« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月の14件の記事

2013.03.25

「自転車は車両です!(キリッ」が意味するところ。

数週間前に気づいていたのだけど、明石の市バスの後部にデカデカと書かれているのです。

「自転車も車両です」と。

初めて目にしたときには「あーやっとここまで来たか」と思ったのは正直なところ。間違いじゃないからね。

しかし、よくよく考えてみると、誰に対して何が言いたいのか、はっきりしないんだな。これを見たときに多くの人は、「ふうん。それで?なにが言いたいの?」と思うのではないかな。

「自転車は車両です」とは、歩行者的にふるまっている自転車に対して、「歩道を爆走しなさんな。夜は電気を点けなさい。車道を逆走せんといて。左側を走りなさい。あと、信号守れバカタレが!」ということなんじゃなかろうか?

一方、自動車やバイクに対しては、「自転車が車道の左端を走っているのはあたりまえ。腹を立てたり、うっとうしいなと感じたり、ややこしいことはせんといて!」というところかと。

いやホント、日常的に自転車に乗っている二足歩行の善良なる歩行者として、声を大にして言いたい切実な問題なのです。でも、「自転車は車両です」という簡単な文章では伝わりきらないもどかしさを感じるのよね。

つまり、もう一歩踏み込んだ表現がほしいなと。

ここ数年で自転車への認識は、相対的に、かなり高まってきたとは思うのだけど、実感として、逆走・無灯火・信号無視などは全く減っていないように思うのね。自転車ブームで絶対的に台数が増えたからかもしれないけれど。

さらにどんどん踏み込んで、わかりやすいメッセージを出してほしいなと期待します。

「ええ加減にやめんかい!飲酒運転」みたいなのもアリですよね。まーあれはかなり末期症状なんだろうけど。

2013.03.23

サクラ咲いてたアマガサキ

所用で朝から尼崎へ。JRから阪神まで3キロくらい歩いたら、サクラがちらほら咲いていた。

全然話は変わるけど、朝10時半、JRの駅近くの交番と公衆トイレの隣で、オッチャンが盛大に立ちションしていて驚いた。パワフルやな街やな尼崎。

2013.03.21

自転車以外の3年計画

急に気温が下がり、寒いというか、ヒンヤリな朝。

青い空が印象的♪

昨日の夕方、近くの自転車量販店へタイヤやチューブを見に行った。店員さんが「レーシングタイヤですか?」と寄ってきたけど28C以上しか置いていないってなんですかそれ。CO2ボンベも「お取り寄せはできますが・・・」てなことで。しかも、チューブに関しては、ネット通販の倍の値段。あきらめたというか呆れてスゴスゴ引き返した。

ということで、デカイ携帯ポンプ(?)を引っ提げて、ヒヤヒヤしながら毎日自転車に乗るのだが、今日のところは、なんとかパンクはしなかった。

というか、この前のパンク。いくら調べても、チューブに穴があいていない。もしやイタズラではなかったか?と疑ってる。なので、駐輪場ではバルブ部分を、キャリパーの位置に合わせておいた。簡単にはエアを抜けないように、若干のいたずら防止対策。効果のほどは、まーわからんです。

実生活(?)では、向こう三年くらいの年間収支計画を立案して遂行する必要が・・・。どんぶりで測ってみて、結構キツキツやけど、10数年以前にヨチヨチ歩きだったこの人たちが、「ガッツリ成長してるんやな」という他人事みたいな感慨も感じたり。まあ、データフェチとしては、絶好の題材ですわ。

2013.03.19

春のパンク祭りが三週目

いざ帰宅!と駐輪場で自転車見たらエアが抜け抜け。

朝のパンクは、どことなくさわやかな気分になれる(なれない?)。ボヤボヤしているヒマがないからかもしれないが。

一方、夜は・・・。しかも駐輪場の隅っこで。

まあ、無気力にうなだれて、やり場のない怒りに肩を震わせていても帰れない。「じゃあ、いつチューブ交換するの?イマでしょ・・・」てことで、ハイやりますよ。

CO2ボンベを三週間で三本消費。

これでボンベの在庫無し。ちゅうか、ボンベ装填時のエアの漏れが激しくなってて正直怖い。パッキンが硬化しているのだろうか。そろそろ本体ごと換え時なのかも。

さらに、無傷のチューブも無い。貼るだけのパッチも残りわずか。

そもそもタイヤも、見てわかる程度に減っているから、こちらも換えなきゃいけないか。この一年で3000kmくらい走っているはずだが、リーズナブルなタイヤだと、そんなもんか。

いろいろ細かく入用な春だなう・・・

2013.03.17

100キロ5時間0円サイクリング

ポカポカとよい天気だったので、久しぶりに自転車、というかアルミの方に乗った。

なんとなく100キロ走ろうという気分で、とりあえず七曲りを目指す。相生で牡蠣バーガーでも食おうという目論見。

2号線で夢前川から250号線へ下ったのだが、交通量が多くて、すりぬけの連続。神経使うわりに巡航速度が上がらない。

途中ご挨拶した(追いつかれたw)ピナレロのローディ(ナイスガイ)から「梅園」に向かう車がめちゃ多いことを教えてもらった。まだ梅は終わっていなかったのね。

お話しながら「道の駅みつ」でしばし休憩。

自動車が多くて大混乱だった。

晩御飯までに帰れなさそうだったので、「道の駅みつ」で引き返すことに。

途中、室津で梅を只見w


ほとんど休憩なしで100キロサイクリング。久しぶりだが結構走れたもんだ。

しかもお金を全く使っていない。財布にやさしいサイクリングだった。

排ガスと黄砂にノドをやられた感が強いが、まー楽しかった。

2013.03.14

三寒四温とホーホケキョ

何度目か知らんがまた寒くなった。朝は「おー結構寒いなーわはは」という感じだったが、夜はちょっと寒すぎた。明朝はさらに冷えるとのことで、三寒四温はどうなっているのか?

とはいえ、春は着々と。

photo credit: mio-spr via photopin cc

朝、八木の壁画のところだったと思うが、いきなり頭上でホーホケキョ。

そして、林崎の漁港では、目の前をウグイス色した小鳥(そらおそらくウグイスやろね)が横切った。しかも2回。きれいなミドリが印象的。

けっこう楽しそうに飛んでいたので、もう春はすぐそこに来てるんでしょな。

2013.03.13

風が強くて雨上がる

「朝の風は弱めですわ」と、天気予報サイトに教えてもらったので、なんの疑いもなく、気楽に家を出たのだけれど、とんでもない風が吹いててめちゃ困る。

イマイチ伝わりませんかね。

これならどうだ。髪の毛が飛んで行きそうw。

いやホント、インナーローでも、前に進まんくらいの向かい風。かろうじて、降りることはなかったけれど、ママチャリのおばちゃんは延々押してた。逆方向へ走る女子高生は、モーレツなスピードですっ飛んで行ったし。

仕事ではめっちゃ久しぶりに、ラダーを組んだ。たいそうな物ではないけれど、普段使っていない脳細胞をほじくったような、爽快感がありますな。「ラダーってなんやねん」と言う人は「プログラマブルロジックコントローラ」を読んでもらえればと思います。

ということで(?)、夜は雨が降る予報。駐輪場に着いた頃、確かに結構降っていた。いや、雨対策は万全なので大丈夫。駐輪場で、みっちり時間をかけてレインウェアを着込んだところ、走り出したら雨上がるってオイ・・・

ま、思ってる通りにならないってーところが、オモロイっちゅうことでもあるのかね。

2013.03.12

またまたパンク

自宅から自転車で10分のところにある、お客様の工場で、10時からの打ち合わせ。少なくとも9時40分に家を出ればよいのだが、長男の学資保険が満期になってて、その手続きのため、9時に郵便局へ自転車で。

しかし、思った以上に時間がかかって、「打ち合わせに遅れそうやな、やばいなー」と思い始めた頃、「本日の打ち合わせは中止です!」の連絡あり。

仕方がないので自転車で、うららかな海沿いを、向かい風に悩まされながら、最寄の駅まで元気に走る。

夏の海の色ですな!

と、ここで、パンク。とてつもなく大きなホッチキスが刺さっててビビった。

なんだかいろいろ予定が狂って、バタバタ過ごした午前となった。

このタイヤ、昨年4月から、少なくとも3000kmは走っているはず。そろそろ換え時かも知れぬ。

2013.03.11

仕事は現場で終わるのだ

この数ヶ月、ノドの奥に引っかかっていたような、お仕事完了。

早弁して電車移動。ガタガタ震えるほどの寒さ。

以前、関わったシステムの操作説明。いろんな事情が重なって、自分がやることになった感じ。

長らく、スピーカー的なことを社内外でもやっていなかったし、参集される方たちの雰囲気もまったくわからないし、どうにも変な緊張感を感じてしまって、若干体調にも影響あったかもしれん。

一方、「その場の状況に合わせてやりゃいいんだよ」ってな気持ちも残っていて、その実、現場へ入って久しぶりにお会いする方たちと、あーだこうだと話をしながら、どうにかこうにか落ち着いて、なんとかこなしたという次第。

年を取ると、新しい状況への適応力が鈍ってくるような気がするが、「現場でなにかあってもどうにかするぞっ」てな気合(?)は失わないようにしなけりゃな。それ相応の経験もあるわけだし。

2013.03.09

寄る年波

月に一度の土曜出勤。だーれも起きてこないので、ひさしぶりにオッチャン弁当復活しました。

卵焼きを焼いた程度で後は冷凍食品で

実は44歳の誕生日。SNSの関係などで、「おめでとうございます」なんていわれて面映い限り。まー声をかけていただけるだけでも、ありがたいことではありますよね。

夜は新人歓迎会で焼き鳥屋。会社では年齢的に上から数えて4番手くらいなんだけど、入社したての若い人たちから、結構フランクに話しかけてもらえるのが、ちょっとうれしかったりしましたな。なるたけニュートラルなポジションをキープしたいと思っているので、そういうのも含めてうれしい。

ただまあ、年長者だけ集まると、やれ腰が痛いとか、健康診断の数値に関して、やたらと詳しく語ってみたり、か~なり年を感じた。

正直、気持ち的には20代後半ってところなんですけどね。

2013.03.08

サクラの息吹

昨夜の帰り。地中や樹上の生物たちが蠢きだしている雰囲気をグイグイ感じた。むせ返るような匂い。有機物が空中を漂っている感じ。

さらに今日の最低気温は10℃とか。さすがに惰性のパッチ大作戦は終了しまして、今日から再びステテコですわ。

明石川沿いの桜の木。

いまは枝しかないけれど、一ヶ月するかしないかのうちに満開ですよ。

すぐそばにあるサクラを毎日自然に楽しめるというのは結構贅沢なのかな?と思ったり思わなかったり。

2013.03.05

景気浮揚感

世の中の動きに合わせているのかどうかは知らないけど、決算賞与が出るとかでないとか。

朝は先行き不透明な空でしたけど。

ここ数か月、なかなか激しい金欠状態。趣味のもんなんて夢か幻。カード明細を眺め、歯を食いしばって我慢してたが、「決算賞与」と聞いた途端、消費意欲がフワリと湧いてくるのが不思議なもんだ。

こうやって経済は動いているんだな―と実感したが、「ホントに大丈夫?」てな感覚が残るのはバブル後世代の特性かな。

夜のニュースで「『ベア』という単語を知らない人が多い」とやっていて、おじさんが「なつかしいねー」なんて言ってて、ちょっと驚いた。

2013.03.04

するときゃするのよ貫通パンク

バタバタした2月が過ぎ、ようやく気持ちに余裕ができた感じの3月ですから、朝、6時50分「青いお空に白い半月が、お綺麗ですね♪」などと口をぽかんと開けて自転車に乗っていたら、

パンクした(後輪)。

↑天地逆

「えーっと、いま、パンクしたんだけど、こういう時はどうするんだっけ?」てな具合。平和ボケにもほどがある。タイヤもチューブもちょうど一年位かな。25cでもパンクするときゃするのね。久しぶりのチューブ交換が楽しかった(M?)

2013.03.02

春らしいっちゃー春らしい

朝いち眼圧検査と1000円散髪サイクリング。昨日は春一番相当の南風が吹いていたのに、今日は一変、冷たい北風、時折雨が降る始末。春らしい陽射しもあったが、雲が多くて不安定なお天気だった。

眼圧は左が19mmHg、右が16mmHgと、どちらも正常範囲内だが、より低いほうが望ましいので、左はやっぱり注意が必要と。

大蔵海岸では、スポーツデポで雨宿り。カステリのサイクルキャップや、アディダスのランニングウェアを衝動買いしそうになったが、思いとどまる。

30分くらいで雨が止んだので、帰路へ。しかし、

帰宅を阻む向かい風.に江井島海水浴場で一休み。

年明けに買ったニュータイヤ、Schwalbe UltremoZXには、ちょっと高めの9気圧を入れ、やはり快適。10気圧入れたらガツンと来そうな予感がする。よくわからないけど(笑)

昼飯食って音楽など聴きながら、しばらくダラダラしてからランニング。

スマホのAdidas miCoarchで、なぜかGPSが捕まらず、距離やペースが計測できていなかった。1キロ5分半のペースで13キロ。ペースがちゃんと表示されていればおそらく6分にあわせていただろうなと思う。

江井島海水浴場でスイセンが奥ゆかしく咲いていた。

嗚呼、季節やなーと。南淡路水仙ラインの映像が自動的に脳内再生。さらに淡路立川水仙郷への登りを脳内疑似追体験。嗚呼パラダイス。今すぐ、あわいち(自転車で淡路島一周)行きたいぞ!てな気分に。

走り終わって、ちょうどハンガーノックの兆候ありで、消費カロリー的に、ピタリ賞的な達成感をも感じながらコンビニに駆け込んだ(笑)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ