« 一年間の浪費の賜物 | トップページ | 寒いというより冷たくなった »

2010.12.15

コミュニケーション障害、か?

自閉症、発達障害、アスペルガー症候群など、自閉症スペクトラムに属すると思われる障害等について、「コミュニケーション障害」と表現される場合があるのだが、なんだかすっきり感がない。

うちの次男(6歳)は、知的障害を伴わない軽度の自閉症的な発達障害と診断されていて、自治体から障害者手帳B2の交付を受けている。

確かに言葉によるコミュニケーションは上手ではない。助詞を上手く理解していないせいか、普通に話しかけられても、ほとんどその内容を理解できない。でも、親や先生などが少な目の単語で話しかければ、かなりの部分を理解している。しかし、見知らぬ人が同じことをしても伝わらない。

要するに本人が聞く姿勢になっているかどうかの問題であって、人の話を聞いて理解するという能力自体はそれなりに(完全じゃないけど)備わっているような気がするのだ。事実、自閉症独特の「こだわり」行動発現中は何を話しかけてもまったく聞こえていないようで、耳の電源を落としているかのようである。

聞く姿勢になるかどうかは、周囲の関わり方に依存しているように思う。「て・に・を・は」や単語を間違うことが多いのだけど、そんなとき「なにいうてんの?意味わからんわ」な態度の人は無視するか非言語的に怒りだすといった行動を取り、逆に、なんとか理解しようとしてくれる人に対しては、安心してコミュニケーションをとろうとしているように見えるのだ。

コミュニケーションってお互いの間に成り立つものだから、個人をさして「コミュニケーション障害」と断じることに違和感を感じているのかもしれない。

« 一年間の浪費の賜物 | トップページ | 寒いというより冷たくなった »

ゆっくりいきましょ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/50311253

この記事へのトラックバック一覧です: コミュニケーション障害、か?:

« 一年間の浪費の賜物 | トップページ | 寒いというより冷たくなった »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ