だったが、非常に残念な一日になってしまった。もしかすると人生の中でかなり重大な日なのかもしれないからとりあえず記録。

午前の業務中、同僚(?)の発した一言によって、一瞬で心が地の底に這いつくばってしまった。だれからも手が差し伸べられていないから(少なくともそう感じられた)さらに上から踏みつけられた感じ。そのうち現実に目に映る風景さえも、次第に全てが暗くネガティブに見え始め、「もうあかんわ」と思い、なんとか踏ん張って体を動かしお昼に帰宅。設立半年前から準備に関わった自分の会社から逃げるように・・・。なんと弱弱しい人になってしまったのか。

とりあえず、家族といれば落ち着くけれど、心の傷が治ったわけではない。残り半分の人生を家族と共にどう生きるか。少しまじめに考えなくてはと思ったが、そんな急にうまい答えは見つからないわ。方向性が見えないが、とりあえず生きる気力は十分ある。独り身ならヤバかったと思うが・・・。

2010.07.09

次男幼稚園二百二十九日目

トランポリン出して遊んでたな。オデブちゃんのクセに100回以上飛んでるから大したものだ。ゲームとかやめてずっとトランポリンしてたらいいのになー。

右ヒザの状態

天気予報では朝のうちに1mmの雨という事でその後は曇り。6時半に空を見あげても降りそうで降らない気がしたもんで、自転車通勤。しっかり降られた。コロコロ変わる天気予報を信じてよいのかどうなのか。。。

午後、天気予報に反してかなり降ってる中、ヒザのリハビリへ。

歩いているときにたまに違和感を感じるので、調べてもらうと、右ひざの靭帯が左に比べてユルイことが判明した。

それと、どうしてもかばって歩くからか、以前は強かった右足の筋力が弱まっていることも判明。

いろいろ鍛えなければならんところがあるようだ。

2010.07.08

次男幼稚園二百二十八日目

昨日、持って帰ってきていた七夕飾りをみたら、短冊に「ケーキやさんになれますように」と書いてあって驚いた。本当にケーキ屋さんになりたいのかどうかわからないがお誕生日会でもそういったらしいから案外本気か?そしてカタカナとひらがなを使い分けていることにも感心した。

ユーフォ腕相撲

あやうく娘に腕相撲で負けそうになった。というか、なめてかかって左で一回負けた。悔しいので本気出して勝利の雄叫びを上げてやったら、「オトナゲナイ」と責めたてられた。申し訳ない。

娘はこの4月から中学生。吹奏楽部に入り、ユーフォニウムという楽器(小さめのチューバみたいなの)を担当してる。7kgくらいあって、主に左腕だけで支えるため、腕力がつくらしい。よかったチューバの担当でなくて。ちなみに腕立て伏せは一回もできないらしいから不思議なもんだ。

となりでは丸太のような腕をした中三の長男が、嫁に勝負を挑んで苦戦していた。ワタシは嫁に負けると思う。コチラは炊事洗濯で鍛えたか・・・

腕相撲の強さって、腕の太さにはあまり関係ないのか。

2010.07.07

次男幼稚園二百二十七日目

実は昨日の「七夕見たい」騒ぎで、次男の言う「わけのわからんこと」を理解しようとせずに話をそらしたり、頭ごなしに叱ったりする、嫁の対応に腹が立ったのでちょっと喧嘩というかなんというか・・・。

今夜は帰宅時に、次男が「おもちゃのカゴ探してー」と嫁にお願いしていたが、いつもなら、「また訳のわからんこと言って」となるのだが、なんとか理解しようと対応していた。ま、ワタシの言っている意味をわかってくれたのかもしれない。

結果的に、カゴを探しているのではなく、あるおもちゃを探していたようだ。聞けばわかるんだよ。考えていることはまともでも、言葉が稚拙なのと聞いても即座に正確に意味を理解できていないだけなのだ。ただし、自分の考えるベストな対応が本当に正しいかどうかは自信が無い。自分自身も冷静に対処しようと少し反省した。

ピーマン嫌いのライフハック

「ライフハック」 とよく見聞きするようになった。自分の生活をハッキング(いい意味で)していい感じになりましょうって事だろうかな。自己暗示でシアワセになれるかもってことかしら。

ワタシにとって自己暗示といえばピーマンである。食えなかったピーマンを自己暗示によって克服したから。

ピーマンが大嫌いな中学生だったが、あるとき「ん?ピーマン嫌いの大人って結構かっちょわりーよな」と思ってしまった。思春期って変だな。

しかし、出来ることならピーマンをむしゃむしゃ食えるかっちょいいモテモテのオトナになりたいものだと思ってしまったんだから仕方が無い。

「どうすればモテモテのピーマン男になれるかのぉ・・・」と、しばし考えて思いついたのがこの自己暗示。単に「おいしいと思いながら食う」ってことです。「うまいわぁ!」と喜びながら食うのだ。どこか牧歌的で馬鹿っぽいけど、今でもこれが一番の解決策だったと思う。

最初はつらかったのを覚えているが、食べ終わる頃には「意外にいけるな、コレ」と半ば本気で思っていたから不思議ですよ。肯定的に食うことでそれまで気付かなかった旨さを発見できたのかもしれない。まー馬鹿だから暗示にかかりやすいってのもあるかも。

結局、モテモテにはなれなかったが、「つらい・しんどい」と思っていても、考え一つで楽になれるとわかったことは素晴らしい。反面、この時点で既に人生をなめきってしまった気もしないでもない。これぞ、まさにライフハックか・・・

2010.07.06

次男幼稚園二百二十六日目

七夕飾りを作ってきたそうだが、明日が七夕という事を知らなかったw。海へ行く約束などしたが本気かな。ボクはおにぎりを3個持っていくのだそうだ。パパはご飯。海に入っていいんだよというと「ほんとぅ?」とな。次男君にとって海はご飯を食べに行くところのようでした。

宝くじのテレビCMで七夕の笹が映っていたので、「ほれ七夕やー」とついうっかり伝えてしまった。次男が反応したときにはCM終了。直後から「たなばた見たいー」とだだをこね始めてしまった。寝るまで続いた。非常に疲れた。

リバイズ

デザインに関してとんでもなく素人なのに、会社のホームページとかやってられん。しかしやらなしゃーないからやっていると、割かし楽しくなってくる。

勉強を兼ねて、いろんなサイトを見て回って「いいな」と思ったサイトの真似をするわけ。

で、最初は真似しているつもりだが、そのうち自分のオリジナルに思えてきたり。真似すればテクが身につくのは確かだが、創造性はあんまり変わらん。ここ間違うと、後に大変な目にあうだろうから気をつけたい。

とりあえず、いろんな刺激を受けて過去の遺物を捨てる気になった感じ。がんばって無理してると息切れするし。

2010.07.05

次男幼稚園二百二十五日目

先週持ち帰っていた幼稚園で作ったプチトマトを食った。ゲームに忙しいが顔を見て「いただきます」といえば、うれしそうに「作ったんだよ、食べてねー」と。まじめなトマトの味がする、とってもおいしいプチトマトでした。

プチワイルド

次男君が幼稚園で作ったプチトマトがお皿に2個。

「たべてねー」とかいうが、本人は食べない(笑)。

大きさがまちまちだが良い色をしている。畑で丸かじりしたトマトの味。ボコボコしていてヘタの辺りがまだ緑色の、でっかいトマトと同じ味。少し皮が分厚くて、野性味あふれるプチトマト。

2010.07.04

おじさんラジオ

上腕の肉離れは痛みが引いた。しかし、筋肉内部にまだ炎症が残っているのか、肩から上腕部にかけて「だるい」。そんなだから、延々雨が降っていた土曜日も、まさかの晴天の日曜日も、なんとなく外に出る気がせず、久しぶりにラジオなど聞きながらダラダラと過ごした。

ダラダラとするのもよいがラジオもまたよい。子供の頃は母親が常にラジオ関西とか聞いてて、自分も小学校高学年からは深夜ラジオを聴いていた。

携帯電話でFMが聞けることに驚いたのはかなり以前のこと。結局たいして聞きもせず。しかし、最近はPCで簡単に地域のラジオが聞けるのですね(⇒ radiko.jp)。これ、インターネット経由で聞こえているわけで、既に名が体を表していないが、ちょっとしたノイズの入り方なんか、まさにラジオ。それだけで頭の中がセピア色。

ラジオから懐かしい曲がかかると、一瞬の無音状態(脳のブラックアウト?)を挟んで、時空を飛んだ。あたかも20年とか30年が一瞬の出来事のように。ほとんど兵庫県内で生活しているから飛行距離は100km以内。当時のニオイや味や気持までも頭の中に上映される。どこかに記憶されていたわけですね。そこの記憶能力を普段の生活に使えればよいのだがなぁ。

流行の歌などほとんど知らないおじさんにとって、ラジオはいいな。

2010.07.02

次男幼稚園二百二十四日目

梅雨だけど、プールで水遊び。「ばしゃーってなるんだよ」とか楽しそうだが、聞いてみると少し水が怖いらしい。楽しいからよいけれど。

2010.07.01

次男幼稚園二百二十三日目

幼稚園の階段で滑ったらしく、足にあざ。ちょうど帰宅寸前だったようで、痛みよりもみんなと一緒に帰れなくなるのがつらかったみたい。保健室で「まってぇー」と慌てていたようだ。

あざはちょっと酷いけど、家ではゲームに夢中で足バタバタ(笑)。

無駄じゃないもん

オルトリーブ サドルバッグ L - 容量:2.7L

ドイターコンパクトEXP 6 SL - 容量:6L(余計な物も映ってるがw)

早速、ニューアイテムで通勤。ワタシの自転車通勤の荷物は全部あわせて約8Lと判明。

片道17kmの通勤では背中の荷物が多少軽くなってもあまり体感できないもので。単にワタシが鈍感なだけかもしれないけれど。まーそんなこんなで、結果的にはワンサイズ大きなバックパック「ドイターコンパクトEXP 8」だけ買えばよかったともいえるねー。

ここで気付いたのが、このバックパックは+2Lの容量確保が可能なんです・・・とか言い出すとサドルバッグの立場が無いな。

しかし、そんなん使ってみんとわからんし、通勤以外でも使えるし・・・
無駄遣いじゃない!断じて無い!ないないなーい!

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ