« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月の58件の記事

2010.11.30

11月の自転車

11月の自転車は688km。舞鶴までツーリングに行ったが、風邪ひいて、自転車通勤を1週間自粛したし、週末はランニングに忙しかったからね。

ま、12月も無理せず安全に楽しく乗れたらよいかと。

目的は健康増進と世界平和なのだから。

減量開始

先週末、気がついたら体重が60kgを超えていた。以前の大々的なダイエットで減らした体重の約半分をわずか1ヶ月ほどで取り戻してしまった。

さすがにこれはまずいと即座にカロリーオフ生活に入り、本日帰宅時は57.5kgで小躍り。しかし、祝杯あげたら一気に59kgまで増えた。ま、多少は減っているのでOKだ。

毎日運動しているからか下がりだすと早い。でも一度は踊り場(下げ止まり状態)を通過しないとうそ臭い。週末にかけてエネルギー摂取能力が飛躍的に高まるはずなので、心してかかろうと思う。

やはり54kgが理想だが、一ヶ月ではちとつらい。最大の敵はお正月だな。

催し物

朝一飲んだ牛乳が悪かったのか、何の気なく乗った通勤電車で、催し物。

とりあえず目的の駅までは大丈夫だろうと思っていた(波があるからね)。しかし、途中の駅で止まった瞬間、いや~な予感がして慌てて降りた。

なんで安心したら催し物が最高潮になるのだろう?出口のドアがパコパコ開いて、中から人があふれてきそうだカンベンしてよ。

気持ちの上では、お尻を押さえて駆け込んだ。間一髪のギリギリセーフ。尊厳が保たれた朝。

次男幼稚園二百九十五日目

帰宅したらパンツぱんくろうのビデオを見ていた。このビデオのおかげでトイレにも行くようになったし、先日自分でお尻も拭ける様になった。ビデオは次男にとって先生なのかも。真似をすることでいろんなことを覚えられるようになったようだ。小さな頃好きだったハム太郎のビデオからも何か得ているんだろう。

2010.11.29

本屋徘徊

帰りに本屋さんに寄って、平積みされてる文庫本を物色。

伊坂幸太郎さんの「ゴールデンスランバー」があった。

目的なく本屋に入って、早い段階で「あ、これこれ!」となったときの喜びっていうのは確かにある。

ジャンルまたいで徘徊するうちに、「不幸になる云々」とか「妻に捧げたあれこれ」とか「○○の丸かじり」など、「この人何を求めているの?」的な書籍を全部抱えていた。

どうも日常のストレスやモヤモヤを、本を買うことで解消しようとしているんじゃないか?と我に返って反省。とりあえず、ゴールデンスランバーだけにした。

サクリファイス

遅ればせながら、サクリファイスを読みきった。

非常に読みやすくて、楽しく一気に読めたのだが、中盤以降は特に淡白な気がした。センターラインの無い細くて長く、ゆるい上り坂をロードバイクで気楽に楽しく登りきったような気分。斜度2%~3%くらいのだらだら登りで周囲の景色の変化が乏しい道だな。

それから、自分はレーサーでは無いので実際にどうなのかはわからないのだけど、石尾さんの最後の判断は現実的ではないような気がした。ま、フィクションなんだから、それでよいとも思ってはいるが。

予想以上に重たいの

萎えた足に活をいれるため、重いホイールに換えたわけだが、通勤で5kmほど走っておなか一杯。伸びは良いが、スタートストップが多いとね、疲れるのだよ。

昨年の今頃はさらにフレームが2kgほど重かったのだが、まったくもって信じられない。何の疑いもなく普通に走っていた。知らぬが仏というかなんというか。。。

走行中は、前輪がよく目に入る。ハブとリムが真っ赤っかで、かつ「Racing」などと書いてある。「うそつけ!」と思いながらも、ホンのちょっとは気合が入る。そのせいで心拍が上がっている可能性もあるが、しばらくこれで頑張ってみる。って当たり前だな、まだ一日目だw

今朝はつま先が冷えた。靴下二足履きの季節が来たね。

次男幼稚園二百九十四日目

昨日、トイレで自分でお尻を拭けたのだけど、その後もずっと自分で出来ているみたい。たいていのことは、やれば出来るし、やらねば上手にならない。

今までは「できない」と思い込んでいたのかな。やってみて上手くできなければ恥ずかしいという気持ちもあると思う。ワタシがそのタイプなのでよくわかる。おそらくウチの家族全員(おっと、嫁以外ね)の特性だと思う。

出来る人に教えてもらったほうが効率は良いのだが、ある意味ゼロから考えられるから、継続すれば深い理解が出来るとも思う。が、どうしても習得するのに時間がかかるし、いくらやっても上手くできない場合もあるから、良し悪しだな。

2010.11.28

ひとりで出来た!

自閉次男君、6歳にして、やっと本日自分でお尻を拭けました。あ、お食事中の方すみません。でもそんなの気にしていられないからさらにゴメン。

夕方、トイレから次男君が出てきて「ボク、お尻拭いたよ、ひとりでデキタ!」と嫁に報告。別の部屋でそれを聞いていたワタシも部屋を飛び出して「すごいねー」と反応したが、最初は正直半信半疑。

しかし、嫁によると「確かにその形跡が・・・」と。いや、お尻やパンツにどうのこうのというのではなくてね。ウェットティッシュを使った形跡があったらしい。次男は小さな頃(障害に気づく前)に普通のトイレットペーパーを嫌ったので、今でも赤ちゃん用のお尻拭き(ウェットティッシュ)を使っているんですね。事が済んだら、家族にしかわからない暗号(ま、赤ちゃん語みたいなもんです)を彼が唱えて、家族がトイレに駆け込んでいたわけ。

身体障害ではないので、能力は以前から備わっていたはず。ただ、その意欲がなかった。一般的には、ウェットティッシュの件も含めて、「甘やかしている」と映るかもしれないが、自閉症である彼にとっては、一旦覚えてしまったやり方を変えられるのは一大事。

といって、こういった「普通と違う」事(少しイヤな表現ですがw)、特にトイレ等のことは、からかいの対象になりやすいそうで、気になっていました。来年から特別支援学級に通う予定ですが、健常児との接点はたくさんあるし、そもそも子供は正直故に残酷です。

なので、最近は家の中で「小学校に上がるまでにこれが出来て欲しいなー」という話題が多く、つい先日も「自分で拭けたらうれしいな」と嫁と話したところだった。彼は文字を読めるので「目標を紙に書いて掲げておこうかね」とも。そして、そのとき隣にいた次男に「チャレンジしてね!パパもママもうれしいよ!」とお願いした。「こうしなさい!」はほぼ反発するし、「こうしなきゃダメ!」はもう大騒ぎだから。。。ややこしいでしょ?難しいんだよホント。

家族が大好きでみんなニコニコしてるのが大好きな次男君。もしかすると、これを聞いて「少し頑張ってみようかなー」と思ったのかもしれない。そうであればなお嬉しい。

まだまだいろんなことがあると思うけど、今後も無理せず、楽しくゆっくりでいいから成長して欲しい。

通勤トレーニング仕様

今年の初めに自転車とホイールを軽くしたが、以来、脚が弱ったのではないかという疑いがある。いわゆるトレーニングをしているわけではないから運動負荷は落ちているので、当然といえば当然。

ということで、本日デュラエースの軽量ホイールから少し重たいフルクラムのレーシング7に交換した。ほぼ平地の通勤用なのでスプロケも12-25Tから12-21Tに。

ここにきて体重が「冬眠でもするんか?」というぐらい、増えているから、重いギヤで重いホイールを回してカロリー消費していこうじゃないか!と気張ってみた。いつまで続くかわからんけど。

朝の10km

久しぶりに朝走る。昨日夕方に走るつもりだったが、時間が取れなくて断念したので、ウズウズしていた。

最初から最後まで6min/kmのペースを維持。昨夜シューズの紐を締めなおしたからか、徐々に右足がしびれる感覚があったが8kmくらいで自然解消。折り返し以降、ストライドを長めにとってみたのが関係しているのかも。

延々西風が吹いていて、往路は追い風の無風状態。復路は当然向かい風。かなりつらいのだが、ふと風が弱くなったときに、カラダが軽くなって、ふわっと前に進む感じが気持ちよかった。

今日のダメージ(笑)は両方のふくらはぎ。午前中は変な歩き方だった。太腿はおそらく筋肉痛にならないと思うが、夕方に左の太腿が攣ってびっくりした。もう一本走ろうかと思っていたが、辞めておいた。

2010.11.27

カホン初耳

久しぶりに次男君といっしょに楽器屋さんのパトロール。シマウマ柄のカホンを見つけて、叩いてみたら心地の良い音。重低音とスナッピーのバランスがサイコー。

衝動買いしそうになったが、値札が付いていなかったし、ただの箱といえば箱なんだが、それでもやっぱり高そうだし、なにより太鼓好きの次男君がその音に興味を示さなかったので、なんとか踏みとどまった。

腹いせに(?)二人でゲームコーナーに行って、太鼓の達人でフルコンボを連発。とりあえず購買意欲は解消したが・・・工作意欲はかなりアリ。

シマウマ柄だったし、なんとなくアフリカの楽器だと思い込んでいたが、発祥はペルーなんですね。で、Cajonと書くのもはじめて知った。

あー、作りたい、叩きたい。

ハッピーバースデイ

娘の13歳の誕生日

部活はお昼で終了して、明日は練習無しだとか。「ほっ」とした表情の娘を見るのは久しぶり。遅めのお昼は家族みんなで食べ過ぎて、晩御飯はケーキのために適当に済ます。次男がコーヒー豆を挽いてくれた。

2010.11.26

ムダではないと・・・

スポーツ用品店の「アディダス製品10%オフ」のクーポンがあったので、ランニング用のキャップと小さなウェストバッグ(いや腰に巻くポケットと呼ぶべきか)を購入。必要性は感じていたが、物欲解消も3割方。

自宅で「これでまた楽しく走れるなー」とニタニタしながらしげしげと眺める。

こういうスポーツ専門品には、百貨店のメンズコーナーで売られているブランド名を配しただけのものとは違って、独特の美しさがあると思う。機能性や軽量化を追及した、無駄をなくした美しさ。カラダ的にもあやかりたい。

と、無駄に酒を飲んでしまった(笑)

次男幼稚園二百九十三日目

通級の日。でも幼稚園のことは特に話してくれず。ま、楽しかったらしいのでよいけれど。

VHSビデオが使えることに気がついたようで、久しぶりに「パンツぱんくろう」のビデオを引っ張り出してきて見ていた。次男君、自分でお尻を拭けないので、頑張って勉強して欲しい。しかし、内容をよく覚えていて感心した。これも自閉症や発達障害と関係があるのかな?と思ったが、どうなんだろうか。

2010.11.25

狂犬的迷惑自転車

自転車通勤帰り道。浜国を西へ進み、明石川に架かる大観橋を西に越え、南へ左折。自転車歩行者道である車両は浜の散歩道には直接入らずに、一旦細く短い一般道に入るのが正しいルート。数10m進んで、浜の散歩道へ右側から合流する。

このとき右斜め後方に自転車のライトを確認。それなりの速度だ。「ジャーコジャーコ」とチェーンがイカレテいる独特の走行音が聞こえる。なかなか遠ざからない。十分に確認してゆっくり前に入った。

直後、「あーしまったぁー」と思った。それまでゆっくり走っていたママチャリが、こちらの姿を確認してから、速度を上げて、ついてきてるのだ。あーややこしい。追突されるのはイヤなので、歩行者がいたり、車止めがあるところや小さな路地の交差点で手信号を出すが、理解しているかどうか怪しい。減速すると後ろから「キー」というブレーキ音。ゆっくり走っても前には出てくれない。あーホント邪魔くさい。

夜を気楽に走りたかったのだが、直線で前方の安全を確認してからぶっちぎったが、バカバカしいことに体力を使ってしまった。

スリーコードキングを育てる

次男君お気に入りの鍵盤は、液晶画面に押さえているコードが表示される。自閉症のこだわりで文字に異様ともいえる執着心がある次男にとっては、これほど楽しいものは無い。いつの間にか、一般的なポップス・歌謡曲で使われるほとんどのコードは読めるようになっていて、単純なコードは押さえられる。ナニモノじゃコイツは。

そこで、スリーコードを教えてみた。読むほうはM7もadd9もdimもaugも♭5なんてのも普通に読むので、とりあえず演奏するほうへ・・・

「C,F,G7でどんな曲でも弾けるんやで」と教えると「ホント?そうなの?」と楽しそうに尋ねてきて、C,F,G7と順に押さえて喜んでおった。出来る!こいつ。

よし次は一応マイナーコードな。そんでブルーノートの装飾音とかそういうの・・・

ドロボー!

娘がサイフを盗られた。友達とプリクラに入った時、クチがあいたままのバッグを足元に置いていたようで、撮影してキャッキャッいうてる間にサイフだけ抜かれていたと。それほど高額被害ではないから、社会勉強の授業料とあきらめるが、しかし「人を見れば盗人と思え」と教えなきゃならないのもどこかしら残念だ。

何はともあれ、悪いのは盗人のほう。警察からの連絡によると、監視カメラにそれらしき人物の姿が映っていたようた。捕まえたいとか罰を与えたいとは思わないが人のものを盗んでおいて堂々と生活されるのもどうかと思う。反省の機会は与えたい。

次男幼稚園二百九十二日目

発達障害の一部の子はトイレでおしっこをする時に、パンツとズボンを下げてお尻を出してするらしい。小学校くらいでは、これがからかいやの対象になったりして、傷つく子供もいるそうだ。

次男君も自宅ではそのようにしているので、小学校に上がるまでに上手くできるようになって欲しいと思っていたら、幼稚園では前だけ開けてしているそうで、少し安心した。

ならば、近いうちに身につけて欲しいのは、お風呂上りなどで、自分でちゃんとパンツを履くことかなーとトイレに入っている次男に聞こえるように言っていたら、今夜はちゃんとお風呂上りに自分でパジャマを着ていたわ。なんだ出来るんじゃないの。

ならば、トイレ(大)で自分でお尻を拭けることやな。頑張れ発達障害。

2010.11.24

ルック車を頂いた

帰宅すると、いつも自転車を置いている場所に先客がいた。3軒隣のお宅のお兄ちゃんがうちの娘と同い年なのだが、ジュニア用の自転車がもう乗れなくなったので、よろしければうちの次男のためにと。ありがたい話です。

そういえば、6,7年前、うちの長男が乗っていたもっと小さな自転車を、このおにいちゃんにあげたっけかなぁ。

パナソニックのMTBルック車。フロントシングル、リアはおなじみボスフリーの6s。但し、かなりワイドレンジのよう。シフターはやはりおなじみシマノのRevoShift。ホイールは26インチでタイヤは1.75の浅めのブロック。フロントブレーキはテクトロのキャリパー、後ろはママチャリによく付いているベルト式のブレーキ。という、形だけはMTBだが、スペック的にはシティサイクルって感じ。

錆びまくっていたチェーンに注油して、シートポストとかヘッド周りをゴチョゴチョしてみたが・・・さて、これどうしようかな。

知ってのとおり、うちの次男は自閉症的な発達障害で常人とは少し感覚や運動能力が違っていてですね、6歳なんだけど、今のところ、自転車に乗る気は全くない。小さめの幼児用の自転車を持っているけど、「ボク、10歳になったら自転車に乗るからね!まだ早いの」だって(笑)。

おとーさんとしては、高級コンポ購入してバカな真似をしたくなってるのは確かだが、このご時世、給料20%カットとかの噂が流れてたりしてるのでしばし様子見。なにしろVブレーキの台座がないのがちょっと痛い。ディスクにするかな?ルン♪

次男幼稚園二百九十一日目

家に帰ると、粘土で遊んでいた。どうぶつの森のお家だそうだ。スーパーマーケットも作っていた。その後例によって鍵盤の前に行って遊んでいたのだが、「ちょっときて!」と呼ばれていってみると、DSiの動くメモ帳に液晶のコード進行が表示されている画面を描いた上でプリセット曲を録音してた。画面にはCM7と。すっきゃなー(笑)

鍵盤にへばりついて何とか音をとろうとしている姿がなんともいえなかった。その後何度か同じようなことを試していたが、上手くできなかったみたい。でも「上手くできないわ」とつぶやく程度でパニックにはならず。すこしずつ、成長しているんだなーと。

2010.11.23

郷愁

今日も夕方10kmラン。少し肌寒かったので、体が温まるまで時間がかかった。ペースは6分/km。最初飛ばしたツケが途中で襲いかかり失速。終盤無理やり持ち直した感じ。

実家の母親から電話。肩が上がらず、腰や股関節にも痛みがあるらしく、思うように動けないとか(寝込んでいるわけではない)。ウォーキングや太極拳など、よく体を動かす人だから、逆にショックなのかもしれない。

年末はすぐそこ。実家の寒々しい山々の景色が、目に浮かんだ。

2010.11.22

イイネ!な一日

一週間ぶりの自転車通勤というか、ロードにまたがってすらいなかった。朝のうちから雨になるらしく、少し躊躇したけど、一応は「自転車が好きな人」に分類されているはずなので、乗っておこうかな?というくらいの気合で。

その程度の気合だから、路面が濡れていて17km延々と向かい風だと、「何やってんだオレ」と考えたりもしたけど、ウォーキングのおばちゃんらと挨拶交わして「ああ、やっぱりこれだよな」とか思ったり。

8時過ぎに会社事務所のカギ開けて、着替えてコーヒー入れてメールを見て唖然。「現地調整は月曜の朝からやりまっせ」との内容。先週から日程調整中で連絡待ちだったソフトウェアの現地調整(工場で正式稼動させるに当たって実際に動かして調整する作業)が金曜の夜に決まったのは良いが、今日かよ!というか今からかい!。あわてて支度してもう一度ラッシュの電車に乗ってなんとか間に合った。

現調自体は環境的な問題がなかったわけではないけど、現場の方々にご協力いただいて、実質30分くらいであっけなく完了。新規じゃなくて、機能をそのままに最新のソフトウェアに更新するものだからこんなものだろうかな。しかし問題なく動いて、自分でも驚いた。お昼に帰社して午後はまったり定時退社。

退社後、給料日前で現金の持ち合わせが少ないが、石田ゆうすけ中毒なのでサイスポ(自転車雑誌)を購入。給料日前でなくても、最近は現金をあまり持たないから本屋の徘徊頻度が落ちていたが、キヲスクではモバイルSuicaが使えると気がついたので。財布から一枚二枚とお札が減っていく物悲しさを感じなくなるのはちょっと怖いなーと思ったり思わなかったり。

帰りの自転車は大粒の雨。雨量は少なく、ボチャボチャと降っている感じ。ゆっくり帰って自転車と共にドロドロになったが、朝より満足度が高かったのは変なもんだ。

自転車のペダルを利き脚で一回踏み降ろしたような一日。「ああ、一日分前に進んだな」という気分。

次男幼稚園二百九十日目

ホントに太鼓が大好きなので、家内がかなり本格的に作ってある小さな和太鼓を買ってきてた。そこまでせんでもええのにと思う気持ちもあるが、次男のうれしそうな顔を見ると、よかったのかもなとも思う。

そらもう次男君はうれしくて叩きまくり。「これはゴジャースなタイコだよ!」と自慢していたが、どうやら「ゴージャス」と言いたかったようだ。こういう言葉の間違いが多いのだけど、これも言語障害なのかね。単に言葉に対して無頓着なだけにも思える。ま、それが障害の本質なのかも知れんけど。とにかく「ゴジャース」はスジャータみたいで少し笑えた。以前「これはボクのオニキーリなんだよー」発言を思い出した(「オニキーリ」は「お気に入り」の言い間違い)。

タイコはきっちりと皮が張ってあるので、テンテンテテンとかなり大きな音がする。家の中がお祭り気分。あるいは相撲中継。「(やかましいので)タイコは20時までにしようね」と言い渡すと、それなりに従ってくれたのですばらしい。

テレビでやってたトイストーリーをしばらく見ていたが、あまり興味を示さずすぐに寝入った。

2010.11.21

今後の筋肉計画

早朝は寒くて体が温まるまでがつらいから今日も夕方に10kmラン。1kmを5分45秒のペースで昨日よりも5秒速かった。ま、ほぼ誤差範囲ですが。

2日連続で10km走るとそれなりに疲労が蓄積しているみたい。走ること自体には問題がなかったけど、帰宅してからの脚のガクガク度合いが昨日よりも酷かった。太腿の表側の大腿四頭筋が軽い筋肉痛になる予感。

筋肉痛というのは、筋肉が力を発揮しながら伸びる時になりやすいらしい。大腿四頭筋の場合は着地時にヒザを曲げてショックを和らげる時の動作がこれかと。ここが筋肉痛になるということは、まだ着地のショックを十分に受け止め切れていないということなんだろう。

大腿四頭筋の筋肉痛は自転車を普通に(シッティングで)漕いでいる時は問題がないが、階段の上り下りがつらいです。ただ、自転車でもダンシング(立ち漕ぎ)では使っているようで、自転車通勤時のちょっとした坂道をシフトダウンするのが面倒でダンシングで登った時に、階段を登ったときと同じ疲労感を味わった。

あと意外にランニングでは腹筋を使っているみたいで、軽い筋肉痛になりました。筋肉的に少し変化が出てくるかもしれないから、もうしばらくこの6分/kmペースを持続してみようと思う。筋肉痛にならなければ距離を伸ばす方向で。おそらく、ペースを上げていくと別なところが筋肉痛になるんだろうな。

2010.11.20

夕方10km走

朝ランのつもりだったが、やはりノドがあれなんで自粛。ただ、熱などもないし運動もできるし、これは黄砂のアレルギーとかそういうのではないかという疑い。

定期眼圧検査で朝から眼科へ。娘もコンタクトレンズにするというのでいっしょにママチャリで往復7km。眼圧は変に高めでちょっと気になるけど、なんとか範囲内。視野検査は年明けに行いましょうとのこと。関係ないけどママチャリポジションでケツが痛くなった。

帰宅してからは、読書とかで夕方までゴロゴロしてたが、多分走れると思い夕方ラン。走り出しはペースが速すぎたのも影響して少し息が苦しかったが、体が温まってからは楽になった。10kmを1キロ6分(時速10km)ペースで休憩無しで完走完了。もうしばらく走っていろといわれたらそれも可能な状態だったのでちょっとうれしい。だが、しばらくこの距離とペースでさらに楽に走れるようになってから距離とペースを変えていこうかと思っている。

2010.11.19

二足歩行の一週間

朝起きるとどうしてものどの調子が優れず、自転車に乗る気がしない。なので1.7kmほど離れた第二最寄駅までのウォーキング通勤。見事に一週間全く自転車に乗らなかった。まーええけど。

時速6~7kmくらいなのでそれなりに早足。途中の公園のサクラが低い角度の朝日に照らされてとてもきれい。じわっと汗が出そうになって駅に到着。帰りもこの駅から歩いて帰宅。往復35km弱の自転車通勤に比べたら運動量は10分の1くらいだろうかね。でも紅葉がきれいだったので満足度はむしろ高い。

次男幼稚園二百八十九日目

次男が楽器屋さんに通い詰めて手に入れたうちの鍵盤は、左手の領域で押さえたコードが液晶画面に表示される。最近次男は、コードの押さえ方とそのコード名を片っ端から覚えていっている。CM7(シーメージャーセブン ― ド+ミ+ソ+シ)がお気に入りで「ねーねーシーメジャーセブン知ってる?」とかよく聞かれる(本人は自慢のつもりだろうか)。クローズドだが展開型も覚えているからちょっと感心。

帰宅すると、「おとうさん、こっちへおいでよ」と鍵盤に案内された。意図せずaug(オーギュメント)やdim(ディミニッシュ)が表示されて読み方を知りたいようだ。

まだ音の響きと結びつけて覚えるところまでは行っていないが、それでも「えーまいなーは寂しい音?」とか聞いてくるのでいろいろボキャブラリーを駆使して教えている。鍵盤を私が弾こうとするとダメーと拒否されるけど。

うちの場合、嫁と長男はまったく音楽を知らない。娘はエレクトーンを弾いていたのと現在吹奏楽部なので譜面は読めるがコードについての知識は皆無。ワタシは適当に独学でジャズコード理論などを勉強していたのでたいていのコードは読めるし弾けるのだ。なので次男とコードについての話をしているときは、二人だけの世界になれて、ちょっとうれしい(笑)

「Am7(エーマイナーセブン)やな」と教えてあげると、「違うよC6だよ!」と返された(構成音は同じ)。なるほどよく知っているね。楽しい。

2010.11.18

徒歩の日

喉がガラガラなので電車で通勤。しかし、普段は閑散としている最寄駅が人であふれかえっていた。どうやら山陽電車が止まっているようなのだが、人ごみの中から「いつ動くかわからん」とか漏れ聞こえてきて、真偽の程はわからないが、オロオロしてても仕方が無いので、JRの魚住駅まで歩くことにした。体調悪いから電車にしたのに1.5km歩くことになるとは、まさにトホホな朝ですな。でも、すぐ電車が動いたとしてもスシ詰め状態で変に体力を消耗するよりマシだったのかもしれん。

帰りは今度はJRが遅れていたのだが、なんとか新快速に乗る。どうせなのでJR魚住駅からまた歩いて帰ろうと西明石で普通に乗り換えようとホームを渡ったら、普通電車が動いていないと。西明石から自宅までは6km以上あるので、軽く歩いて帰りましょうというレベルではない。しっかり歩いて1時間、軽く走って40分というところ。結局次に来る新快速が臨時の各駅停車になるらしくホームをウロウロさせられた。

電車が動きにくい日だったのかも。でも歩くのは気持いいから許す。

次男幼稚園二百八十八日目

風邪のせいで鼻がズルズル。機嫌もちょっと悪かったのだが、お風呂に入ってからはご機嫌さん。布団に入るとすぐに寝入っていた。

2010.11.17

芸のためなら・・・

ワタシの自転車はTNIの7005mkIIという安いアルミフレームを通販で買って組んだものですが、フレーム付属のステッカーをそのまま貼るのも「芸が無い」と思い、自分で適当に作ったステッカーをダウンチューブに貼っていました。

しかし、先日酔っ払っているとき(毎日ですが)、ふと自転車を眺めていたら、どうにもこの自作ステッカーに「芸が無い」と思ってしまい、べろべろんと剥がしちゃったのねん。

「芸」ってなんやねんと思いますがおいといて(笑)。

技術的問題もあるし、シンプルにレトロチックに、ダウンチューブとシートチューブに白い帯を描こうかな、と思ったりします。でも、無地は寂しい。といってフレームの名前を書いても芸が無い(無限ループだなおいw)

意味不明の絵文字でも書いておくかね。

次男幼稚園二百八十七日目

朝、顔を合わすと「パパぁ病気だって、ボク悲しかったよー、怖かったよー」と文句を言われた。「ありがとう、もう大丈夫ですよ」と答える。

昨日一日、次男とは一度も顔を合わしていない。風邪で会社を休み、家族にうつしてはいけない思い、終日自室で寝ていたのだ。おそらく嫁が「病気なので寝ている」と教えてくれたのでしょう。

通級の日。以前先生が研修のため、大好きな通級の日が半日に短縮されてしまったそうで、サービス(笑)として今月は一日多いのだそうだ。えらく融通が利くシステムなんだと驚いたが、ありがたいことだ。

次男は発達障害ですが家族が大好き。「全員がおうちにいる」と気がついたとき、突然「五人家族だね!」とニコニコしながら言うことがある。逆に休日に誰かが用事で家を出ようとすると「ボク悲しいよー」と泣きまねをする。直後、玄関から出ていなくなると「四人家族だね!」とくる。

これも「数字好き」の自閉症的こだわり特性から派生したものかも知れませんが、考えてみると世の中のほとんどのものは、このようなもので出来上がっているのかもしれないなとか思った。

2010.11.16

布団の中で世界一周

一日寝ていた。朝どうにも起きられず、喉の痛みと咳と熱、たまにクシャミ。おなかは大丈夫。

今年の2月始めにノロウィルスらしき野郎にやられて1週間ほど寝込んだけど(家の中大騒ぎだったなw)、単純に風邪ひいて寝込んだのはもう3年以上前のことかも。てことは、最近抵抗力が弱まってるのかもしれん。

寝てるだけですることが無い。適当に眺めておいてあったサイスポの11月号を広げ、石田ゆうすけさんの「僕の細道」を読みなおす。いまさらだけどこの人、文章上手いなーといたく感動。ブログではかなりバカっぽい(いい意味で)けどね。

布団の中で石田ゆうすけスイッチが入ってしまい、本棚から「洗面器でヤギごはん」を引っ張り出してきて読みきった。世界一周した気分。

次男幼稚園二百八十六日目

自分が風邪ひいて終日寝ていたので、顔を合わせていないのだが、元気に帰ってきたのだけは聞こえていた。元気が一番だわな(笑)

2010.11.15

ラッシュアワーの嫌なとこ

朝から、のどの調子が悪く、少し熱っぽい。自転車の通勤仕様への変更作業(駐輪場ステッカー、ライト、サドルバッグ装着など)にもたついてしまい、自宅出発が大幅に遅れた。

走り始めると、すぐに、左目のコンタクトレンズが風で剥がれ落ちそうな感じがする。キチンと目を開けていられない。そのうち落ち着くとも思ったが、万が一、飛んでいってしまったら、スペアのレンズもメガネも持っていないから大問題(仕事にならん&出社する意味無し)。体調も悪いし、足はやっぱり筋肉痛だし、無理することはなかろうと、自転車通勤は中止した。たかが会社だ。気楽に行こう。

特に自転車への熱が冷めたとは思っていないが「何がなんでも自転車で」とは思わなくなった。こんな自分に少し驚いてはいるが。

ただ、電車通勤はストレス高い。単純に混んでるからではない。前が詰まっているのに我先に人を押しのけ、目的の場所(立ち位置や、改札等)へ無言で殺到する。手の甲や肩で他人をグイグイ押しのける。あの匿名希望の大集団が大嫌い。一人ひとりは良い子なのにね。

次男幼稚園二百八十五日目

調子が悪く電車通勤したので、いつもよりちょっとだけ早く帰宅。だが、Wiiでどうぶつの森を延々とやってて相手してくれない。さいきん縄跳びもやっていないようで、ちょっとおなかも出てきている。がんばって続けなさいよと一応苦言を呈したが、ゲームに夢中で反応無し。どないかならんもんかねw

2010.11.14

見栄の10km筋肉痛

土曜日、新しいランニングシューズでの初走り。着地時の衝撃が少なく走りやすい。もっと早く買っておけばよかった。ペースを上げても大丈夫な気がしたが、そこは冷静に6分/kmペースを守る。しかし散歩の人を追い抜いたりすると、無意識にオーバーペース。自分の見栄の張り方に苦笑。

【ジョギング】
2010/11/13(Sat) : 9.33km, 0:56'39, 9.88km/h, 6'04/km
2010/11/14(Sun) : 10.03km, 1:05'56, 9.13km/h, 6'34/km

日曜日は、後半で右足に痛みが出そうだったのでペースを落とした。疲れてくると、右足の着地がドタバタしていることに気がついた。案の定、前ほどではないが昼過ぎには筋肉痛の兆候。

10km走って筋肉痛にならなくなったら、速度をちょっと上げてみるつもり。

2010.11.12

燃費悪い

朝は雨対策フル装備で自転車通勤。しかし朝飯を食い忘れてしまい、30分走った頃からハンガーノックの初期症状。力を搾り出す気力が出ない。帰りもやはり30分経過後に同じ状態に陥って、ヘロヘロで帰宅。

最近ジョギングで筋肉量が増えたから、燃費が悪くなったと思っているのだが、ここ数日はあまりに酷いので、他になにか悪いとことでもあるんじゃないかと心配になる。が、メシ食ったらすぐに復調するので問題は無し。単にもっと食べなければならんということか。

ここ数週間増加傾向にあった体重がなんとか減量方向へ転換。これも影響してるのかな。

次男幼稚園二百八十四日目

小学校入学のための健康診断があったそうだ。もう怖がることもないようで、安心。小学校の先生に「お名前は?」と聞かれて「○○くんです!」と答えたらしいw。苗字を言う時もあれば、「くん」をつけないこともあるし、しり込みしながら「もうしらないよ~」と答えないこともある。この違いは本人の気分によるものなんだろうけど、相手の表情や周りの雰囲気にも影響してるんだろうな。

並んだ順番に従って番号の書かれた札をもらうらしく、次男は58番だとか。数字が好きなのでうれしかったのでしょう。お友達のお母さんに「『○○くん何番?』って聞いて!」とお願いw。聞かれると「58番ですっ!」と。。。まーよくあることです。ある意味これで人気者でありますw

虫歯もなく、健康そのものらしく、ひとまず良かった。が、どうやら鼻血を出したらしい。元々鼻が良くない上に、乾燥してくるとよく出るわ。

2010.11.11

3万キロ

2007年春以降、3年半で3台の自転車に乗ってきたけど、本日、積算走行距離が3万キロを超えた。3万キロといえば地球4分の3周。地球のでかさを改めて知った感じ。

ここ1年半ほどは、1日当り34km程走っている。石田ゆうすけさんの「行かずに死ねるか!」の世界一周旅行が7年半で9万5千キロ。距離は三倍以上だがほぼ同じペースですな。ま、内容が全然違うけどね。

次男幼稚園二百八十三日目

なんか言うたびに「パパじゃない!ママ!」といわれる始末。次男君はじゃれてる気分なのだろう、楽しそうにしゃべるので、別に嫌われているわけではないのだが、ちょっと悲しい。次男君にとって、父親は競争相手みたいなところがあるのかな。

最近、家内と「よくここまで成長したよねー」と感心することが多い。2年前、嫁は、まだ次男の障害に気づいていなかったが、上手くしゃべらないしわけのわからんことをするし、夜中に勝手に出て行きたいと思っていたそうだ。そのときから考えたら何もかもが夢のようである。

2010.11.10

心が躍る良い買い物

会社帰りにスポーツ用品店に寄り道したら現品処分で半値以下。

アディダスの「アディゼロ・テンポ」初心者にもお勧めモデル

ちょっとデザインが41歳のおじさんには派手かと躊躇したけど、お値段には勝てません。むしろ気分が盛り上がってヨイデハナイカ!

まだ部屋の中でしか履いてませんけど、軽くて快適そうですな。
今にも走り出したいっすなーっ!

次男幼稚園二百八十二日目

幼稚園へ登園直後にお漏らししちゃったらしいのだが、いつも持っているお着替えを自分で出して自分だけで着替えたそうな。その上、心配して見に来てくれた先生に「来ないでっ!」とか(笑)。恥ずかしかったんでしょうね。お漏らしはほんとに珍しいけど、キチンと対処できるようになったのね。そこんところは非常にうれしい。

朝早くトイレにこもってウンチをしていた。自分で拭けない(拭く気がない)ので延々とトイレで誰かが起きてくるのを待っていたようだ。その関係もあってリズムが狂ってしまったのかな。なにより小学校に上がる前に、拭けるようになりたいねー。大丈夫だと思うんだがな。

幼稚園でしばらく遊んで帰ってくるので縄跳びをしないのだそうだ。ま、体を動かしているならそれでよい。最近はマンションまで帰ってくると、目の前の公園の砂場で自分専用のスコップで穴を掘るのが楽しいようだ。趣味にもいろいろありますな(笑)

2010.11.09

シューズ物色

昨夜から拭き続ける西風で海は相変わらず大荒れ。太陽がまぶしく、力強い朝だった。帰りは思ったより風が弱かった。今日から冬用ジャージを着てみたが、思ったより暑くなくて大正解。

ジョギングにハマりつつあるが、足への負担を考えて、ちゃんとしたシューズが欲しくなり、ネットで物色。しかし何を基準に選べば良いのかさっぱりわからんので、まずはシューズの選び方をネットで調査。どうやら軽さとクッション性が重要らしく、ワタシのような初心者は足が出来上がっていないから、多少重くてもクッション性の高いものを選ぶべきだということだった。

「なるほど」とひざを打ち、物色再開。アディダス、ナイキ、ニューバランス、アシックス、ミズノ。。。しかし、どこを見ても重量やクッション性なんてわからへん。

ひとつのメーカーでも思った以上に種類が豊富。しかし、残念ながらその商品名からシューズの特性を推測できない。数値的に表してくれたら便利だと思うが、難しいのですかね。わかりやすさは売れ行きを左右すると思うのだが。

結局お店で店員さんに聞くのがよさそうとの結論に至った。

次男幼稚園二百八十一日目

幼稚園からの帰り道、どんぐりを拾ってきて、お菓子の入れ物にきれいに並べていた。

ハムちゃん達の為のどんぐりだとか。

次男君、することが女の子っぽいというか、長女が小さいときにしていたことと同じような方向性。絵を描くのが好きで、音楽が好きでハム太郎君が好き。長男はブロックやミニカーやベイブレードなどが好きだったけど、次男はこれらにあまり関心を向けない。まー、それぞれの特性なんだろうけど。

今夜はお風呂上がりの着替えを全部自分で出来た。バスタオルでちゃんと体を拭き、パンツを履いてシャツを着た。シャツは最初、前後反対に着ちゃったが、自分で気がついて、一旦脱いで、少し苦労したけど、正しく着れた。全部自分で出来ました。はじめて見た。感動した。もう賞賛しまくり。いろんなところで、自然に成長していると感じられて、いい感じ。

2010.11.08

デュアスロン通勤とか

朝、どうにもこうにも足が回らず力が出ない。雨もポツポツ、楽しくないから自転車通勤は明石駅で強制終了。ジョギングの筋肉痛が始まっていたのが主な要因か。今回ふくらはぎにも痛みあり。左足のほうがきついのはフォームが悪いせいだろうな。

自転車もいいけど、最近はジョギングもかなり楽しいと感じる。短時間で強度の高い運動が出来るし、場所を選ばず、装備も少ない。「走ろう」と思ったら割とすぐに走り出せる気軽さがいい。ただ暗闇は走りたくないので、平日に時間が取れないのが残念だぁ!・・・と思っていたが、なんのことはない、日々の自転車通勤に時折ジョギング通勤を混ぜればよいのだ。別に毎日でなくてもいいんだし・・・って本気かね?ま、検討しましょ。いやちょっとまて冷静にw

いつもより6km短い帰りの自転車は強い向かい風(西風)だった。しかも大潮の満潮で海は大荒れ。浜の散歩道のとあるポイントでは、波しぶきが頭上から降ってきた。冬場は路面に白く塩が浮いている場所なんだけど、波をかぶったのは初めてだ。潮の香りに冬を感じた夜でした。

次男幼稚園二百八十日目

テレビで見たい番組がなかったようで「どうぶつの森」のDVDを希望してみていた。ほのぼのした内容なのでなんとなく安心。いろいろ視て覚えていくこともあるようだ。

トイレから出てきた次男と鉢合わせしたら「ぱーさん、どうぞ」とトイレのドアを開けて待ってくれていた。トイレに入りたいわけではなかったのだが、うれしくなって「ありがとう」を連発。自閉症なのに気を使えるのがちょっと不思議。

2010.11.07

夕方ジョギング

6時起きだが熱っぽく、市民ホールで行われる吹奏楽祭を見に行くのは断念。昼過ぎまで寝て何とか復調したので、夕方2.6km×2のジョグ。先日よりは楽だったが、まだまだ体が重いなぁ。とりあえず、軽く走れるようになりたいわな。

au Run&Walk
距離 5.17Km, 走行時間 31:55, 消費カロリー 292kcal

2010.11.06

明石~舞鶴・日本海ツアー

明石から舞鶴まで自転車で走り、輪行で帰宅。集合場所では特別ゲストありーので大興奮。距離的に130kmほど、あわいちより断然短いし、一番標高が高い場所でも100mそこそこ。「楽勝」やでーとナメてたら、ちょっとした坂が登れない自分に愕然。さらに久しぶりのハンガーノックで死にかけて(マジ)ご同行のときさんKohさんに迷惑かけた。反省。

5時半起き。2号線和坂交差点のマクドへ7時集合。朝マクドでべらべらしゃべってたら、なんとわぁぷさん登場。「うひゃぁーぁ」みたいな声を出してしまって恥ずかしかった。というのも直前までの話題が、わぁぷさんの「すれ違ったらよろしく」というツイートについてでしたので。噂をすればわぁぷさん。

てことで4人で出発。ときさん先頭にたかみん、Kohさん、わぁぷさん。ところが、自分、このとき初めて、とんでもなく絶不調であることに気付く。まったく力が出ない。滝野のファミマで休憩した時はもうヘロヘロ。ここでわぁぷさんとお別れ。あとから思えばなのだけど、このコンビニでキチンと補給しておくべきだった。朝マクドのエッグマフィンのエネルギーは既に消耗してたんだな。

3人で175号線を北上。ここで順番入れ替わって、ときさん、Kohさん、たかみんの順。これも後から考えると、二番目に入るべきだった。案の定、調子悪く、気がつくと数メートル離れてがんばって追いつくという繰り返し。

で、そのうち追いつけなくなってしまい、ようやくハンガーノックと気付いた。もう声も出ない状態。しばらくずるずる遅れながら、自販機を見つけて停止。カロリーオフが多くてアホかと思ったのは覚えているが、それなりにエネルギーのありそうなのを3本立て続けに飲み、さらに、お二人が引き返してきてくれて、Kohさんからゼリーと羊羹もらってやっと復活するくらいまで明確な記憶が無い。ただ視界が急に明るくなってびっくりしたのは覚えている。いやホンマすみませんでした。

この後2回ほどコンビニ休憩してもらい、水別れへ。

水別れ(みわかれ)公園。日本一標高の低い分水嶺

この後、福知山へ入るのだが、塩津峠を東へ回り込んで避けるルート。しかし9号線のだらだら登りがまたタマラン。福知山ではお昼ごはんを探すもラーメン屋ばかりで結局コンビニ。舞鶴についてからがっつりいきやしょうという魂胆。

175号線より由良川沿いの県道55号線が良いと聞いていたのですが、こちら風景に変化がなくて、先頭のときさんが「おもろない」とスピードを緩めてくれてうれしかった(笑)。いやもうここまでべた付きでヒィヒィいうてる状態ですからね。

で舞鶴で175号線に復帰し東へ向かう。が、ここでもまたまただらだら上り。ヘロヘロになってとれとれセンター。ときさんはゴールスプリントだが、もう無理ぃ。

とれとれセンター、「カンパチあら煮定食」激ウマー

とりあえず、日本海を瀬戸内のおっさん3人で眺める。海に対して夕日の方向が瀬戸内と逆なので、違和感を感じる。そして思いもかけない交通量にびびりながら西舞鶴駅へ。自転車ばらして帰路につく。

西舞鶴駅にて。とっぷり。

2010.11.05

考え過ぎて重装備

朝、久しぶりに二見のコラテックさんと遭遇。神戸で健康診断だとかで、たるみまでご一緒。楽しくガツーンと走って検診結果が大変な事になっていないかちと心配。

午後にお客さんのところへ外出したが、駅近くの公園でキンモクセイの香りがすごかった。完全に時期が外れてますよね。時を駆ける中年になりそうでした。ってあれはラベンダーか・・・

明日は舞鶴までのツーリング。帰りは輪行なのでバックパックを背負うけど、積載能力が増えると、「万が一」とか、「念のため」とか考えすぎて荷物が増える。いうても130kmほどなので気楽に軽装備を心がけよう。と思うのだがあれこれキニナルわー(笑)

次男幼稚園二百七十九日目

あー、次の日のサイクリングで頭一杯で、あとで書こうと思っていたのは確かなのだが、案の定スッカリ忘れてしまったわー。

そういえば、帰宅時に「明日お休み?」と元気に聞かれたのは覚えているな。答えに窮したw

2010.11.04

筋肉痛の一日

朝の気温が7℃そこそこ。自転車通勤では、朝日が真正面に来て、暗めのサングラスが必要と感じた。明日からユニクロサングラス出動決定。

昨日朝のジョギングで大腿四頭筋が朝からそれなりにキツメの筋肉痛。ヒザを曲げずに歩けば楽だが、階段の下りが強烈にツライ。一日で筋肉痛がやってくるのはちとうれしいが、これは着地のショックによるものかと。ちゃんとしたランニングシューズならこれほど酷くはないように思う。

距離が短かったからかもしれないが、以前悩まされた右股関節辺りの傷みがないのは喜ばしい。距離が短いのに、酷い筋肉痛になるとは、つまりおそらく体重のせいだ。減量必須!

ヘルメットのインナーパッドがビローン(あーあ)。

サイクリングキャップをかぶるなら、パッドは不要かな?

次男幼稚園二百七十八日目

帰宅時にご機嫌さんで「おかえりなさーい」と元気に声をかけてくれた。今日は中学1年生の人たちと一緒に遠足。長女は次男とは別の組担当だったらしいが、お互いに認識しあっていたようで次男の口から「長女、大丈夫?って」(長女が大丈夫?と声をかけていた)

晩御飯食べたはずなのに「お腹空いたー」と食パン持って来たが、家内から「太るからダメー」と禁止勧告。ブツブツ言いながらも我慢できたのは、成長の証かと微笑ましい。明日の晩御飯はとんかつらしい。

最近、家内が使っているピップエレキ判の磁石を集めて遊んでいる。鉄の缶を3つ並べて橋を渡して「できたー」と。なかなかクリエイティブだな。

2010.11.03

走れなくてガクゼーン

朝、心地よく目覚めて、予定通り軽くジョグ。途中姪っ子が走っていたので、がんばって追いついていっしょに走るが、ツライので途中離脱。高校生はすごいわ。おっちゃんは、筋肉痛が怖いよ。

江井ヶ島での朝日。

4.5kmを9km/hで走って限界を迎えた。事ある毎に走ろうと思う。ヒザも股関節も大丈夫なようなので、徐々に距離も速度も伸ばしたい。

2010.11.02

自転車だけじゃなくってさ

朝の気温が10度そこそこ。自宅では気温に気付かなかったが、そろそろ厚手に冬用ジャージか・・・と一旦は袖を通してみたのだが、もこもこして嫌な感じだったので、薄手の長袖ジャージにした。で、特に気にせず指きりグローブで出発したが、、、最初の6kmほどが冷たすぎて指先が痛かった。走り終わりにはポカポカしていたが、頭はカキ氷を丸呑みした時のような痛み。プロロードツーキニスト(自称)にとって、中途半端につらい季節到来。

健康診断の結果がキニナルわ。貧血と白血球増多症は無視(原因がわからんので)して、とりあえず体重と体脂肪率を落とすことに決めた。脂質異常症(高コレステロール血症、高LDLコレステロール血症)には減量が効くらしい。しかし、ほとんど毎日自転車で34km走っているのにこのザマ。なるほど今年は軽い自転車で去年に比べて体に優しい自転車通勤。もうちょっと負荷をかけないとあかんのやろね。ひざも大丈夫そうやし、久しぶりにジョギングするかな。

露大統領の北方領土訪問を受けて、米国が尖閣諸島に続いて日本支持を表明。素人目には日本を中心にして緊張感が高まってると感じるので、あまりいい気分ではない。米軍基地移転問題やねじれ関係でとにかく国内がゴタゴタしているから付け込まれてるってことだろうかね。ここ数年の首相がコロコロ変わる状態とか、国会でのバカな議論も大いに関連してるでしょ。米国だってニヤついてる気がするもんね。ニッポンの偉い人なんとかしてよ(←これがよくないのか?)

帰りの自転車はとにかく西風が強く、ウィンドブレーカーを着た。すこし汗ばんだが、それくらいの方が良いのかもしれない。朝も着ればよかったね。

次男幼稚園二百七十七日目

朝方、夢の中で次男がパニックになっていて、普段は自分的に発達障害児に対して封印しているつもりの「ええかげんにせーよ、こら!(怒)」という言葉を吐く自分に驚き、目が覚めた。寝しょんべんでもしたかのような残念感を味わった朝。ちょっと辛かった。

朝は少し風邪気味なのか起きてこない。それでもがんばって幼稚園には行ったみたいで、夜はわりあいご機嫌で、いろんなことを話してくれた。概ね楽しい奴ではある。

2010.11.01

不健康がぶり返す

♪ひぃーとーり、健康診断結果を見ながら、呑むぅーぅさーけぇーぇぇわぁー。

嗚呼!中年オンパレード再発!

帰宅時、健康診断の結果が届いてた。総論的に経過観察が必要とのことで、ま、気をつけなはれということ。以前の「精密検査せい!アホたれ!」とか「治療しろバカ!」的なことは書かれていない。

しかしねー、まー脂質異常&高尿酸、そして肝機能障害についてはある程度予感がありましたがねー。貧血と白血球増多症ってのは、ちとキニナル。範囲をギリギリ外れる程度なので極端に気にすることはないとは思うが、ま、こういう体ですので、うまいことだましだましやっていきましょうと。そういうことかと都合よくグビグビ。

次男幼稚園二百七十六日目

帰宅時、機嫌が悪くて、というより、ゲームに一生懸命になりすぎて言うことを聞かない。縄跳びもまじめにしなかったようで。。。おいおい。またデブるぞ。

ただ、幼稚園から帰ってくるまでは良い子だったらしい。寝る前にはハムスターの本を読み始めて落ち着いた。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ