« 安さだけではないJINSの凄さは安心感かな | トップページ | 3年ぶりの奥山寺 »

2012.11.13

展覧会の「字」

朝、家を出るとき、玄関先に「表彰状」めいた物があって、どうやら自閉次男君が硬筆で書いた字が、展覧会に出展されたそうな。そういや昨年も市内の養護学校の展覧会に選ばれたよね・・・と思いながら、さらにじっくりよく見てみると、なんだ養護学校じゃないじゃないか。普通学級を含めた中で選ばれてるやん。

トンビが鷹を産むとは、まさにこのこと。

しかし、そもそも次男は国語や書き取りよりは算数のほうが好き。家で漢字の宿題をしているときの字はかなり乱暴なんだけど、なぜか学校で書く字はとてもきれいなんだそうな。

ムツカシイな自閉症。部分的には理解しているつもりなんだけどね。わからんことのほうがまだまだ多いw

« 安さだけではないJINSの凄さは安心感かな | トップページ | 3年ぶりの奥山寺 »

ゆっくりいきましょ」カテゴリの記事

発達障害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/56108362

この記事へのトラックバック一覧です: 展覧会の「字」:

« 安さだけではないJINSの凄さは安心感かな | トップページ | 3年ぶりの奥山寺 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ