« 寄る年波 | トップページ | またまたパンク »

2013.03.11

仕事は現場で終わるのだ

この数ヶ月、ノドの奥に引っかかっていたような、お仕事完了。

早弁して電車移動。ガタガタ震えるほどの寒さ。

以前、関わったシステムの操作説明。いろんな事情が重なって、自分がやることになった感じ。

長らく、スピーカー的なことを社内外でもやっていなかったし、参集される方たちの雰囲気もまったくわからないし、どうにも変な緊張感を感じてしまって、若干体調にも影響あったかもしれん。

一方、「その場の状況に合わせてやりゃいいんだよ」ってな気持ちも残っていて、その実、現場へ入って久しぶりにお会いする方たちと、あーだこうだと話をしながら、どうにかこうにか落ち着いて、なんとかこなしたという次第。

年を取ると、新しい状況への適応力が鈍ってくるような気がするが、「現場でなにかあってもどうにかするぞっ」てな気合(?)は失わないようにしなけりゃな。それ相応の経験もあるわけだし。

« 寄る年波 | トップページ | またまたパンク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/56938923

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事は現場で終わるのだ:

« 寄る年波 | トップページ | またまたパンク »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ