« 大阪市「家庭教育支援条例 (案)」が酷過ぎる | トップページ | The奇遇なう »

2012.05.05

ツール・ド・帰省

GW後半4連休は自転車で実家へ。一泊二日で190kmくらい走って、足、腰、腕、肩、お尻も含めてガッタガタ

初日は向かい風が非常に強く自宅を出てから延々苦しい走行。夢前川を渡ったところで突如モチベーション低下。風から逃げるように南へ。すいすい気持ちよかったけれど、250号線に出たところで、風に乗って東へ向かえば家に帰ってしまうから、仕方なく七曲り方面へ。

久しぶりの七曲りはやっぱり風光明媚で楽しく走る。

この辺りから徐々に天気が怪しくなる。路面が濡れるほどではないが、それなりの雨が降ったり止んだり。とりあえずペーロン城で本日のメインイベントとしての牡蠣バーガー。よくよく考えると400円は高めですな。というか400円出して、作り置きのを即取り出して「ハイどーぞ」ではちと悲しいというハナシ。ウソでもええから「お時間かかりますがよろしいですか?」で10分後に出来立て感を演出してくれたらなー・・・などと思っていると、さっきまで晴れていた空が、全天曇天。ヤバイ急げ早く食え。

ペーロン城を出発し、相生の駅から2号線を西へ。ここらで急に雨が強くなって373号線は20数キロ雨中走行。ところが、久崎三差路を南光方面へ右折すると雨がぴたりと止み、しかも実家の手前1kmほどは、降っていないどころか若干の日差し。しかも路面は完全にドライで、バカにされている気分だった。

晴れているので早めに乾くw

さて二日目は旧三日月町からテクノへ登り、一本道のプチ高原サイクリングを楽しんで、真っ直ぐ真広まで下る。

三日月から登るのは初めて。いい坂ですね♪

光都プラザ。高原気候?気分の問題かな

真広からは再び相生ペーロン城まで行って、赤穂の塩ソフトクリームをいただいた。

赤穂の塩ソフトは300円也。塩味しなかったけどw

ペーロン城から平地を求めて2号線で帰ろうかとも思ったが、せっかくなので七曲りへ。アップダウンでヘロヘロになりながら250号線で帰宅。

« 大阪市「家庭教育支援条例 (案)」が酷過ぎる | トップページ | The奇遇なう »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/54638089

この記事へのトラックバック一覧です: ツール・ド・帰省:

« 大阪市「家庭教育支援条例 (案)」が酷過ぎる | トップページ | The奇遇なう »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ