« トランジスタ | トップページ | 徒歩通6キロ、梅雨ですな。 »

2013.05.27

果てしなく自由なアセンブラ

先日、アセンブラで数行のコーディング。がっつり知っているのはZ80しかないのですが、最近の他のCPUでも基本思想は同じなので、なんとかなるもんだなと。

で、なんとなくZ80のエミュレータを、WEBアプリとして作ってみよかなとか思ったり・・・。WEBで使えるのはSilverlightのものが既にあるようだけど、ブロック遊び感覚で作ってみたくなったわけです。作った後も遊べそうだし。ハンドアセンブルごっことか(笑)

アセンブラって「演算して分岐して」という最小単位の動きが、カチャカチャ動いているようで非常に楽しい。言語的な制約がほとんど無いから、それこそ真っ白な壁も天井も無い、無の空間に放り込まれたような、「果てしない自由さ」がある。何をやってもOK(ただし、その世界の中だけな)。

でっかいシステムを組むには大変だと思うけど、でも、高水準言語を扱う人にとっても、プログラミングの基礎知識として、アセンブラを知っているのと知らないのとで、結構差が出てくるんじゃないかな?とか思ってる。これは、コンピュータなんて実に単純なものなんだよ的な感覚を持てるか持たないかの差かもしれない。コンピュータなんて基本的には単純なもんだ。おっかなびっくり触っていたら本気出してくれないしw

とまあ、そんなこんなで、Z80のニーモニックと命令コードの対応を、インターネットで検索してみたんだけど、命令コードがべた書きで説明してあるんだよね。ビット単位に分割すれば、レジスタの指定などがある程度効率よく説明できるはずなんだけど、そういうのが見当たらなかった。

てことで、四半世紀前にそれこそ穴のあくほど眺めていたmz700のオーナーズマニュアルを引っ張り出してきて(大切なものなのでまだ置いているw)、確認してみた。この情報だけでも、出しておくことに意味があるかな?とおもったり思わなかったり。ま、とりあえず、ゆるりと作業中です。

« トランジスタ | トップページ | 徒歩通6キロ、梅雨ですな。 »

プログラミング」カテゴリの記事

コメント

HEX電卓、、、ずいぶん長らく使ってませんわ~。

ロラおアニキ、コメントありがとうございます。
0xB0までなら暗算で!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 果てしなく自由なアセンブラ:

« トランジスタ | トップページ | 徒歩通6キロ、梅雨ですな。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント