« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の51件の記事

2011.02.28

新生活へのワクドキ感に似た感じ

3月の初旬から、少なくとも4月末まで(もしかすると7月まで)業務環境が変わりそうで、自転車通勤がムリっぽい。朝は今より1時間半ほど遅く家を出ることになりそうなので、やる気さえあれば毎朝10kmランニングできるな。

しかし、自転車通勤しない生活って、どんなんだろうか。太るだろうか?毎日のごはんやお酒は旨いだろうか?

4年前まではそういう生活だったが、すっかり忘れた。

なにより、週末の自転車がさらに楽しくなればいいな♪

2011.02.27

半日作業でアルテグラ

昨日動きすぎたか起床時カラダがバッキバキ。晴れていたからランニングに出たかったが、無理せず完全休息日として、昨日やり残していた自転車の10速アルテグラ化を終わらせた。半日以上かかったけどw

何がうれしいって、シフトワイヤーをハンドルに沿わせるタイプなので非常にすっきり。

バーテープ巻いてないのでごちゃごちゃに見えますがね・・・

バーテープは、最後に巻く人です。全部の作業が終わってから厳かなキモチで集中して。まるで恵方巻き食ってるみたいなw

最後の薄いテープの角が面取りされてて感心した。

BIKE RIBBONのバーテープ。角があると端っこがちょっとはがれて気になるけど、これだとはがれにくいですな。素晴らしい。エンドキャップが黒いのはどうかと思うがw。銀色の方が好き。

あと、クランクが内側に曲がっているのかな。ケイデンス計測用のマグネットがセンサーと干渉して付けられなかった。

2011.02.26

9sティアテグラ?で見土呂グルグル2時間でちょん

少し冷えた朝、30分くらいボケボケした後、10kmラン。右足の母指球で地面を蹴る事に専念したら、かなり楽に走れました。8km過ぎ辺りから少しペースダウンしたけどトータルペース1キロ5分30秒は結構ケッコウ。

しばしクールダウンして眼圧検査のため眼科へゴー。眼圧は緊張感の影響が顕著。自分の場合は「眼球を空気銃で撃たれる」的な検査機器では身構えてしまって高い数値が出がち。がんばってリラックスして脱力して最初の右目は正常範囲。ただ、次の左目では脱力を持続できず範囲外。ただ、直接眼球を押す検査では、両目とも正常範囲ど真ん中でケンチャナヨ。

眼科のあと、机などを見に、ニトリへ行く予定だったが、開店30分前。なのでブラブラと大蔵海岸までポタリング。最近ハンガーノックがハゲしいので、スポーツデポで高カロリーの補給食などを購入。それと来週のレースにニューバイクが間に合わなさそうなので、予定外の10sアルテグラ化を決意し、バーテープも購入した。

SAVASの170kcalにはちょっと興奮してカロリー消費したw

お昼前の浜の散歩道は、少し風が強かったが、春の様相。景色もそうなんだが、小さい子供が小さい自転車でガシガシ走っていてほほえましい限り。

気がつけば朝飯を食っていなくて腹減りまくって残り物のサラダ用パスタでなんちゃってカルボナーラでお昼ご飯。さてさて見土呂グルグルに出かけようと着替えていたらまさかのお留守番命令。時間がぽっかり空いちゃったので、夜に予定していた自転車の10sアルテグラ化に手をつける。

といってさほど時間はないので、ドライブトレインだけの変更。あ、ペダルも変えた。STIとブレーキとスプロケの変更は明日のお楽しみとする。

ここで問題発生。クランクを外そうとボルトをまわすと、適正トルクで締め付けてあるからか、回りにくい。結局手持ちの短いアーレンキーで変な角度でズルっと逝ってネジのアタマをなめちゃった。あーやってもうた、もうオレは一生TIAGRAの人。。。な放心状態で数分過ごしたが、先日買ったトルクレンチのビットの精度が高いのを思い出し、長めのレンチで慎重にジワジワ回して事なきを得た。

そんなこともあって留守番命令解除後も変速調整やらなんやかんやで、それなりに時間がかかり、みとろへ向けて出発したのは先週よりも遅い14時40分。おまけに途中で道に迷い、現地についたのは16時前。

1周目、東のきつい坂でギヤを残して登りきれたのがうれしかった。クランクとペダルの軽量化のおかげやと思うけど。2周目もなんとか。しかし寒いし北側の緩いのぼりでエネルギー切れの兆候。自宅を出てからだいたい2時間経過したところ。なんとか踏ん張ってフルーツパークへ戻り、エネルギー注入してから帰宅。タイムは2周で31分。うーん、キビシイな。

ティアグラからアルテグラへ進化途中のティアテグラです。

課題は運動負荷に関わらず運動2時間でガス欠状態になるのをどうにかすること。それと、道を間違えないことかなw。

2011.02.25

ありがとうパワー

1月開始の開発案件の納品日。予想以上に順調に進み、数日前に試験も終わり、まったり気楽なドキュメント整理ということで気楽な日々を過ごしていたが、それでも納品物と納品書をお渡しすると「終わった」感が尋常ではない。

こわもてのお客さんから満面の笑みとともに「ありがとねー、またよろしくねー」なんていわれちゃったらもう大変。クルクル回ってつま先で飛び跳ねながら鼻歌歌って帰社した次第(あくまでもイメージ)

来週予定の割り込み仕事も本日でほぼ終わらせてしまった。

いまさらながら「ありがとう」ってすごいパワーを持っているんだと、感心した。

2011.02.24

春が来たかも

朝は電車。10数年前の同僚から仕事の依頼があって直行したから。朝8時にスーツで家を出て電車で西へ。何もかもがいつもと真反対で違和感感じた。旧友に会う感じの打ち合わせは、少々グダグダとしゃべりすぎて後で反省。

帰りは自転車。とても暖かくて春の匂いがプンプンしていた。地面や海から放出されているような、どこか動物的な匂いに混じり、神戸でも垂水でも明石でも、なぜか揚げもんのニオイが気になった。

丸一日、脚を休めたら自転車は快調。実は毎日乗らんほうが良いのかも?と思ったが、走り方を変えるべきなのかな。

はりちゅうの初レースが迫るけどニューバイクはまだ。今週末にムリなら通勤自転車で出場ですね。9sチェーンがそろそろ伸びてるので、新車用に寝かせているアルテグラで10速化しようかなとか思ってる。バーテープ買わなきゃ。

次男幼稚園三百三十五日目

起床時、微熱があり喉の両脇、耳の下よりちょっと前の辺りが「かゆい」という。「痛い」というと病院に連れて行かれるからなんだが、ごまかされないってw

触ると思わず「痛い」と言った。2歳9ヶ月のとき、リンパ節炎で入院しているのだが、それかな。

ただ、決定的にダウンせず、幼稚園にはキチンと行ったみたい。ちょっと機嫌が悪かったらしいが。

夜も微熱。朝よりは少し高くなったらしい。食欲の減退は無い。「明日も幼稚園へ行くよ!」と頑張っているが、おそらく病院行きだよ。

2011.02.23

自転車がない夜

今朝自転車で出勤したが、明朝、姫路方面のお客さんのところへ直行するので、自転車は駐輪場に置いて、スーツを着たまま電車で帰宅。駅から小雨が降っていたけどずぶ濡れになることはなく。

「うっわ!普通の格好やん!どないしたん?」と騒がれた。

家に自転車がない夜って、ここ4年近くの自転車生活で初めての経験。ちょっと寂しくてスカスカな感じ。しかし、お疲れ気味の脚を休めるには絶好のチャンスですのねん。

次男幼稚園三百三十四日目

スーツ姿で帰宅したからか、しばらく気付いてくれなかったが、「おとうさんがかえってきた!」と元気な声で家内に報告。しってるから。みんな。

長男、長女とわいわい話しをしていたがめずらしく輪に入ってこようとはせず単独行動。9時過ぎには寝ていた。

2011.02.22

増殖ロジック

会社のトイレの予備のトイレットペーパーが、一日一個増えてゆく。

新任の掃除のおばちゃんが掃除の時、タンクの上にトイレットペーパーを置いてくれるのだが、コレを上の棚に移動させておくと、次の日にまた一個タンクの上に置いてくれる。

おばちゃんは、棚の上を見ていないのだろうな。「あら大変!予備のトイレットペーパが今日もなくなってるじゃないの!」てなところだろうか。そんなにウンコたればかりいるわけじゃないぞ。

積もり積もってこんな事になっている。

別に意地悪しているわけではない。会社に更衣室がなくて、退社時、トイレで自転車衣装に着替えるよりないのだが、狭いトイレの中でタンクの上にトイレットペーパーが置かれてあると何かと不便。なので上へ。着替え終わってタンクの上にもどせば良いが、つい忘れるのだごめんなさい。

そのうち棚が落ちるかも。近いうちにおばちゃんに「上を見よ!」と教えてあげようとは思っているが、あまり会う機会がないので残念だ。

次男幼稚園三百三十三日目

333のぞろ目だな。2月22日なのは偶然だ。過去二回の百十一日目二百二十二日目を確認してみたが特に面白いことはなかったw。

粘土で遊んでいて「できた!みて!」と小さな作品を手にかざしている。「音符(2連の八分音符♫)やな、上手やなー」と褒めたら「チガウヨ、はてなマークだよ」と。すまん、わからんかったわ。

寝るまであまりしゃべってくれなかったような気がするw

2011.02.21

未来永劫ビギナー気分

自転車通勤は、昨日のダメージが変に尾を引いているのか、腹が減って仕方がない。ここ2ヶ月ほどの仕事の山をなんとか越え、さらに次の仕事も引き合いもあり、思った以上にほっとした月曜日。

帰り道に本屋に寄って先日発売になった自転車雑誌を物色するも1冊に決めかねて2冊購入。えらく重い。帰りの自転車はいい感じのトレーニングになったかもw。これで坂を登れば最強やな。

雑誌に書いてあることはほとんどがビギナー向けかな。特にメンテナンスに関する部分では当たり前のことが書いてある。しかし、数年前には自分もこういう初歩の記事を読んで鼻息荒く自転車をいじっていたわけで、必要なものなんだろうなーと。

なにより、ワクワクしながら雑誌を読んで自転車に乗るには、万年ビギナー気分でいることが大切なのかも?と思った次第。

帰りは天気予報で追い風のはずだったのに、それなりの向かい風。こういうのも楽しめるから面白い。

次男幼稚園三百三十二日目

最近は夜8時を過ぎると布団を引けという。寝るのではなくゴロゴロするだけ。しかし歯磨きは8時に一時間繰り上げているようだ。

早く寝ると当然早く起きる。おまけに頭もスッキリしているので、朝が非常にヤヤコシイ。しゃべりまくりの朝。

幼稚園では避難訓練があったようだ。頻繁にやってるらしいが、とてもよいことだと思う。

2011.02.20

見土呂グルグルでまたしても

3/6のはりちゅうの120分エンデューロに出られることになったので(たいらんアニキサンクス!)、さすがにちょっと練習モードも必要かなと、午後に見土呂ぐるぐるへ。

250号線で加古川まで出て北上。向かい風にやられて、フルーツパークに着いたらもうヘトヘト。約7kmの周回コースは初めてなので、道を確かめながら3周した。東側の上り始めがそれなりにきついが何とか大丈夫。で霊園の出入り口?の辺りが一番きついな。なぜかピークの手前で「坂終わりー」な気持ちになってそのあとが自転車が嫌いになりそうなほどツライw

20cのタイヤで初めてガッツリ走ったので感想をば。転がり抵抗の軽さはペダルを止めたときに実感。摩擦係数が低いからか良くも悪くもハンドリングがクイックに感じた。それから路面の凸凹に対して少々ナーバスな感じがしますね。空気圧は7.5barだったがポンポンはねる感じもあった。タイヤの推奨範囲から外れるけど7barくらいが良いのかもしれない。

で、実はここからが過酷だった。帰宅のため、加古川右岸を南下していたら、かつて知ったるハンガーノックの症状が。強い追い風だったので、軽くペダルを回しながらそれなりのスピードで走れたのが不幸中の幸い。MAXVALUの看板が土手の向こうに見えて、ボロボロになりながら駆け込んだ。

しかしハンガーノックは恐ろしい。体力に加えて思考能力とか判断能力がゼロに近いからだろうが、何買ってよいかわからない(マジ)。早くエネルギーを摂りたいのに、「コレ買おうかな、どうしよーかなー」とか優柔不断が激しすぎる。強烈に強力なアホな状態。なんとか残り少ない知力を結集して振り絞り、アンパン、板チョコ2枚(なんで2枚w)、コーラ、おしるこという妙な献立を購入した。もしかするとレジで鼻水垂れてたんと違うかな。おねーちゃんが笑っていた気がするのだが商品見て笑ってたのかな。とりあえず外のベンチでめでたく回復。あー生きてて良かった。

予定より1時間ほど遅く帰宅。家族に心配かけた。以後気をつけます。

りんご、おにぎり、アリさんか

次男の通級での作品が展示されているらしいのだが、本人をイコカと誘うと恥ずかしいのか「イヤダヨー」ということで、先週新品で即パンクした細いタイヤの感触を確かめるのも兼ねて、明石文化博物館まで自転車で行って来た。

おいしいね!

家では絵をあまり書かないので、ちょっと新鮮。本人に写真を見せて「上手やなー」と褒めると「それはオレが書いたのでは、ナイヨ」だと。おいおい、そんなことないやろ。照れすぎ。

2011.02.19

春野菜のピザ

午前中は朝から長男の高校の制服の採寸に同行。電車に一時間以上揺られるのだが、長男は携帯で音楽を聴いていた。オヤジはというと、次男から夕方にピザを作ってくれとお願いされてて、何を乗せようかと考えていたらそれなりに早くついた。サイズの方はほとんどLL。部活引退してから10kg近く太ったみたいだ。もうちょっと体を動かして欲しいな。

で、午後はピザ。春野菜をふんだんに使おうと決定したのは良いが、アホみたいに野菜が高くて、決死の覚悟でアスパラと菜の花だけにした。

これはアスパラだけのバージョン。

菜の花は少し苦味があったが、これもなかなかウマかった。

2011.02.18

久しぶりの自転車通勤&写真

久々の自転車通勤で、久しぶりに写真を撮った。雲が多い朝だったが流れが速く、あさひを映して美しかったし、淡路島もいつに無くどっしりと見えたので。

西風だったが気温と空気の匂いが春。しかし、夕方からは冷え込み、帰りはシューズカバーなどを装着。えらく遅い時間になったので2号線は交通量が少なくて走りやすかった(昨年の業爆で学習した)でもやっぱり早く帰れるほうが好きです。

デリカシー

順調すぎるほどに進んでいた開発案件も本日最終試験段階。楽勝とは思わなかったがもしかするとスンナリ終わって早く帰れるかな?という期待感もあった・・・が、やはりそう簡単ではない。思わぬところから虫が出てきておおわらわ。システム設計の複雑度合いが尋常ではないので「お気の毒に・・・」な視線を向けられるけど、しかしバグはバグ。なんとかがんばって踏ん張ってパッチ当てたところにパッチ当てたような格好ではあるがとりあえず対処。

22時過ぎに自社に戻ると、シャチョーが一人。はよ帰りたかったが、今の案件の将来像は?とかどーでもえーことばっかり聞かれてぞんざいに扱うわけにも行かず、適当にニコヤカに受け答えしていたら23時に。そこから電車乗って自転車乗って帰宅。今夜が明日になってしまった。

まったくこの話題とは関係ないけど、ボク、デリカシーの無い人キライです。

次男幼稚園三百三十一日目

夜中12時半に帰宅したので、話するも何もw。

2011.02.17

明日は自転車通勤するかもね

右股関節付近の痛みの原因がわかった気がする。ランニングでも歩いていても、立っていてさえも右足の外側(小指側)に重心がかかってる。走っているときは右足の小指の付け根辺りで地面を蹴っている。先日から修正しているんだけど、途端に痛みが出なくなった。

ただ、今まであまり使っていなかった筋肉を使うようになったのか、太腿の筋肉痛が酷い。サボり気味だった筋トレのせいでもあるんだが、人体は不思議。しかしまだまだ速く走れる可能性があるんだろうなとワクワクしている。

今週は雪が降ったり凍結が怖かったり氷点下でやる気が失せたり雨降ったりとイロイロで自転車通勤していないが、この痛みも判断に多少影響していた。自転車でも外側に力が逃げていたんだろう。いやそのはずだ。

明日は久しぶりに自転車通勤してみるつもり。通勤用ホイールには12-21Tを装着(スプロケ移植するのが邪魔くさかった)。重いギヤでもキチンと親指側で踏めばよいはず。多分おそらく・・・

次男幼稚園三百三十日目

帰宅すると、三月で最後となる通級の先生へ感謝のお手紙を書いていた(書かされていたw)。意外にきれいな字で感心。昨日の通級でも先生の名前を間違えてはいたようだがきれいに書いていたそうで、素晴らしいことだな。

幼稚園では平仮名の書き方の練習をしているようだ。ただ、鉛筆で右回りにはグルグルできるが、左にグルグルはやりにくいそうだ。なんとなく発達障害とは無関係だと思ったけど、どうなんだろうかね。考えると出来なくなることってあるからなー。

2011.02.16

「見える化」熱望inコンビニ

氷点下だったので電車通勤。気持ちよく晴れていたので自転車でも良かったんだが、ランニングが楽しすぎるんですもの。しかし、自転車プロロードツーキニスト失格かもな。

昼休みのコンビニにて。
アッチのレジでは公共料金を払っているおばさんがいるので、コッチのレジに並んだのだ。後から来たエンジニア風のお兄さんは無頓着にもアッチのレジに並んだが、どう考えたってこっちの方が早いはず・・・などと考えていると、目の前でお弁当を持ってるOLさんが・・・

「おでん下さい・・・」だとw

おでんはアッチのレジの近くじゃないか。なんでコッチに並んでるのだ?(つか、そんなもんかな)。オマケにひとつずつ希望のおでんのネタを考えながら伝えるOLさん。

結局えっらい時間がかかって、アッチのレジに並んだお兄さんがお店を出た頃、コッチのレジに一人寂しく取り残されていた自分にやっと順番が回ってきたという始末。

OLさんの後ろアタマに「ワタシ、おでん買いますよー」とでも書いてあったならイラッとしなかった筈だが、まー実現可能性はゼロだろうな。コンビニさんには待ち時間の予想が出来るシステムを工夫して欲しい。カンバン方式、見える化希望だコノヤロウ。

帰宅ランで西明石から6.5km。右足の重心移動に気をつけながら、キロ6分半からビルドアップ。トータルペースはキロ6分を切って大満足。明日は雨で走れないな。

次男幼稚園三百二十九日目

通級の日なので、早起きw。ワクワクしすぎてたまらんのだろう。

楽しかったみたいだが、いろいろ聞いても「しらなーい」の一点張り。帰ってくる最中から眠い眠いといっていたそうで、いつもより1時間以上早く就寝。早起きしたからだろうか?

通級も三月にあと一回あるだけ。本人は小学校に行ってからも月に一回通級があると思っていたようだが残念でした。普通はそう考えるのかもしれないな。丁寧に説明すると理解してくれたそうでよかったが。

あー思えば長いようで短い幼稚園だった。春休みには遊園地へ行ってジェットコースターやコーヒーカップに載りたいらしい。

2011.02.15

春うららかな雪景色、楽しくもあり物悲しくもあり・・・

路面凍結が怖いので電車通勤。駅まで走るが、横断歩道の白いとこでズルっと滑ってビビリンチョ。電車の窓から見える雪に懐かしさを感じたが、神戸に着くころには普段どおりの風景に。

しかしお山は非日常。

地べたからは見えなかったが、会社事務所の窓から見える山(鍋蓋山と再度山かな?)には雪。朝日を受けて光っていて非常に美しかった。

毎朝のように挨拶をしていた、ビルの掃除のおばちゃんが本日限りだとか。カードキーを開けていたら呼び止められて「今日で最後なんです」とコクられたw。ちょっと寂しいのは確かだが、そう思えるというのは、それなりに心の交流が出来ていたということなんだろう。新しい掃除のおばちゃんとも仲良くしますから、元気でがんばって欲しいなと。

午後から客先での作業。ユーザー要望が増えたりバグ出たりw。ま、なんとか上手くおさめて2h残業。帰りは西明石から6kmランで無事帰宅。いい汗かいてビール大麦風味のリキュール類が旨かった。

次男幼稚園三百二十八日目

夜10時前に帰宅したら既に寝ていた。普段なら10時半くらいまで寝ながら起きているのだがはて・・・嫁がいうには、明日は通級なので早く寝たのだとか。とにかく楽しみなんだろうな通級。でも、来月までですね。もう幼稚園も卒園の時期。すこし物悲しいが前に進むしか無いですな。

2011.02.14

積雪

終日雪の予報とは珍しい。1cmの積雪らしく、まさかとは思うけど自転車通勤は取りやめて駅まで走る。

三連休で勝手にカーボローディングをやっちまってエネルギーが有り余っているから、どこかでバコーンと消費せなアカンと、ランニング帰宅を考えていたんだけど、まさかの積雪にあきらめた。

雪かきのあともあったが公園周りは手付かず。

走るどころか、歩くのも怖い。15年ぶりに明石に雪が積もるのを見たような気がする。明日もやばそう。

次男幼稚園三百二十七日目

ヴァレンタインデイ。おねーちゃん手作りのチョコもらったようだが、なによりも、終日雪が降っていて1cm程度の積雪で、雪を触ったのが楽しかったようだ。

2011.02.13

オトコのママチャリ

嫁が新しく出来た自転車やさんで一目ぼれして買ってきた。車止めにぶつけてフォークが曲がってしまった長男の自転車の後継。

The 無骨w ブリヂストン WEDGE ROCK

ハンドルバーのエンドキャップにこだわりを感じるが、なにより前ブレーキがデュアルピボットでメーカーはわからないけどガッチリしていて感心。前後のキャリアを一目見て「運搬車?」と思ったほど無骨なつくり。

ステテコ&ランニングシャツ&麦藁帽子が似合いそうな予感w。アルミフレームでホイールが700Cのモデルもラインナップされてるが店舗には無かったらしい。

2011.02.12

走ればパンク

雪がちらつく中、新品タイヤの慣らしも兼ねてコンタクトレンズを購入のため眼科まで自転車で行ったのはよいが、復路、自宅まで200mというところで後輪パンクだアーソレソレ。

ガラス片がグサリと貫通。これはしゃーない。

タイヤのサイドにまだワックスが残っていたのがなんとも残念。

「新品なのに~(泣)」と残念がったが、古くなってもパンクはイヤなものですから、この残念がり方はちとおかしいな。

2011.02.11

走ればわかる?

通勤用ホイールにはパナレーサーの RACE Type A を使っているが、パンクしないし非常に長持ち。以前、安価で軽量なCloserでパンクが頻発したが見直した(えらそう?ゴメン)。実はリムテープのズレが原因だったようなので申し訳ない限りだごめんなさい。

ということで、使い古しのタイヤを履かせている可哀想な週末用軽量ホイールにもパナレーサーを。ヒルクライム対策で RACE Type L 20C を購入。そしてチューブも贅沢してR'AIR。減量をあきらめたわけではないがね。ちょっと不安だしw

ロゴにフィルムが貼ってあった。仕事が細かいw

しかし、期待に胸を膨らませすぎたか、自転車を持っても軽さを実感できない。まーよく考えてみれば、前後のタイヤとチューブで数百グラムの軽量化。走ってみればもしかしたら実感できるかも。

2011.02.10

GRUNGE コンパクトトルクレンチ ケース・ビット付属

今後の自転車のこともあるので安価なトルクレンチを購入。

GRUNGEのコンパクトトルクレンチ

付属ビットは3mm,4mm,5mm,6mm,8mm,10mmの六角ビットと、T25のトルクスビット。必要なものは揃っています。ラチェットの背の銀色ボタンでビットをリリース。トルクは持ち手の黒い部分を回転させて赤いバーで指定。

ケースを開けたとき、写真の奥のゴムシートがビットを隠していて「おいおい」と慌てたw。

ちょっと使ってみたら、ビットのオイルで手がべちゃべちゃにw。軍手しましょう。このオイルのせいでゴムシートがくっついていたんだな。

深夜だがうれしすぎるので、試しにクランクのボルト2本を締めてみたら、かなり弱かったことが判明。危ないな。今までは一応指定締め付けトルクとレンチの長さから計算して力加減を調節し、そろりそろりと(ビビリながらw)締めていたのだが(要するに適当w)、これからは自信を持って正確に、そして安心・安全に締めまくりだ!

あと、ラチェットが細かめでカリカリカリッとキモチイイですw

次男幼稚園三百二十六日目

生活発表会で孫悟空のお芝居。帰宅すると次男君に「おとうさんは泣かないねー」と聞かれた。「泣かないよ」と答えたところ、後ろから嫁が「いや、パパは絶対に泣きますよ」と。ん?

お芝居は嫁が観戦(?)してビデオ撮影をしているが、それを見たら、「あんた、絶対に泣くで」だと。夫婦ともども、期待もへったくれもしていなくって、途中で騒ぎ出すとかどっか行っちゃうとかが無ければ良しという心意気だったが、「よくぞここまで!」というほどの出来だったらしい。

ビデオ見た。嫁が事前に期待を煽りすぎるので、泣きはしなかった。でも、次男はお芝居にそれなりに集中していて、席を勝手に立つことも無く、一人のセリフも上手にこなしていたし、「カメハメ波」も決まっていた。素晴らしい。

多分嫁は現場で泣いていただろうな。まさかここまで出来るようになるとは。よくがんばった!次男君

2011.02.09

痛くない

朝方まで雨が降っていたようで、6時には上がっていたが路面が濡れていたので電車通勤。どんより曇った朝だった。

朝起きてから右下奥の親知らず付近がズキズキと痛んでいたが、出社後9時前に気がついたら痛くなかった。念のために昨日買ったロキソニンSを携帯したけどお世話にならず、多少深い部分に「腫れ感」が残るが、帰宅時点で概ね回復。ロキソニン11錠が余ってしまった。

しかし、涙が出そうな昨夜の痛みがウソのよう。イヤというほど歯を磨き、リステリンでしつこく口をゆすいだのが良かったのかもしれないが、そんなに簡単なことで良かったのだろうか。

次男幼稚園三百二十五日目

ハム太郎の人形と粘土で遊んでいた。なにかしゃべったので反応したら「ハム太郎君がしゃべっているんだよ」とw。あー邪魔してすまんすまんw

発泡酒を飲んでいると、なぜか「ちちビールだね」と。「うちの三姉妹」にでもそういう言葉が載っているのかな。しかし妙な響きだ「ちちビール」w

歯磨きに行くとき、なぜか三歳児になっていた。腰をかがめて背を低く見せて語尾を「でちゅ」にする。見た目にはおじいさんが歩いているようにしか見えないのだがなw

まー、家族では一番変わった奴だw。明日は生活発表会だそうで、孫悟空のお芝居をするそうだ。何の役を演じるのか教えてくれないが、、、ひと悶着ありそうな予感もw。嫁さんには強い心で挑んで欲しいw

2011.02.08

ロキソニンS

夜に雨の予報のため電車通勤。JR魚住までカッポカッポと歩いていると、明石市立西部図書館の南のため池の欄干にアオサギがそっぽを向いてとまっていた。

しかしキミ、こっちを気にしてるやろ?

シュールな状況。でかい鳥が道阻む。わけわからん。微動だにしないアオサギ君だが、目が笑っていないし、近づくと食われそうな気がするし、、、しかし「アオサギがいるので会社休みます」とは言えないし、勇気を出してそろりそろりと近づいてみたら、バサバサバサと飛び去った。

歯が痛い
右下の奥の親知らずが横向きに生えているのだが、その周囲がえらく腫れている。昨年解熱剤として処方されたロキソニンを飲んだら、10分しないうちに痛みが引いた。しかし約6時間程で効果切れ。閉店間際の薬局で薬剤師さんが1月から市販され始めた「ロキソニンS」を自慢げに薦めるので購入。

ただ、あくまでも痛み止め。耐性がついてもかなわんし、飲まずにガマンしていたが、次第に腫れが大きくなって痛みも増大。口が開きにくくなって、食事もしにくい。耐えられなくなって、やむなく飲んだが、市販のは即効性が薄いのか、効き始めるまでえらく時間がかかった。

次男幼稚園三百二十四日目

22時に帰宅したが、既に眠っていた。

昨夜「あしたはオムライスにしてね!」と言っていたが、台所にはケチャップで彼の名前が書かれたオムライスが残っていた。

晩御飯の献立の指定をよくするけど自分では食べないことのほうが多い。気が変わるのか食べたいわけではないのかその辺がいまひとつ理解できない。

墓碑と河馬の嗚咽

プログラム実行中に文字列変数などを使って長い文字列を作るときによく使われる、ドットネットで言うところの StringBuilder 、Java でいうところの StringBuffer ですが、先日お客さんに「なんでこれが速いの?」と聞かれてざっくりご説明した。

簡単に言えば、固定文字列型の文字列編集処理では、いちいちメモリの確保や開放、そしてコピーが行われて、頻繁に文字列を追加していくような処理では、それなりに処理速度が低下するってことですね。メモリの確保や開放は通常OSに対する要求で、それなりに遅いので。メモリの断片化もしやすいかも。

一方、StringBuilderなどは編集用に余分にメモリを確保しているため、メモリの再確保や開放が発生しにくい。またコピーも最小限の回数で済むように設計されている。だから速いはず・・・

でーすーがー、

細かいことを知らずに、単に「文字列をつなげるときはStringBuilderを使う」とバカのひとつおぼ盲目的に信奉していて、むしろ処理速度の低下を招いていそうなコードも、よく見かけます。

上の説明をしたときに、開いていたソースがまさにそういう部分でして、実行時に動的に変化しないSQLを行単位で分割して、何度も何度もStringBufferにApendしてる・・・。オマケに行末には改行コードを足しているw

昨年の業爆中に若い子が必死で書いたコード(今回ワタシはそれの改造)なので、目をつぶるけど、このソースを見ながらお客さんから「これでホントに速くなるんですか?」と聞かれて返答に困ったw。「いやーそのー」みたいなw

動的に(プログラム実行中に)変化しないのなら固定文字列で事足りる。これはコンパイル時に評価されて実質的な処理速度はゼロ・・・のはず。だよな?

じゃーどれくらい遅いのか?と聞かれれば、それほど遅くも無いだろうけどね。

最適化によって固定文字列に置き換えられる可能性もあるから、気持ちの問題ということかな。てことなら、この記事の意味が無いw。可読性とメンテ性はアップアップ・・・

2011.02.07

黄砂ではないのか?

先日からの霞んだ空は、黄砂でも出ているのだろうかな。水平線のみならず、淡路島も明石海峡大橋も、はっきりとしなかった。

舞子辺りからあらぬ方向に見えた朝日がやけに黄色くて、あたかも西方遥か遠くタクラマカン砂漠にて民族衣装を身にまとい、強い砂嵐に目を細めながら沈む太陽を眺めているような、そんな時空を超えた白昼夢的信号待ちを楽しんだ。朝日だけど。敦煌を読み終えたところなので。

ところが、気象庁のサイトで調べても、黄砂が飛来している情報がない。花粉?霧?よおわからんけど、確かに黄砂の時のようなノドのやられ感がない。

「ならばなんなのだっ!」と声を荒げても(荒げていないけど)インターネットは答えてくれないから残念だな。

仕方がないので、本当に全然関係なくて申し訳ないけど、クレジットカードが使えるようになって初めてあさひでポチッとな。念願のお安いトルクスレンチの在庫があったので、ゲッツ!。それからさらにかなりお安いワールドサイクルさんで、こちらも念願の20cのタイヤと軽量チューブをゲッツ!

トルクスレンチは来るべきニューバイクメンテ用。軽量タイヤとチューブは伊吹山対策(ま、興味半分ですけど)。そういえば最近ウイグル自治区で買い物していない。黄砂のせいでもないあるか?

次男幼稚園三百二十三日目

昨夜11時ごろ、寝ぼけた次男君がいきなり「ドンドン!」とワタシの部屋のドアをノックしてかなりビビッたw。布団の上で寝言言ったり寝ぼけていることはよくあるみたいだが、立って歩いてというのはちょっと怖い。

最近、少し社交性が出てきたのか、よくしゃべるようになった。それはよいことだけど、KYな発言も多いらしい。先日も明石のアスピアの地下へ行ったが、魚屋さんとパン屋さんとお寿司屋さんと雑貨屋さんが並んでいる一角で、でかい声で「おさかな、くさいねー」と何度も言い放って焦った。障害のせいですから悪気は無いのだけど、さすがにお店の方は気ぃ悪いだろうな。あの一角は生魚のニオイが充満していて残念な気分になるのは確かだけどね、普通は言わないわな。

2011.02.06

冬グローブ補修

昨年4月の落車にてグローブの一部が破れてしまった。冬用のグローブはコレしか持っていなかったので、この冬はゴムシートを貼ってしのいでいたが、そろそろ限界。先日たまたまホームセンターで「緊急補修用」と銘打たれた頼もしい奴を見つけたので、再度補修した。

POWER TAPE

確かに粘着力がすごい。そして全く伸びないことに感心した。ポリエステルメッシュが入っているらしい。ポリエステルって強いんですね。薄いテープなのでチェーンリングでちょっと破れた輪行袋も補修しておこう。伸びに対する補強にも使えるかもしれない。

しかし、見た目はちょっと目立ちますな(笑)

2011.02.05

沈黙入門

本屋に寄ってたまたま見つけた本。沈黙入門 (幻冬舎文庫)

久しぶりにピン!と来た。まださわりだけしか読んでいないが、今の自分に必要なのはコレだと直感。

沈黙=「理解されよう」とか「誤解されないように」などと必死にならない。何でもかんでもケチつけないってことが書かれている。

昨年から会社生活上では「沈黙」している。おかげで最近精神的に楽になったが、その分ネット上に毒が流出してる。毒を別ルートに流すのではなく発生しないようにしなきゃならんのだね。

ま、こういう(↑)「ジブン語り」はみっともないとも書かれてる(笑)

シューズ調整

SIDIで通勤三日目。ストラップの長さとクリート位置の問題点がわかった気がしたから再調整。

ストラップは一目盛り短く。

クリートはちょっと前へ。ちょっと内股気味。

これで、信号スタート時に左のクリートが入らなくて「ん?・んっ?どこ?」と首をひねりながら加速しなくてよくなるかも。

2011.02.04

立春とはいえ

立春やし、豆まき済んだし、シューズカバー無しでの自転車通勤。しかし朝も夜もまだまだ寒い。いや冷たい。

自転車通勤の往路も復路もいつもの時間とずれていて、朝は何年か前によくすれ違っていたドロップハンドルのお父ちゃんと遭遇。ジェノバの前で「おはよう!」と声かけられたが、反応が鈍くてゴメン。最近は会っていなかったが覚えててくれたわけで、ちょっとうれしかったな。

明日は邪魔臭くも出勤日。なんだか仕事も順調なので休もうと思っていたが、本日帰宅時点での体重が2011年最軽量で、終日家にいてると食い過ぎてまた太りそうなので出勤するつもり。

次男幼稚園三百二十二日目

朝はえらく早い時間に起きて、私の部屋にどかどかと入ってきてごちゃごちゃと話をしてまた寝たw

夜は残業して遅めの帰宅だったので、なんにもわからん。

明日は仕事なので、朝も顔を合わさないのであろう。ちとさみしいが仕方がない。

2011.02.03

太巻き三本ヱビス顔

毎年節分は嫁さんのお母さんが作る太巻きを頂くのだが、今年は嫁さんに招集がかかって手伝わされたそうで、ありがたいことに、ビールまで頂いてきた。

シルクのヱビス!きめが細かいスバラシイ

隣にちょっとだけ写っているのは、節分は関係ないけど最近近所に出来た小西屋というスーパーで買ってきたお刺身。一切れがでかくて食べ応えがある上に安い。そしてめちゃめちゃ旨い。

記念に写真撮ってたら「びんぼーくさい」と嫌がられたが、うれしかったんだから仕方が無い。太巻き三本食って腹いっぱい。毎日節分でもええわ。

ガチガチですな

今日はSIDIのシューズで自転車通勤。MTB用だが、なんてったってカーボンソール。グニュっとすることがなく、快適で楽しくて疲れにくい。

SIDI MTB Eagle 6 SRS Carbon! 身の程知らずw

しかし歩行はつらすぎるな。駅のホームや階段で、クリートがガッチャンガッチャンいうてて、恥ずかしいのもちょっとあるが、何より膝に悪そうだ。

MTB用の自転車用シューズって「歩ける」というイメージを持っていたが、だいたい買ったのはハイエンドの「オフロードレース用」。オンロードを歩くのがつらいのは当たり前か。

通勤路がぬかるみなら楽なのかも・・・

次男幼稚園三百二十一日目

節分。鬼らしきお面がを作って帰ってきてたようなので、これなーに?と聴いたが「しーらない」という。どうやらお面の全体の形は幼稚園の先生が作ってくれたらしく、自分でやったのは目や口や鬼のキバをのりでくっつけただけ。あまり気乗りしなかったのだろうな。

ベランダで楽しく豆まき。ある意味おまじないみたいなものだから、自閉症について冷静に理解をしているが、この日くらいは、彼の頭の中に自閉症の「オニ」がいると想定し「出て行ってくれよ」と豆まいた。

2011.02.02

風が変わると春の始まり

天気予報どおり寒さ和らぐ。冬特有の強い西風がおさまり、南寄りの弱い風になった。気温もそうだが、風の変化がありがたい。春がそろそろと起きてくるようなイメージがわいてきて、気温以上に暖かく感じた。

防寒具って一度使い始めるとなかなか止められないものだが、シューズカバーに限っては、付け外しが面倒なので要らなくなればうれしい。シューズカバーなしでは今年の冬の自転車通勤はさらにつらかったろうけど、しかし邪魔くさいもんは邪魔くさい。本来はレインシューズカバーなので余計にがっちりしているんだが。

つま先だけのものなら楽かと思うが、購入するタイミングを逸してしまった。

次男幼稚園三百二十日目

20時半に帰宅したが、家の中真っ暗で家族全員就寝モード。次男君は布団に入っていたが目はパッチリ。しかし、嫁が「早く寝なさい」と口やかましく言っていたので、なんかイライラすることでもあったのかなと。ま、さわらぬ神に祟り無しと、ソーっとしておいた。なので次男の事についてはまったく不明。そんな日もある。

2011.02.01

一足先に一歩前へ

長男が高校合格。一般の私立高校入試日程は来週くらいから本格化するらしいが、長男が受かったのは3年間で高校卒業資格と調理師免許が得られるという専門学校のような高校。

昨年本人から「調理師になりたい」と聞いたときには、「そんなに早く将来の職業選択の幅を狭めなくても・・・」と思ったが、むしろ自分の方が甘いのかもと考え直して反省した。

取り立てて難関突破したわけではないし、必死で勉強していたわけでもないけど、彼なりに将来の事を考えて、前に一歩踏み出したのだと思うと、急に大人びたように感じた。

1歳と数ヶ月、立ち上がって歩き始めた頃に部屋からベランダへのわずか数センチの段差をえらく慎重に壁にしがみついて越えていた情景をふと思い出した。

サヴァンじゃないね

鍵盤で何気なくCadd9というコード(ド・レ・ミ・ソ)を鳴らしたら、テレビを見ていた自閉次男君が「おとうさん、それは、シーアッドナインだね」と言い当てた。ん?コードはたくさん覚えているが、聴いただけでわかるのか?次にC6(ド・ミ・ソ・ラ)を鳴らしてみると、即座に「シーシックス」と。このあとF7も当てた。なにもんじゃこいつは。

絶対音感?いやいや、いわゆるサヴァン症候群か?と一時興奮したが、冷静になって考えてみると、これはおそらく丸暗記。

この半年程の自閉症特有のこだわりのひとつが、コードを覚える事。鍵盤でコードを押さえて鳴らし、液晶画面に表示されたコード名の読み方を覚える。暇さえあればこれやってる。このこだわり行動発動中の強烈な集中力を見ていると、耳で聞いた音とそのコード名を紐付けて覚えてしまうことは不可能ではないと思える。

そもそもサヴァン症候群の一部は、通常では考えられない量の丸暗記のようにも思えるので、そういう意味では彼もサヴァン症候群と言えるかもしれないが、それはまーどっちでもええことですな。

ただ、Cdim(シーディミニッシュ=ド・ミ♭・ソ♭・ラ)はわからなかったようで、ちょっと安心(?)。ディミニッシュは展開形が別コードとして存在していてややこしい。また、このときは鍵盤に寄ってきていて、反対側から鍵盤と指を見て考えていた気がする。

次男よ Don't Think, Feeeeeelだ!(笑)

次男幼稚園三百十九日目

最近ワタシの部屋の電気をソーっと消すといういたずらが大好き。「こらっ!」というと、笑いながら脱兎のごとく逃げ出す始末。洗面所やトイレやお風呂でもこれをやってくれるので非常に困ることもある。まー楽しいので良いが、しつこいこともある。

鍵盤で鳴らしたコードの名前を言い当てたので、ちょっとビビッタ。これはまた別で書いてる。おねーちゃんのユーフォニウムの譜面を見て喜んでいた。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ