« 釜坂峠と石部(いそべ)神社 | トップページ | 加西三坂をゆっくり登った »

2012.07.14

いじめ撲滅に何が必要?子供の頃の記憶を辿って考えてみる


photo credit: BFLV via photo pin cc

大津市のいじめ問題が大騒ぎだけど、気になることがあるのでちょっと。

いじめっていうのはストレス解消行為だと思う(当然いじめを肯定するものではない)。でも「どうやったらいじめをなくせるか?」といった文脈でも、これに根ざした意見を耳にしない。ボクがあまりテレビの報道番組を見ないからかもしれないけれど。

ボクは子供の頃、軽くいじめられっ子だった。いや、身体的被害はほとんど無いから、いじめられっ子は重過ぎるか。いろんな角度から簡単に「からかい」の対象になりやすい子だった。というのも、体が小さく少々ぽっちゃり型で運動がへた。外で遊ぶより家で図鑑を見るのが好き。と、そんな少し内向的な子供だった。同級生に「おとなしめの子」はいたけどしかし、自分で言うのもなんだけど、かなり突出していた(-_-)

自分でも当時そう思っていたが「のび太」だ。ドラえもんはいなかったけど、ジャイアンやスネ夫、しずちゃんもいたなあ(//∇//)。あと、出来杉君も茂手モテ夫も(当時はその存在を知らなかったが)確かにいた。

まーそれはよいとして、のび太よろしく、ジャイアンやスネ夫の家へ遊びに行ったりすると、ちょくちょくジャイアンのお母さんから、「○○ちゃん(ボクのこと)、うちの子に勉強教えたってーな(教えてやって)」などと言われたりする。決してボクは勉強が出来ていたわけではないが、確かに(ある時期までは)真面目ではあったし、どちらかといえば良い子であった(これがまたいじめっ子には香ばしいのですよねわかりますw)。ま、リップサービス的なものでもあったのかも。

しかし、この親の言葉、わが子(ジャイアン)のプライドをそれなりに傷付けていたのではないかと今思う。たとえば、ボクがいないときにも日常的に「あの子はちゃんとしてるのに」などといわれていると「あー、あのやろう、ゆるさねえ(▼皿▼メ)ノ by ジャイアン」とか思うよね多分。正直迷惑なんだけど。

だから、大人や上級生のいないところで、何か自分が優位に立てる部分をみつけて(というか、ボクの場合見つけやすかっただろうから)は、「そんなこともできないの?」とか、「足、遅っ!、なんでそんなに遅いの?」とか、理不尽にも程があるけど遊びの仲間に入れてもらえなかったり・・・ああ悲しくなってきた。

まあ、いろんなケースがあると思う。たとえば大人や社会が期待するように自分に関わってくれないという孤独感もストレスだろう。なんだか知らないがイライラする。誰でもいいから手ごろな相手を見つけていじめてやろう。自分が優位であること(自分が底辺にいないこと)や無視されない存在だと再確認・・・とか。特にこの、子供にとっての社会的なネグレクトに近い状態って、いじめがエスカレートしやすいように思うな。子供にとっての世界はまだ狭いから「ダメだ」といえないのはわかるんだけど、大人が見て見ぬ振りはダメでしょう。大津市の教育委員会の人たちが言っていたことを聞いて、いじめがエスカレートした要因はそこにじゃないかと思ったのね。

決していじめた側の子供らを擁護するわけではないが、裏側や水面下(同じかw)に隠れている有機的なつながりを見ようとせず、目に見えるわかりやすい表面的なことだけを追求しても、なんの解決にもならないように思うのね。人の心や社会はもっと複雑で深いものだろう。

いま、いじめられている(もしくはそう思っている)子供達へ。死んではいけない。自分にとっての日常の外側へ逃げなさい。絶対に助かるから。少しだけ勇気を出して逃げてください。

« 釜坂峠と石部(いそべ)神社 | トップページ | 加西三坂をゆっくり登った »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/55190822

この記事へのトラックバック一覧です: いじめ撲滅に何が必要?子供の頃の記憶を辿って考えてみる:

« 釜坂峠と石部(いそべ)神社 | トップページ | 加西三坂をゆっくり登った »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ