« メガネと眼圧 | トップページ | 展覧会の「字」 »

2012.11.12

安さだけではないJINSの凄さは安心感かな

なにをいまさらとも思うけど、先日初めてJINSでメガネを買って「なるほどな」などと思ったので書いておく。

形は前のとほぼ一緒。4990円也♪

なにが「なるほど」なのかというと、買いやすさというか購入時の安心感。

従来の眼鏡屋さんだと、高いフレームと安いフレームがばらばらにおいてあって、値段は小さなタグに書かれていいたりして、考えすぎかもしれないけど「あわよくば手が滑って高いのを買ってもらおう」って意図が垣間見える(ちょっと卑屈?)。

しかもレンズは屈折率や機能(コーティング、紫外線カットなど)によって値段が格段に変わるから、もう検討する内容がとても複雑でわけがわからない。正直、素人の手に負えないのではないかと。ということで営業さんに「とってもお似合いですよ!」とか「こちらのほうが高級感がありますね」とか「ガラスのレンズは重たいですよ」とか「どうしても牛乳瓶の底みたいになりますよねー」とか言われてその気になっちゃう。つまり「あー、メガネってムツカシイなー」と思っているところへ上手に売り込まれて思考停止状態で購入決定!とかそういうパターン。

これがJINSだと、まずレンズの代金が0円で、度数や屈折率によって値段が変わらない。そして、フレームの値段が1000円、2000円刻みで段階的になっていて、その値段は棚にでかでかと書いてあって、まとめて置いてあるわけです。「このシンプルなフレームで4990円、こっちのおしゃれなフレームで7990円。さてどっち?」ということで、考えることがとても少なくて済む。しかも、フレームを選んでいるときに店員さんが近寄ってきて勝手に説明が始まるようなことがない(というか説明不要なのだ)から、全部自分で考えられる。

これだけのこと(ま、結構な違いかもだけど)で、安心して買い物ができるというのはJINSに行って気がついた。

« メガネと眼圧 | トップページ | 展覧会の「字」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/56101056

この記事へのトラックバック一覧です: 安さだけではないJINSの凄さは安心感かな:

« メガネと眼圧 | トップページ | 展覧会の「字」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ