« 「平易な言葉で簡潔に」うまく伝えるには、準備や練習が必要か | トップページ | 姫路IT系勉強会に初参加 »

2012.09.14

デブサミ関西2012でエンジニア心をリフレッシュしてきました

デブサミ関西2012に初参加。

[System/Agile]、[Web Tech]、[Mobile Tech]と、3つのカテゴリの講演が並行して行われていて、自分は締め切りギリギリでの登録で、いくつか満席で登録できなかったこともあって、以下の講演に参加。

  1. Chromeのプロジェクトに学ぶAgileでScaleするソフトウェア開発手法
  2. 関西から世界に通用するスマートフォンサービスの開発
  3. ヤフーのHTML5対応
  4. ブラウザテストを自動化することにした~TestNGとSeleniumでやってみる~
  5. パブリッククラウドIaaS/PaaSを利用した企業内システムデベロップメント
  6. 実演ライブコーディング!触って動かす組込プログラミング

参加者の年齢層は平均で30歳くらいだったでしょうか。挑む姿勢で若いモンには負けられないから、基本的に全部一番前の席で前のめりにがっついた。

一応会社からの参加という形だったのでワイシャツ姿。まー、服装はこの際どうでもよいのだが、「費用対効果」の文字が頭上斜め上60度の位置にちらついて、「デブサミ関西2012、はっじまっるよー」「イエーイ!」的なノリにはいまいち乗り切れなかった(笑)。次回は有給とってラフな姿で参加したいかも。

個々の内容についてはまた後ほど。どれもこれも印象的でしたが、一番楽しかったのは、ライブコーディングかな。アンドロイドに温度センサーつないで情報を取り出してツイッターでつぶやくというのをゼロから生でコーディングするっての。ジリジリとした緊張感で「おいおい大丈夫か?」みたいな雰囲気が面白かった。結果は少し残念だったけど、ごっつい楽しかったヌル。あと10分時間があれば何とかなっていたんだろうな。公開デバッグや公開コードレビューと言うのも楽しいかも?

なにより、ある程度同じ方向を見ているエンジニアばかりが集まっているところにいて、妙な安心感を感じた一日でしたな。いろんなヒントや「なるほど!」や「へぇ」などいっぱいもらった気がします。

来年も参加したいし、東京のにも行ってみたい。

« 「平易な言葉で簡潔に」うまく伝えるには、準備や練習が必要か | トップページ | 姫路IT系勉強会に初参加 »

プログラミング」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/55659704

この記事へのトラックバック一覧です: デブサミ関西2012でエンジニア心をリフレッシュしてきました:

« 「平易な言葉で簡潔に」うまく伝えるには、準備や練習が必要か | トップページ | 姫路IT系勉強会に初参加 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ