« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の10件の記事

2012.10.31

10月は自転車再会気分で500キロ

珍しく自転車にたくさん乗った一ヶ月。両方の自転車合わせて500キロ近く乗ったかな。

5年前の10月頃に、サティで買った1万1千円のMTBルック車で自転車通勤に突入したのよね。それから、今も元気に乗ってるロードマンを掘り起こしたのもこの時期。月の走行距離はもしかしたら同じくらいだったかもな。当時はまだまだ太っていて(激痩せ真っ只中だったかも)結構な運動量だったように思う。

以前は朝晩、メーターの距離と走行時間を記録していた。でも最近はどっちゃでもようなった。月にナンボほど自転車で走らなアカンとかそういうことも思わなくなったな。

実際、有酸素運動としては、「自転車よりもランニングのほうがカラダ的に気持ち良い」と思いはじめてはや2年。ロングライドやツーリングはまた別なんだけど。単純に運動としてはランニングのほうが効率が良い。気楽だし。

とぶつぶつ考えていたら、1年半以上自転車に関するお買い物をしていないことに気が付いた。物欲にまみれた以前の自分を思い出したりw

ま、必要なものは買わなきゃ。とりあえずボロボロになりつつあるサイクルキャップとライト類を新調したいかも。あとフロントバッグも良いのがあれば♪

2012.10.30

長年使った自転車用ヘッドライトのがたつきを要らなくなった名刺で解消♪

5年くらい使っているCATEYEの自転車用ヘッドライトが、走行中の振動でガタつくようになってしまった。ブラケットとの接合部が磨り減っているようで、上下に前後にガッタガタ。

ただ、ライトとしての機能には問題が無いので、どうにかならんかと思案の末、紙を挟んで応急処置を施した。

ブラケットと接合する部分の先っちょ、ライト側の「ツメ」より先(下の写真の赤色で囲んだところ)に、ちょうど収まるよう、不要になった名刺を3枚切り出してL字型に挟み込む。

ライトを取り付ける時には、しっかり「ツメ」がかかるようにぐいっと押し込む。でないと走行中にライトが落っこちたりして危険ですから。

効果覿面。がたつきゼロ。今までちょっとした路面の凹凸で「ガタガターン、ビリビリーン」と鳴っていたが、ここ数日、無音になって少々寂しい気もしたりw


(この記事は、ライトのがたつきへの対処に、この方法をお勧めするものではありません。磨耗した部分に、本来かかるべきでない力が加わっている状態なので、そのうち壊れるような気がします。寿命を縮めているかも知れません。本来はブラケットやライトを買い換えて解決するべき問題だとおもいます。あくまでも応急処置として、また、すべて自己責任でお願いいたします。)

2012.10.27

宵ノ宮ったら酔い飲みや~

午後、遠くから太鼓の音が聞こえて来たので、カメラ抱えて飛び出したけど、「酒目当て」という側面も否定できない(例年並み)

明日が本宮。西島が練り番。関係ないけど飲みすぎには注意したいと思うグビ

2012.10.22

加古川三木小野三木明石

日曜日の自転車のルートです。

加古川の水管橋

久しぶりに軽いほうのに乗ったかも。

土曜日は人間ドック&お仕事。当然自転車なのだが、何がツライって水分補給。朝から飲めないというのはちょっとな。まーバリウム飲むからしゃーないけど。干からびる寸前でバリウム飲まされて思わず消化しそうやった。ここ2週間ばかり酒をかなり控えていたので、ガンマGなんちゃらの数値が楽しみ。

日曜日は、肉離れ怖さにランニングは控える。腹にバリウムを抱えたまま昼前までゴロゴロ。土曜日から普通では考えられないくらいの下剤を飲んでいるのに、軽い便秘。昼前になんとか軽量化に成功して晴れて自転車にまたがった。

なんとなく権現ダムかなと西へ走るが、南東からの風が強くて、早めに東へ向かい、帰路を追い風にする作戦。水管橋を渡り、県道18号線を北上し、加古川市から一瞬三木市に入って(山陽自動車道の高架の南側、正法寺の交差点付近)すぐに小野市へ。そして万才橋から市場へ向かい、県道23号線から国道175号線へ。その後真っ直ぐ下って明石は林崎漁港。

三木市からの下りがなかなかの向かい風だったが、最終的には作戦成功。自宅着前30分が追い風。

走行距離は60キロ。登りでちょっと踏み込んでしまったか、左ふくらはぎの肉離れ部分に少し違和感を感じたが、なるべくそこの筋肉を使わないようにして帰宅した。今のところ、特に問題は無い。

レッツ回復!

2012.10.18

光れ、ランナー

暗闇を自転車で走っていると、数メートル先に突然ランナーが出現することがある。
今夜も2回、そんなことがありました。
あと、わずか数センチ左へ寄っていたら引っ掛けていたというくらい、キワドイ状況だった。

ライトを持って歩いている人はよくいるんだけど、ランナーはたいてい無灯火ですね。

街灯が無くて幅の狭い海沿いの自転車道は真っ暗ですよ。
自転車のライトで照らされる範囲なんて知れたもんなんだよね。

夜走りのランナーにはぜひとも光って欲しい。
お互いのシアワセな生活のためにも。

ランニング用のライト↓なんてのもあるんですよね♪

Panasonic(パナソニック) の Panasonic(パナソニック) LEDネックライト BF-AF10P-Y ライムイエロー

これも↓よさげ。

GENTOS(ジェントス) の GENTOS(ジェントス) LED セーフティバンド 緑 【数量限定 ・ デジタル簡易型歩数計付き】 AX-710GR

2012.10.17

プラピルーンとマリアさま

夜に雨になることは知っていたので、朝から嬉々として雨具なんぞを準備。
「雨でも自転車に乗るぞ!」と思ってしまえば、なかなかワクワクするもので(しない?)。

しかし、台風が2つもじわじわ接近しているとは知らなんだ。
朝は結構晴れていたが、昼間には轟々と滝のように降っていたようだ。仕事中に外を見て、こらーえらいこっちゃとびびったけれど、結局夜に雨には遭わず。

まーよかったんだけど、消化不良という感じでもあるな。
登ろうとした山が実はどえらい低くて楽しいピクニック♪みたいなそういうの

2012.10.16

自転車用太もも

最近、自転車に一日あたり24キロほど乗っていて、太ももの表側の「筋肉痛未満の気持ちいいレベル(?)の疲労感」に気がついた。

ランニングをしても初期段階で、この部分に筋肉痛が出るけど、ちょっと種類が違ってそうな、いや、そうでもないような、うん、よくわからない(笑)

今日から指ありグローブ装着。半袖もちょっと無理っぽかったので、朝はアームウォーマーを装着してみた。少し暑いと思ったけれど、ちょうどよいとも言えるかも。

2012.10.11

キンモクセイの秋

連休中のランニングで軽い肉離れを発症。涼しくなって快調に走れていたので、調子に乗ってインターバルトレーニングでガツンとペースを上げたらコレだ。左足のふくらはぎの下あたり。若干歩きにくかったが、テーピングとサポーターで固定して、水曜の夜にはなんとか回復。普通に歩けるようにはなった。

ここ数日キンモクセイが華やかだ。なんでもない路地裏でガツンと来ます。キンモクセイに限らないかもしれないが、花の香りというのは、瞬間的にキモチがパァッと開けて、驚きに似た、ある種の高揚感がありますな。で、香りが消えると同時に強烈な失望感みたいなのが訪れる。残念なんだけど甘酸っぱい感じ。芳香剤など買ってきて始終キンモクセイの香りに包まれていても、こういうのはないのだろう。香りって脳みそに直結しているんだろうね。急に古い記憶や情感がよみがえったりするから。

昨年のこともあるし、しばらくランニングは控えるつもり。代わりに、週末は自転車でぶらぶらしよっかな?というところ。めくるめくキンモクセイを楽しみながら。

2012.10.04

毎日自転車生活へ♪

会社の帰り、事故による振り替え輸送で、自宅近くの駅へ到着。
普段は汗を吹き拭き1.6キロ歩いて帰るところ、今夜は200mくらいだろうか?
そらもう、スカみたいな帰宅路だった。

ちょうど本日定期が切れて、明日から朝サイ夜サイ決行うぃる。
ということで、ヘッドライトの充電したり、片方取れてたバーエンドキャップをキチンと装着してみたり。

いじくり倒す情熱はかなり失せているのだがw

まー気楽にフラペでプラプラと♪

2012.10.02

秋には秋の雲が出る

家を出ると、さっと筆を滑らしたような秋の雲。

秋になれば、入道雲が引っ込んで、秋らしい雲が出るってのは、地球上で何億回も繰り返されてきたのだろうけど、やっぱり不思議。
というか、「よく出来てるな、地球」という神目線w。

昨日の朝、ガツンと香っていたキンモクセイが、今朝はまったく無かったのも面白い。出番間違えたのかね>キンモクセイ(笑)

空を見て、匂いをかいで、「祭りが近い♪」てなワクワク感も、ナカナカよいよい。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ