« 一発終了 | トップページ | クロスブラウザを考えるとcanvasのfillTextやstrokeTextは使えないのね »

2012.05.30

「はじめてのCANVAS要素」で気付いた3点

HTML5のCANVAS要素の挙動について覚え書き。ブラウザやバージョン、HTML5の仕様や正しい対処法など、きちんと調べてはいないけど、とりあえず。


photo credit: ell brown via photo pin cc

1.canvas要素は動的生成しないほうが良いかも
ieではオープンソースのexcanvas.jsを利用すればcanvasが機能するみたいだが、canvas要素を動的に生成していると、getContextが使えなかった。htmlにベタに書けば問題なし。対処法はありそうだけど、とりあえず今のところそういうことで。

2.幅と高さはスタイルシートで指定しない
スタイルシートでcanvasの幅と高さを指定していると、Firefoxで表示スケールがおかしかった(3倍くらいに大きく描画されていた)。canvas要素の属性(widthとheight)で指定したら解消。不思議な現象。

3.ピクセル単位だけど'px'はつけない
canvasの幅と高さはピクセル単位で指定するけど単位はつける必要が無い。というか、 width='100px' などと単位をつけて指定していると、excanvasの動作中に'px'が追加されてエラーになるね。

« 一発終了 | トップページ | クロスブラウザを考えるとcanvasのfillTextやstrokeTextは使えないのね »

HTML / CSS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「はじめてのCANVAS要素」で気付いた3点:

« 一発終了 | トップページ | クロスブラウザを考えるとcanvasのfillTextやstrokeTextは使えないのね »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント