« 次男幼稚園二百五十四日目 | トップページ | 次男幼稚園二百五十五日目 »

2010.09.29

見えないレールとずるずる人

伊坂幸太郎「ラッシュライフ」2回目読了。少し陰鬱だけど、大げさに言うなら人生について考えさせられることが多い。時系列を巧妙にずらされた群像劇。そして全てが反面教師的。

自分ではラッシュライフの影響だと思っているが、最近妙な世界観(人生観?)を持つようになった。複数の乗り移り自由なレールが、時空間に緩やかなカーブを描いていて、人はそのレールを滑りながら生きている。物理的には不可能だけど、同時に複数のレールにだって乗れちゃうのだ。

各レールは、それぞれ、いろんな特色をあらわしていて、そうだな、大まかにたとえてみれば、「大器晩成型のレール」とか、「大成功者のレール」とか。うん、まーちょっと雑だな、気持ちもうちょっと細かい特性があるわけだ。生まれてからずっと同じレールを進むものもいれば、頻繁に他のレールに乗り移りながら過ごす人もいる。望みもしないレールに無理やり乗せられてもがく人がいれば、あるとき突然逆方向のレールに飛び乗る人だっている。同じところをぐるぐる回っている人も。

さて自分は今までどんなレールに乗ってきたか。そして、今乗っているレールはどんなのか。「あー、あそこでレールを乗り換えたよな」とか。「これからどんなレールに乗ってみようか」とか。考えてみると変に楽しい。楽しんでいれるほど余裕のある生活ではないのだが。。。

9月は本気で転職活動を進めるつもりだった。10年ほど乗ってきたレールを乗り換えるつもりだった。しかし、あれこれあってうまく進まず。かといって、現状を良しとしているわけではないのだが、しばらくはこのままレールを進むことになるわな。あ、多分、自分が今乗っているレールは、陽気なギャングの響野が言う「ずるずる人」のレールだ多分。まーええけど。

「死神の精度」を読み始めた。これも2回目。こちらも死に関する物語ではあるが、娯楽的であってかなり気楽にずるずる読める。

« 次男幼稚園二百五十四日目 | トップページ | 次男幼稚園二百五十五日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/49602846

この記事へのトラックバック一覧です: 見えないレールとずるずる人:

« 次男幼稚園二百五十四日目 | トップページ | 次男幼稚園二百五十五日目 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント