« そして神戸にアンパンマン | トップページ | 25キロラン♪でヒザ限界 »

2013.04.13

淡路島地震と星空モード

いつも5時半に目覚ましを鳴らして30分の二度寝を楽しんでいるが、3分後に飛び起きる羽目になった。

瞬間的に布団を出て、メガネもかけずに子供らの部屋を巡回。「大丈夫や。心配ないからな、落ち着けよ!落ち着け!」と、「お前が一番落ち着いてないやないか」というお叱りの言葉もなく、ご清聴、ありがとうございました。なにいうてんねんこの泥亀。責任者でてこい!(by 人生幸朗師匠・生恵幸子師匠)。

ということで、人生で始めて感動した夫婦漫才が、人生幸朗師匠・生恵幸子師匠のコンビでして。ちなみに2番目は春日三球・照代師匠でしたな。さらに長男さんは小学生の頃から中田カウスボタンさんが大好きでして、それから笑点も欠かさず見ていましたね。これはやっぱり遺伝ですかね・・・

いや、そんな話ではないのだYO。

オヤヂがヤレ「地震だ地震だ大変だ」と大騒ぎ(だけ)しているとき、家内は次男に覆いかぶさって守っておりまして、冷静に「偉いなこの人」と思いました。ワタシのほうといたしましては、足がブルブルと震えているので、直後の余震に気づきもせず。阪神淡路大震災の経験が心の底に深く刻まれてしまっていて、こればっかりは仕方が無いです。

で、実は出勤日だったのですが、JRが止まっていて、しばらく様子見。山陽電車は動いているけど振り替えしていない模様。しかし、しばらく待っていても、埒明かず。たまたまですけど、姫路~梅田間、一日乗り放題の切符があったので、とりあえず明石駅まで自転車で。

自転車日和♪なんとなく淡路島方面が気になりますな。

明石では、やっぱりJRが止まっていて、山電の普通に乗った。が、これが間違い。結局、すし詰め状態の普通電車しか動いていなくて、しかも時速15キロ程度の徐行運転。会社に着くまで1時間半ですわ。明石から、そのまま自転車で会社(約20キロ先)まで行ったほうが確実に速かったよね。塩屋から須磨浦公園にかけて、サイクリストがスイスイと気持ちよさそうに追い抜いていくのが窓から見えて、電車に詰まって身動きできない状態以上の残念感が押し寄せる。

そして会社では「無理して出勤する必要すらなかったわー」というね。あーホンマ残念。

長らくJRがとまっていた(夕方くらいまでかな?)が、帰りの時間はなんとか快速が動いていて、普段通りの進行で。雲ひとつ無い藍色の夜空。細い三日月さんが美しくって、ちょうどオリオン座が南西の空に降りていく。使い始めて数年経つコンデジに「星空モード」なるものがある事に先日気づいてたので、腹いせ(?)に撮りまくり。以下、適当なキャプションとともに垂れ流しておきますわ。


ぶれてはいるが、確かに三日月♪

パールブリッジ(明石海峡大橋)も撮ってみる。

林崎から藤江への坂。

オリオン座♪(左下ね)なぜかぶれてる。

江井ヶ島からパールブリッジ

三脚無しでなんとか撮れたが、今後ミニ三脚は携帯しようと思いました♪

そして、天体望遠鏡が、無性に欲しくなった夜♪

« そして神戸にアンパンマン | トップページ | 25キロラン♪でヒザ限界 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/57171378

この記事へのトラックバック一覧です: 淡路島地震と星空モード:

« そして神戸にアンパンマン | トップページ | 25キロラン♪でヒザ限界 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ