« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の10件の記事

2012.07.17

梅雨明け

昨夕のランニングのせいで、朝から太ももと腹筋に筋肉痛。通勤時の階段の上り下りがツラかった。

光るねこじゃらし

案の定、梅雨明け。例年より少し早かったみたいですね。

日没直後の空が宇宙

筋肉痛と日焼けのせいだろうか、非常に眠い一日でもあった。

2012.07.16

海の日、宅ピザ、ラン10キロ

三連休最終日、海の日。朝から「本日の晩御飯はピザなのでヨロシク」との通達。

昼過ぎから、10枚分の生地を仕込む。

穴を開けとくと焼いたときに膨らまない

発酵時間を利用して、炎天下の海沿いをラン10キロ。

江井ヶ島海水浴場で休憩。

さらに八木遺跡公園でも休憩(避難w)

太陽ギラギラ♪

帰宅して太陽の恵み♪

ピザはパリッと大好評。

これはもう梅雨明けでしょうね。

2012.07.14

加西三坂をゆっくり登った

お昼過ぎから自転車で加西三坂(遠坂峠、舟坂峠、釜坂峠)を登ってきた。

遠坂峠手前。緑がきれいですよ。

遠坂峠のピーク。コケがキレイ

舟坂峠旧道の上り口。通行止めの表示

がけ崩れの跡が数箇所。でも普通に通れました。

釜坂峠。上り口通り過ぎてテンション下がった。

帰り道でパンク。雨も降り出したりして苦笑い

走行時間は4時間50分。距離は113キロ。久しぶりの距離でした。右足裏に痛みが出たけど、ヒザとふくらはぎは大丈夫だったので、この夏のテーマは上りのスピードアップかな。

いじめ撲滅に何が必要?子供の頃の記憶を辿って考えてみる


photo credit: BFLV via photo pin cc

大津市のいじめ問題が大騒ぎだけど、気になることがあるのでちょっと。

いじめっていうのはストレス解消行為だと思う(当然いじめを肯定するものではない)。でも「どうやったらいじめをなくせるか?」といった文脈でも、これに根ざした意見を耳にしない。ボクがあまりテレビの報道番組を見ないからかもしれないけれど。

ボクは子供の頃、軽くいじめられっ子だった。いや、身体的被害はほとんど無いから、いじめられっ子は重過ぎるか。いろんな角度から簡単に「からかい」の対象になりやすい子だった。というのも、体が小さく少々ぽっちゃり型で運動がへた。外で遊ぶより家で図鑑を見るのが好き。と、そんな少し内向的な子供だった。同級生に「おとなしめの子」はいたけどしかし、自分で言うのもなんだけど、かなり突出していた(-_-)

自分でも当時そう思っていたが「のび太」だ。ドラえもんはいなかったけど、ジャイアンやスネ夫、しずちゃんもいたなあ(//∇//)。あと、出来杉君も茂手モテ夫も(当時はその存在を知らなかったが)確かにいた。

まーそれはよいとして、のび太よろしく、ジャイアンやスネ夫の家へ遊びに行ったりすると、ちょくちょくジャイアンのお母さんから、「○○ちゃん(ボクのこと)、うちの子に勉強教えたってーな(教えてやって)」などと言われたりする。決してボクは勉強が出来ていたわけではないが、確かに(ある時期までは)真面目ではあったし、どちらかといえば良い子であった(これがまたいじめっ子には香ばしいのですよねわかりますw)。ま、リップサービス的なものでもあったのかも。

しかし、この親の言葉、わが子(ジャイアン)のプライドをそれなりに傷付けていたのではないかと今思う。たとえば、ボクがいないときにも日常的に「あの子はちゃんとしてるのに」などといわれていると「あー、あのやろう、ゆるさねえ(▼皿▼メ)ノ by ジャイアン」とか思うよね多分。正直迷惑なんだけど。

だから、大人や上級生のいないところで、何か自分が優位に立てる部分をみつけて(というか、ボクの場合見つけやすかっただろうから)は、「そんなこともできないの?」とか、「足、遅っ!、なんでそんなに遅いの?」とか、理不尽にも程があるけど遊びの仲間に入れてもらえなかったり・・・ああ悲しくなってきた。

まあ、いろんなケースがあると思う。たとえば大人や社会が期待するように自分に関わってくれないという孤独感もストレスだろう。なんだか知らないがイライラする。誰でもいいから手ごろな相手を見つけていじめてやろう。自分が優位であること(自分が底辺にいないこと)や無視されない存在だと再確認・・・とか。特にこの、子供にとっての社会的なネグレクトに近い状態って、いじめがエスカレートしやすいように思うな。子供にとっての世界はまだ狭いから「ダメだ」といえないのはわかるんだけど、大人が見て見ぬ振りはダメでしょう。大津市の教育委員会の人たちが言っていたことを聞いて、いじめがエスカレートした要因はそこにじゃないかと思ったのね。

決していじめた側の子供らを擁護するわけではないが、裏側や水面下(同じかw)に隠れている有機的なつながりを見ようとせず、目に見えるわかりやすい表面的なことだけを追求しても、なんの解決にもならないように思うのね。人の心や社会はもっと複雑で深いものだろう。

いま、いじめられている(もしくはそう思っている)子供達へ。死んではいけない。自分にとっての日常の外側へ逃げなさい。絶対に助かるから。少しだけ勇気を出して逃げてください。

2012.07.08

釜坂峠と石部(いそべ)神社

午後の自由時間。とりあえず100キロ走ろうと加西へ。三坂を回ると時間的にキツイので、西から釜坂へ登って引き返すことにそた。時計回りは久しぶり。つらいイメージがあったが、意外とあっさり登り切る。以前は重たい自転車だったからだろうか。

ほぼ寝転がって撮ってますw

頂上で47キロくらい。100キロには届かないが、細かく距離を稼いでも無意味。追い風であまり踏まずに35km/h巡航で帰宅。後半はガンガンに晴れていて暑かった。

いつも素通りの石部(いそべ)神社の門杉でかい!

2012.07.06

自閉次男君が「ボク、今日から一人で学校へ行く」と言い出したので、7月6日は家族にとっての親バカ記念日

ええ、親バカですともwお気になさらず(笑)

photo credit: Beverly & Pack via photo pin cc

「激しい××が予測されるので早めに・・・」とのことで早めの帰宅。ドラえもんを見ながら次男の横でホッとしてとりあえず(第三の)ビールをしばいていたら、家内から「そうそう、褒めてあげてね」と聞かされたのが、タイトルのとおり。

なんと次男が朝突然、一人で学校へ行くと言い出して、本当にそのとおり実行したそうだ。

次男は小学2年生で、軽度の(高機能)自閉症(発達障害)。診断では総合的に見て1年から2年の遅れがあるとのことで、小学校では特別支援学級へ。毎日、家内が学校まで送り迎えをしていた。

しかし、本日突然。ほんとに突然。腰が抜けそうになった感もある。

普段の送り迎えは、正規の通学路ではなく、単純な一本道。少し距離は短いが、交通量が多い。一方正規の通学路は、幼稚園のときの送り迎えで通った道とほぼ同じで、曲がりくねっていて距離が長い。道順は完全に覚えているはずだが、小学校入学当初、言葉と対人能力が未発達で、同年代の子達から、からかわれたり、異質な者に対する子供特有の容赦ない「あの冷たい視線」にさらされるのがイヤだったみたい。あれが親にとっても一番キツイが、本能的なものだろうからなんともいえない。

次男はこの正規の通学路を一人で立派に歩いたそうだ。途中、おじいちゃんのお家があるから、声をかけてもらえるようにお願いして、支援級の先生にも連絡して、さらに家内の尾行付き(本人には気付かれず)。同年代の子にちょっかいを出されたりしたそうだが、自分から「やめて」といって拒否できたみたいだ。

残り少なくなった(第三の)ビールをしばきながら、次男を見ていると、ずいぶん頼もしくなったなーと親ばか全開(笑)。話し言葉に表現力がついたし、文法も気付かぬうちに正しくなっている。まーその分口答えも多くなっているが(笑)。感覚的な視野も拡がったようだ。周囲の状況をある程度自然に把握できるようにもなっている。

一人でトイレに行けるようになったのも突然だった。一人で学校へ行けるようになったのも突然。変化はいつも突然やってくるように見えるけれど、彼の内面はどんどん成長しているんだな。

ただ、今回、本当に喜ばしく感動的だったが、今後も「他の子達と一緒にしなきゃ」というプレッシャーは感じないようにしてやりたい。

ゆっくりいきましょ。ゆっくりでいいのですよ。

2012.07.04

ツール・ド・ふらふら

帰宅途中の電車の中で、新城選手の逃げを知り、21時半頃に帰宅して、ツールド風呂&ツールド晩飯&ツールドフランス!

3人で逃げてます♪

独特のフォームですよね。

ゴールが24時を越えるので、眠くて眠くて、恥ずかしながら今年のツールも初日から全部DNFなのだが、今日は頑張って完走したい♪が既に眠いw

2012.07.03

ひとり打ち上げ

書いてて寂しいタイトルやなーと思うがまーそういうことではないのでご心配なくw

自宅de立ち呑みメニューw

というのも・・・

小規模だけど納期はタイトなお仕事(軽く復興需要)が、本日完了となったので。

「これはどう考えてもオレにしか出来ん!」と思える仕事だった(これは往々にして勘違いなのだが、まー、そういう高揚感みたいなのも仕事には必要だということで皆許せ)ので感無量。めでたい。

ただ、同じプロジェクトの他の人たちは週末から現地調整へ。それが終わってホントの完了となるわけだから、まだ全体では打ちあがらん。

自分は、明日から数ヶ月、別な仕事(といっても先月まで行っていたところ)が始まります。

ということで、苦労を共にした仲間が近くにいないから、帰宅してから一人でキチンと打ち上げようという魂胆。頑張った自分自身と肩を叩きあいながらw。達成感は丁重に扱わなければならないからね。

おつかれ!

2012.07.01

絶対音感

この週末、ホンの気まぐれから、押入れにしまいこんでいたギターやエフェクターを引っ張り出して、適当に弾いていたら、隣にいた次男が突然「C#m(シーシャープマイナー)やな」とつぶやいた。自分としてはBm(ビーマイナー)を押さえているつもりだったので、「いやいやーwおしいねー」などと思ったのだが、よーく左手を確認してみると、C#mを押さえていた。間違えていたのは自分。

そのあと、4つくらいのコードを鳴らして聞いてみたら、すべて即座に平然と言い当てた。以前もコードを言い当てたことがあったが、そのときは3個目くらいで「もういややー」といって逃げ出したので、偶然だろうと思っていた。

普段から次男は音楽を聴きながら、コード名をつぶやく。「C#メジャーセブン!」、「Gマイナー!」とか。これも今まで適当に言っているのだろうと思っていたが、実は全部正確だったみたい。身近に絶対音感の人がいないもんでびっくりです。

サヴァン症候群というのはこういうものなんだろうという気がする。自閉症特有の極端な集中で、すべてを記憶してしまうような感じ。

こだわりは成長とともに変化する場合があるから、この能力も将来失われるかもしれない。生活上の必須能力ではないけれど、ちょっともったいないな。自立して生活するために、他の能力も獲得しなければならないのだから、親としては複雑な心境。ま、本人はなんとも思っていないみたいだけど。

Amazon タイムセール最終日『スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX』が50%OFF!!!

Amazonタイムセールの最終日(2012-07-01)、スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX が、50%OFF!

全世界で一番売れた商品みたいね♪

photo credit: mendhak via photo pin cc

11時から777個限定だとか。持ってない人はバーゲンコーナーからゼヒ!

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ