« 次男幼稚園二百六十日目 | トップページ | 次男幼稚園二百六十一日目 »

2010.10.07

太鼓の音とキンモクセイ

朝、自宅を出てすぐの江井島酒造の小道で、金木犀の華々しい香り。昨夜まではまったく匂っていないのだからちょっと驚き。毎年のことだけど、この香りに「はっ」として「あーそーかキンモクセイやわ」と思い出し、どことなく心がふわっと軽くなる。これだけ強くて心地よい香りなのに、毎年、「今か今か」と待ちわびていないのが不思議。

先日から垂水の2号線沿いで布団太鼓の稽古が始まっていて、自転車通勤の帰り道で横目に見る。明石でも川沿いなどに祭りのボンボリが立てられていて、自宅からも遠くに西島の太鼓の稽古が聞こえるような聞こえないような。

もうかなり秋。ヤキイモ食いたい。

« 次男幼稚園二百六十日目 | トップページ | 次男幼稚園二百六十一日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そろそろ秋祭りの時期になりましたね
ぱぱろぐさん家から太鼓の音が聞こえましたか!

我が家ではどうでしょうか。
たぶん耳の穴をの掃除をすれば、聞こえるかもしれません(笑)

マーサーさん、コメントありがとうございます。
例年はもっと大きく聞こえるんですが今年は音が小さいですね。西島は練習してないですかね。聞こえていたのは中尾のたいこでしょうか。江井島かな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/49680354

この記事へのトラックバック一覧です: 太鼓の音とキンモクセイ:

« 次男幼稚園二百六十日目 | トップページ | 次男幼稚園二百六十一日目 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント