« ツール・ド・ふらふら | トップページ | 釜坂峠と石部(いそべ)神社 »

2012.07.06

自閉次男君が「ボク、今日から一人で学校へ行く」と言い出したので、7月6日は家族にとっての親バカ記念日

ええ、親バカですともwお気になさらず(笑)

photo credit: Beverly & Pack via photo pin cc

「激しい××が予測されるので早めに・・・」とのことで早めの帰宅。ドラえもんを見ながら次男の横でホッとしてとりあえず(第三の)ビールをしばいていたら、家内から「そうそう、褒めてあげてね」と聞かされたのが、タイトルのとおり。

なんと次男が朝突然、一人で学校へ行くと言い出して、本当にそのとおり実行したそうだ。

次男は小学2年生で、軽度の(高機能)自閉症(発達障害)。診断では総合的に見て1年から2年の遅れがあるとのことで、小学校では特別支援学級へ。毎日、家内が学校まで送り迎えをしていた。

しかし、本日突然。ほんとに突然。腰が抜けそうになった感もある。

普段の送り迎えは、正規の通学路ではなく、単純な一本道。少し距離は短いが、交通量が多い。一方正規の通学路は、幼稚園のときの送り迎えで通った道とほぼ同じで、曲がりくねっていて距離が長い。道順は完全に覚えているはずだが、小学校入学当初、言葉と対人能力が未発達で、同年代の子達から、からかわれたり、異質な者に対する子供特有の容赦ない「あの冷たい視線」にさらされるのがイヤだったみたい。あれが親にとっても一番キツイが、本能的なものだろうからなんともいえない。

次男はこの正規の通学路を一人で立派に歩いたそうだ。途中、おじいちゃんのお家があるから、声をかけてもらえるようにお願いして、支援級の先生にも連絡して、さらに家内の尾行付き(本人には気付かれず)。同年代の子にちょっかいを出されたりしたそうだが、自分から「やめて」といって拒否できたみたいだ。

残り少なくなった(第三の)ビールをしばきながら、次男を見ていると、ずいぶん頼もしくなったなーと親ばか全開(笑)。話し言葉に表現力がついたし、文法も気付かぬうちに正しくなっている。まーその分口答えも多くなっているが(笑)。感覚的な視野も拡がったようだ。周囲の状況をある程度自然に把握できるようにもなっている。

一人でトイレに行けるようになったのも突然だった。一人で学校へ行けるようになったのも突然。変化はいつも突然やってくるように見えるけれど、彼の内面はどんどん成長しているんだな。

ただ、今回、本当に喜ばしく感動的だったが、今後も「他の子達と一緒にしなきゃ」というプレッシャーは感じないようにしてやりたい。

ゆっくりいきましょ。ゆっくりでいいのですよ。

« ツール・ド・ふらふら | トップページ | 釜坂峠と石部(いそべ)神社 »

ゆっくりいきましょ」カテゴリの記事

発達障害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/55138234

この記事へのトラックバック一覧です: 自閉次男君が「ボク、今日から一人で学校へ行く」と言い出したので、7月6日は家族にとっての親バカ記念日:

« ツール・ド・ふらふら | トップページ | 釜坂峠と石部(いそべ)神社 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ