« 心配性 | トップページ | デブサミ関西2012でエンジニア心をリフレッシュしてきました »

2012.09.13

「平易な言葉で簡潔に」うまく伝えるには、準備や練習が必要か


photo credit: Marco Bellucci via photo pin cc

そういえば、昨日の朝、次男と一緒に家を出て歩いているとき、次男が「お父さんのお仕事はなに?パソコン使うの?むつかしいの?」と聞いてきた。

かつては、自転車に乗ることが仕事だと思われていたり(自転車通勤のせいw)したが、さすがに最近は、うっすらと「コンピュータ関連」と感づいているようだ(別に秘密にしているわけではない)。

しかし、次男相手には説明がムツカシイもんで、どうにかこうにか「難しくないよ、コンピュータでちょっと便利なものを作る仕事だよ」と搾り出した。

次男が将来自立して生活が出来るようになるには、「仕事」に対してポジティブな正しいイメージを持たせたいとは常々思っているので、「便利なものを作って誰かに喜んでもらって『ありがとう』といってもらうのだ!(ビシッ!)」とあわてて付け加えた

が、追加部分はまったく聞いていなかった模様(笑)

「誰か」などという抽象的な表現がダメだったのか、それともそもそも文章が複雑すぎたか・・・。ま、とにかく行き当たりばったりではダメってことだなw。

« 心配性 | トップページ | デブサミ関西2012でエンジニア心をリフレッシュしてきました »

ゆっくりいきましょ」カテゴリの記事

発達障害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/55652937

この記事へのトラックバック一覧です: 「平易な言葉で簡潔に」うまく伝えるには、準備や練習が必要か:

« 心配性 | トップページ | デブサミ関西2012でエンジニア心をリフレッシュしてきました »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ