« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の48件の記事

2010.09.30

アワイチいっとこ

終日雨の予報だったが自転車通勤。朝は完全防水体制だったが降っていたのは最初の10分ぐらいで、すぐに止んだ。神戸市に入ると水溜りすら無く、重装備が場違い。ドライなのに汗かいてベトベト。

昼間はそれなりに強い雨が降ったり止んだりで、帰り道は降られるのかな?、と身構えたが、やはり降らず。肩透かしにも程があるが、電車通勤に切り替えて「こりゃ乗れてたわいなー」と騒ぐよりはマシだったかと無理やり納得。

9月終了。なんとか800kmを超えた。10月は祭りやら運動会やらで少し忙しいが、体重も増加傾向にあるし、暇を見つけて乗っていこう。

手始めに今度の日曜日にあわいちでも。天気が少々心配だけど、多少の雨ならかまわんし、午前中勝負でなんとかなるかな。岩屋6時スタートで、適度にコンビニ休憩挟みながら、南北の道の駅で大休憩。淡路島バーガーと穴子丼。うひゃひゃ、楽しみ。体重増えるかも。

次男幼稚園二百五十五日目

「なわとびした?」ときくと「してないー」と答えたが、120回やったそうだ。答えるのが邪魔くさいのかな。話しかけると「だめー」と答えることも多い。といって何か不満があるわけでも無さそうで、わりとニコニコしている。

10時くらいまでゴロゴロしながらテレビみてたが、急に寝た。ちょっと蒸し暑い夜であった。

2010.09.29

見えないレールとずるずる人

伊坂幸太郎「ラッシュライフ」2回目読了。少し陰鬱だけど、大げさに言うなら人生について考えさせられることが多い。時系列を巧妙にずらされた群像劇。そして全てが反面教師的。

自分ではラッシュライフの影響だと思っているが、最近妙な世界観(人生観?)を持つようになった。複数の乗り移り自由なレールが、時空間に緩やかなカーブを描いていて、人はそのレールを滑りながら生きている。物理的には不可能だけど、同時に複数のレールにだって乗れちゃうのだ。

各レールは、それぞれ、いろんな特色をあらわしていて、そうだな、大まかにたとえてみれば、「大器晩成型のレール」とか、「大成功者のレール」とか。うん、まーちょっと雑だな、気持ちもうちょっと細かい特性があるわけだ。生まれてからずっと同じレールを進むものもいれば、頻繁に他のレールに乗り移りながら過ごす人もいる。望みもしないレールに無理やり乗せられてもがく人がいれば、あるとき突然逆方向のレールに飛び乗る人だっている。同じところをぐるぐる回っている人も。

さて自分は今までどんなレールに乗ってきたか。そして、今乗っているレールはどんなのか。「あー、あそこでレールを乗り換えたよな」とか。「これからどんなレールに乗ってみようか」とか。考えてみると変に楽しい。楽しんでいれるほど余裕のある生活ではないのだが。。。

9月は本気で転職活動を進めるつもりだった。10年ほど乗ってきたレールを乗り換えるつもりだった。しかし、あれこれあってうまく進まず。かといって、現状を良しとしているわけではないのだが、しばらくはこのままレールを進むことになるわな。あ、多分、自分が今乗っているレールは、陽気なギャングの響野が言う「ずるずる人」のレールだ多分。まーええけど。

「死神の精度」を読み始めた。これも2回目。こちらも死に関する物語ではあるが、娯楽的であってかなり気楽にずるずる読める。

次男幼稚園二百五十四日目

朝、はっきりと「いってらっしゃい」と言ってくれてうれしい。最近は6時過ぎに目覚めてカレンダーなどを眺めていることが多いかな。本日の予定について普通に話もしてくれる。

夜は帰宅するなり「おとうさん、こっちへきて脱出ゲーム見ようよー」と誘ってくる。次男が好きなテレビ番組を見ているのだが、嫁と長男が小さいテレビで別の番組を見ていて一人で寂しいらしい(娘は塾)。割とゲームなどは一人でやりたがるのだが、テレビはみんなで見たいってことかな。

ちょっとうれしかった。

2010.09.28

異音もイロイロありまして

昨日の雨の帰り道、フロントをアウターに入れると、ゴリゴリのようなジャラジャラのような、今まで聴いたことがないような異音が。。。

帰宅して酒飲んで異音のことはすっかり忘れてしまっていたが、本日もやはり同じ音がする。雨でチェーンオイルが流れたからかな?しかし腑に落ちん音である。

帰宅後、飲酒前に調査してみると、一目瞭然。フロントディレイラーがアウター位置で、シフトワイヤーの先っちょが、後輪に触れていた。

どこが一目瞭然かというと・・・

ワイヤーエンドキャップが削れてましたので。

50kmくらいでこれ。100kmだとなくなってたのか。タイヤに触れてたのだが、パナのタイヤ硬いねw。何より変なパンクしなくて良かった。

関係ないけどちょっと掃除してやらんといかんな。どろどろ。

次男幼稚園二百五十三日目

嫁が言うには、縄跳びなどのおかげで、次男の足が少しだけ引き締まってきたらしい。自分が見てもイマイチわからないのだが、そういえば、先週くらいから階段を上るときに両足を交互に出して歩くようになったな。筋肉がついてきたのなら喜ばしい。オデブちゃん解消への第一歩だな。

2010.09.27

はじめてのパナレーサー「RACE typeA」

パナレーサーのタイヤ「RACE typeA」で初乗り通勤。

ミシュランPRO3RACEに比べてチューブを入れにくい気がした。少し細いのかもしれんね。

空気圧はとりあえず上限の10.5barにしたけど、もうガッチガチですよ。後輪がポコポコ跳ねて5分で後悔。なので有効な情報は何も無しです。

帰りは予報どおりの雨。さすがに空気を少し抜いて、ゆっくり帰りました。坂の下の鉄板などで滑ることもなく、キチンとグリップしておりました。

あと、いろんなレビューでも書かれていますが、曲がり始める瞬間にカクンと内側に倒れこむ感じがあって少しビビッた。すぐ慣れると思うけど。

次男幼稚園二百五十二日目

朝は6時半頃に起きてニコニコしていたが、帰宅時はゲームばかりして話してくれない。縄跳びは雨降りだったのでマンションのフロアのホールでしたらしい。100回越えてからは毎日1回ずつ増やしているらしい。本日は103回。

2010.09.26

「あかしで満腹!!食三昧市」

明石公園で開催されてた「第二回 あかしで満腹!!食三昧市」に行ってきた。東播磨が中心だけど一応全国からご当地B級グルメ的なお店が多数出店。

見たところ一番人気は宮崎県の「肉巻きおにぎり」。10時の正式な販売開始時点で既に長蛇の列。うちは9時50分頃に行って並ばずに買えた。たしかにこれは旨かった。

個人的に大好きなのは、相生の「牡蠣バーガー」。自分的には、自転車で相生の白龍城(道の駅)まで行って食うものという思い込みがあるのだが、まーかたいことは言うな、明石で食っても旨いもんは旨い。

あと、高砂の「にくてん」、加古川の「かつめし」、淡路の「淡路島バーガー」、・・・。明石のたこ関係は食べませんでしたが、2日間で腹いっぱい。急激に太りました。

2010.09.24

次男幼稚園二百五十一日目

午後に日本脳炎の予防接種に行ってきたらしい。「注射はいやだー、いたいよー、手がガッタガタになっちゃうよー(?謎)」と切実に訴えたらしいが、それほど嫌がってはいなかったようで、一応お医者さんに対して文句を言っておかなければいけないような感じで、妙な面白みがあったとか。注射とセリフがセットになっているだけなのかな。特に泣きもせず。強くなったものだ。

しかし、注射の話題を出すと「ダァーメッ!」と全面拒否。難しいわ。

初アソスはサイクリングキャップ

寒くて目が覚める朝。急激に気温が下がった金曜日。ワイシャツなどはでかいサドルバッグに入れて、ヒップバッグで自転車通勤。素晴らしく背中が快適だ。重そうなパニアバッグで通勤している人がいるけど、なるほど背中がスースーするのって、こんなに快適だとは知らなんだ。

大英帝国から荷物が届く。通勤用のトラウザー(ズボン)が欠品だったが、それでも送料は無料のまま。しかも値段合わせのつもりだったアソスのサイクリングキャップは別途バックオーダーで、別の便で届いていた。それでも送料は完全無料。「無理すんなやWiggleっ」て気分ですけど、いや、ありがたいことですねホント。

アソスのサイクリングキャップが楽しみです!

2010.09.23

物欲を育てる

秋分の日。7時起き。雨はまだ降っていなかったが、雨雲レーダーを確認すると西から巨大な雨雲が迫っている。淡路は無理とあきらめる。午後雨が上がる予報なので、様子を見てサイクリングでもいければなーと、午前中は、自転車関係の備品を整理したり、通販サイトをクネクネして次期物欲をフツフツと育てる。うーん、SIDIのシューズ欲しい。Dragon2とかサイコー。

午後になってもすっきりと雨が上がらず、サイクリングはあきらめて、グランツーリスモ大会。PS2のメモリカードが見つからないので、PS用の初代グランツーリスモ。サンデーカップを荒らしまくりで86をフルチューン。B級ライセンスはすぐに取れたけどA級で苦戦。RPG専門の長男が、なかなかはまり始めた様子。PS3を買うのもアリかな。。。

いつの間にか空は晴れていて、急激に寒くなって、さらにお月さんがきれい。ベランダから写真を撮ってみたが、さすがにコンデジでは難しいものだ。天体望遠鏡とかデジイチとか・・・

物欲にはキリがないけど、明日を生きる活力を得るって風にも思えるなぁ。

2010.09.22

何がドライやねんロケンロール

ユニクロカジュアル自転車通勤2日目ですよ。昨日は「ドライストレッチスポーツポロ」だったが、本日は「ドライ鹿の子ポロ」。結果は「どこがどうドライやねん>鹿の子」という感じ。ま、ロケンロールは余分です、まーとにかく汗の量が普通ではないからごめんなさいと謝っておくけど、昨日のスポーツポロのほうがかなり快適と判明。それもベストではないけど、小さなことからコツコツと・・・

夕方から雨の予報だったので雨装備を万全にしていたのだが、、、帰り道では、水たまりはあったが、ほぼ降らず。ざっと降った後を走る感じで、たまに水溜りをばしゃばしゃ。気温が急激に下がったのか、霧が漂い始めて少し異次元を走った気分。ラベンダーの香りがすれば時を駆けていたと思う、いや多分うそです、ごめんなさい。

振り返れば中秋の名月。今夜は雨で見られないとのことだったから得した気分。雨が早まっているのだとすれば、明日はあまり降らないのかも?ならばちょっと走るかな。加西へ行くか淡路へ行くか。・・・おうちでグランツーリスモ3の可能性もあるがねw

次男幼稚園二百五十日目

こっち向いて「見ちゃダメー」とニヤニヤしながら言うので見てみると(笑)、ドラえもんの絵をきれいに書いていた。色使いは完璧。鼻と鼻の下の筋の位置が逆だったけど、ホント上手だった。吹きだしに「ボクドラえもん」とも書いていて驚き。発達障害児を見くびっちゃ行かんな。

同級生で、明らかな発達障害児の子がいるらしいが、そのお母さん、「言葉が遅いだけ」と主張して、どうしても障害を受け入れられないらしい。事実をありのままに見られない人って、逆に差別的な態度を感じる。そして、たとえば高額な民間医療にはまり込むような、いわゆる騙されるリスクが高そう。といってうちの家庭にしてあげられることなどないのだが。

また別の家庭で、小学生のお兄ちゃんが定型で、弟が発達障害。来年弟が小学校へ上がるらしいが、お兄ちゃんが「弟とは一緒に行かない」と言うのだそうだ。ものすごく難しい問題。うちは年が離れているから、こういうことはほとんどないけど、例えば、家族の中で一番社交的な長女も家に友達を呼びたくない(次男がパニくることがあるし見られたくないし)とか、ありそう。とても難しい問題。

次男、来年は小学校。嫁が言うには隣の小学校には専門家がいるのだが、自校区の小学校はダメダメとの見方らしい。隣の校区に安アパート借りて住民票を移すことも実現可能性は低いが検討したり。しかし、どちらも公立なんだし、同じレベルの教育を受けさせてもらう権利はあるはずなので、出来ることならややこしいことをせず、堂々と意見していきたいという気持もある。

夜9時ごろにお布団引いて、9時半頃になんとか歯を磨いて、ゴロゴロとテレビを見ながら、10時くらいまで起きているのだが、ある瞬間にスイッチが切れたみたいに一瞬で寝る。振り向いたら寝ているとかびっくりですよ(笑)。これもひとつの特技か。

2010.09.21

ユニクロで自転車通勤、ファーストインプレッション

ユニクロで買った速乾性ポロシャツとストレッチジーンズで自転車通勤してみたので初日の感想などつらつらと。

ポロシャツは、やはり専用品に比べれば、汗がべた付く感じがある。特に今日は蒸し暑かったので、不快感倍増したかも。インナーを着れば印象が変わるかもしれないが、さらに汗をかくかもしれん。結局どうなんだといわれれば、まー、それなりにそれなりってところ。

ストレッチジーンズは下にレーパンを履いているのでちと暑い。インナーショーツにすれば多少はましかと思います。それよりも、かなり困ったのがウエストがジャストサイズなのに走っているうちにずれてくること。ストレッチ性があだになっているようだ。帰りはベルトで解決したが、朝の気分はケツ丸出し(いやそこまではずれてないけど)。腰周りはあまり伸びなくても良い気がしますなー。

まーなにより、電車と自転車の乗換えで着たり脱いだりしなくてもよいから、スムーズになってうれしい。途中でお店によっても変な目で見られることもない(ま、まったく気にしないけど)。もう少し涼しくなれば汗も少なく、さらに快適になるでしょう。

明日は、夕方から雨の予報。雨装備で少々荷物が増えそうだが仕方ない。この雨で一段と涼しくなるらしいから来週に期待。がんばれ秋!

次男幼稚園二百四十九日目

ゲームに夢中で、お風呂の時間や歯を磨く時間を守れない次男。お風呂から上がってもハダカのままでゲーム。

「約束を守らないと小学校には行けないよ、ランドセルも買えないよ」と諭すと「いやだー」と一定の効果はあるのだが、最近はゲームの魅力が増しているようでなかなか動かん。

強制排除はせず、そのうち動いてくれるからまだいいけど邪魔くさい。一旦やりだしたらキチンと終わらせるから良いのだけれど、それなりに疲れる。

他愛もないことだが、就寝前に家族5人を二手に分けていた。ボクとお兄ちゃんとママのAグループとお姉ちゃんとパパのBグループ。Bグループは本人にとって敵キャラ風のようだw。長女はおもちゃやお菓子の取りあいで、よく口喧嘩してるからな。家族5人仲良くしてくれよw。

2010.09.20

古ゲー

長男がPS2でリッジレーサーやレイジレーサーなどと言う大昔のPlayStation用ゲームを引っ張り出してきて「おもろいわー」とやっているので、「おかーさん、あれやあれ、PS2用のグランツーリスモ3を出しとくれよ」と、オヤジも久しぶりにのめりこんでみた。

レースよりもタイムトライアルのストイックな感じがすき。ビジュアル的にはスープラが好きだが、スカイラインが運転しやすかったな。

自動車自体にまったく興味のない長男には運転の感覚がわかりにくいらしく、ぶつけまくっとる。「おまえ、これちょっとぶつけたら何百万もパーやで、命の危険も危ないんやで」と忠告すると、少し上手くなった。なかなか単純なものだ。

2010.09.19

タイヤヘルニア

朝から明石まで家族全員で出かける。これも次男の療育の一環。計画を立てて理解し、その通りに実行することが大切なのだとか。無理やりじゃなくて次男自身が楽しみにしていること。できれば外出することなど。まー、難しいことはよくわからんけど。次男君、楽しそうにしておったからよかった。

午後、時間がぽっかりできたので、権現ダムを周回してこようと自転車衣装で出かけたのだが、8kmくらい走ったところで後輪バースト。なに踏んだかわからんけど2cmくらいタイヤが裂けた。普段は持っていないガムテープをたまたま持っていたから、どうにかこうにか修復。でも、さすがにまともには走れないので、そのまま帰宅。途中、チューブがはみ出してきて、チェーンステーにポコポコあたる。なるほどヘルニアってこういうことなんだよな。危険だなw。

2010.09.18

中学校の体育祭

次男が「ボク行かなーい、おうちにいるー」状態だったのでお留守番のつもりだったが、嫁の実家で預かってもらえたので行ってきた。

部活パレードでは、長男が柔道部の先頭を歩き、吹奏楽部の長女が延々と演奏し続けるので、自分的には見所。後は、男子全員による組み立て体操など。日差しが強くクビ周りが強烈に日焼け。

体育祭から帰宅後、次男を連れて戻り、最近の次男の日課、縄跳びの練習を実施。まだ上手くは飛べないが徐々に上手くなってきているらしい。習慣付けることが大切なようだ。幼稚園の運動会は10月ですな。PTAとして出場するとかそういう話がちらほら。

2010.09.17

いつもより多目に恥ずかしい

雨の心配がなかったので、小さいバックパックで自転車通勤。よく晴れて涼しくて気持ちの良い朝だったが、5kmほど走ってから、会社の鍵を忘れた事に気がついた。でかいバックパックのウェストポケットに入れたままだ。あわてて浜国を引き返す。浜国は平均速度が上がるので、全体で15分程度の時間的ロスだったが、起伏が激しいからか、相当に疲れた。

帰宅後、サドルバッグが後ろから見てかなり左へずれていた。一昨日サドルを上げた時にズレてしまったようだ。サドルバッグをつけなければ気がついていないし、走行中になんら違和感を感じなかったのが残念。この状態で朝、いつもより多めに走っていたというのがちと恥ずかしい。

早速まっすぐに直したけれど、これで違和感感じたらどうしよう。

次男幼稚園二百四十八日目

縄跳びは継続して楽しんでいる模様。たいしてまともには飛べないのだが、それでも少しの間でも外に出て体を動かすのはとても良いこと。今日は40回ほど、ペッタンペッタンとやってきたらしい。夕方四時が縄跳びの時間だとか。休みの日も毎日やる。歯を磨くのと同じく習慣にしましょうねと。

明日は中学校の体育祭。長男最後の体育祭だし行きたいのだけど、次男が「おうちにいるー」モードなので終日お留守番になるかも。

2010.09.16

自転車通勤の秋

朝、会社到着時点でえらい腹が減るもんで、コンビニでサンドイッチなんぞ買って食っちまう。これ数日で習慣になってしもて自動的にコンビニに寄っている感じ。おかげで、体重が56kg。まーBMIが22ジャストでOKやけど、膝への負担がキニナル。運動というものをまったくしていなかった頃も、このような食生活だったが、そら太る。今はなんとか自転車通勤のおかげで体を維持しているということかな。ありがとう自転車通勤。

朝夕かなり涼しくなりましたので、今後の自転車通勤スタイルを模索する。現在のところレーパン&ジャージっていう急先鋒(?)な姿ですが、出来ればそのまま電車に乗れる格好で通勤したいの。そのほうが荷物を減らせる気がするし、駐輪場でズボンはいたり脱いだりせんで手間いらずやし。

ストレッチ性のあるしゅっとしたズボンとか速乾性のポロシャツとかをインターネットで物色してたが、専用品になると、世のサイクリストはどんだけケツでかいねんというほど、小さいおっさん用のサイズが少ない。で、最終的に訪れたユニクロはさすがにサイズが豊富で、非常に使いやすくて、お値段もお手軽で、商品の特徴がわかりやすくて、気がついたらちょっと多めにポチしてしまった。秋の夜長は気持も大きくなって怖い。

先週あたり、リアディレイラーをきれいに洗ったが、可動部分に注油し忘れ。今週になって変速性能がガタ落ちでした。外側へはバネの力で動いているので、今後気をつけたいと思います。

次男幼稚園二百四十七日目

幼稚園から帰ってきて、縄跳びを練習しているんだそうな。ま、本人はやる気ゼロなんだが、決められた回数はなんとかやりきってそそくさと帰宅。モティベーションは別として、ちょっとでも外で遊ぶほうが良いと思った。自分らが子供の頃は、毎日のように外で遊んだが、今の子供たち(長男長女含む)は逆やもん。世間いろんなものの関係とか実際とかを肌で感じる機会がないわけで、能力や世界の広さ判断力やスピードなどに多少は影響しそうな気がするな。

2010.09.15

アゲアゲ

サドルを5ミリ程あげてみた。通勤時、気がつくとかかとが下がっていることが多かったので。

クルクルと回しやすい気がしたが、「足を止めるな」と言われている気がしてちょっとしんどい。ただ気持が前に出る感じも心地よいので、しばらくこのままやってみる。

為替も上がる。総理大臣が誰になろうと、為替介入するやろと思っていた矢先。10時半にドル円が82円台に入り、「ええ加減外貨預金を損切りしとかなヤバイな」と思った直後に1円ほど跳ね上がった。

その後もぐんぐんあげるドル円。でも単独介入のようだから、いつ暴落するかと気もそぞろ。なんとか累積為替差損を解消したあたりでしばらく揉み合ってるし、もうダメ、ボク耐えられないわと円に換金。トータル+200円強ですわ(笑)。さらに円は上がり続けてちょっと悔しい気分ですが、普段買わない缶コーヒーで祝杯(これでほぼチャラw)。チキンハートを癒せたのでよしとしよう。

次男幼稚園二百四十六日目

大好きな通級の日。何して遊んだの?とか尋ねても気が乗らないと「もういいやんかー」と答えてくれない。時間をあけて、3回目くらいで「大きな滑り台で」との回答を得た。これ答えるつもりになったって事なので、いろいろ質問。しばらくすると「もういいよー」で終了。どういうロジックで気分が変わるのかはイマイチ読めないな。

UNOのカードにはまっているようで、延々次男の独自ルールで遊ばされる。ちょっと難しいルールだ(笑)

2010.09.14

物忘れの秋

会社に着いた時に、自転車にカギをかけていないことに気付く。そもそもワイヤーロックを自宅に忘れてきていたようだ。駅に自転車を停めたときに気がつかないのもショックだわ。しかし、こればっかりはどうしようもない。

さて、気を取り直して会社で仕事モードに着替えよう。と今度はビジネス用の靴下とステテコを持ってきていないことに気がついた。

ステテコにビジネスも何もないとは思うが、直ズボンなんて何年ぶりだろ。このスースーする感じがたまらないわ。

じゃなくて、とにかく忘れ物が多い一日。さすがに「しっかりせなアカン」と思った次第。

次男幼稚園二百四十五日目

次男は太鼓が大好きで、好きなCD(たいていアニソン)をかけて、Wiiの太鼓の達人の太鼓型コントローラーを叩きまくり。スティックさばきもナカナカのもんで、キチンとフィルインしたり、自分なりのアレンジでやっております。ドラムセットを叩かせてみようかと親ばかは思うわけです。

曲の終わりに「フルコンボッ!」とか叫んでおります。ちょっとやかましい(笑)

2010.09.13

エア漏れ二回

朝、中八木川を渡っているときに、後輪がヘナヘナになってるのに気付き、チューブ交換。新品タイヤには何も刺さっておらず、中古チューブのパッチを当てたところからのエア漏れだった。

最近パンクが少ないから予備チューブは1本だけ。つまりもう使い切っているわけで、あとはパッチをあてて対処せなアカンけど、パッチからのエア漏れは無理やな。帰りにパンクしたらもうお手上げやなーと、嫌なことを考えて一日過ごす。

で、案の定と言うか、そうこなきゃというか、つまり、嫌な予感は的中する。世の常。

帰りに駐輪場へ行ったら後輪がまたまたペタンコ。二度見してもペタンコである。なんか刺さっているのかなと思ったが、いくらチェックしてもタイヤには傷がなく、やはりパッチからのエア漏れ。

こうなったら仕方がない。だめもとで、パッチの上にパッチを貼って、最低限のエアを入れて、様子を見ながらゆっくり帰宅。かなり疲れたが、西の空の三日月がきれいだった。

次男幼稚園二百四十四日目

嫁のおねーちゃんが最近仕事しだしたので、昼間に1歳半の姪っ子を預かっているらしい。次男はこれを非常に楽しみにしている。次男のおやつを姪っ子が欲しがったら、「しかたがないなー、はい、あげるよ」と。。。驚愕。他のものが「お菓子ちょーだい」とやると、烈火のごとく怒り出すのに(笑)

小さい子、自分より弱いものを認識して大切に出来るというのは、すばらしいなと感じた。

2010.09.12

加古川左岸マラソンコースの天然パヴェ

夕方、スーパーまでママチャリでお使いに行ったら、薄雲がかかってて風も強くて、少し涼しそうに思えたので、久しぶりにサイクリング。ガッツンガッツン走ってみたくなったので、久しぶりに加古川左岸マラソンコースへ。インナー着ないでチチクリマンボでレッツゴーだ。

水菅橋を下から撮ったのは初めてかな?

行きは追い風でイケイケ。楽しくなって踏み倒したら、帰りは当たり前に向かい風で、いきなり力尽きました(笑)

無人状態は珍しい。苦節三年やっとここで撮影できた。

加古川左岸マラソンコースは、ところどころに石畳みたいに路面が荒れているところがあって、ロードで高速で突っ込むと、振動で3cmくらい幽体離脱するから気をつけてね。いやほんと以前より状態が酷くなっているように思ったよ。

2010.09.10

徐々に楽になりまする♪

朝、舞子駅近くでパンクした。いきなり後輪から派手にパシュパシュ音が聞こえてあうあうあー。タイヤは3500kmほど走って穴ぼこだらけだから外から見てどこがパンクしたのか特定するのは困難です。チューブを調べたらバルブ近くに2mmくらいの裂け目。パッチ当てたチューブを使いまわしているが、そろそろ新品を買っておこう。円高やし。パンク修理も楽しいものだが。

業務上でのネガティブな情報源や疑心暗鬼を増長するようなお付き合いを絶って4ヶ月。家庭的な状況変化も関係しているかもしれんが、ずいぶん体の中の毒素が抜けてきて、日々、心安らかに生活できるようにはなってきた。一時期は眠りが浅くて、朝方目覚めて時計を見たら、たまたまだけど4時44分とか4時49分とかで「ああぁーやはりそうなのかぁー(謎)」といったヤバげな落ち込み方をしていたからね。←マジヤバでしょこれ(笑)

夜は、予備チューブでエア圧も低いので、澄んだ秋の空を見上げながら星を探して「涼しいなー」とぺこぺこ自転車を漕いで帰っていたら、ママチャリに抜かされた(笑)。まーゆっくりいきましょーやといった感。

今夜も柔道。長男は塾行ってたので一人で観戦。「うぉぉぉっ!」とか思わず声が出ますなー。100個目の金と最年少世界王者は無理でしたけど、明日に期待。燃えますな。

次男幼稚園二百四十三日目

明日はまた楽器屋さんへ行くらしい。毎週すみません>楽器屋さん。

でも今回はメトロノーム兼チューナーを買いに行くのだとか。長女が吹奏楽部で使用しているチューナーを見て欲しくなったようだ。キーボードに表示される楽譜を見てアルファベットによる音名表示や記号が気に入っていたので、もうチューナーなんて音が出るし音名表示されるし、カッチカッチ鳴るし、タマランのでしょうな(笑)

嫁が音楽をまったく解さないので、ついていきたいが、明日は出勤日。残念。

2010.09.09

秋をレーパンで感じる

台風が過ぎたからかどうかは知らぬが、朝夕の気温が下がったみたい。

自転車通勤帰り道、腰を上げて、ちょっとがに股でペダルに立って、スイーッと坂を下ると、あの辺やこの辺がスースーして気持ちよかった。先日までそんな感覚はなかったわけで、どんだけ気温が高かったのかと改めて驚いた次第。

帰宅時、長男が柔道世界選手権を観戦してた。酒飲みながら一緒に燃える。長男の解説が自動的についてくるので、なかなかオモロイのだが、うざいときもある(笑)。

朝夕BB付近から異音あり。クランクがキチンと奥まで入っていないようだったので、寝る前にメンテした。

次男幼稚園二百四十二日目

長男が大好きで、かまって欲しいからか、テレビの前にでーんと居座ってみたり、ちょっかい出したりして怒られる。

長男は長男でイラッとして乱暴な言葉を使う。次男は聞いて覚えたそんな言葉を、似た状況で使う。それで、他のものがイラッとする。そんな悪循環の状況が見えたので、次男も叱り飛ばしたが、長男にも少し注意というか指導した。

まー、頭で理解しててもうまく動けないのは大人も一緒だし、気楽に。

2010.09.08

終末を考える

次男の療育手帳が発行された。通知が来てから嫁がダッシュでもろてきた。いつもながら嫁の仕事の速さに舌を巻く。ちなみに広汎性発達障害なので療育手帳はB2(軽度)です。

ここ数年「親が死んだ後、この子はどうなる?」という考えたくない問題が心の底に横たわっていて困っていた。しかし、どうやら「扶養共済制度」というのがあるらしくて、少し安心材料となった。親が死んだら、障害児本人に毎月一定額の補助を出してくれるらしい。

療育手帳で所得控除が受けられるから、その分を有意義に使って生きたい。彼が将来自立して生活できることが最優先。正確に言えば、親への依存度を減らして、社会全体への依存度をあげるってこと。それが自立するということだから。それから、親が死んだ時、彼がそれをちゃんと認識できるとして「親は親で楽しかったんやろな」と思ってもらわなくてはならないし・・・

などと「自分らが死んだ後」の話を嫁としてたら、気持がどんよりしてしまった。本来「自分らが死んだら・・・」などということは、真剣に考えてはならんのかもしれん。よくわからんが。

しかし、彼の人生が終わる時「ああ我が人生、楽しかったな」と思ってもらいたい。何十年先かわからんけど。「ああ辛かったわー」なんて最悪の最低。

次男幼稚園二百四十一日目

療育手帳を貰ってきて、嫁といろいろ将来のこととか話をして暗い気持になってきたけど、次男は傍らでゲームしてテレビ見てゲハゲハ笑ろてた。それでええねやろなと思う。

2010.09.07

台風接近、雨風怖い

帰り道、自転車は危ないかなと思うほどの強烈な風が吹いてて、走り始めるとポツポツと雨まで降り出した、、、と思った直後、いきなり大雨に豹変した。

建物の隙間からの横風で、一瞬車道へ膨らんだり、ヤバイと思って対抗するとタイヤがツルリンと滑るんちゃうかと血の気が引いたり身の毛がよだったりで怖かったー。

が、途中で雨は止み、横風は追い風に変わり、家に着くころには雨に遭ったと言っても信じてもらえないくらいに全てが乾いておりました。

次男幼稚園二百四十日目

5時半に起きて、「はながむずむずー(鼻水が出るのでかんで欲しいの意味)」とワタシの布団へ。眠い。その後トイレに入って「ぱーさん、おしりむーん!(ウンチが出たのでお尻拭いてくれっの意味)」

発達障害に気づき始めたころ、オムツを外す練習をしていた頃、4歳頃ですね(既に遅いがw)、その頃に不完全な状態で終わらしたのでこうなってしまったのかも。

もう6歳ですからそろそろ自分で出来て欲しいけれど、本人がやる気なしですわ。ボクはねー7歳になったら出来るんだよーなどといい加減なことを言い続けておる。んなわけないやろと突っ込んでも「ダイジョーブっ」。ま、徐々にね。

夏休みが終わって気になることがあったので聞いてみた。幼稚園ではキチンとおとなしくしているのかということ。嫁が言うにはそれなりにちゃんとしているとのことだ。ホントかな。家ではかなり迷惑な野郎なのだがなぁ。外でキチンと出来ているなら、まー家の中は寛大な対応でかまわないかな。

療育手帳が発行されるので取りに来なさいと通知があった。近々嫁が行くでしょう。

2010.09.06

慣性の法則

思いつきから久しぶりにデュラより前後で500gくらい重いFulcrumのRacing7で通勤。フリーのラチェット音が懐かしい。通勤路はほぼ平地なので、スプロケは12-21T(9s)を使用したが、意外に疲れた。

巡航スピードに乗ってからは楽だけど、通勤路の大半は歩行者がいる自歩道、加減速が多いので、ギヤは軽めにするべきなんだろうな。

それからブレーキの効きの悪さが酷い。昨年はよく雨の中を通勤していたもんだと感心。フレームも重かったはずだし。あーこわい。

「こうやって、高いものしか目に入らないようになっていくんだな」という気付きもあった。いまさらどうにもならないけれど。

次男幼稚園二百三十九日目

ゲームをしながら寝っころがってお好み焼きをピザみたいに食ってた(笑)。お行儀良くしましょうとテーブルを持ってきても「いや」とな。将来外で恥ずかしい思いをしないようにと思ってのことなんだけど、本人は特別に恥ずかしいとは思っていないようだから難しい。外ではある程度きちんとしているので、家の中では多少自由でもいいのかな。よくわからんわ。

隣でビールのみながらかみ合うようなかみ合わないような会話。まーそれでシアワセである。

2010.09.05

通勤スタイル

昨日届いたオレンジ色のタイヤ(MICHELIN PRO3RACE)を装着してみた。あはは、フレーム色(赤)とまったく似合っていないや(笑)。あと500kmくらいは今のタイヤが使えそうなので、目が慣れるまで放置の刑(笑)

午後にNHK BS1で「ツールドフランス2010総集編」て番組が再放送されてたので見た。レース志向ではないのだけれど、さすがにゾクゾクきましたな。しかしロードレースのあの集団はちょっと怖い。膝も治ったところやしw。DVDとか集めてみようかしらん。とりあえずは健康志向のおっちゃんということで・・・

タイヤの色とは関係なく、通勤でDURA-ACEの軽くて高いホイールを使い倒している状況に疑問を感じていたので、フルクラムのレーシング7に換えてみる。前後で500gほど増量化。後ろ足が鍛えられるという効果も狙っているのだブヒブヒなのだ。

もういっちょ疑問が残されている。それは通勤時のレーパン&ジャージ。人一倍汗っかきなので出来ればふんどし希望なのだが、家庭的にも社会的にも認められず、パールイズミからもさすがに販売されていないし。トラウザーとかポロシャツとか、そういうスマートでスポーティなブリティッシュな紳士的ファッションで通勤したいが、電車の中でとめどなく流れるあの汗だけが許してくれない。

サワヤカな汗ってこの世にあるのか?

2010.09.04

膝のリハビリ終了です

週一回通っていた膝のリハビリが完了じゃ。4月にネコと絡んで落車して、半月板損傷の診断をうけたが、どうやら最近になって前十字靭帯プチ損傷ではないかというところだが日常生活ではほとんど困らず、強いて言えば長時間、体重をかけた状態で右膝を完全に折り曲げられなかったのだが、先日膝周囲の筋肉に力をかけておけば何とかなるという裏技(?)を教えてもらい、ほぼ問題なしですわー、かかってこんかい和式トイレとお葬式!。いやマジで健康って素晴らしいね。

費用はだいたい3万円近くかかりました、結構な金額。うちは可能な限り全てお小遣いからまかなうというシステムなので、この5ヶ月強烈にカツカツの生活だった。あ、ワンデーのコンタクトとか緑内障がどうしたとかもカツカツに拍車をかけてはいるけれど。なにより、乗り越えられないお山はないよね、少し気分が楽になった。

靭帯がちょっと伸びてるようなので、筋トレはランジを継続すべしだが、自転車通勤で引き足を意識して走ればそれなりに効果があるようだ。横着できるかもしれんな。

2010.09.03

たこフェリー廃止とか・・・

たこフェリーが廃止される可能性大。気軽に淡路島へ自転車で上陸する手段だったのに、なんとも残念。ジェノバラインに協力要請して存続の方向を探っていくようですけど、どうでしょうね。自動車では明石海峡大橋があるし、それ以外ならジェノバラインってことになる。利用者にとっての実害ってないかもしれない。あ、原チャリは明石海峡を渡るすべがないか。

たこフェリーは、船内のゆったりした雰囲気が好きなのだ。

次男幼稚園二百三十八日目

夜、嫁の姉が姪っ子を連れて遊びに来てた。姪っ子はまだ1歳半。嫁の姉はワタシよりも3つ上なので超高齢出産ですな。姪っ子はうちの次男君が大好きでくっついて周るのだが、次男君は基本的に苦手。さすがに知的レベルも次男のほうが上だけど、あと2・3年後は逆転してるかな。あ、いや次男も2・3年成長するわけだから・・・アキレスとカメみたいや

ウチの次男、最近は「ただいま」と帰ると「いってらっしゃーい」とか答えよる。わかってて反体の意味のことをしゃべるってのは、ある意味、障害の度合いが軽いってことなんだろうが、冗談を言ってよいかどうかという判断ができないので、ややこしい。家の中ではかなり許しているがまともに会話が成り立たないこともしばしば。

2010.09.02

増えるへそくり

円高らしいので先週豪ドルを買った。あわよくば為替差益を・・・という気もなくはないが、へそくりを低利率の円の定期預金に寝かせているくらいなら・・・って感じ。とりあえずお小遣いレベルのまったり運用・・・

ところが、早朝予想外に豪ドル高騰。ここで「もうちょっと伸びるかな?」とか考えてると時機を逸して地団太踏むのがワタシの41年間続けている残念なパターンであるから、即座に払い戻して利益確定。

1000円儲けて、ちょっとウハウハ。

自転車通勤:34km
飲酒:金麦350ml×4本(ウハウハなのでw)
リハビリ:やってないと思う。

次男幼稚園二百三十七日目

ビールのツマミのおさかなソーセージを食べたいと持ってきた。袋を破いて皮を剥いてやったがイマイチ失敗。「おとうさん、しっぱいしちゃったねー」とか突っ込まれたが、嬉々として食べていた。いろいろ許容できるようになってきたみたいだな。

2010.09.01

おいおい

コンタクトレンズにしてから、かすかにピントを合わせにくい時がある。乱視は矯正していないからでしょーか?と、クールな眼科の先生に相談すると、「それ老眼やし。乱視もレンズもカンケーねーし・・・」

自転車通勤:34km
リハビリ:ランジ適当に15回ほど。
飲酒:性懲りもなく金麦350ml×3
その他:負荷かけてプッシュアップ10回

帰宅後メシ食いながらテレビを眺めていたらさんまちゃんが「老眼はいきなりやってくる」とか言ってたけど、マジでホントにその通り。嫁さんは先日同じ眼科で検査してもろて健康そのものだったらしい。なんか悔しい。デカイ文字の携帯とかもたなあかんかなー。

次男幼稚園二百三十六日目

夏休み終わり。6時に起きて元気に楽しく歩いて行ってきたらしい。暑かったか?と聞くと「うん」と元気に答えていた。8/30(月)に8月のお誕生日会があったので自然に通園できたのかも。

夏休み中に広汎性発達障害の診断を受けて療育手帳の申請もした。定型発達との境界にあるので少し迷ったけれど、せっかく自治体から支援を受けられるのだから利用させてもらおうという結論。嫁も確定診断を期に、療育についての知識を得て、絵カードを作って利用しながら積極的に関わっている。素晴らしいことだ。

本人さんは、お盆に自分の実家でバーベキューして花火をして、無理だとあきらめていたお泊りが出来た。毎日ぬりえみたいな宿題もキチンとできた。本人にとって非常に充実した夏休みだったのだろう。完璧やん。

本人は既に来年小学校へ上がる気まんまん。ランドセルが楽しみで仕方が無いようだ。さて、親としては普通小学校へ行くか特別支援学校へ行くかという選択に迫られる。ちょっと悩ましい問題だ。今後も親として家族として彼の為にいろいろ立ち向かっていくべき対象が増えてくるのかも。負けないように向かっていきましょうと、そんな夏休みであった。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ