« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月の7件の記事

2011.04.28

velocityの整数演算では演算子前後にスペース入れる

velocityテンプレートの中で整数の引き算を行おうとしたら、ぬるポ出た。困る。

#set($foo=$bar-1)

という風にやっていて、その後$fooを参照してぬるポ。なんでよ。ちなみに足し算はOKだった。

試行錯誤の末、演算子の前後にスペースを入れて、

#set ($foo = $bar - 1)

とすれば、ぬるポが出ない。ああよかった。

おそらく'-'の前後が重要なのだろうと思うけど、細かい検証はしていない。

とりあえず覚え書きまで・・・

2011.04.22

Tomcat再起動直後にvelocimacroが失敗してたが解決した

Velocityマクロ(velocimacro)を定義したvmファイルを、個々のテンプレートファイルへ #parse で取り込んで使用していたら、Tomcat再起動直後の初回アクセス時にだけマクロ展開に失敗していた。

画面表示的には未定義のマクロを使用したときの挙動っぽい。引数のbeanがtoStringされたような状態でVTLがそのまま表示されている。

2回目以降は正常動作するが気持ち悪いし不細工なので、がんばって調べてなんとか解決。各ページで #parse せず、Velocityサービス起動時のライブラリとして読み込んでもらえばOKでした。

Webでは 「velocity.propertiesにvelocimacro.libraryエントリに記述せよ」とあるが、Turbine環境下ではTurbineResources.propertiesservices.VelocityService.velocimacro.libraryでOKのようだ。

現在aipo5.1.2のカスタマイズを行っているのでファイルの検索をしていたら、aipoのGlobalMacros.vmがライブラリ登録されていて発見。velocity.propertiesでもOKなのかもしれないけどそれは試していない。

ちゅうか、なんで #parse では初回に失敗するのか不明なままだがワタシだけかな?
#parseじゃあマクロ取り込めないとVelocimacro いろいろに書いてあった(#parse() を使って Velocimacro を登録できますか ? )。困ってるときは見つからないってもー

2011.04.17

どうにかこうにか加西のお山へ

ホントは土曜日の朝方に予定していたのだが、次男君の気まぐれに翻弄されまくって、やっと本日午後に乗れました。久しぶりに加西三坂へレッツGO!。

釜坂峠。なんとか登ったが体重の重さを痛感 。

ホントはサクラが目的だったんだけど、加西に着くまでにイヤというほど葉桜を見たからあきらめムード。まぁ標高の高いところではなんとか花が残っていたから一応満足したけどね。

しかし全く登れなくなっている自分に失望。久しぶりの100km超えで足ガクガクw

2011.04.08

入学式からぶちかます(ーー;)

次男の小学校入学式。初日からやってくれました。式の間は大丈夫だったけど、教室に戻ってから「帰りたいよ~」と言い出して、支援学級へ強制送還w。帰宅時には家内と大喧嘩だとか。おなかが減ってしまったのでしょうね。

本人の「生活しやすさ」を考えて支援学級を選んだけど、通常学級にも席(籍?)があって、支援学級との間を行き来するってことは知らなんだ。

主要な教科以外 ―すなわち図工や音楽など― は、通常学級で授業を受ける。給食は、パンの時は通常学級で食べ、米飯なら支援学級で食べるんだとか。ややこしいけど、障害者にとってごはんは(パンに比べて)扱いが難しいということかな。下校前のホームルームも通常学級で受けた後に支援学級でも受けるのだとか。

これを次男にうまく理解させていなかったのが敗因と家内が言ってた。朝起きてから寝るまでの絵入りの時間割みたいなのを作ってやるべきかなと思う。文字は読めるが、実際の行動はイメージしにくいみたいだし。

2011.04.07

期待と不安の春ですな

昨日、長男の高校の入学式が終り、今日から中学校が始まって、明日は小学校の入学式。春のスイッチが「バチン」と入ったような、なんとなくバタバタと気ぜわしくあわただしい朝。

案の定、通勤電車にも学生さんが多く、少し遅い時間に電車に乗っているからか、大学生が多かったようだ。

朝から軽く眉をひそめる程度に馬鹿騒ぎしている男女混合チームや、「果たしてボクはこれからどうやって仲間を作っていくのだろう?」と、うつむき加減に周囲を羨む男子とか。

後者にかなり近かった24年前を思い出す。昨日までワイワイいうてた高校の連れは、この隣のこじゃれた洋服を着て男女楽しく騒がしく話している者たちと同じく、既に友人を作って、楽しくやっているのだろうか?知らない人に話しかけるって最初はなんていうべきなのかね?だいたい田舎でこんなに多くの人にいっぺんに会うなんて考えられへんし頭真っ白・・・とかとぼけているのか考えすぎなのか良くわからん状態。首をすくめてさらにあれやこれやと考えたり。。。

しかし、まーこのおっちゃんが24年で得たことというのは、だいたい何につけても人それぞれのスピードっちゅうのがあってね。自分が思っているほど周囲は自分の事を見ていないから、そないにうつむいて歩いていては存在を忘れ去られてしまうっちゅうもんで、可能ならば上を向いて歩こうやないかと。

用事はなくともそこらをウロウロしていたら、ひょんなこととか偶然の出会いとか、そういうのもそれなりにあるにはあって、そのうちの何割かは考えようによってはなかなか楽しい事だったりして、なんとはなしに時間とともに徐々に自然におもろくなるもん。実際のところ世の中はそれほど早くは動いていなくて、自分なりに少し落ち着いて深呼吸して周囲を見渡して、今までどおり自分らしく自然体ですごすってのが、実は一番大切なのかもしれんよ・・・

などと、目の前でうつむくかなーり垢抜けていない男子に、心の中からエールを送っておいた。

2011.04.06

再考するか♪

野暮用で有休。そして野暮用真っ最中に自転車屋さんから電話あり。数ヶ月前に発注した自転車がやっとキタかと興奮したが真逆。「生産が追いついていなくて・・・」のお知らせだった。

お店で「4月10日の伊吹山ヒルクライムに間に合うならばっ!」と鼻息荒く語っていたようで、直前になっても入荷しないから店主様がメーカー側に「なんとか間に合わせんかい!」とキレ気味に迫ったところ「すんまへん無理ですねん試乗車貸し出しますのでユルシテチョーダイ・・・」と言わしめたとか。そういうお知らせ。

まー伊吹山は中止になったし、気長く待っておりますので、試乗車貸与不要ですとご回答。

ただマジでいつになるかわからんらしく「キャンセルします?」との確認も。実のところ軽さ以外の面でどういう自転車が欲しいのかはっきりとイメージできておらず、最近「あれでホントに良かったのかなー」とか思っていたところ。なので、これについてはしばらくじっくり考えてからお答えすることにした。

軽量な自転車が欲しいのは変わりないけど、剛性感ガッチガチのにもチャレンジしてみたいとか思ったり。自転車雑誌とか眺めていると妙にワクワクしてきた。

2011.04.02

がいな製麺サイクリング

ワクワク遠足気分でめっちゃ久しぶりのサイクリング。大中遺跡でたいらんアニキと待ち合わせて、加西の「がいな製麺」へGO

乗り方忘却w。アウターギヤの存在を忘れていたり

お店に寄ったのは二年ぶり。でっかい「がいなばーちゃん」の顔(?)が出来ていて正直引いたw。一応掲載しておくけど、多分、夜中に一人で見るとちと怖い。現場ではなんとも思っていなかったのだがね。

でっかい微笑みは苦手ですワータシー

今回は釜たま。ま、相変わらずうまいわけです大満足。

ごちそうさま直後に「うどん食ったし「ぷらっときすみの」でそばでも食いますか」とよくわからないご提案に同意して小野へ向かう。実は二人とも正確な場所を知らなかったのだけど何とか小野町駅にたどり着いた。しかし、わんさか人がいて、それほど腹はすいていなかったようなので喰わずに加古川沿いを下って帰宅。

小野町駅。きれいな駅ですな。そばはまた今度です。

まー、とにかく久しぶりの自転車ということで、ほぼ毎日ランニングしてるけど使う筋肉が別モンであるとよくわかった。が、自転車通勤で乗っていない分非常に新鮮で、最初の頃の「楽しいなー」という感じがよみがえったような気がする。日差しは柔らかく、風は暖かで、土や草や牛wの香りも優しくて、「やっぱ自転車はええなー」というサイクリングだったな。タンポポやレンゲをよく見かけたな。サクラはほとんどつぼみ状態。小野でわりと咲いている木が数本あった。

おまけ:ぷらっときすみのにインフィニティさんのバイクラック

インタマX-LIGHTまだかなー?

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ